2017年03月30日

おかわりおかわりもう一回 (宮崎油津の『堺鮨』)

堺鮨.jpg初日に油津にある堺鮨さんにお邪魔いたしましたが、美味しくて再度5人で訪問。カープとライオンズ御用達店です。
満席だったので、やはり予約していてよかった。美味しいので、私たちみたいに他県からやってくるお客さんのほか、地元のご家族などいっぱいでした。
このお値段ですから、近ければ毎週訪問したくなりますね。今度はランチを食べてみたいものです。
何度もいうようですが、キャンプ地近くにこんな美味しいお店があるなんて、カープファンが羨まし〜(笑)。
この日は、地元テレビ局の取材が入っていて、機材と人でカウンターはざわざわしていました。そつなく対応されているお店の方を拝見して、人気店はさすが違うとあらためてすごいなぁと思ってしまいました。
私たちが通されたのはお座敷で、ちゃんとテーブルごとに簾で仕切られているお部屋。西武ファンだから、ライオンズ席をご用意してくださっていてお気遣いに嬉しくなりました。うふうふ。
選手のサインやサインものや写真、ポスターなどがビッシリと置かれています。おかわりくんのバットには「おかわり」と書かれていたのが笑えました。
めったにもらえない選手のサインなど、写真でパチリ。いいなぁ、堺鮨さん(笑)。
注文したのは、前回頂いたあのたっぷりどっぷりとしたモズクが食べたくて3人堺鮨膳。
MちゃんYさんは、それぞれ前回食べて美味しかったものが入っているセットを。追加でにぎりを注文したり、テーブルいっぱいでどれが誰のか(笑)、そんな感じでした。
堺鮨膳は、筑前煮が揚げ出し豆腐、牡蛎がつぶ貝だっけかな? にかわっていました。
新鮮なお刺身やお寿司に舌鼓、お醤油は甘口、かわらず美しいつまやコリコリの海藻など美味しいご飯と楽しい話で盛り上がり楽しかったです。
帰りに堺鮨さんの近くにあるスーパーで閉店間際のお店にかけこみ、初日に買って美味しかった「つのかがやき」というみかんを2袋ダッシュで買ってまたまた大荷物で電車に乗り込みました。
帰りは宮崎行の直通電車がないので、ひとつ手前の南宮崎駅でいったん下車し15分ほど寒いふきっさらしの中で、ホーム真ん中にあるジュースの販売機で風をしのいでました。
電車もなくなるのが早いねぇ。もう少し乗り継ぎが良いと嬉しいんだけど(笑)。
このまったりさが、いいのかなぁ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

寒くても頑張る (西武ライオンズの『宮崎キャンプ』)

寒くても頑張る.jpg選手は仕事、私たちは遊びですが、寒くても頑張るのは一緒です(笑)。
この日は、朝から風も強くふきっさらしのキャンプ地は私たちにとっても脅威でした。
その上小さな白いものが空から降ってきたと思ったら、粉雪!
この宮崎で雪をみるとは思ってもいませんでした。
そのうち粉雪とはいえ吹雪いてきて、ぎゃ〜! もう寒いしか言葉が出ませんでした。
見上げると黒い雲が。青空が見えてほっとしたら次の黒い雲が!
降ったりやんだりでしたが、昨年のような大雨でなくて良かったと話してました。
ネックウォーマーを顔半分まで上げたり、フードをかぶったり、ホカロンを持っていたり、選手なりに防寒です。
あんな薄着で寒いだろうなぁと思いましたが、きっとヒートテックとか暖か予防はしてますよね(笑)。
ブルペンでは、投手陣が室内外で練習をしますが、投手全員が集まって練習をするのは爽快です。
いつも遠くから見るのでわかりませんが、こうやって近くで見ると1玉投げるにも顔つきが全く違うので全身を使って集中して投げているのがよくわかります。う〜ん、すごいなぁ。
今回は昨年のように、写真を撮ったりサインを頂いたりする機会がとても少なかったですが、この日は小石君、まっす〜(増田さん)、まっきー(牧田さん)くまし〜(熊代さん)、呉くんにサインと写真を撮らせていただきました。皆さん、お疲れのところありがとうございました。
この日は、西武ツアーに参加したお友達と初日に行った堺鮨さんに行く予定にしていましたので、後ろ髪ひかれながらキャンプ地をあとにしました(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 09:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝練は笑顔で始まる (西武ライオンズの『宮崎キャンプ』)

西武ライオンズの宮崎キャンプ.jpg朝早い6時前の電車は油津行しかなく、油津駅で次の電車が来る30分間を寒さの中待っていたのが懐かしいです。
油津駅で日向夏色の電車を降り改札を出ると、カープとライオンズのポスターが貼ってありました。
今年のカープ坊やは昨年と違っていました。優勝したので嬉し泣きをしています。
可愛いのでパチリ。なんかいいですね〜。うらやましい。ふふふ。
昨年油津からタクシーに乗るすべを覚えたので、キャンプ地に到着するのはだいたい8時半すぎです。到着すると、もう朝練が始まっています。
早い時間はまばらですが、気がつくといつのまにか増えています。今日は、球場で知り合ったお友達が西武ツアーでいらっしゃる日。
9時過ぎには球場で再会いたしました。皆さん、寒い中お疲れさまでした。ツアーだと、ホテルとキャンプ地の往復がバスなので楽ちんですね。でも、高級ツアーなので私には手が出ません(笑)。
4人で移動したり、ばらばらで移動したり、自分たちのきまま移動で見学です。
この日も風が強く、上下重ね着ホカロンつけていましたが、すっごく寒かったです。
風が吹かなきゃ陽射しは暖かなのですが、残念です。去年みたいに大嵐でないだけ良しとしましょう。
恒例カニカニ体操、くにくに体操、やってるご本人たちは真面目にやっていますが、はたから見ているとほんと面白い。毎年思うことですが、ライオンズの選手たちは本当に楽しそうに練習しているんですよね。
にやにやしてる(笑)。そんな素敵な笑顔を載せてみましょう。球場での合同練習が終わると、それぞれ内・外野手と投手と別れ個々の練習へと入ります。目指す選手と同じく私たちも大移動で・笑(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

楽しく美味しい晩餐会 (宮崎橘通りの『OCTPUS B1(オクトパスビーワン)』)

晩餐会.jpg私とMちゃんは、デザートの盛り合わせ(チーズケーキ・生チョコ&生クリーム・カシスアイス・バニラアイスのせパンナコッタ)、Yさんはヌガークラッセフランボワーズソースを注文。
長い長い一日が終わり、待ちに待ったディナータイム。
宮崎橘通西一番街アーケード内にあるオクトパスビーワンです。
予約時間より早めでしたが、Yさんがお店に確認してくれたところ大丈夫ということで行ってきました。
店内は大理石と天然木のおちついた雰囲気で、男性には少し狭いかもしれませんが、テーブル席も比較的ゆったりとしています。
昼はバスの中でドーナッツ(笑)、あれから何にも食べてないよね〜とココロ弾みます。昨年満腹すぎ頑張って食べたのを思い出し、しっかりお腹をあけてきました。
私とMちゃんは宮崎名物ちきん南蛮(750円)、Yさんは天使の海老のエビみそトマトクリームスパゲティ(1190円)。メニューの名前も素敵♪
プラス480円(税抜き)で、サラダとライスかパンがついてドリンクが選べる。昨年からお値段変わっていなくて嬉しいわ。
やっぱりお腹を空かせて食べるご飯は美味しい♪ 私は飯粒好きなのでライス、二人はお腹がいっぱいになっちゃうからとパンを頼みました。チキン南蛮に添えられた野菜はかわらず美味しく、大大大大満足。
もちろん最後まで頂くためのお腹の空間をあけてあったので、デザートまでしっかり美味しく頂きました。
フランボワーズとカシスが苦手なのですが、このヌガークラッセすっごい美味しかったです。
なんと説明したらいいのか難しいですが、うほっ! うほほっ! って感じの美味しさです(笑)。
美味しいご飯を食べ終わったあとは、肌寒い風が吹く中、お腹がいっぱいになって幸せになった私たちは歩いてホテルまで帰りました。
空には少し欠けていましたが、お月様が微笑んでおりました。明日も天気よさそう♪ (ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

目の御利益パワースポット (宮崎県の『生目神社』)

なまめ.jpgいったんホテルに戻り次の神社へ行くにはけっこう神社仏閣タイムにぎりぎりな感じで、時間が間にあうかなどうかな? と思いながらも宮崎駅構内にある観光案内所で生目(いきめ)神社行のバスを聞いたところ、やはりもうバスはないとのこと。はやっ!
それなら、タクシーで行こうよってことになり行ってきました。
車で15分と書かれていましたが、ちょうどラッシュ時間? か道が混んでいて20分ちょい。
けっこう急な坂の上にあるようで、くねくね山道を登ります。すると道の両側に露店が。
行ったのが2月10日、聞くところによると生目神社大祭が11・12日とあるのでその準備だったそうです。ちょっと惜しいですね〜。
神社が坂の上山の上にあるため、上の入口まで行ってくださったので、帰りに狛様を拝見することとなりました。明日からはきっと混雑するんだろうけど、この日はし〜んと静まり返っていて、私たちの他誰もいません。気配もありません。
生目神社は日本一社で、目の御利益があるので遠くは北海道からも足を運ばれる方がいらっしゃるようです。
平景清が自分の目玉をくりぬき空に放り投げ、その目がおちた場所という伝説があり、本殿の裏にはその目がひっかかったと言われる「目かけの松」があります。昔から「日向の生目様」と呼ばれ、眼病の神様として有名。目を洗うとよいという神水は、小瓶に入って2本300円でした。
お参りを済ませ、気配のない授与所のブザーを鳴らすと中から人が出ていらして、なんとか御朱印を頂くことができました。本殿をあとにして山道をくだります。
真新しい狛様がいらっしゃり、さらに道をくだると本当の昔からの狛様が二体いらっしゃいました。やっぱり、昔に作られた狛様は可愛いですのぉ。
角ばってなくて(笑)、やわらかで表情がよいです。狛ファンとしては、苔むした狛様が好きですね。
山を下り大きな道沿いに出ましたが、バスが1時間後? 何もないこんなところで待てないわということで一つ先のバス停まで歩くことに。
考えてみれば、こういうとこのバス停って1停留所が遠いんじゃない? と急に不安になり、道路沿いのおうちの方に聞いてみました。
先に行くと行き先の違うバスが合流する地点があるようで、そこまで歩きバスを待ちました。それほど待たずにバスが来て、なんだかんだラッキーな私たちでした。
あの一日バス券が使えたし、駅まで行かず宮崎市内商店街で下車し、少し早い夕食にありついた三人でした(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 06:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

行きもよいよい帰りもよいよい (鵜戸神社から宮崎駅までの『車窓』)

バスの車窓.jpg行きの景色は曇りながらも綺麗な景色を車窓から拝み、鵜戸神社から戻ってくるバスは少し経由が違いましたので、ちょっと違う景色を見ることができました。
行きは混んでいたバスも、帰りはすいています。最後部座席を陣取りプチはしゃぎ。ほとんど貸し切り状態ですね。
バスの中で飲食はしないですが、朝、宮崎駅のミスドで買ったドーナツを昼代わりに食べ夜に備えました。昨年は昼食べすぎて美味しい夕飯がいまいちに終わってしまったので、今年は美味しく食べるぞと軽くね、軽く(笑)。
しばらく海岸沿いの景色を楽しんだあと内陸側にはいるのですが、高い建物がないので空が大きく広いです。海と空の境目がわからないくらいです。
青島駅付近に近づいてくると、昨年青島神社へ行ったとき荷物を預かってくださったお店が、なんとも懐かしい気持ちになりました。
バス停まで走ったなぁ、もう一年たったんだなぁと、あらためてびっくり。
橋を渡り、右手に巨人軍のドーム白いダンゴムシが見えてきます。空港近くにはフェニックスが生えていて、ハニワ同様宮崎だなぁと思える風景が楽しめます。
朝来るときに、バス1日乗り放題券を買っていてよかった。バス代往復で3000円ちょいですから、懐痛いお値段(笑)。普段200円の都内バスに乗り慣れていると、驚きの価格です。この乗り放題券のおかげで1800円で移動することができました。
一度ホテルに戻ってから、せっかくだからと〇〇神社へ行った帰りもチケットが使え本当によかったです。皆さんも宮崎県内をバス移動するときは、ぜひ購入してくださいね(笑)。
空港と宮崎駅バスセンターで買えますよ〜(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

陽射しの中の金柑&わんこ (鵜戸神宮の『土産店つるやと可愛いわんこ』)

土産店つるやと可愛いわんこ.jpg鵜戸神宮をあとにして、トンネルをくぐった頃には、太陽がけっこう高く昇っていました。
桜を横目に階段を降りると、行きに開いていなかったお土産屋さんの前に柴犬が気持ちよさそうに寝ていました。あまりの気持ちよさげな表情に、なんだかほっこり♪
店頭左には眩しいオレンジ色の金柑や大きな晩白柚・柑橘類が、右手にはおちち飴などのお土産品が並びます。
ふぞろい金柑が1パック200円とな!
──と3パックとおちち飴を沢山購入。
お店の奥様は、以前東京にすんでいらっしゃり料理研究家だったそうで、食べ方など教えていただきました。スライスして、サラダにのせても美味しく、色合いが綺麗なので見栄えもよいそうです。
こちらの金柑はハウスもので「種もやわらかいから食べてみて」と大粒の金柑を頂きました。東京で買う金柑とは違い、本当に柔らかく皮も果肉も甘い! あの固い種が口に残らなくてびっくり。
口の中で宮崎の太陽がはじけるようでした。
時間に限りがあったので、大荷物の私たちはバタバタと買い物をしてバス停へ。
バスに乗る頃は、もうかなりの大荷物になっていました・笑(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 09:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 名物・名産品・お土産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

素晴らしい景色を見た後は… (鵜戸茶屋甘味処の『日向夏100%ジュース』)

日向夏100%ジュース.jpg大荷物になった私たちを待ち受けていたのは、来るときに下ってきた上り階段八丁坂です。行きにくだりなら、帰りはのぼり。う〜ん。
ハァハァ、いいながらのぼると途中に天の思し召し鵜戸茶屋があるじゃないですか。
お土産も買える甘味処。喉がからからになっていたので、スッキリするものが飲みたくて宮崎名物日向夏100%ジュースを氷少なめでお願いしました。
100%なので、スッパ〜甘くてうんまい♪
そして、気が付けばそれぞれのカップにはメッセージが(笑)。
Mちゃんは球春到来、私は小春日和、Yさんはファイト一発でした。なんとなく嬉しいねぇ。
こちらのお店にはうさちゃんがいて、小動物大好きなMちゃんYちゃんは釘付けでした(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 18:11| Comment(3) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

たまには道をそれてみよう (鵜戸神宮内の『鵜戸稲荷神社』)

鵜戸神宮内の『鵜戸稲荷神社』.jpgおたまじゃくし池を渡り、木々が生い茂った苔むしたつるつるすべる小さな階段を上がると真っ赤なお稲荷さんが現れます。
古くなったので、鳥居は色の塗り替えをしていたのですね。
参道からそれた山の中にある小さなお稲荷神社をお参り。
よ〜く見ると、あれれ? なんか違和感あるよね(笑)。両端にいらっしゃるお狐様、変じゃない?
左はちょっと太り気味のお狐様、右は…んん〜? 狐? ですか? コブタですか? タヌキですか? お顔もなんか変じゃ…。どうも、片側だけ寄贈なようです。お名前が書かれていました。
良かったね、一人じゃなくて(笑)。
敷地内には恵比寿神社もありました。さらに奥に続く山道の入り口に赤くない鳥居があり、五平山御陵、波切神社へと行けるようでしたが、参道入口にあった地図では相当歩くような感じでしたので断念しました(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

不思議な樹と不思議な狛様(鵜戸神宮内の『鵜戸の古狛犬』)

鵜戸の古狛犬.jpg楼門と神門の間に社務所があるのですが、その向こうにMちゃんが不思議な樹を発見。
一本ず〜んと生えていて、葉っぱはボウボウにはえた松の木みたい。なんの木なのかはわからずじまいだったけど、ちょっと面白い宮崎ならではの樹なんでしょうね。
その傍らに、一体の狛様がいらっしゃった。スゴク古そう。立札を読んでみると「鵜戸の古狛犬」で、文政八年(1828年)に土砂崩れにより海中に没していたものを引き上げ修復したものとありました。
長い間海中に埋もれ、狛様は何を考えてらしたのでしょうか。狛犬はニ体で対、もう一体はまだどこかに埋もれているのでしょうか。狛様の表情がどことなく哀しげで、寂しくないのかちょっと心配になってしまいました。
その右手では、鳥居の修復作業をされている方がいらっしゃり、左奥に続く道がありましたので登ってみることに。
お稲荷さんがあるようで、小さな池を渡るのですが池の中に沢山のソテツの実が加工用? に浸けてあり、小さな黒いぶつぶつがいっぱい浮かんでいて、よくよく見たら久しぶりに見るおたまじゃくしでした(笑)。
すごい量でこれだけ蛙に育ったらすごいだろうなぁと想像してしまいました(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする