2015年03月15日

ハテナまん? (巣鴨駿河屋の『肉まん・あんまん』)

巣鴨の駿河屋の肉まん・あんまん.jpgまりたまが野球仲間のⅯちゃんから、お気に入りの巣鴨駿河屋の肉まん・あんまんをいただいてきた。
ちょうど肉まんが食べたいと思っていたところなので、棚から肉まん♪ やっほ〜い♪ 
早めに食べてと言われたそうで、今日のお昼にさっそく蒸し蒸し。きつねうどんと肉まん、あんまんごはんてちょっと不思議だけれど、好きなもの大会なのでオッケー。
Ⅿちゃんによると、ウスターソースじゃなく醤油と芥子で食べてねというわけで、肉まんをまずはいただきました。焼きたてパンみたいにふわっとした生地の中に、やっぱりふわっとした具が入ってる。野菜たっぷりな肉まんらしく、ものすごくさっぱりヘルシー。わたくしは肉々しくないのが好きなのでこれまたオッケー。
でもってあんまんのほうは、胡麻油入りの餡ではなく、和菓子屋さんの餡子。なんとも淡泊で甘さも控えめ。なのでどっちも、見た目とは違って中華まんぽくない。和菓子屋さんが作った中華まん? と不思議に思ったらて調べたら、もとは中華料理屋さんだったそうな。でもって、人気のシュウマイは長年通っていたお客さんの要望でそのまま残し、今も地元の皆さんに愛されている。
和風の中華まんを売っているだけでもハテナなのに、コーヒー大福も売っているらしく、ますます不思議なお店です。肉まんも売ってるいるので、カテゴリーは饅頭じゃなく中華まんにしましたが、これでよかったのかなぁ???(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

道産子ブタは肉い奴 (徳長の『手作り肉まん』)

徳長の『手作り肉まん』2.jpg北の大地から、道産黒豚肉の旨みを味わえる肉まんが届きました。箱を開けると、6個のぶぅやんが! コロンコロンと入っているではないですか♪ 餡まんかと思いきや、肉まんでした。
あれ? これ以前にもこういう体験が…と同じ豚まんを検索してみたらありましたよ。ぶぅやんが! すっかり忘れておりました(笑)。
こんなラブリーなこぶたちゃんを食っちまうのか!? と言いつつも、いつもの事ながら、はい食っちまいました(笑)。なんとこの肉まん、道産黒豚肉が入っているだけでなく、干し豆腐やお肌ピチピチコラーゲン入り。ぷるるんまでいかなくとも、コラーゲン入りって言うだけで美しくなれるような錯覚に陥るのが笑ってしまうね。
しかししかし、冷凍肉まんちゃんなので、せっかくのラブリーなぶぅやんたちが結構ぶさこい、ちょいかなすぃお顔になっておりました。わはは。6個中2個は可愛いかな? 冷凍庫にしまうときは、可愛いぶぅやんと不細工ぶぅやんと分けて入れてしまった私。もちろん、ぶさ可愛いほうから蒸し器へGO!
待つこと20分、ほっかほっかと湯気立つ中から現れたのは、少しふっくらとしたぶさこいぶぅやんでした。耳と鼻はとれないように春雨で差し込んであって、なるほどと思ってしまった。ふんわか皮の中には、肉団子みたいなお肉が入っておりました。肉まんは、そのまま食べるかソース&カラシが好きなんだけど、この豚ちゃんはお味がしっかりとついていたので、そのままかカラシのみが美味。ちょっと共食い気分だったけど、しっかりぱっかり頂きました。ご馳走様〜、ぶひ〜♪  

もっと中華まん⇒ほかほか中華まん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

ボインちゃん (華正楼の『肉まん・あんまん』)

肉まん・あんまん.jpgあぢぢぢぢ。6月からひどい暑さ。7月に入ったばかりだというのに、この真夏日続きはなんなんでひょ。くぅ…たまらん。こういう時は熱いお茶に熱い食べ物が涼しさを誘いますなぁ。
先月末久しぶりに中華街へ行ってまいりまして、栗売りの兄ちゃんや姉ちゃんをかわしながら、夕方ほんの少し涼しくなった中華街通りを、キッチュな提灯の灯りにぽっとココロを揺さぶられながら雰囲気を味わいお散歩して参りました。朝の中華街と夕方から夜にかけての中華街は、ふたつの顔を持つほど違いがあって楽しい。
中華まんはいろんなお店で売られておりますが、行ったら必ず買ってくるのは華正楼のあんまん・肉まん。開店時間が10時半だったのにもかかわらず、ホテルを11時にチェックアウトするので前日買いしたほうが…と話したところ、10時にお店開けてあげるから当日買いにきなさいと言ってくださり、やったぁ〜。なんて親切なんでひょ。…そういえば、2年前に中華街に来たときも、同じようなことがあったような記憶が。
華正楼の肉まん・あんまんは、とってもでかくビッグ、並べたらボインちゃんですなぁ(笑)。蒸かし器でしっかり20分以上蒸かしてくださいとのことだったので、しっかり30分蒸かしました。ほっかほっかのあっつあつ。湯気立ちのぼる白い物体。よひ香りぢゃ〜。肉まんは、竹の子いっぱい入って歯ごたえよく、肉の甘みがたまらない〜。ぱっかりと割ると、肉汁が皮にしみ込んだ部分がじゅわっと現れ、ふご〜♪ 幸せいっぱい腹いっぱい。味がしっかりとしているので、そのまま食べてもうまうまだったけど、ほんの少し和カラシをつけていただいたら、これまたうまぁ〜。肉まんは通常そのまんまかソースをつけて食べるのが好きなんだけど、こら和カラシだね。
あんまんは、肉まんと生地も違い濃厚な餡子にまけないみっつり皮。
重い餡は、口の中にまとわりつくようなどっしりさ。口が餡子でできてる感覚。餡子魔人。肉まんもあんまんも、とってもボリューミーで美味しかったです。
もぅないけれど、もぅ食べたくなっちゃった。中華まんが呼んでいる〜・笑(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

消えた“ぶとっちょさん” (星華楼の『中華まん』)


星華楼の中華まん年末にお正月に食べられるようにと北海道から、でぶっちょな“ぶとっちょさん” が到着する予定だった。だった…。だったった……。
なのに、待てど暮らせどやって来ない。どこさ行っただぁ〜っと問い合わせたら、たら、行方不明となっ! ひょえぇ〜、ぶたこちゃんたちどこ行っちゃったの? それも巨大ぶたこ9個もなのに、大きな荷物は消えたまんま。ぶたこちゃんの行方はいったいいずこに? 結局見つからず、誰かもう食べちゃったのかな…。淋しくどこかの冷凍庫に保管されているのかな? しくしくしく。
…と思っていたら、別便でTさんが送ってくれた〜。わ〜、ありがとぉ。星華楼のぶたまんシリーズ美味しいんだよね〜。とにかく大きくてボリューミィ。一個でまんぴくですよん。ほかほかで密な生地の中に、とろりととろける辛味噌であえたミンチ肉がたっぷり。
そして、全体にまんべんなくからみつくチーズがたまらんちん。辛味噌ミンチにチーズ、半分に割ったらでろりんっと垂れそうで垂れない具。チーズの甘みと辛味噌のピリカラ感がたまんないんだよね〜。
それと、あんまん。中華饅頭のどろりと重い黒々とした黒胡麻餡のようにまったりとした漉し餡。いやいや、星華楼の中華まんうまいっす。食べれないと思って諦めていたのに、サンクー。ごちになりました。美味しかったです。割合的には、ままたまと私がほとんど食べてしまいましたとさ(笑)。

もっと中華まん⇒ほかほか中華まん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

くりりん頭 (蓬莱本館の『豚まん』)


蓬莱本館の豚まんぶぅぶぅ豚まんホカホカあつあつ大好きさ〜。暖かくなるとコンビニから消えてなくなる“豚まん”と“あんまん”。暑かろうが、食べたいときに食べたい。それが美味しい。
東急百貨店の催事で買った老祥記のちんまい豚まん、あれも美味しかったけれど、こらまた格別。皮と中の豚あんが分かれない。一致団結なんだな(笑)。ほんのり甘い生地の中には、たまねぎたっぷりのあんが入っている。食べたら皮の中からころりん肉団子ぢゃなくて、ふかふか皮にほっかりジューシーなお肉がたっぷり入っている。一口かじると一体になって口の中に納まる。ほふほふはふはふ、蒸かしたての豚まんほど美味しいものはないね。
今回は生協さんで3個入りをゲトしたんだけど、また食べたいなぁと調べてみたら、ほかにも美味しそうなのがいっぱい。アイスなんかも売ってるんだね〜。この蓬莱本館と、蓬莱551って違うお店なのかな? 同じかな? と思ったら会社が分かれただけで同じ蓬莱だった。でも、微妙に形や大きさ雰囲気は違うのだね。それぞれ個性あっていいわ♪ と写真をみると、生協仕様なのか豚まんちゃんの頭のくりりんがない(笑)。

もっと豚まん⇒ホカホカ肉まん・豚まん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

並ぶこぶた (老祥記の『豚まんじゅう』)


老祥記の豚まんじゅうぶぅぶぅこぶた、ちんまい豚まんじゅうが蒸篭の中に並んでいる。まるでこぶたが真ん丸くなって寝ているようぢゃないですか。ラブリー♪
東急の「諸国名店うまいもの大会」で、赤福のお向かいにあった老祥記。神戸でも有名な豚まんじゅうのお店。10時オープンで、この豚まんちゃんのお店は蒸かす時間のせいか10時半からの販売で、20人ほどがすでに並んでいた。列の先にはほかほかと湯気がたちのぼり、よひかほりが漂っている。若い人より、ご年配の方々が多かったのがびっくり。それもお一人様5箱(30個)までなのに、みなさん5箱ずつ買ってゆく。すごいすごい、すごい人気なんだ〜。
ちょうど並んでいた前後のおばさまがたが楽しい方で、並んでいる間中楽しくお話させていただきました。面白かった(笑)。実家が地元神戸だそうで、昔から比べたら皮も中のあんもどんどん小さくなってきているとのこと。「昔は3個で60円だったのよ〜」としみじみ。と話しているうちに、列はちびちび前へすすむ。はじめは1箱買えばいいかと思っていたんだけど、あまりのおちびさに驚いて3箱購入。その日の晩にすぐいただきました。
ふかふかほかほか、いいかおり。皮は以前食べたときよりもふんわりした生地になってたような…、なんせ前に食べたのが6年前とくりゃ、記憶なんて定かぢゃないですわ。おほほ。中のあんは、皮の中にみっつりではなくて、コロリとした肉団子が入っている感じでびっくり。でも、お味はよかったなぁ。やっぱり人気があるのがよくわかる。お店でほやほや食べたら肉汁たっぷりたらりらら〜なんだろうねぇ。神戸へ行ったら、お店に行ってみたいな。もしかしたら、共食い(笑)?

もっと豚まん⇒ホカホカ肉まん・豚まん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 09:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

豚まん天使を探せ (中華街の『豚まんの像』)


豚まんの像中華街2日目に、またまた偶然見つけたヘンな像。豚まんがふかふかと蒸かされるお店の角にそのヒトはいた。はじめ気が付かなかったんだけど、おっと見過ごしてしまいそうなそうでない、存在感のありそうでなさそうな像がたっていた。なんと、でっかい豚まんの上にデブッチョなヒトが左足をぱか〜っとあげてのっかり、鼻は豚鼻で、耳はまるで小ざさの最中みたいな形をしていて、背中にはぷっくらとした羽がついている。全体的にふくよかな男性(笑)って感じ。ぷっくぷっくのぱつんぱつん。像の横には、赤地に黒字で「豚まんの像」と書かれていた。神様なのか? 天使なのか? なんなのか? お店のヒトに聞けばよかったと今更ながら思ってしまった。誰か知っていたら教えてね。
その豚まんの裾には藁が巻かれていて、さらに何箇所(たぶん4箇所)かコブタの人形がぶら下がっていた。なんせこのコブタは、見たとき気づかず写真を大きくしてから初めて気が付いたもんで(笑)。けっこうちゃんと見ているようで見ていないんだね。
関帝廟通りで會芳亭を超えたあたりにある豚まん屋さんの角にあったと思う。ぜひ探してみよう。中国では豚さんは縁起のいい動物で繁栄を意味する動物だから、それにかけてあるのかな? 縁起のいい豚まんの像を、見つけてみてね。何かいいこと起こるかも〜。ラッキー豚まんの像だぞう〜。うひゃひゃ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 22:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

湯気たつでぶちん (華正楼の『あんまん』)


あんまん中華街といえば、もちろん色んな美味しいお店や雑貨店が楽しいけれど、やっぱり立ち食い歩き食いにぴったりなのは、「ぶたまん」や「あんまん」だよね。みんな大人も子供も年齢関係なく、歩きながら大きなホカホカ湯気たつぶたまんやあんまんにかぶりついていた。
中華街で美味しいあつあつホカホカふかふかの肉まん類を食べ忘れたおいらは、大好きな華正楼のあんまんを本店で2日目にゲトいたしました。百貨店(新宿高島屋)にも入っているんだけど、通な人の話では「まぁ、美味しいことにはかわりはないんだけど、やっぱり本店で買う饅頭は美味しさが違うんだよ」って。それを聞いていたので、でぶっちょさんを3個お連れしましたよ。ひとつ420円とちょいと、以前買ったときより60円ばかり上がっていたような気がしたんだけど、これはあんままへの土産なのでゲト。ずっしり重い〜。
蒸かし器中火で20分、ふかふかほふほふ湯気が元気に立ち上る。生地がしっかりとして、重い漉し餡がたっぷりと入っていて、まったり濃厚でうみゃいっ。朝からご飯代わりにまるごと一個食べちまいました(笑)。やっぱりできたてほやほや、本店でお連れしたあんまんちゃんは、私のお腹もでぶちんにしてくれまひた。あぁ〜美味しかった(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

ふんわりバーガーまん (廣東楼@横浜)


廣東楼肉まんぶっくらした、大きいぶたまんが4個も♪ やってきた。
ぶぅぶぅぶ〜やんや、もこもこあんまんは、蒸し器でぶぅぶぅ蒸すのがおいすぃ。朝からぶ〜やんってキツイんだけど、これね、朝でもへっちゃらへのかっぱ(笑)。少し甘めのふかふか生地の中に、お野菜たんまり入ったふんわり肉あんがぎゅむむっとハンバーグ状になって入っている。とくに葱や筍がたっぷりと入って歯ごたえもよく、美味しい。半分に割ると、肉汁が…あぁ! もったいない。うひゃひゃ。
ソースは、とんかつソースが好きなんだけど、今日はウスターソースにカラシをとかしてつけて食べたよ。ぶ〜やんは、そのまま食べるのも好きなんだけど、カラシソースがよく合うんだよね〜。朝から2個いけるくらいアッサリとしている。まぁ、今朝は1っ個にしたけどさ〜(笑)。珍しいぶたまん、ご馳走さまでした。HPを見たならば、ここのお店の“排骨焼飯弁当”がすっごく美味しそうだった〜。じゅるんっ。「家まで配達お願いします〜♪」と言いたくなったよ。

もっと肉まん⇒ふかふか肉まん市場

posted by まりたま&ゆかたま at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

笑う門には福々まん (福々饅頭@巣鴨駿河屋)


福々饅頭先週はさぶがっだねぇ。今日の温かさがウソのような、寒さだった。そういう日には、ほっかほっかなぶ〜やん饅頭や、餡まんが美味しい。
今とても忙しい時期で、唯一の休みの日曜にHちゃんが、巣鴨“駿河屋”の福々饅頭を買ってきてくれた〜♪ テレビや雑誌で紹介されている、長蛇の列になるお店なんだって〜。
餡まんが福々饅頭(100円)で、肉まんは肉まんじゅう(110円)なんだって。豚まんっていうよりお饅頭の大きさ、二口サイズってとこかな。次の朝、蒸し器でほくほく〜蒸して、はむはむ。肉まんは、なんだか懐かしい風味であっさり、皮はおうちで作る豚まん皮みたいで、もふっとしている。餡まんは、肉まんと同じ皮の中に、しっかりとした漉し餡が詰まっている。これは、あんまんの餡というより和菓子の漉し餡みたいだね。
やっぱり、寒い朝には、ほかほか肉まん餡まんだ〜。馳走様でした。今度巣鴨へ行ったら、できたてほやほや〜を食べてみたいと思いま〜す。

もっと中華まん⇒ふかふか中華まん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 18:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする