2011年07月30日

杏仁、堪忍、一人で食べた (ハーゲンダッツの『クリーミー杏仁』)

クリーミー杏仁.jpgあぢあぢあぢぢ、台風が去ってから曇り日が続いてますが、湿度は高い。お肌にはいいけれど、体力的に辛いものが。ずっしりのしかかってくる湿度たち。こういう湿度の高い日は、国内なら北海道、海外ならハワイへ逃げたくなってしまう。
せめて、口の中だけでも一瞬涼しい気分を味わいたいと、三浦屋でハーゲンダッツをゲト。ちょっと前から狙っていたクリーミー杏仁ですな。杏仁豆腐大好き。中華料理を食べたらば、必ずデザートで頂きたい。ぷるるんつるるん、ちゅるっ。口の中さっぱり〜。透明なシロップの中でゆらりと揺れる白い雲。まわりには、クコの実やフルーツが彩り美しく浮かんでいる。杏仁の川があったらば(笑)、滝つぼの下で大口開けて待っていたい。そのくらい杏仁好き。
前置きがなが〜くなってしまいましたが、杏仁味はやっぱりうまうまでした。ちょっと杏仁の香りと違うものが感じると思ったら、原材料の中に洋酒(アマレット)が入っていた。私てきには、入ってないほうが好きかも。杏仁の美味しさを十分に感じたいからね。
アイスは、おどろくほどなめらかで口どけよく、スプーンですくうと暑さですぅっと溶け始める。ふるふるの杏仁豆腐を味わうように、ゆっくりと口の中でとかしていただく。やっぱり、ハーゲンダッツは美味しいな。特に一人隠れて頂けば、最高(笑)。でも、あとひとつ残っているから、それをみんなで分けて食べてね。ね〜。

もっとハーゲンダッツ⇒わくわくハーゲンダッツ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 16:08| Comment(4) | TrackBack(1) | アイスクリーム・氷菓・ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

道北サンド (壺屋総本店の『北海道カステラ』)

北海道サンド。.jpg道北各地域自慢の素材で作り上げたカステラ。その名も、北海道カステラですな。ぷふっ。
北海道産小麦粉“きたほなみ”・北海道産米粉をブレンドした生地は、ふんわりとして甘め。そのぶん中のクリームは、バタークリームベースのわりに甘さひかえめ。
今回頂いたのは、7種類中4種類。上富良野「菓子司あかがわ」のブルーベリー、美瑛「麦菓堂」のハスカップ、旭川「菓子処まるきた」の黒豆、同じく旭川「エチュード洋菓子店」のホワイトガナッシュ。色合いもお味もいいバランスで送ってくださったわ。ありがとん。
中でも一番人気は、酸味のあるハスカップ。このスッパさがいいよね。全種類食べたくて、しっかり4分の1ずつ切り分けますた。それぞれ個性あるカステラ、珍しくて楽しくて素敵なおやつご馳走様でした。

もっとカステーラ⇒しっとりカステラ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

黒と赤のコントラスト (JA当麻農業協同組合の『北海道限定・でんすけすいかピュアゼリー』)

でんすけすいかゼリー.jpg玄関で「でんすけすいか届いたよ〜♪」という声が! “でんすけすいか”って、あの“でんすけすいか”っすか? 一度は食べてみたかった、あのスイカの王様超高級スイカ(1玉5千円以上)の“でんすけすいか”っすか? と頭の中であのブラックホールのような真っ黒い大きなスイカがぐるんぐるんと惑星のように回っていた。どれどれ〜、ん? 箱薄い。こんな薄い箱に入るもんぢゃないと思ったら、“でんすけすいか”は“でんすけすいか”でも、“でんすけすいかゼリー”でした。ぐがぁ〜ん(笑)。
ちょっとガッカリとした瞬間があったのですが、開けてみるとぎっしり15個美しく並んでいる。あら素敵。さっそく冷蔵庫へGo! したら、むぅ…美味しい! あの時がっかりした自分が恥ずかしくなってしまった。蓋をあけると、みずみずしいスイカ果汁がたっぷりと入っていて、蚊取り線香の香り漂う田舎の縁側で、種を吹き吹き食べた夏の思い出が蘇る。
色は、赤いセロファンを太陽にかざしたようで美しい。食感はスイカのボスッとした部分に似ていて、ちょっと冷凍して解凍したようで面白い。暑い季節にぴったりで、甘すぎず涼しげ。体内温度が下がってゆく。あんまりゼリーって好きなほうではないんだけれど、これはすごく美味しくて15個中半分近く一人で食べてしまった。ははは。  

もっとフルーツゼリー⇒ぷるるんフルーツゼリー市場

posted by まりたま&ゆかたま at 10:10| Comment(2) | TrackBack(0) | プリン・ゼリー・杏仁豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

牧場愛す (大山乳業農業協同組合の『大山牧場プレミアムアイス』)

大山牧場アイス.jpgはふぅ…こう暑いと、生協さんの広告のアイスに釘付け。普段手に入れることのできないアイスを食べることができる。牧場アイスって濃厚で美味しいよね。ミルクたっぷりって感じで。以前、会社の保養所が那須にあって、よく南ヶ丘牧場へ行ってアイスやチーズ・ピロシキなんかを食べたモンです。行ったら必ずお立ち寄りして食べたなぁ。おいしかったなぁ〜。
今ではネット通販やってて、なんだかすごいぞ牧場(笑)。今回手に入れたアイスは、大山(だいせん)牧場のアイスですよ。こら、期待できますわ。うふふ。アイスの中では1位2位を争う苺と抹茶。
苺は、全体まんべんなく果肉が入って甘酸っぱいけれどクリーミィで濃厚。どちらかといえば甘めのアイスなんだけど、後味すっきり。131mlとハーゲンダッツよりほんの少し多い量で268円。抹茶は、鳥取県産の自家製乳製品をたっぷり使ったこだわり具合。宇治抹茶を使っているので、深い渋みが強めで口中抹茶。抹茶好きにはたまらん。
どちらも乳化剤や安定剤など不使用で、こんなクリーミィで濃厚なくちどけやさしいアイスができるんだね。冷凍庫で冷やしていてもカチカチにはならなくて、スプーンがスルリと入るちょうどいいやわらかさ。くぅたまりませぬ〜。とっても美味しゅうござりました。また機会があったら、他のバニラやブルーベリーも食べてみたいな。

もっとアイスクリーム⇒ひんやりアイスクリーム市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | アイスクリーム・氷菓・ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

カニかに合戦 (夢乃味の『かに焼き』)

かに焼き2.jpgラブリーラブリーラブリー♪ こういうのを可愛いと思うのは…私だけでしょか?
店頭に並んでいたとき、連れて帰らねば…と思ってしまったわけです。それもカニが2匹も入って105円とな! 安っ。同じく○○○カステラもゲト(後日)。平たいカニっこ袋からあけたらば…、いがいに軽い人形焼みたいなカステラの中に驚きの餡子入り。軽いけれど、美味し〜。
まさか餡子が入っているとは思ってもみなかったので、ちょっと得した気分。はっと気がつけば、販売している会社の名前、夢の味…なんすね。なんだか夢があるなぁ…(笑)。袋の表には、河童みたいな子供? の顔のイラストがあって「こばら満たし隊」とかかれている。そいうえば“こばらへった”みたいな名前のおやつがあったっけ。これは、仕事のお供にココロもお腹も満たしてくれそうなおやつだね。ぶはは。
見つけたのは、吉祥寺三浦屋のいろんな地域のおやつが並んでいる棚。行くと必ず見るんだけど、楽しげなおやつや珍しい地域限定のものなんぞあって、チェックははずせませぬ。楽しい楽しい♪

もっとカステラ饅頭⇒ふかふかカステラまんじゅう市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:44| Comment(6) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

五つの水晶 (中村屋の『水晶月餅』)

水晶月餅.jpg新しく生まれ変わった地球に、最初に生まれたのは五つの水晶。つるりと光り輝くそれは、水晶でありながら、しなやかでふるふるとしている。小さいけれど大きく、水晶全体が呼吸をしているように感じる。つるりひょん、口に含むと今まで生きてきた記憶が少しずつ外側から溶けてゆくよう。
そんな雰囲気をかもしだしているのは、中村屋の水晶月餅。美味しいもの大好きなMちゃん&Kさんから頂きました。いつも洒落た珍しいお菓子ありがとう。
水晶月餅は、一口サイズの月餅型スィーツ。黄色いのは…もちろんマンゴー。アルフォンソマンゴー使ってるなんて贅沢ぅ。果肉が入って、彩り綺麗なマンゴーソースをかけて。これ、大きなサイズでがばちょと頂きたいわ(笑)。
人気があったのは、アジア系フルーツライチとほのかに桃紅色した山査子のゼリー。2層になっていて美しいですのぉ。さらに酸っぱい山査子のソースをかけて。夏らしいデザートですな。ふむ。酸っぱいのは身体にいいよ〜。
水晶は、ふるふるもちもちの皮の中に漉し餡が隠れている。うっすらと中の餡子が見えているのは、くず桜みたい。沖縄産の黒糖蜜をかけて。黒胡麻豆腐花は、ふわとろな豆腐花にたっぷり黒胡麻が入って、ツブツブ感が楽しめる。黒胡麻にいちじくソースをかけるんだけど、プチプチ&ツブツブで面白い。
一番面白かったのは、杏仁。普通の安心を想像しちゃうけれど、まったくの別物。というのも、杏仁に漉し餡ですよ! 餡子タレでなくて、餡子。初体験。それぞれ美味しいものだけど、これは別々に頂きました。手間のかかった、おやつですのぉ。中村屋さん、せめてプッチンサイズで作っておくれ(笑)。

もっとゼリーなデザートぷるるんゼリー市場

posted by まりたま&ゆかたま at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

メロンパンにもほどがある (セブンイレブンの『ふんわりメロンパン』)

ふんわりメロンパン.jpgメロンパン好きは、メロンパンを見ると食べたくなる。あのカリッとしたクッキー生地と、中のふんわりしながらもしっかりとした生地が最高なんだ〜。ガリガリすぎても、ふんわりすぎてもダメ。あの絶妙なバランスが必要なのよ。
ってことで、セブンイレブンのメロンパンをお買い上げしてみたさ。…ぷふはっ! これでもかぁ〜とメロンパンの甲羅が押されている。ここまで、メロンパンです! メロンパンだぜよ! メロンパンなんだよぉ! と主張しているのは珍しい(笑)。まっ、それに惹かれてお買い上げしちゃったんだけどね。
がっつり亀生地、いいねぇ。中は、ふんわりふんわり。もちっと、ひとひねり欲しいとこだけど、人気商品なんだよね。棚にいっぱい並んでた。オープン当時購入したので、50円引きくらいで買ったような…。最近記憶がぶっとびのまりたまでした(笑)。
クッキー生地の亀生地だけかぱっと取って、ふぅさんの背中に乗せてみればよかった。面白かったかも。うけけ。亀吉パンと命名しよう。

もっとメロンパン⇒さくさくメロンパン市場

posted by まりたま&ゆかたま at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

見本通りにゆかぬもの (モロゾフの『カスタードプリン』)

モロゾフのプリンの食べ方.jpgこう暑いっと食べたくなるのは、ぷるるんぷるりんぱろろんもの。お昼食べた後モロゾフのプリンを買いに、暑い中日傘をさし行ってきました。
スマイルプリンキャンペーン時に食べ損なった復刻版プリンのことを聞いたらば、人気があったので又8月に販売するとなっ。次回こそは食べなくっちゃ。同じ値段で小さいのが、ちょいとかなすぃけど(笑)。
んで、プリンが並ぶ陳列ケースには、美しくカップから出されオサレに彩られたプリンのお姿が。可愛く生クリームとさくらんぼが飾られている。プリティ♪ お店のお姉さんに「見本のように美しくガラスカップから出るものなんでしょか?」と聞いてみたところ「出ますよ。それに、出したほうがカラメルがまんべんなくからんで美味しいんですよっ♪」とのこと。そら、やってみにゃ〜ならんぜよ。
お店のお姉さんの言うとおりにやってみたらば、…あらら。失敗(涙)。空気の入れ方が少なくて、プリンちゃんが3分割に雪崩落ちた。とほほ…。ゆかたまに、もっと空気入れた方がいいよと伝授し、かぱっと出したら…おぉ! 美しい。これぞ、プリン。崩れてもやっぱり美味しいモロゾフプリン。確かに苦めのカラメルがうま〜くからんで、うまっ、うまっ、うまぁ〜っ。これからは、出していただくことにしようとココロに決めたのでした。
果たしてワタクシうまく出して食べることができるのでしょうか〜(笑)。皆さんも挑戦してみてね〜。

もっとカスタードプリン⇒ぷるるんカスタードプリン市場
posted by まりたま&ゆかたま at 23:02| Comment(4) | TrackBack(0) | プリン・ゼリー・杏仁豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

薄化粧 (甘泉庵の『くず桜』)

くず桜.jpgほんのり香る桜の葉っぱに包まれし、うら若き乙女のお肌のようにぷにっぷにでむっちりとした葛。半透明の屑が透け、中の餡子が美しい。
普通のくず桜を想像すると別物。葛部分がむっちりと弾力があり、甘さひかえめで、うまっ。中には、きめ細かな漉し餡が。こう暑い毎日が続くと、ひゃんやりした和菓子が美味しい。こんなに美味しいくず桜なら、メガサイズ食べてみたいわ。ってないけど(笑)。上品で美味しい和菓子を頂くと「あぁ…日本人でよかった」と思うわけです。
調べてみると、こちらのお店麩饅頭も相当美味しいらしい。麩好きとしては、機会があったら頂いてみたいものです。

もっと葛菓子⇒ぷるるん葛菓子市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 羊羹・寒天・葛菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

ぐる〜り北海道 (ナシオの『Kitakaくるっと北海道』)

ぐる〜り北海道2.jpg学生時代北海道旅行をした時のツアー名が“ぐ〜るり北海道”だった(笑)。ぐる〜りの間違いぢゃないかと思いつつも、大手旅行会社J○Bさんはぐ〜るりがよかったんだね。ぷふっ。これもまたひとつ思い出ですな。
ところで今回頂いたのは“くるっと北海道”四角い箱のまわりぐるっと名所のイラストとKitacaキャラ、エゾモモンガがやっほぉ〜って描かれていて、中に入っている玉子やんも、箱同柄の包みで包まれていて外も中もラブリー。まぁるい小さな卵型したそれは、北海道弟子屈町・豊浦町産のいちごを使ったおやつ。
核には苺ジャム、そして苺餡、チーズ風味のスポンジで包みあげホワイトチョコレートでコーティング。半分にカットしたら、中だけ少し半熟な茹で玉子みたい。ミルキーでほんまもん苺味、こぶりながらも美味しさバッチグーな玉ちゃんでした。
苺風味味(香料)の苦手なあんままも本物苺菓子に「これは美味いっ!」と豪語しておりました。ぷひっとな(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする