2017年07月10日

手のひらにどっしり幸せ大福 (越後鶴屋の『開運大福』)

大福餅.jpg西荻窪の越後鶴屋さんなのだけど、地元住民はみんな「おもちやさん」って言ってましたね。
吉祥寺に長く住んでいたので、いつでも散歩がてらに買いに行けたのに、今はそうは行けません。
本物のお餅を、臼でついてくれる(機械だけど)正真正銘のお餅の大福が、ときどき無性に食べたくなってしまうんだよね。と、つぶやいていたら、まりたまが西荻窪に行く用があって、開運大福を買ってきてくれました♪ ありがたやありがたや。食いしん坊の神様が電波を送ってくれたのでは、なんてね♪
わたしは苺大福と豆大福をいただきました。ぱぱたまは草大福、まりたまは粟大福とお赤飯に栗をのせたいが栗団子。どれもとってもおいしくて、餡子とお餅のずっしり感をぜひ味わってもらいたいです。大人気の苺大福は、とにか、一度は食べてみてくださりませ。おいしいですよ♪
ところで余談です。大福たちがつまった容れものに、いつもの赤と黒の素敵なシールが貼ってあるのですが、その下に見たことがないお言葉が? 「マツコ 月曜夜更し 石ちゃん メレンゲ 添加物なしです 本日中にどうぞ」と書いてあり、思わず笑ってしまいました。
添加物なしとか、当日中にどうぞというのはわかるのですが、「月曜夜更かし」とか「メレンゲ」とか、番組を知らない人はわからないんじゃ? お店のHPを見てみれば、ああそうかってわかりますけどね。ふふっ(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

宮崎で鹿児島の銘菓を買った ((株)津曲食品 弥五郎の里の『銘菓昆布餅』)

銘菓昆布餅.jpgこれはすごく珍しいお菓子。見た目がまるで羊羹みたい。まりたまになにこれ? と言ったら、餅菓子だそう。
さわってみると、蒟蒻みたいにぷるぷるじゃなく、もっちりしておりました。
砂糖、米粉、小豆餅、水飴、でんぷん、塩などなど……そして、な〜んと、とろろ昆布が入っているのであります。色味は昆布の色というよりお醤油の色みたいな感じ。
さっそく切り分けて食べてみたところ、昆布っぽい味はなく、ほんのりあまいお菓子って感じのお餅です。
でも、よく食べていると、とろろ昆布の風味がほんのり。でも、それがすごくおいしいのです。
まりたまと一緒に宮崎キャンプに行った野球仲間は、お気に入りになっていくつも買ったそうです。
鹿児島のおやつだけれど、宮崎にも売られているというこは、人気のおやつのひとつなのかもですね。
地味ですが後を引くおいしいおやつ、見つけたらぜひ、手に取ってみてくださりませ(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

「つきまぜる」「ねりくり」「ねったくり」の三段活用? (有限会社味のくらやの『からいも団子』)

宮崎名物からいも団子jpg.jpgからいも団子は、なまもなのでお早めにとのこと。なので、宅急便では送らずに、まりたまが持って帰って買ってきたおやつ。去年は三つ買ってきてくれたのだけど、今年は六つも買ってきてくれました。手に取ってみるとどっしり。さらに嬉しさ倍増。
わたしはきな粉とお餅と餡子の組み合わせがだ〜い好き。和菓子的には最強かも。そんな素敵なおやつが宮崎からキタ〜♪ というわけで、さっそくいただきましたよ。
蒸したサツマイモと練ったもっちもちのお餅、その中にほどよい甘さの餡子がみっちり入っていて、砂糖抜きの香ばしいきな粉がどっさりかかっております。やっぱりサイコー♪ 
タイトルの言葉は、どれも練るって意味のようです。お団子という名前だけれど、ごろんとはしてなくて、ぷるぷるに近いやわらかさ。ねりにねったのだから、ぷるぷるになるのも納得。味もだけど食感がほんとに至福のおやつでございます。
お茶でもいいけど、わたしは珈琲でいただきました。きな粉と珈琲、すっごく合いますの。
ああ、近くにこんな素朴で安心でおいしい和菓子があったら、どんなにいいだろうと思うばかり。宮崎に行くことがりましたなら、お土産にはぜひ『味のくらや』をおすすめしますです。
ちなみに、宮崎弁で「つきまぜる」ことを「ねりくり」、「ねったくり」と言うそうです。地方の言葉は楽しいですね。
というわけで、まりたまの宮崎土産はこれからですよ。お楽しみに〜♪(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

悪魔来たりて? (宮崎名物 味のくらやの『あくまき』)

あくまき.jpgまりたまが宮崎で買ってきてくれた『味のくらや』のお土産のおやつ。ぷるんぷるんの餅菓子がとってもおいしそう! 孟宗竹の皮に包まれておりますよ。早く食べたい〜♪ とわくわくして開いていたら……な、なんと不思議なにほひが漂ってくる。持って帰る途中で傷んだのかと鼻の利くまりたまがくんくんくん! これって硫黄の香りだよ〜、ムリムリ食べられない! と拒絶反応。
私もくんくんしましたが、とりあえず取り出してみたら、傷んでいる様子はなく、ぷるんぷるんがおいしそう。香りは包まれている竹の皮のせいじゃないかしらん。
でもって、わたくし果敢に味わってみましたところ、なんだかとっても不思議なお味……ううう、灰汁が入っているからかしら。きな粉がついていたので、どっさりかけてみたところ、みたらし団子のたれみたいな感じになって、なぜかとってもおいしくなりましたの。
まりたまはきなこでも無理だと言いながらも、醤油をつけてもいいと書いてあったのでそちらをチャレンジ。それなら大丈夫なようで食べることができました。
とっても不思議な餅菓子です。いきなり食べるとびっくりする餅菓子なんて、ほんとに初めてでございます。まりたまは醤油はいけるけど、もういらないとのこと。私がきな粉をかけて、もりもり食べてしまいましとさ。とても不思議なおやつですが、珍しいものを食べられてラッキーといえませう。
たぶん次回の宮崎キャンプからは、まりたまはこれは買ってこないかと思います。一瞬、硫黄のにおいがするのでびっくりするかと思いますが(昔はもっとすごかったのだとか)、食べてみる価値はあるのでは。ぷるぷる加減が絶妙で、何度も食べるとクセになるんじゃないかと思います(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

ビロウ樹のしげる島で (青島名物の『青島ういろう』)

宮崎キャンプ2016-6 .jpgホテルに帰ってから、満腹ではあったのですが、日持ちのしない(常温で1〜2日)おやつを買ってしまい、味見程度に頂くことに。
青島で買った青島ういろう(400円)は、お土産に買うぞと決めていたものでしたが荷物を預けたお店(バス停前のお土産屋さん)のおばさんに「日持ちしなくてほとんど県外にでないのよぉ、どうしてもという場合はクール便で送るの」と話してくださいました。無念。
ならば、自分で買って自分で食べるしかなかろぉと購入。食いしん坊だから(笑)。
青島のういろうは、名古屋のういろうと違いどっしりさんで、食べたら名古屋のういろうは食べれないわよとおっしゃっておりましたので、楽しみにしていました。
確かに水玉模様の包みはずっしりと重く(400g)かさばっていました。ピンクの紐が可愛いね。パッケージもどこか昭和初期を思わせ、懐かしい感じ。きっと昔からかわってないんだろうなぁ。青島だから水玉模様なんだと思ったら、青島に自生するヤシ科の「ビロウ樹」をデザインしたものだそう。
包みを開くと、竹の皮(薄い木の皮)に包まれた物体が…。黒(黒糖)と白(白糖)の長方形に切られたもっちゃりさんが分厚くカットされ5切れずつ2段に入っておりました。
表面はねっとりとしていて一切れ一切れを離すのに大変でした(笑)。口に入れると、口の中がういろうだらけ。むっちゃむっちょと頂きます。
素朴な甘さがとてもよく、個人的には黒糖が好きです。材料は米粉と砂糖だけ、確かに添加物は入っていないので日持ちしないですなぁ…。やっぱり食べて良かった、もっちりむっちりさん。
他にも同じようなのが売っていたけれど、こっちの方が2色入っていてなんかいいよね。やっぱり手作りだからお店によって味も違うんだろうなぁ。冷蔵庫に入れると少し固くなるので、購入したその日に頂くのがよろしいようです。お腹はいっぱいだったけど、お連れして良かったです。ごちそうさまでした。
お店を出るときバスが来て、あわてていたのでお店に並んでいる写真撮るの忘れました(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

桜の木の下で (サザエ食品の『おはぎ詰合わせ』)

サザエ食品の『おはぎ詰合わせ』.jpg今の季節だと“ぼたもち”だと思うのですが、商品名が春なのに“おはぎ”。
これは生協さんで買った冷凍もの。吉祥寺東急でよく買っていたサザエ食品のぼたもちが恋しくなって買ってしまいました。
でも“おはぎ”か“ぼたもち”かと問いている場合でなく、すでにぼたもちの形をした道明寺なんですね、これが(笑)。ご飯がかなり潰れていて、完全道明寺(笑)。でもお味はさすがサザエさん。粒餡・黄粉・黒胡麻・柚子・蓬の5種類。珍しどころでは柚子。白餡が入っていて、餅が柚子風味。これは桜の木の下で、道明寺感覚で頂きたいおはぎでござりました(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 13:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

生命力の源 (虹屋の『よもぎ餅』)

虹屋の『よもぎ餅』.jpg大相模不動尊境内にある虹屋さん、お土産に買ったよもぎ餅は弾力のある重い餅なので、丸くて棒に刺さっている方が食べやすいかも。
ずっしりとしたよもぎ餅は、濃厚な黒蜜とたっぷりの黄粉をかけ頂きます。蔵王で採れたよもぎの香りはとてもよく清められる思いです。よもぎは厄除けの草、だから子供の日の菖蒲湯にもよもぎがついているんですね。
黒蜜黄粉も良かったけれど、やっぱりよもぎ餅には餡子が似合う。今度散歩に行ったなら、よもぎ団子を食べよう♪
よもぎ団子はお土産に、生醤油とみたらしはアツアツを店頭で頂きましょう(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

あなどれない落し物 (味のくらやの『日向夏ゆべし切り落とし』)

日向夏ゆべし切り落とし.jpg切り落としだからってあなどってはいけない。店頭(宮崎駅フレスタ内“味のくらや”)にこれが並んだら、即買うべし。まとめて買うべし。
めったに出ないとのことなのに、たまたま宮崎キャンプに行く初日に巡り合いました。
なんせたっぷり入っているので、1袋買ってもけっこう重い(笑)
荷物の多い私たちにはめったに出ないと言われても1袋買うのがやっと。通常の四角く包まれた日向夏ゆべしの切り落としらしいのですが、驚くほど柔らかくつきたてのお餅のようにふんなりとしていてゆべしとは思えないほどむっちりしている。
ゆべしの中に日向夏の粒々が入っていて、香りがいい〜♪ 口の中に春がやってくる。
それに1袋200円とは驚かされる。いつでも滞在中はここのお店のおやつが買えると思っていたのが間違いだった。南郷駅を17時29分に乗ると、お店があいている間に帰ってこれないのだ〜。
少し早目にもどってこれた2日目は閉店間近ともあり、欲しいものが何も残っていなくて無念。それでも何種類かはゲトして帰ってまいりましたが、来年こそは(笑)! あれもこれも食べてみたいです。
Miちゃんが、切り落としがなかったので通常の日向夏ゆべしを買って帰ったのですが、あのやわやわふんにゃり感がまったくなくて、美味しかったけど残念だったと言っておりました。やっぱりできたて切り落としが一番なんですな♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

大海鼠 (明月堂の『志んこだご』)

志んこだご.jpgぼとんっ…むんにょむんにょ…と動き出しそうな大ナマコ。じゃなくて志んこだごです。
南郷のお菓子屋さんのおやつは色々面白い。志んこだごは、小豆・餅粉・小麦粉・砂糖・塩のみで作られている無添加おやつです。確かこのお店のおやつはみな○○剤みたいな変なものは一切入っていなかったように思います。いいですね、安全なおやつは。
袋から取り出すと、ラップに包まれた黒い物体が。ずっしりと重い。ねっとりむっちり小豆の風味が強く、甘さ控えめでうまぁ〜い。こういうおやつは恵方巻みたいにかぶりつきたくなってしまいます。一本持っていれば小腹がすいた時にも腹持ちがいいかもしれません。重いのに1個360円(税抜き)です。安い、うまい、最高♪
上品に2pくらいの厚みに切って日本茶と頂くと、いいですねぇ。
帰ってきてから調べたら、こちらのお店は長崎カステラが美味しく、手焼きなんですって。
こら、来年行ったらカステラお買い上げして来なきゃね(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

苺一会のおやつ旅 (御菓子司 坂本の『いちご大福』)

白あんいちご大福.jpgさて、昨日のつづきでございます。一瞬、びっくりしたのは、大福餅がぱっくり割れてどでかい苺がど〜んと飛び出していたから。まるで大きな口を開けた生き物がべろ〜んと舌を出してるみたい。まりたまいわく、白イルカがベロを出してる大福なのだとか(笑)。
それはともかく、お餅にいちごだけが入ってる苺大福か!? とさらに驚いたわたくし。
よくよく見ると、白あんが入っておりますた。私が食べたことのある苺大福はすべて粒あんだったから、一瞬、あんこの入れ忘れたかと思いましたなり。
で、さっそくいただきましたところ、なかなかのおいしさ。お餅は杵つきの餅ではなく、羽二重餅みたいにぷるぷるしてる。白あんはなめらかで、今までなぜ白あんの苺大福がなかったんだろうと思ってしまった。真っ赤で大きな苺はみずみずしく、すんごく甘くて、白あんともよくあってました。
甘い×甘いなので、一個しか食べられないかな。でも、珍しくて面白くておいしい苺大福でございました。
あとでネットで調べたら、漉し餡のもあるそうです。でも、粒あんのあんこと苺のコラボが大好きなので、漉し餡っていうのはほんとに変わってる。
わざわざ買いに行くことはできないから、これはと思ったおやつは絶対にゲット。それがまりたまクオリティ(笑)。さくら餅も二度と行かないかもしれない店だから、おひとり三つずつも買ってきてくれたみたいです。
また今度でいいかと、買わなかったスイーツ。知らないあいだに閉店していたり、商品が変わってしまっていたり、何度もそういう憂き目にあったので、絶対食べたいと思ったおやつと出会ったときは、かならずお連れするってことがココおやスピリットになっております。いや、ほんとに。
一期一会のおやつとの思い出、これからも残してゆきたいと思いますなり〜♪(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする