2014年05月26日

ペコちゃんは着物とシャチホコがお似合い (不二家の『ミルキー名古屋名物小倉トースト風味』)

名古屋限定ミルキー.jpg旅行大好き、地域限定お菓子マニアのⅯちゃんのお土産のひとつ。お着物と金のシャチホコと紫の箱がなかなかお派手。ミルキーの小倉トースト味ってのがいいねぇ。
さっそく試食してみれば、う、うまいっ。あんことミルキーが半分ずつで、あんこ&バニラアイスみたいなお味。これはあとを引くなぁ。
まりたまが以前、おしるこミルキー(だったと思う)を買ってきたことがあったけど、ほぼ同じような味だけど、ミルキーと半分こになってるぶん、おしるこバージョンのほうがあんこが濃いかも。どっちにしてもすごく美味。
送ってくれたⅯちゃんがメールで、「こんなにおいしいなら、もっといっぱい買ってくればよかった〜」と言っておりました。地域限定のおやつだけに、ちょっとそこまで買いに行くってわけにいかないもんね。
私は三箱もらっちゃった♪ 小倉トーストのトーストの風味はどこへ行ったのかな? だけど、とにかくクリームあんみつみたいな甘味っぽいのがすごくいい。
普通にあんこミルキー発売してほしいわ。いちごミルキーもおいしかったなぁ。とにかくミルキーはおいしいの。キャラメルの一種だけど、四角くなくて丸いのも可愛くて好き。口の中でころころするのがいいですわね。
いくつになってもミルキーはママの味でございます(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

波動が上がる聖地とおやつ (宇佐神宮と宇佐飴)

宇佐神宮.jpg宇佐神宮は日本全国4万社以上ある八幡社の総本宮であり、金運や色々パワースポットでもあるそうです。パワーもらえたかな。
敷地内はとても綺麗に掃除され、ゴミひとつ落ちていません。神宮の周りにかぽっとバリアみたいなものがあって、下界と違いとても清らかで澄んでいて空気のハリが違うような。大きな木も多く、木から降り注ぐパワーを感じます。
お土産屋さんが並ぶイチイガシ並木のある参道入り口付近はあんなに陽射しも強く暑かったのに、鳥居をひとつ、またひとつとくぐる度に涼しくなってゆきます。2つ目の大鳥居をくぐると右手には日本三沢の池の一つとして知られる初沢の池があり、きっと夏には薄紅色した睡蓮が満開に咲き乱れ、さぞかし美しい光景が拝むことができただろうとうっとり。池の傍には宝物館が建っていたけれど、時間の関係でまだ少し残った睡蓮の花を愛で本殿への砂利道を進みました。
手水舎で清め更に左手の大鳥居を進み、うっそうとした木々の階段を登ると重要文化財でもある宇佐鳥居をくぐると美しい朱塗りの西大門が現れる。中に進むと国宝の本殿である立派な建物が。ほぉ〜。一之御殿には八幡大神(応神天皇)・二之御殿には比売大神(多岐津姫命・市杵嶋姫命・多紀理姫命)・三之御殿には神功皇后(息長帯姫命)が祀られている。三つの場所で、二礼四拍手一拝。
お参りを済ませた後、恒例の御朱印帳にかいていただきました。境内はかなり広く途中下宮でお参りし、祓所をみて宝物館の脇近道を通り表参道裏手に戻ってきました。やはり暑く、下界にぽいっとほりだされたみたい。
宇佐土産もいろいろあるなか、宇佐飴(梅田家)に目が。お店によって形状が違うようですが、板状に伸ばしたものが袋に入っているのを選んでみました。神功皇后が皇子の応神天皇を育てるときに母乳の代わりとした飴で、御乳飴として伝えられている素朴で優しい飴ちゃんです。
板状に袋に入っていて、裏のイラストが笑える。馬場チョップですよ。うまく割るコツは冷凍庫に入れるとすぐ固くなるので、それをチョップチョップチョップと割るのですな。はい、とっても楽しいです。すごく甘くないです。すごくあっさりしてます。甘みはほとんどない飴ちゃんみたい。ダイエット飴(笑)?
身体を清め、地のおやつを買う。いいですのぉ。このあと、よく歩いたご褒美に美味しいがっつりランチを食うおいらたちでした(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

さつまいもつながり♪ (森永製菓の『さつまいもキャラメル』)

さつまいもキャラメル.jpgこれがほんとの芋づる式? 昨日にひきつづき、今日もおさつおやつでございます。
森永の大粒キャラメルシリーズの新作!? あずきキャラメル黒糖キャラメルが大のお気に入りのまりたまが、これは食べねばと即ゲットしたもの。このデカいキャラメルは、バッグに入れておくと非常食(※小腹が空いたときのおやつのこと)にとっても便利。お口の容積がちっちゃい方は要注意ですが、やわらかくて甘くて、飴なのに空腹感がやわらぐナイスなキャラメルでございます。
てことで、お初のさつまいもキャラメル、試食してみました。おおっ、おいしいっ! と私は大喜びでしたが、まりたまは微妙な表情。スイートポテトのような味を期待していたようですが、これ、すっごく焼き芋風味なんでつね。そう、ちょっぴり皮の焦げた香ばしい風味が含まれておるんです。でも、箱をよくよく見れば、ちゃんと焼き芋の絵が……。
私は焼き芋好きなので、なんて芸のこまかい! と感激したのですが、まりたまはいまひとつだったようで、このシリーズ、あずきキャラメル越えをするのはまだないそうです。私も、どれかひとつを選ぶとしたら、間違いなくあずきキャラメルでございますのう。キャラメルにはほんとにいろんなフレーバーがありますが、お汁粉味のあずきキャラメルはその中でも群を抜いておいしくて、同じく森永の逸品、ハイソフトと双璧といえる素晴らしさ。あ、そうそう色はまるで塗りたてのコンクリートなのだけど、黒ごまキャラメルもまったり度が高く、ハラペコ星人の非常食にはおすすめどす。
さてさて、行楽の季節でございます。大人の遠足のおともにぜひ♪
あり? さつまいもつながりはどこへ?

もっとキャラメル⇒まろやかキャラメル市場 
posted by まりたま&ゆかたま at 14:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

懐かしくてキラキラ♪ (東海氷菓株式会社の『ホウセキ玉』ビタミンC)

ホウセキ玉.jpgなんていうかもう、このネーミングが素敵♪ ホウセキ玉……なんて乙女な響き。レトロなのにポップ。私の大好きなキッチュ系のおやつ。
食べるより飾っておきたようなキュートさ。思わず、アイスクリームグラスに入れてしまいますた。味はオレンジ、苺、レモン、ぶどう、青りんご。グリーンの飴がメロンじゃなくて、青りんごっていうのがいいですよね〜。
ジャリジャリと砂糖粒をまぶした、まんまるなフルーツ飴は、口にいれるとかなりおっきめ、舐め終わるまでかなり時間がかかりまふが、この大きさがまた可愛かったり。ドロップじゃなくて、氷糖っていう表記も素敵。レトロとかクラシックとか、そういうのに弱い私はホウセキ玉にめろめろでございまふ。かわいすぎる〜♪ ビタミンC入りで、見ためほど甘くなくておいしいですよ(ゆ)




posted by まりたま&ゆかたま at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

喜びのウェーブ起こそうよ♪ (祝! 九州新幹線全線開通記念『森永ハイソフトさつまいも味』)


ハイソフトさつま芋味友人のⅯちゃんのお土産、さつまいも味のハイソフトの箱に書かれた『祝! 九州新幹線全線開通』文字で、初めて九州の新幹線が全線開通したことを知りました。わは〜。
地域限定味のハイソフト、なんとさつまいも味です。どげなお味ですかとわくわくしつついただいてみましたら、これはずばり! 焼き芋の味ですたい! 焼き芋の皮のちょっと焦げた風味がするんですよ。普通のハイソフトに焼き芋の焼けた風味が入ってる、そんな感じ。すっごくおいしいでございました。さつまいも香料使用とパッケージにありますが、焼き芋香料じゃないのかと思ったわたくしでした。
ちなみに、このハイソフト、もしかしてとっても記念品なお宝おやつかも? ということで、焼き芋キャラメルを食べ終わっても、箱だけはを保存しておこうと思います♪
ところで、このCMもうごらんになりまして? いえいえ、ハイソフトのではなく『祝!九州新幹線全線開業・九州縦断ウェーブ』 のですが、これがとっても可愛くてなんだかじんとする素敵な映像なのです。というわけで、180秒バージョン「特別編」、お時間のある方はぜひごらんになってくださりませ。気持ちがほわっとしますなりよ。

もっとキャラメル⇒まろやかキャラメル市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

四次元いちご (花畑牧場の『生キャラメル・いちご』)


花畑牧場生キャラメルいちごお隣からやってきた北海道・十勝花畑牧場の生キャラメル。それもいちご味。苺のプチプチ入りですよぉ。
生キャラメルってったら、お口の中で一瞬だけ存在し、もっと食べたいと心残りだけを残して消えゆくキャラメルですよん。とってもなめらかで、春の香りがふわぁんっと漂う。
生クリームをコトコト煮込んで、こんな美味しいキャラメルができあがるなんて。ドライ苺をたんまりと入れたキャラメルは、木のケースから「苺ですよ、わたし苺です」と大主張。ぱくっと一口、1分ももたずに消えてゆく。あぁ…虚しい。…だけど上品な甘さだけが、水晶のようにキラランっと残る。贅沢で一瞬の幸せだけど、ワクワクする。北海道の美味さですな。貴重なキャラメル、ご馳走様でした。

もっと生キャラメル⇒まったり生キャラメル市場

posted by まりたま&ゆかたま at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

あぁ…勘違い、おサルのお尻はまっかっか (金太郎飴本店の『スマイルキャンディ』)


金太郎飴本店小さな金太郎飴状態のスマイル飴があって、ずっとパパブブレのキャンディだと思っていた。そうだ、この飴ちゃんのことをブログに載せようとよ〜く見たら、スマイル顔がイマイチ変で、パパブブレのキャンディにしたらずいぶんと雑な感じが…(笑)。
パッケージも似せてあるもののpapabubbleとは書いていない。あれれ? と裏の表示を見たならば…愕然。金太郎飴本舗と書いてあるぢゃないの。なんだ、金太郎飴本舗ったら根津のお店ぢゃないですか♪ …と思ったら、根岸って書いてある。あれれ? これまた小さな字をよくよく見たら金太郎飴本店って…。
わはは、全く違うお店でござりました。あぁ、勘違いの繰り返しでしたが、可愛さで許してあげましょう(笑)。昔々あるところに…と話したくなるほど懐かしく、盆踊りや町のお祭などの夜店で売っていた粉末ジュースのような風味でした。お味は、ソーダにいちご・みかんの3種類。キャンディと言うよりも、飴ちゃんというのが正しいように思えます。ちょこっと騙しに騙されたまりたまでした。ぶひっ。

もっと金太郎飴⇒切っても切っても金太郎飴市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:02| Comment(5) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

風邪ひきペコちゃん (不二家の『ミルキーのど飴』)


ミルキーのど飴まさかあの不二家が、のど飴を出していたとは知りませなんだ。ミルキーにのどにいい成分を配合したという感じ。味もまんま、ミルキーにのど飴風味が混じっておりました。
どれくらいのどにいいのかわかりませんが、それなりにスーします。飴としても、ちゃんとおいしいです。
でもって、おの飴が楽しいのは、一袋の中にひとつだけ、ペコちゃんがマスクをしているパッケージがあるのでございます。神楽坂の不二家のペコちゃん焼みたいにポコちゃんがひとりいるんじゃなく、風邪ひきペコちゃんがいるんです。いつも不二家のお店の外で、寒い日でもがんばって立っているペコちゃんも、やっぱり風邪ひいたりするんですね。
風邪の季節です。ペコちゃんも皆さまも、どうぞお身体ご自愛くださりませ。

もっと不二家⇒わくわく不二家市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

あたたまドロップ (サクマの『生姜ドロップ』)


サクマドロップ生姜味夏でも冬でも冷えたカラダを温める生姜は大好き。冬瓜のとろみ煮に生姜をちょこり、葛湯にちょこり、冷やしそうめんにちょこり。いつでもどこでも食べれて美味しいのが、サクマドロップ生姜味。これ初めて見たよ〜。長野土産のもひとつで、ヒットでござりました。SMちゃん、セレクト最高よ♪
どれも同じ形かと思いきや、ちゃんとサクマドロップのラブリーな形をしているのだよ。バラや四角いダイヤみたいなの色々、味は生姜と渋いけれどとっても素敵。生姜率もけっこう高く、口の中がぽわわ〜んとしてくる。カラダもちこっと温まる感じ。女性の味方だね。クーラーの部屋での仕事に最高でした。ご馳走様。
これ、どうもお土産屋さん限定らしいんだけど、どこでも買えたら嬉しいなぁ。サクマの社長さん、よろしくお願いしますよぉ。

もっとドロップ⇒わくわくドロップ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

おこげさん (韓国の『おこげ飴』)


おこげ飴今も昔も土鍋で炊いたご飯は美味しい。うちは、土鍋さんで炊くので、時間も短くほっかほっかのご飯が炊きあがる。やっぱりガスで炊くご飯は美味しい。
たまに「ん? 焦げ臭い?」と思うと、土鍋の底におこげさんができている。これがまた美味しいんだけど、そのおこげを飴にしちゃうなんざスゴイぞ韓国(笑)。韓国土産の第三弾は、おこげ飴。
どこのメーカーかはわからないけれど、いただいた“おこげ飴”は、まるで絹。つやつや絹色キラリと光っている。この風貌とは全く違う味のするおこげ飴は、まさしくご飯のおこげちゃん。口に入れたとたん、おっおこげ(笑)。最後までずっとおこげ。
お腹がすいたときに食べたら、さらにお腹がすきそうな悪循環飴かもしれない。だけど、美味しい。韓国に行ったとき、初日のランチででた飴ちゃんを思い出した。ちょっと前な感じがしたけれど、もぅ10年以上も前になるんだなぁ。しんみり。

もっと韓国スイーツ⇒ワクワク韓国土産スイーツ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする