2016年05月13日

堂島ロールの素敵なスイーツ♪ (baby Moncher Cafeレイクタウン店の『三種のパルフェ』)

baby Moncher Cafe のパルフェ.jpgいろいろスイーツは食べておりますが、プラスチックのカップにフルーツやケーキやクリームが詰まったパフェ(パルフェ)が食べたくてたまらなくなってしまうわたくし。食べたいなぁとつぶやいていたら、まりたまがレイクタウンのベビー・モンシェールのパルフェを買ってきてくれました♪
モンシェールにパフェがあるのを知らなかったので、可愛いピンクの箱を空けた瞬間、食べたかったパフェだったので嬉しさ倍増♪ 思いがけない素敵なお土産がやってきました。
私には大人気の『パルフェ・プリン・ア・ラ・モード』、ぱぱたまには『パルフェ・イチゴ』、そして、チーズケーキが大好きなまりたまは『パルフェ・フルーツチーズ』。三種類であります。どれもおいしそうだけど、それぞれ好きなものを選んできてくれました♪♪♪
ケーキとプリンが同時に食べられるのが、私には二倍の幸せ。食べたいな〜と思っていたものが、思いがけずやってくること嬉しいことはありませんのう。カップの中には堂島ロールとカスタードクリーム、プリン好きにはたまらないケーキなスイーツでありました。
ひとつだけ、プリンなので甘いキャラメルソースじゃなくて、苦みのあるカラメルソースが入っていたら、もっとよかったかも。でも、全体的に甘すぎず、生クリームもケーキもクオリティが素晴らしい💙
カップスイーツのパフェは、お店で食べるアイスののったパフェとは違って、冷たすぎずにパフェを味わえるがのが私にはぴったり。ケーキもいろいろあるのだけれど、ついついパフェを選んでしまうわたくしでした。
棚からスイーツ、ごちそうさまでした♪(ゆ)

【閉店情報2017】
レイクタウンに行ってみたら、お店がなくなっておりました。残念。とってもおいしかったのになぁ。
posted by まりたま&ゆかたま at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

フルーツこうもり (フルーフ・デゥ・セゾンの『Cセット』)

フルーフ・デゥ・セゾン2.jpgフルーツ蝙蝠気分のまりたまです。
ずっと気になっていた秋葉原にあるフルーツパーラー『フルーフ・デゥ・セゾン』のうまげなセットです。Hちゃんと行ってきました♪ ネットの地図は分かりにくく、迷ってしまいました。あれ? 遠回り? ぎゃははっ。
店内は大きなテーブルに2人がけが3席ほどにカウンターと、それほど広い店内ではありませんが、どこか懐かしい下町喫茶。エプロン姿の近所のおばちゃんとかが来てましたし。席は自分で選べず、お店のおばちゃんが「はい、ここ座って」といわれるままに座るスタイル(笑)。クロワッサンサンドはハム・ツナ・フルーツから選べ、プチパフェはフルーツ・マロン・チョコバナナから選べます。これにカットフルーツと紅茶(ポット)または珈琲(2杯)がついて1300円。紅茶はポットで出てきて3杯くらい頂けます。
Hちゃんは、フルーツサンド・チョコバナナパフェに紅茶。私は、ハムサンド・フルーツパフェに紅茶にしてみました。すべてフルーツにすると楽しみが減るような気がして…ハムサンド。フレッシュフルーツと焼きたてパンの店というだけあって、フルーツが豪華にどどんと出てくるし、クロワッサンが本格的でサックサクでうまっ。なぜかクロワッサンサンドにプチパンがおまけ? でついていました。
カットフルーツは、パパイヤ・ブドウ・いちぢく・キウイ・リンゴ・梨・パイナップル・オレンジ・ピンクグレープフルーツ・バナナ・メロン・スイカが切れ目は薄めだけれど、色々入っている。笑えたのが、梨がリンゴ同様うさちゃんになってたこと。すべてに皮がついているので、食べ終わる頃にはパフェのも合わせ、皮の残骸が山盛り。パフェがメインを食べ終わる前に出てきたのが、ちょっと残念。アイス溶けちゃうよ〜。
だけど、アイスはほとんど入っていなくてパフェの容器に入ったフルーツ盛りみたいな感じで、フルーツモリモリ食べちゃった。フルーツパフェのアイスは、アイスクリームではなく、シャーベットだったのもちょっと残念。チョコバナナパフェは、チョコアイスでした。カットフルーツがたっぷりでてくるので、パフェはフルーツパフェでないのを選んだ方がいいかもです。
この日は、曇りでちょっと寒かったので食べてさらに冷えちゃいました。暖かい日に行くのがおススメかも。
フルーツがっつり食べたくなったら、ぜひご来店を♪
posted by まりたま&ゆかたま at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

どれにしようかな…(ナナズグリーンティの『黒ゴマプリンパフェ』)

黒ゴマプリンパフェ.jpg毎回お店の前でうなってしまう(笑)。
メニューが多すぎて、店内メニューで選べればもっと良いんだけど、前払いなのであらかじめお店の外のメニューボードで決めておかなくてはいけない。土曜日の仕事帰りはやっぱりパフェでしょ?ってことで、イクスピアリの1階にあるナナズグリーンティへ。
Hちゃんは、ほうじ茶生チョコレートパフェ、私は黒ゴマプリンパフェ。どうしても白玉が食べたくてプラス50円でトッピング(どちらも税込1000円也)。白玉3個で50円はちょっと高いような気がする。って、千疋屋で食べてた人が言うかね(笑)。
白を基調とした店内は、女性であふれかえっている。やっぱり、抹茶・ほうじ茶は女性的?
Hちゃんが食べたほうじ茶パフェは、ほうじ茶づくしで、生チョコもアイスもゼリーもほうじ茶でできていて美味でした。
今度はこれにしよう。
黒ゴマプリンパフェは、プリンの他アイス・餡まで胡麻づくし。生クリームにはたっぷりの黒蜜。どちらかというとこってり系。こってりとしたところで、甘さ控えめのホイップクリームや寒天でさっぱりと。ちょっと冬には体が冷えてしまうパフェでしたが、種類の多さにまた入ってみたいという気持ちにさせられました。なんといっても庶民的なお値段なのがいいよね。
今回はイクスピアリ店におじゃましましたが、全国北海道から九州・四国まであちこちに店舗があるそうです。これ、おススメ〜というのがあったら、教えてくださりませね〜。
パフェはまだ続く……(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

食いしん坊アンテナ (千疋屋の『千疋屋スペシャルパフェ』)

千疋屋スペシャルパフェ.jpgピピッと感じる食いしん坊アンテナ。前回はHちゃんと二人で行った千疋屋、「パフェ行こう」の声にKさんも参加。
Kさんは、やっぱり目を引くハロウィン限定パフェ、私たちはマロンパフェやプリンアラモードなんぞに気持ちを奪われながらも千疋屋スペシャルパフェ(1728円)を注文。季節によってフルーツがかわるので、今回の主役たちは、バナナ・メロン・柿・キウイ・パイン・オレンジ・ブドウでした。ぎゅっと詰まった果肉とじゅわっと口の中に広がる果汁、さすが千疋屋さんのフルーツだ。
惜しげもなく分厚くカットされうっとり。キウイなんて、普通の3倍くらいの分厚さだよね、なんて思いながらほおばる。やっぱり、グラスの側面からみる色合いは美しい。カメラがなくて携帯カメラだったので、ちょいボケなのが残念だけど、これはいつ行っても食べることができるので、ぜひ♪
器の下からご説明(笑)、真っ赤な苺ソースに白いバニラアイス、ちょっと混ざった感じがまたおいしい。その上には、マンゴーアイス・バナナアイス・甘すぎないたっぷりこんもり入った生クリーム。なんて絶妙なバランスなんでひょ。アイスもうま〜〜っい。マンゴー好き♪ バナナ好き♪ 生クリーム好きとしては、大満足なパフェでした。
今度食べるときは、苺の季節がいいなぁ。だけど冬の暖房のきいた店内でパフェを頂くのが、最高♪だから、苺の季節は寒いかな(笑)。
ついつい千疋屋さんに行くと、パフェなんぞが食べたくなるけれど、ランチメニューもあってドリンク付きで1188円でスペシャルなパスタやカレーなんぞが頂けるのですぞ。機会があったら食べてみたいなぁと思っているしだいでござります。へへへ。(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 08:27| Comment(2) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

自分へのご褒美 (千疋屋の『ハロウィンパルフェ・かぼちゃのモンブラン』)

ハロウィン限定パフェ.jpgやっと、めまぐるしい毎日が過ぎ去りましたが、仕事が忙しくなった10月は毎週末舞浜イクスピアリにて仕事帰りパフェを食べていた私たち(笑)。もちろん自分へおご褒美ですから、バーンっと豪華にね。イクスピアリ3階にある千疋屋へ直行。1回目に行ったときは、ちょうどハロウィンの前で、ハロウィン限定かぼちゃのモンブランを頂きました。
側面から見てもにひゃり、真上から見てもにやり、食べてうはうは。お値段(1836円)もさることながら、お味も豪華。美味しさの嵐でござりました。ざぶんざぶんと美味しさが押し寄せてくるそんな感じ。
器の下からご説明いたしますと…、さらりとしたメープルシロップ、濃厚なかぼちゃアイス、ゴロリとしたブルーベリー入りソース&ブルーベリーアイス、モンブランに使われている焼き菓子を崩したもの、大人なラムレーズン入りアイス。その上には生クリームとかぼちゃのモンブランがうにょうにょ〜っと美しく盛られている。緑や紫色とりどりのラムレーズンがちりばめられ、彩を添えるように渋皮栗の甘露煮が3粒、ラズベリー、薄いチョコがささっている。なんて聞いただけで、ごくりと喉がなりそうです。
どの部分も濃厚で美味しかったですが、モンブランの焼き菓子部分が、しっとりねっとりとしていて、単品モンブランも食べたくなってしまいました。でも、確かモンブランは1個800円以上いたような…(涙)。くらりとしそうなくらい美味でしたが、もぅ食べれないのが残念。また、来年のハロウィンまでさよおなら(ま)。
posted by まりたま&ゆかたま at 08:19| Comment(2) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

ぷるるん海に浮かぶ月 (月和茶の『月和茶聖代パフェ』)

月和茶聖代のパフェ.jpg暑くて暑くてある存在を思い出し、写真を探しました。引っ越し前だったので、写真が行方不明(笑)、カメラに残っていた唯一の写真でアップします。
吉祥寺のお店で、前を通るたびに一度入ってみたいと思っていた月和茶『月和茶(ゆえふうちゃ)』。なんのお店かな? と思わせる1階の入り口を入ると、狭いながらも雰囲気のある階段が。
あがっていくと、靴をぬいで店内に入るので面倒な靴は大変です(笑)。店内写真がないのが残念、無念。
テーブル席は混んでいたので、すぐ座れるカウンターへ。台湾茶だけでなく、デザートやご飯ものもあるのですね〜。器も素敵〜。どれも美味しそうだったのですが、この日は暑くて冷たいデザートを頂きました。
台湾屋台を贅沢に楽しめる、ふるふるぷるぷるデザート。緑豆餡・黒タピオカ・仙草ゼリー・愛玉ゼリーを土台に、マンゴーアイスと杏仁アイスが波間に浮かぶ月のように美しくのせてあります。ピロピロの白木耳、アクセントにクコ、中にはグレープフルーツやブルーベリーも。くにくにぷにぷにふるふるぷるぷる♪ 食感楽しい。
アイスはマンゴーも杏仁もどちらも入っているとは、なんて親切なんでひょ。うひひ。全体的にさっぱりですが、暑さをしのぐちべたいデザートは最高ですね〜。
また、吉祥寺へ行ったら食べに行きたいな〜。女性一人でも気兼ねなく入れるのが、またいいね(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

天国と地獄 (千疋屋の『特選フルーツパフェ』)


千疋屋デザート仕事帰りに一度、千疋屋で美味しいパフェを食べたいねぇとずっと話していた。空気の流れないし、こう暑いと、ちべたいものが食べたくなっちゃうよね。仕事仲間8人で、ぞろぞろ舞浜イクスピアリにある千疋屋へ行ってきました〜。
マンゴーチーズケーキ、いちごショート、プリン・ア・ラ・モード、ババロア・ア・ラ・モード、特選フルーツパフェ。どれも美味しそうで、撮影大会(笑)。店内へ通された時はまだあつあつ言っていたのでパフェで即決だったんだけど、店内冷房が強烈痛烈に強くて冷凍庫の中でパフェを食べてるみたいだった。さぶかった。
特選パフェは、運ばれてきたと同時にフルーツの香りが漂い、ほにゃほにゃほにゃ〜っと顔がとろけそう。高貴な香りのメロン、ねっとりと濃厚なバナナ、甘酸っぱいプチプチキウイ、ジュースたっぷりオレンジ、極甘ぶどう、常夏の味パイナップル、真夏の風物スイカ、たっぷりの生クリーム。フルーツてんこもりの下には、まったり濃厚なバナナアイスにオレンジシャーベット、生クリームがまたまた入って一番下にはイチゴシロップ漬けがたっぷり。さすが千疋屋さん。フルーツも最高だったけれど、バナナアイスが気に入りました。すっごい美味しかった。思わず「うま〜〜っ♪」と小さく叫びましたよ。ほほほ。
珍しところでいえば、いちごショート。カステラをカットしてのに生クリームがサンドされ、牛乳の中にどっぷりとつかっていて驚き。どれも見た目も楽しめる、すばらすぃデザートでした。
8月いっぱい限定メニュー、ミニフルーツパフェ&フルーツサンド&マンゴーカレーセット魅力的だったなぁ。2500円とお高かったけれど、機会があったら来年(笑)食べてみたい。
パフェは、1680円と高級パフェだったけれど、最高級パフェ桃パフェはちなみに2600円でござりました。
どっひゃ〜! 食べた後は、にやにやになってしまいした。ぶひっ。やっぱり自分にご褒美は、贅沢に食べなきゃね(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 19:47| Comment(6) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

永遠のココロの場所 (神谷バーの『バナナチョコパフェ』)


神谷バー浅草といえば、昔懐かしい雰囲気をかもしだす喫茶やバーが多く点在する。代表的なお店といえば、やっぱり日本で一番古い浅草一丁目一番一号『神谷バー』だよね。
1階が昔ながらの下町バー、2階は飲食・喫茶のレストランカミヤ、3階は割烹神谷と別れていて、それぞれ違った雰囲気が味わえる。いつも、お店の前から写真を撮ることはあっても中まで入ることはなかった。
訪れた日は、浅草散策日和でぽかぽか暑いくらいの陽差しだったので、ちべたいものが飲みたいねぇ食べたいねぇと、いつものごとくついつい入ってしまった。
神谷バーで有名といえば、やっぱりデンキブラン。強いお酒でアルコール45度と高く、電気が珍しい明治の頃目新しいものといえば“電気○○○”と呼ばれていたらしく、イメージがあったので電気ブランという名前になったんだって。
ブランはカクテルのベースになっているブランデーで、これにワイン・キュラソー・ジン・薬草が独自のブレンドで作ってあるそう。飲んでいる方のを見てみると、昔懐かしいセピア色であり透明感のある琥珀色をして綺麗。きっとちびちびと飲むのがいいのでしょうねぇ。
アルコール度が高いので、外で飲むのは躊躇してしまうけれど、あこがれの飲み物かな。
なので、お嬢三人はお子ちゃまデザートを頂きましたよ。おねだんもココロにやさしくデザート類は500円前後。Yちゃんと私はバナナチョコパフェ、Hちゃんはコーヒーフロート。バーでパフェ、なんだかいいよね。
パフェはボリュームがあり、バニラとチョコのアイスがこれでもか〜っと入っていて、かさ増しのコーンフレークなんぞは入ってない正統派パフェ。下のほうには、バニラアイスに細かくカットしたバナナと、牛乳を凍らせ砕いたものが入っていて滑らかなアイスの中にショリショリとしたほんのり甘い塊が新鮮で楽しい。たっぷりのバニラアイスの上には、チョコレートアイスがざっくりと入っていて、器からはみ出ているのが嬉しい。
トッピングは、缶詰のミカンとチェリーが飾られ、バナナがぶすっぶすっと三切れ刺さっている。上からはチョコレートソースがたっぷりとかかり、ミントの葉っぱで飾りつけ。食べるための長いスプーンとフォークも、どこかレトロでいいなぁ〜。
120年の歴史を感じさせる神谷バー。今度は、自家製プリンアラモードを食べてみたいな♪ とっても楽しくて美味しかった〜(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:16| Comment(12) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

未知との遭遇“エイリアンパフェ” (喫茶館・英國屋のパフェ)


英国屋パフェぴろりらぴろりらり〜ぴろろ〜〜ん♪ エイリアンパフェ? 宇宙人の食べもんか? なんだらほいって思ったら“エイジアンパフェ”どした、がはは。
仕事が早く終わったのでHちゃんと「お茶でもすっぺ」と東京大丸の“喫茶館・英國屋”へ。“英國屋”っていうと、紳士服店のイメージが(笑)。すべてが単品価格とセット価格の記載がある。店頭のサンプルを見ると…うごごごご、どれも美味しそうぢゃ〜。
クレープもワッフルもケーキも…ごくり。思わず喉が鳴ってしまいやした。店内は高級感あるインテリアで、くつろいでおしゃべりするのにいい感じ。ワッフルも4枚たっぷりついているし、とにかくどれにもアイスクリームとフルーツがたっぷりと使われているのだ。乾燥していてちべたいものが食べたいなぁ〜と思っていたので、さんざん迷った後パフェに決めた。
Hちゃんはストロベリーパフェ、わたしはエイジアンパフェ。どちらも大きめなガラスのカップに入って788円。メニュー写真で見るとそんなに量があるように見えなかったんだけど、いざ運ばれてくると…圧倒されてしまう。ボリューミーパフェなんだ♪ ニヤリ。 
Hちゃんの食べたのは、バニラアイスクリームたっぷりに生クリームがうんにょりとのせてあり苺と杏が入っていて、パフェにはお決まりのあの美味しいFANWAFER(ファンウェファー)がささっていた。
私が食べた問題(笑)のエイジアンパフェ、コレ最高だったよぉ。写真では分かりにくいけれど、横から見る層が綺麗。パフェの下から説明すると…、一番下の2cmくらいがフルフル杏仁豆腐、次に生クリームの中にナタデココがゴロンゴロン、真ん中にはたっぷりの酸味の効いたヨーグルトアイスクリームが♪ さらにその上には生クリームと大きくカットされた苺・黄桃・キウイが贅沢に入っている。
この贅沢なパフェのてっぺんには、これでもかぁ〜と柔らかくくんにょりしたタピオカがたっぷりとかかっているのだ。アクセントに頭のてっぺんに、美しくミントが飾ってある。キラキラ宝石のよう。美しいねぇ〜食べるのがもったいないよと、側面から攻めてった。
一口食べるごとにニヤリ、ニンマリ、ぬはは状態。夏に冷房の入った店内でパフェを食べることは凍えるので絶対無いんだけど、冬に暖房の入った店内で頂くパフェは最高だね。あぁ〜美味しかった。
店舗が殆んど大阪・京都・神戸にしかないなか、都内だと新宿西口エルタワーB2Fと東京大丸、そして銀座松屋東入り口前の3箇所で頂くことができるようでつ。
このエイリアンパフェ(笑)、上から順番に食べていくと色んな楽しい食感と味が楽しめてまさに“未知との遭遇”でございました(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 22:02| Comment(4) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

寒い日のホカホカデザート (和食華屋与兵衛の『チョコレートケーキ・白玉ぜんざい・さつまいものお菓子がついている』)


華屋与兵衛2年ぶりに会うSHさんと久しぶりに会うFHさんと三人で、軽くお食事をと“華屋与兵衛” へ行ってきた。
店内に入って約4時間くらい食べて飲んで話してたかな〜。ランチを食べたあと、もちろんデザートに突入ですよ。
なんせ女性3人ですからね。ふふふ。
HP でチェックをしていた私、なんてったってメニューの多さに絶対迷うって自信があったから、あらかじめ下調べをして行ったのよ。やっぱり迷った(笑)。「これ食べよう!」と決めていたのは、お菓子盛り合わせ420円。おかわり自由のドリンクつきだと567円。4時間以上いたわけだから、3杯くらいコーヒー飲んぢゃった。
チョコレートケーキ・白玉ぜんざい・さつまいものお菓子がついている。これはどれもホカホカに温められていて、一皿に盛られているんだけど、なかなかの豪華さで、きっとこれだけでも満腹になりそうな量だった。
面白かったのがチョコレートケーキ。運ばれてきたのは穴の開いたケーキなんだもん。
本当は真ん中にチョコレートソースがかかっているんだけど、温めるのでそれが溶けてポッカリと穴が開いている。穴が丸見え状態で、なんだか間が抜けたケーキ、がはは。溶けないでタラリとソースがかかっていて欲しかったな(笑)。
甘く煮たさつまいもに白ゴマと黒ゴマがたっぷりとかかっていて美味しかったし、温かいとろりとした白玉ぜんざいも美味しかった。白玉ぜんざいには、お好みできな粉をかけて頂くようになっている。香ばしくて美味しいきな粉だったよ。
“華屋与兵衛”のデザートってけっこう美味しいんだよ〜。どれもホカホカと温かく風の強い寒い日には、体温まる美味しいデザート。麺類とお寿司を食べたあとにこのデザートはかなり重く、そのうえコーヒー3杯飲んだ私のお腹は一杯で、夕飯を食べれなかったのは言うまでもありません。んが。炭水化物セットを頂いてしまった…、にゃっはは。楽しい時間でござりました(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:38| Comment(12) | TrackBack(0) | パフェ・サンデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする