2015年02月28日

小さい二本より大きい一本! (あわしま堂の『ばなな』)

あわしま堂の「ばなな」.jpg無印のバナナバウムが無性に食べたかったわたくし。すると、まるでテレパシーのように、まりたまが出先でバナナカステラを買ってきてくれました。ぱふ〜♪
さっそく食べようとしたら、なな、なんと! 袋にバナカスがふたつ入っているではないですか。なので、通常のサイズよりスマートなバナナ。バナカスといえば、まず袋に一本入ってるのだけど、これは予想外。
開けてみると、なんだかサヤエンドウみたい。ほっそりなので、ずっしりしてないのだす〜。かわいいといえばかわいいのだけど……。
バナカスはずっしりが魅力なのに、これはちょっと軽量級ではないですか。と、買ってきたまりたまも「バナナっていうよりしし唐みたい」とがっかり顔。
ところが、食べてみたらすんごくいいお味。単純なわたくしたちは速攻でご機嫌が直りました。これはうまい、白こしあんがおいしいのかカステラがおいしいのか……たぶん両方でしょう。かなりおいしいバナカスでした。
一袋にふたつ入れたのは、誰かとシェアできるからかも……と、ふたりでこぶりのバナナをひとつずついただきましたとさ(笑)。
というわけで、この「ばなな」で一本大きいサイズ(通常の)をぜひ発売していだきたいでございます。(ゆ)

【追加情報】
ブログ内を見てみると、数本入りのバナカスを発見。あらためてご紹介します。
モントワールのCafé Sweets Selectionバナナカステラ良味100選のバナナカステラ
posted by まりたま&ゆかたま at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

あなどれない落し物 (味のくらやの『日向夏ゆべし切り落とし』)

日向夏ゆべし切り落とし.jpg切り落としだからってあなどってはいけない。店頭(宮崎駅フレスタ内“味のくらや”)にこれが並んだら、即買うべし。まとめて買うべし。
めったに出ないとのことなのに、たまたま宮崎キャンプに行く初日に巡り合いました。
なんせたっぷり入っているので、1袋買ってもけっこう重い(笑)
荷物の多い私たちにはめったに出ないと言われても1袋買うのがやっと。通常の四角く包まれた日向夏ゆべしの切り落としらしいのですが、驚くほど柔らかくつきたてのお餅のようにふんなりとしていてゆべしとは思えないほどむっちりしている。
ゆべしの中に日向夏の粒々が入っていて、香りがいい〜♪ 口の中に春がやってくる。
それに1袋200円とは驚かされる。いつでも滞在中はここのお店のおやつが買えると思っていたのが間違いだった。南郷駅を17時29分に乗ると、お店があいている間に帰ってこれないのだ〜。
少し早目にもどってこれた2日目は閉店間近ともあり、欲しいものが何も残っていなくて無念。それでも何種類かはゲトして帰ってまいりましたが、来年こそは(笑)! あれもこれも食べてみたいです。
Miちゃんが、切り落としがなかったので通常の日向夏ゆべしを買って帰ったのですが、あのやわやわふんにゃり感がまったくなくて、美味しかったけど残念だったと言っておりました。やっぱりできたて切り落としが一番なんですな♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

太陽の国 (味のくらやの『日向夏ようかん黄娘』)

味のくらやの『日向夏ようかん黄娘』.jpg宮崎駅直結フレスタ内お土産屋さんの一角にある“味のくらや”。
ここのお土産は毎日手作りしたものが店頭に並ぶ。日によってあるものないものがあるので、見つけたら必ずゲットしておきたい。生菓子は当日限りだけれど、帰る日の最後なら大丈夫。とにかくもちもち好きのもちもち星人にはたまらないお店。
お饅頭・羊羹・ゆべし・蒸し菓子・ゼリー・どら焼き・団子・あくまき…他色々。どれも絶品!店頭にすべてではないけれど、試食があるので頂きましょう。
宮崎についた初日に発見。空港にもあるんだけど、お店で買う方が量も多いしお値段も少し安いようです。
宮崎はマンゴーで有名だけど、日向夏! 最高。暑い太陽の陽射しに育てられた日向夏。宮崎の美味しさを凝縮したような羊羹。見た目も名前も可愛いねぇ。
日向夏の果肉を綺麗にくりぬき、皮を蜜漬けにしたものの中に甘さ控えめの果汁入り羊羹を流し込んだ贅沢なおやつ。皮のほんのりとした苦みと口いっぱいに香る日向夏がたまりませんね。
竹皮で包んだ簡易包装なら750円、箱入りなら850円。竹皮だと潰れないかなぁと心配でしたが、意外にしっかりとした竹皮で全然大丈夫でした。箱台に100円はもったいないわ(笑)。だって、ここのおやつはどれも驚くほど安くて美味しいんですから。
次回行ったときには、色々食べてみるのが夢です(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 羊羹・寒天・葛菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

季節はずれの栗ひろい (明月堂の『大栗』)

明月堂の『大栗』.jpg南郷に行く前に調べたら、明月堂さんは栗饅頭が美味しいとあったのでお連れしました。
大栗というので、以前食べた大栗饅頭を想像していたのですが、それほど大栗ではありませんでした(笑)。ちなみに直径φ8pくらい。
この栗饅頭は餡の中に練乳とバターが入っているので、ちょっと洋風で餡がとてもきめ細かく滑らかです。真ん中に栗がころりと1個。餡子が美味しいので栗1個でも許しましょう。こちらの和菓子はどれも(びんた以外)美味しゅうござりました(笑)。
次回行ったら他の色々なおやつもお連れしたいです。とにかく種類の多いお店でした(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

大海鼠 (明月堂の『志んこだご』)

志んこだご.jpgぼとんっ…むんにょむんにょ…と動き出しそうな大ナマコ。じゃなくて志んこだごです。
南郷のお菓子屋さんのおやつは色々面白い。志んこだごは、小豆・餅粉・小麦粉・砂糖・塩のみで作られている無添加おやつです。確かこのお店のおやつはみな○○剤みたいな変なものは一切入っていなかったように思います。いいですね、安全なおやつは。
袋から取り出すと、ラップに包まれた黒い物体が。ずっしりと重い。ねっとりむっちり小豆の風味が強く、甘さ控えめでうまぁ〜い。こういうおやつは恵方巻みたいにかぶりつきたくなってしまいます。一本持っていれば小腹がすいた時にも腹持ちがいいかもしれません。重いのに1個360円(税抜き)です。安い、うまい、最高♪
上品に2pくらいの厚みに切って日本茶と頂くと、いいですねぇ。
帰ってきてから調べたら、こちらのお店は長崎カステラが美味しく、手焼きなんですって。
こら、来年行ったらカステラお買い上げして来なきゃね(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 13:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

びっくらこいた (明月堂の『びんた』)

びんた.jpg宮崎南郷でキャンプ見学の帰り何もない駅、コンビニさえありません。
駅から2分ほどのところに、ちょっと場違いなくらい店構えがおされさんな明月堂があります。和菓子の他ケーキやチョコレートなど洋菓子も売っています。お腹のすいた帰り道には嬉しいお店です。
宮崎で色々なおやつをゲトしてきましたが、これほど驚いたおやつはありません。
「びんた」という名前のお菓子は珍しいなぁと購入いたしましたが、袋をあけてびっくらしました。袋からゴロンと出てきたのは…魚の頭ですから。なんて、生々しいリアルな頭なんでしょう。目が死んでいる(笑)。怖い…。
袋に魚のイラストが描かれていたので、キハダマグロの幼魚の名前だと思っていて、鰹味噌入りなのになんでマグロの名前を?と思っていたのです。
そしたら、鹿児島の方言で「びんた」というのは魚の頭ということが判明。
なるほどなるほど、そうでしたか。だから魚の頭だったんですね。
で、鰹味噌って、やっぱり鰹っぽい味がいたしました。鰹節味あんこみたいな。
美味しいのかときかれたら、どうなんでしょう。美味しくないのかと聞かれたら、どうかな?
ちょっと不思議な、ちょっと珍しいお魚饅頭でした。(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

甘食を装ったマドレーヌ? (山口製菓舗の『手づくり甘食』)

手作り甘食.jpg思わずマドレーヌですか? と言いたくなるような甘食。これもまりたまの房総の旅土産のひとつです。
元祖甘食っていうと、表面はしっとりとしてるのに、中身は重曹の風味とちょっと食べるとぱさついていて、口の中の水分が取られるような(笑)。それがまた私は大好きだったりするのですが。
この甘食は、なんか神田精養軒のマドレーヌみたいなのですわ。バターとか入ってないのに、まるで入ってるような風味なのです。すごくおいしいからぜんぜん文句はないのだけど、なんだか甘食じゃないっぽい。この独特の風貌を見ると、とっさに甘食の味っていうのがよみがえってくるからでしょうかね。
それはともかく、マドレーヌみたいな甘食は、じつは創業100年の老舗の逸品。
山口製菓舗、なんてモダンな味わいの甘食を作ったんでしょうか。甘食じゃないとかいいつつ、もっと食べたかった私です。なかなか訪れることができないお店なので、この素敵な味を忘れないようにいたしましょう(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

空からおやつがやってきた♪ (こめ米屋の『こめ米煎餅』@クーコ・モール)

こめ米煎餅.jpgお正月に大分の実家に帰ってきたばかりのK子ちゃん、なぜか2月にまた大分に帰ったのか、お土産を送ってきたよ? と思ったら、入っていたお手紙に、空港の通販サイトでお土産が買えると知って、お取り寄せして送ってみました──だそう。なんだ、びっくりした。
K子ちゃんによると、こめ米屋のお煎餅が大分空港で一押しのお菓子なのだとか。それは楽しみ! と箱を開けてみたら、びっしりと48枚もおせんべいが♪♪♪ 白米のお煎餅とお赤飯のお煎餅。どんなんだろ〜とわくわくしながら、さっそく試食してみたら。
おおっ、塩やお醤油のお煎餅かと思ったら、ラングドシャのような洋風の生地。ざくざくしててすっごくおいしい! これはいくらでも食べられる系。いっぱい入ってるからまだまだ食べられるよ♪ 
大分空港のお土産といえば、「ざびえる」とか「別府の地獄むしプリン」とか「湯布院のぷりんどら」とかがとっさに浮かぶのだけど、このお菓子は知らなかった。きっと三年前に行ったときに、いろいろ見たけどこれは見落としておりました。これからは出かける前に、しっかり空港土産もチェックしてから行かなくちゃ。行ってから探せばいいやといつも思ってたけど、見落とさないためにも下調べは大事ですな。
というわけで、国内で飛行機の旅をされる際には、クーコ・モールにリンクされている各地のサイトをチェックしてみてくださりませ。ちなみに大分空港のお取り寄せサイトはTabiToという名前。K子ちゃんもそこから送ってくれたようです。いっぱいお土産を買って持って帰るのが大変だったり、家に帰ってからお土産が足りなくなったときにはとっても便利ですよね。
それにつけても、各地の空港土産を見ていると、どこか旅行に行きたくなってしまいました(ゆ)

【追加情報】
クーコ・モールは2016/03/31でサービスを終了したようです。残念ですね。(2017.2.12更新)
posted by まりたま&ゆかたま at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

西武プリンスドームで会いましょう (西武ライオンズの『宮崎南郷キャンプ』)

西武プリンスドームで会いましょう.jpgとうとう最終日です。荷物も前日にしっかりと詰め終わり、おにぎり定食を頂き早々にホテルをチェックアウト。なんだか寂しいですねぇ。もぅ夜には東京に帰っているんだと思うと後ろ髪引かれる思いです。前日と同じ電車に乗り込み、油津で乗換え、南郷からタクシーでキャンプ地へ。
早朝個人練習で銀ちゃん(炭谷銀仁朗さん)がバット振り振りカッコいい姿が拝めました。
集合練習では、あさむもおかわりくんも見えました。宮崎の陽射しは強いので皆さんサングラス姿。していない方は目をしぱしぱ眩しそうでございました。この日は寒気団が来ていて風が強く、選手たちも寒そうに口元ふぅふぅしていました。見ているだけでブルブル。動いていてあれだけ寒そうなのはやっぱり寒いんだ(笑)。私たちゴロンゴロンに重ね着していても寒いくらいだから寒いよね〜。
寒いと言えば、温まるものも実はあるのですよ。キャンプ地入口には、饂飩・ラーメン・焼きそば・たこ焼き・豚みそ鍋・炭火焼・チキン南蛮・焼き鳥・ホットドック・お弁当・白玉ぜんざい・かりんとうやら、やらやら色々売っているのです。
お酒なんかもありまして、Miちゃんはお土産にライオンズ焼酎「行けMENレオ軍団」という芋焼酎をお買い上げ。イラストのモデルは岸さんしかありえないとお店のお兄さんが話しておりました。「他にいないでしょ?」って(笑)。
お酒コーナーの横には、道の駅が出店していて南郷らしい柑橘類(デコポン・せとか・れいこう・はるか・日向夏みかん・十万みかん・完熟金柑)が彩り美しく並んでいて、大好きな金柑をゲト。大粒で名前が「たまたま」可愛いですねぇ。ぷふふっ、たまたまですよ。ちなみにうちの猫もたまです(笑)。
空港にも売っていたけれど、ここのが安い♪ 持ち歩くには…と話していたら、預かってくださると。ありがたやぁ。それから前日にお腹すかしたので、ちゃんとお弁当を確保。待ち時間が多いけれど、その場を離れることができないので買いに行ったり食べに行ったりが難しいので、ぱくっと頂ける天むすをチョイス。
一口サイズと思いきや、意外に大きく5個も入ったのでお腹いっぱい。黄色いたくあんが美味しさを増しておりました。皆さんが強風にあおられ熱心に見学している間に、私はベンチに座って一人モグモグボリボリ食べていました(笑)。いやぁ、満足満足。
前日と同じように練習をクリアしていく。この日は投手のブルペン入りがすんだあと坂道ダッシュが始まり、ファンにとっては棚からぼた餅。いやぁ、こんな間近で拝めるなんて私たち幸せもんです。
ありがたやぁ、ありがたやぁ。表情ばっちりの写真がたくさん撮れてラッキー。見ていてこっちも楽しくなってしまうのが、なんだか投手の皆さんとっても仲良し(笑)。
ダッシュの登りも戻ってくる時もなんて楽しそうなんでしょ。ジャンケンして負けたらおんぶって。おもしろすぎ。特に野上っちは楽しそう。ほっぺが印象的なのと近くで見ることがなかったのでまったく気づかなかったのですが、他の選手たちと比べて意外と線が細く指も長くてきれいなんだなぁと驚きました。
その後出待ち場所へ移動。最終日は投手のまっきー(牧田和久)に始まり、めったにサインをしないという噂の野上っち・誠(相内誠)・まっすん(増田達至)・小石くん、捕手の上本くん・岡田くんの7人でした。40名中23名はなかなかの収穫。
おかわりくん(中村剛也)とメヒア、違うところに行っていた金子ちゃんに貰えなかったのが無念です。最終滞在日は、飛行機の時間もあって早々に退散。
50分前に空港に到着。ゆっくりお土産屋さんも見たかったのですが、最終便とあって保安検査場が大混雑で時間がなく残念でした。今回の残念は次回に持ち越しということで(笑)。
飛行機に乗り込んだと思ったらあっという間に羽田到着しちゃいました。
空港からのバスも無事最終より1本早く乗れ1時間たらずで到着。
意外に遠いようで近い宮崎。とっても充実していて、たったの3日間が1週間にも感じました。が、こちらに戻ってきたら本当に宮崎に行ったのかなぁ? と不思議感覚でした。
Miちゃん、宮崎行き誘ってくれてありがとう♪ とっても楽しゅうござりました。
今度は西武プリンスドームで会いましょう(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

宮崎を食らう (炎の舞らくいの『宮崎郷土料理』)

(炎の舞らくいの『宮崎郷土料理』.jpgお腹をぐぅぐぅ鳴らしながら、宮崎駅に到着した3人娘。
軽く饂飩もいいけれど、やっぱりせっかく宮崎まで来たんだから地のものを食べたいよね〜と入ったのがここ。居酒屋さんですが、宮崎駅直結フレスタ内にあり便利です。
靴を脱いで入るのがちょっと面倒だけど、ゆったりとした座席。カウンター席だったので、厨房の様子が見えて豪快。藁を取り出して釜にざば〜っと入れるとゴゥゴゥ燃えバチバチ唸る。うわ〜、美味しそう♪ 香りがぶわ〜っと店内に広がります。藁焼きが美味しいみたいで、さっそく注文。
色々とってシェアしようと、宮崎名物チキン南蛮・宮崎鶏の炭火もも焼き・名物藁焼きかつおのたたき(塩)に並ご飯をつけてもらいました。熱いお茶をだしてくれるのも嬉しい。
お店からのサービスですと出された重に入ったつまみみたいなのも美味しかったし嬉しかったです。チキン南蛮は、さっくりしたチキンフライにタルタルソースがかかってる。
炭火もも焼きは柚子胡椒で頂きます。炭火のいい香りが鶏にうつっていける♪ うまい!
そしてそして、かつおのたたきの厚さにびっくり! こんなに分厚いの初めてみました。
ずるんとかつおの重みで箸から落ちちゃうくらいぶあつい。実際Miちゃん箸からずりり。隣のおじさんも箸からずるり(笑)。
塩で頂くのも初めてで、こんなに分厚かったら生臭いんじゃないかと思ったら、すごく新鮮で香りもぐーです。岩塩をふりかけニンニクと玉ねぎのスライスを好みにあわせて頂きます。意外に塩だけも♪ もも焼きについている柚子胡椒をつけて食べても美味しかったです。ランチもあるようで、来年機会があったらぜひ食べてみたいです。
かつおのたたきとまっきー話に盛り上がり、楽しいひと時を過ごすことができました。地のもの食べて大満足の充実した一日でした(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする