2015年03月11日

幸せを呼ぶ“フェーヴと豆の木” (Feveの『コーヒー豆×マロンショコラ&カシュ―×焼きりんご』)

Feveの『コーヒー豆×マロンショコラ&カシュ―×焼きりんご』.jpg豆にも色々あるけれど、このお豆さんは種類が多く五感で楽しめる豆菓子。
Feveといえば、あの楽天のスイーツグランプリの審査員になってらした辻口博啓さんの豆スイーツブランドです。
ちょうど昨年のハロウィンの頃に頂いた季節限定おやつなので、今は違うお味ででているかと思います。近所に美味しいお豆の店があるのでとMi.Yさんが送ってくださいました♪ 今頃載せてごめんね〜(笑)。
珈琲豆×マロンショコラは、栗パウダーをまとったチョコレートの中にカリカリの珈琲豆が入っている大人なチョコ。ガリガリうまいっ! とまらんっ。お砂糖をまぶしたカシューナッツと焼きりんご、もっちりとしたりんごが甘酸っぱくてグ〜。ナッツとフルーツあう♪ 
お豆さんもさることながら、種類ごとに入っている袋も可愛くていいね。フェーヴ楽天店があるので、覗いてみよう。お店に豆を摘み(買い)に行くのもいいね♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

買えましぇん (イシカワの『カルシウム黒豆』)

カルシウム黒豆.jpgサンプルで貰ったカルシウム黒豆。黒豆のまわりにヨーグルト・抹茶・カカオがコーティング。これがまた味がしっかりと深くて美味しい〜。
まわりの部分だけ、こそげて食べたいくらいおいしい。コリコリしていて香ばしいし、美味しくて身体にいいなんて、いいぢゃ〜ない? 
だけど、お値段見ると…うぅ高い。一つ値段にするとそうでもないんだけど、まとめて買わないといけないので高級になっちゃう。約一ヶ月分で3,450円、豆ごときに…(笑)。おいしいけれど、おしいお豆ちゃん。味がおいしいだけに、おしいおしい。

もっと豆菓子⇒ポリポリ豆菓子市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

健康のもと (岡伊三郎商店の『ゴリラの鼻くそ』)

ゴリラの鼻くそ.jpg動物園のお土産でよくあるのがゴリラの鼻○○やら、鹿のふ○やら…う〜ん、食べ物にいいのだろうか? と不思議に思うけれど、なぜか子供は“ふ○”やら“く○”やら“おし○”や“おな○”ってものが好きなんだよね(笑)。
いただいたゴリラの鼻○○は「食べたらうまかった」だの、「ヘルシーやみつきにご注意」だの、笑える。袋の裏には、名前はユニークですが、中身は良質の黒大豆を使い…うんちゃらかんちゃら…近所や職場の話の種にと書かれている。
ご近所さんや職場で鼻○○話で盛り上がるのか? ぷふふふふ。笑いと黒豆は健康のもと、確かにね〜。
とお味ですが、ちゃんと国産黒大豆を使い、甘さひかえめであっちうまの1袋。ネーミングはともかく、黒豆の甘納豆は大粒なので、食べた気になるしとっても美味しゅうござりました。島根土産、ご馳走様でした。ぶひ〜(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

ぽろっぽぉ♪ (靖国神社の『白鳩の願い』)

白鳩の願い2.jpgぽろっぽ〜、ぽっぽっぽ。首を前後に振りながら、豆をつつく姿はなんとも言えず楽しい。1羽2羽なら可愛いけれど、なんでも数が増えれば増えるほど怖かったりして。
京都の六角堂へ行ったときを思い出す。鳩豆を買って店内から出たとたん鳩の群れに襲われた、あの時のことを(笑)。鳩に乗っかられ、鳩につつかれ、ばっさばっさと羽音が響いたっけ。
そんな鳩ですが、白鳩になるとまたイメージがかわるよね。平和の象徴ですな。毎年靖国神社に行かれるMさんに頂いたお土産。とても春らしい桜咲く靖国神社に鳩が舞う、ほわわっとしたラブリーな袋入り。中には玉子状のお菓子が8粒ほど。アーモンドのまわりにホワイトチョコかい? って感じの白い粉がふぁさっとコーティングされているんだけど、白い層はミルクっぽい粉糖みたい。
とってもあっさりしていて、アーモンドの香ばしさとあうあう。原材料は、アーモンド・全粉乳・植物油脂・粉糖のみ。素朴だよね〜。だけど、美味。カリコリ後馳走様でした(ま)
ラベル:靖国神社
posted by まりたま&ゆかたま at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

美味さの三拍子 (京丹波口きたおの『黒まめしぼり』)


黒まめしぼり甘納豆って美味し〜。大納言にはじまり、うぐいす・お多福・うずら・白花豆・金時・栗。
お砂糖がついているのも美味だけど、黒豆の甘納豆はいいねぇ。砂糖がついていなくて、あっさり・ねっとり・もっちりの三拍子。お豆のうまさが凝縮されていて、後味さっぱり上品で美味。お茶請けにぴったり。高級黒豆甘納豆様は、年末にお買い上げして年明けまでもぎゅもぎゅ食べるパターンが多いので、通常生活では購入しない(笑)。なのに、2袋も頂いちゃって、ラッキー。美味しいもの大好きな従妹夫婦のMちゃんKさん、いつも珍しい美味しいものありがとう。

もっと甘納豆⇒しっとり甘納豆市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:13| Comment(6) | TrackBack(1) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

磯野波平さん (風雅の『風雅巻き*醤油ピーナッツ』)


風雅巻きサザエさん一家はいつまでたっても歳をとりませんね。実は地球人ぢゃないとか(笑)!? 宇宙人か? あの実写版“25年後のサザエ一家*磯野家の謎”は、誰が誰になっているのか気になってしばらく何のCMか分からなかったくらい。そんな磯野家の大黒柱波平さんにそっくりなおやつを見つけてしまった。
普通に食べていれば気がつかなかったけれど、海苔で巻き巻きした中に入っているピーナッツ菓子がソツクリ。海苔がへんにはがれて、つるつる頭(ピーナッツ菓子)がころりと出てきたとき「波平さんっ」と思わず呼んでしまった。ぐははっ。
これは、熊本の風雅巻き で、今まで3種類ほど食べたけれど、他にも醤油ピーナッツ・醤油そら豆・醤油アーモンド・醤油カシュー・醤油ピスタチオ・梅大豆・塩カシュー・チーズあられなんぞがあるんですって。そら豆とチーズあられが気になりますのぉ。有明産の若摘み海苔で、つややかで香りよくパリリンッとしている。
ふうちゃんは焼き海苔好きなので、食べていると「ちょう〜だい♪」とすりすりしてくる。おぉ! おねだりするときは、いちだんと愛らしいわね、坊ちゃん。
んで、中のピーナッツ菓子は人間様が頂く。ひとつひとつ手巻きで作っているそうで、あんなコロコロ転がるお豆さんを包むのはさぞかし大変だろうなぁ。私の場合、うまく並ばなくて、うまく巻けなくて、むっきぃ〜〜〜っとなりそうなのが目に浮かびます(笑)。

もっと風雅巻き⇒ぽりぽり風雅巻き市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

トッカータとフーガ (風雅の『風雅巻き』)


風雅巻き自由に豆を巻き巻きした海苔菓子風雅、熊本土産のおすそわけに頂きました♪ 風雅巻き大好きなんだ〜。いろんな種類があるみたいだけど、今回頂いたのはワサビ大豆と醤油大豆。
有明産一番摘みのパリッパリの海苔に巻かれた豆は、衣をかけカリコリ歯ごたえがいい。そのサクサク衣に味付けがしてあるんだ〜。これさ美味しすぎだから、節分豆まきに撒いたら、鬼は飛んでゆくどころか跳んで戻ってきそう。まぁ、もったいなくて撒けないけどね(笑)。ギュムギュム豆がつまった風雅巻きは、手作業で巻かれているんだって。豆を巻くだけと思うんだけど、これけっこう難しいんぢゃないかな? 食べたらぽろろんころろんって転がりまわるから、巻くときも大変なんだろうなぁって思っちゃった(笑)。きっと私なら、あわわってなるに違いない。
どちらも美味しいんだけど、困るのがワサビ味。どこかで自分をセーブしないと、くぅ〜〜〜っと鼻にツンっとくるところがたまらないから1袋全部食べてしまう。ワサビ好きにはぜひ、お酒のおともにぜひ、お召し上がりして欲しい一品。
ちなみに山葵の季節、お寿司屋さんで頂く山葵巻きが大好きなまりたまでござります。

もっと風雅巻き⇒まきまき風雅巻き市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

ナイスバディナッツボン (カンロのNutbon*Tasty)


ナッツボン 今年になって、ピーナッツが食べれるようになった私。味は好きなんだけど、どうもあの噛んだときのキシッっとした歯ごたえが耐えられず食べれなかった。急に食べれるようになったのは、美味しいピーナッツを食べたから。
殻付きピーナッツって、なんてかわいい形をしているんだろうね。ラブリィだわよ。なんとなく懐かしい気分にさせてくれる黄色い透明なセロファンで包まれている。ほろっとほどくと、可愛いナツピーがコロリと転がる。
昔のナッツボンと違うのは、ちょっと味が今風になって洋風になっているとこ。ピーナッツ塩バター味の飴に、焙煎したピーナッツをたっぷりとじこめたクランチキャンディ。砕くと、ピーナツバターを食べてるみたい。
ナッツボンには、ドイツのアルペンザルツ岩塩が使われている。ピーナッツとバター、岩塩、美味しい組み合わせだねぇ。まるで、バタぴーを食べているみたい。うん、こりゃ美味い、美味しいぞ。Hちゃん情報で、これはセブンイレブンに売っているんだって♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 16:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

豆まく鬼も大笑い(廬山寺豆まき“鬼おどり”@京都)


鬼おどり京都の廬山寺(ろさんじ)で行われる「鬼おどり」は鬼法楽で、節分に行われる面白い行事。開祖が護摩を焚く修行を妨げるために現れる鬼を法力で降伏された故事にちなんだものだそう。境内には、黒・赤・緑色の三鬼が松明や剣を持って登場し、太鼓の拍子にあわせながらおどるらしい。実際見たらどんなに面白いだろう。
そんな楽しい踊りが終わったあと、紅白の蓬莱豆や福餅をまくんですって。うひ〜楽しそう。漁をするときの大きな網を持ってって、わさ〜わさ〜って振り回してとったら、どんだけとれるだろ? って想像したら、笑っちゃったよ。まぁ、んなこたぁ〜する人はいないけどもさ。
本格的な豆まきは、行ったこと一度もないから行ってみたいなぁ。でも、まいている豆をキャッチするのは、なかなか難しいらしい。これを送ってくれたTさんも「取れなかった〜、残念っ。て思っていたらコートのフードの中に入ってた♪」と話してくれました。そうか、フードつきのコートを着ていくのがコツなのかもしれない(笑)。
とっても時期はずれになってのアップだけど、これね、可愛いの〜。京都へ行ったときに、Tさんが送ってきてくれたもの。大豆を白いお砂糖とピンクのお砂糖で分厚くコーティングしたお豆。まるで変わり玉みたいに固く、豆だと思ってがりがりやっちゃうと歯が折れちゃいそう。鬼もこれに当たったら、泣きたくなるほど痛いと思うな。
この蓬莱豆の紅白を二粒食べると福寿が六年のび、紅白いずれか一粒を食べると三年のびるんですって。わたしゃ、○粒食べたから、永遠に生きるかもね〜(笑)。
紅白の豆と一緒に入っていた、鬼面がこわかわいくて気に入ったよ。珍しいお豆さん、ありがとぉ〜。

もっと豆菓子⇒コロコロ豆菓子市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

厚塗りきなこ (有馬芳香堂のきなこ大豆)


きなこ大豆きな粉なおやつ、大豆のおやつきな粉と大豆のおやつ、美味しいおやつだよね。今Hちゃんがはまっているのが、大豆&きな粉。で、おやつに持ってきてくれたのがコレ。見た目はまるでおやつというより、健康食品。っていうのもね、パッケージの字体が硬いんだよね(笑)。これはサプリメントですかい? とききたくなるほど硬い。だけんどもね、やっぱりきな粉と大豆は美味しいんだ。2×1.7ほどの大きさで、たっぷりきな粉で包み込んだ大豆。普通の量のきなこぢゃなく、大豆の周り4mmの厚みでぐる〜りときなこ。太っ腹なきな粉なんだね。
サクサク大豆のまわりにしっとりきな粉、一番外側にはさらさらのきな粉がまぶしてある。香ばしくって甘い〜、きな粉好きにはぜひとも食べていただきたい逸品でつ。Hちゃんは、サミットでお買い上げしたそうですよ。イソフラボンで美しさを〜、うけけけけけけ。

もっときなこ菓子・豆菓子⇒きなこ菓子市場豆菓子市場

posted by まりたま&ゆかたま at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする