2017年07月24日

ほかほか野球弁当 (深川 伊勢屋 越谷店の『サービス弁当』)

球場弁当.jpg7月23日の西武メットライフドームでの、埼玉西武ライオンズ×北海道日本ハムファイターズ戦。
選手もファンも、さぁやるぞといわんばかりの、炎のデザインのユニフォーム。わたしもチケットを渡す際に、渡されていざ出陣!
小雨が降っていたので、少し爽やか。でも、皆さんビールやかき氷をいっぱい買っておりました。わたしが球場で買うのは、お姉さんが運んでくるサーティーワンのアイスか、ライオンズ焼を買うくらいかな。
というわけで、幼いチアガールがいっぱい出てきて、ほほえましく観ながら、さっそくお昼ごはん。地元の和菓子とお弁当の、伊勢屋さんサービス弁当をチョイス。
おかずは詰めてあるのですが、お客さんにわたすときには、ほかほかのごはんをその場で入れてくれるんですよ。
ほかほかもですが、おかずが母が作ってくれていたお弁当みたい。
ひじきの煮つけに、里芋と人参の煮つけ、ちくわとさつま揚げの煮物、クリームコロッケ(ソース付)、玉子焼き、柴漬け、そして、白いごはんには黒胡麻と梅干。
懐かしいような、ありがたいような幸せな気持ちになるお弁当です。
ちょっと豪華な幕の内弁当も大好きですが、ここしばらくこの素朴なお弁当がすごく食べたくてまた買ってしまいました。前回はのり弁(+50円)でしたが。おかずはどっちも同じです。
というわけで、おなかいっぱい、試合もワクワク、この日は9−2でライオンズの大勝利。お立ち台も見たかったけど、車が混むのでそそくさと駐車場に向かいました。
途中、まりたまがお腹がすいたと言いだしたので、所沢のローソンでメロンパンなど購入。
ユニフォームを着たままうろうろしていたら、レジの女性が「今日、勝ちました?」と訊いてきました。間違いなくライオンズファンですね。「圧勝ですよ」というと、すごく喜んでおりました。
コンビニの方が品物を受け取る以外にも、話しかけてくれるってなんか嬉しいですよね。わたしが着ていたのが、日ハムのユニフォームだったら、そんなやりとりをすることはなかったかもですね。
お弁当の話だったんですが、メロンパンのおかげで、ほのぼのと幸せな気持ちになりました(ゆ) 
posted by まりたま&ゆかたま at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック