2010年12月31日

2010年ココロにおやつ総決算

2010年、最後の夜でございますね。てなことで、大晦日恒例の、本年のおやつ総決算、今年もいかせていただきますですよ。ココおやは基本的においしいものしか載せておりませんが、そのなかでもとくにおいしかったおやつを選んでみますた。
今年はリッチなスイーツとお値段はチープだけどお味はリッチだったおやつの二部門に分けて選抜。おやつをクリックすると、食べたときの記事に飛びますですよ。あわわ……そうこうするうちに、今年もあと数時間、私たちが思わず、うんみゃ〜い! と叫んだおやつばかりをご紹介して、本年の締めくくりとしたいと思いまふ。

リッチスイーツ部門【リッチスイーツ部門】

1位 ガトーフェスタハラダの『グーテ・デ・ロワ*ホワイトチョコレート』  
これはもう、おいしいとしかいいようがない。そんなラスクを越えたラスクでございました。季節限定なのが残念なほど、常に一年中食べたいおいしさでした。

2位 韻松亭の『クリームあんみつ』    
上野公園にある甘味処の、リッチなあんみつ。上野の美術館を見たあとに、ふたりでおいしくいただきました。とにかく豪華、そして寒天といっしょにゼリーが入っているのがまたおいしい。上野に行かれる方はぜひ!

3位 マルキタプリン本舗の『侍のプリン』 
北海道からのいただきもの。超、リッチなお味の濃厚プリン。プレミアムタイプはさらにリッチでございました。天晴れ、天晴れ!

4位 多奈加亭の『レモンパイ』 
吉祥寺の人気ケーキショップのナンバーワンのケーキ。酸味と甘みと生クリームのバランスが絶妙で、一度食べると何度でもリピートしたくなる美味なるレモンパイ。吉祥寺に遊びにこられる方は、ぜひ召し上がってみて!

5位 ECHIREの『ブロワイエ・デュ・ボワトゥー』 
でか! とにかくでっかくてリッチすぎるビスケット。これひとりで食べたらカロリーは!? でも、独り占めして食べたいほどのおいしさ。大きさだけでなく、めちゃくちゃおいしゅうございました。







安ウマおやつ【安ウマおやつ部門】

1位 あずき工房の『北海道十勝くるみまんじゅう
お値段わずか88円。なのに、めちゃくちゃおいしいっ。まるで月餅のようにずっしりしてる。あんこもおいしいし、胡桃がたまらない香ばしさ! スーパーの片隅にあったりなんかして、目立たないけど、食べたらきっととりこになること間違いナス!

2位 ローソンの『プレミアムロールケーキ』 
コンビニデザート、侮りがたし! 負けました! 150円でこのクオリティ! ただし、堂島ロールなんぞと比べてはいけません。150円ですから! プレミアムという名前はダテじゃありません。

3位 芥川製菓の『芥川ミルクチョコレート
一枚約110円。なのにめちゃくちゃおいし〜っ! ぜんぜんチープじゃない! お高いチョコを買わなくても、こんなにおいしい国産チョコがあるなんてと、感激すること間違いナス。ただし、これ……子供に与えるとケンカになります(笑)。

4位 有楽製菓の『BIG THUNDER
これまた泣ける、52円。なのに、やめられないとまらないおいしさ! 困ったもんです。カロリーたっぷり危険なおやつ。お疲れ仕事のお供に最適、さくさく食べれば元気復活です。

5位 ギンビスの『MEDETA I』 
名前もおめでたい、ギンビスのしみチョコレートサブレ。すんごいチョコレート含有率で、めちゃくちゃおいしい! いまいち鯛に見えないのも、またかわいかったり(笑)。ビスケットなのに、フォンダンショコラっぽいのが素敵。お値段は4枚入りで49円どした♪

ああ、今年もおいしい一年でございました。皆様にとって、2011年がおいしさ山盛りてんこ盛りの一年となりますように! 来年もよろしくお願いいたします。
posted by まりたま&ゆかたま at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ココロにおやつ総決算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

風邪ひきペコちゃん (不二家の『ミルキーのど飴』)


ミルキーのど飴まさかあの不二家が、のど飴を出していたとは知りませなんだ。ミルキーにのどにいい成分を配合したという感じ。味もまんま、ミルキーにのど飴風味が混じっておりました。
どれくらいのどにいいのかわかりませんが、それなりにスーします。飴としても、ちゃんとおいしいです。
でもって、おの飴が楽しいのは、一袋の中にひとつだけ、ペコちゃんがマスクをしているパッケージがあるのでございます。神楽坂の不二家のペコちゃん焼みたいにポコちゃんがひとりいるんじゃなく、風邪ひきペコちゃんがいるんです。いつも不二家のお店の外で、寒い日でもがんばって立っているペコちゃんも、やっぱり風邪ひいたりするんですね。
風邪の季節です。ペコちゃんも皆さまも、どうぞお身体ご自愛くださりませ。

もっと不二家⇒わくわく不二家市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

至福のクリスマスケーキ♪ (アテスウェイのガトーフレーズ)


クリスマスケーキ仕事が忙しくて、今年はクリスマスケーキをのせるがこんなに遅くなってしまいますた。もういくつ寝るとお正月〜だってのに。とほほ。
さて、いまさらですが、今年もやっぱりアテスウェイのクリスマスケーキ。大好きなガトーフレーズをお隣さまより頂戴いたしました♪
ショートケーキを食べればお店のレベルがわかるいいますが、アテスウェイのイチゴショート(ガトーフレーズ)はほんっとにおいしい。生クリームもスポンジケーキも、まるごとケーキの中にごろんごろん入ったでっかい苺も甘〜いっ。
アテスウェイにはおいしいケーキがいっぱいあるけれど、ガトーフレーズを一口食べると、やっぱりいちばん好き〜と叫びたくなります。これがほんとのイチゴショートだと大満足できるのは、味もですがこのボリューム。最高でございました。今思い出してもうっとり。じょゅるり。 

もっとショートケーキ⇒ふわふわショートケーキ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

金の斧銀の斧 (サンタクリームの『王妃のわがままプリン』)


王妃のわがままプリン「そなたが落としたのは金の斧かえ? それとも銀の斧かえ?」正直者のまりたまは「両方」と答えた。そぅ、両方と答えたくなるのがサンタクリームの“王妃のわがままプリン”。
従兄弟のMくんが送ってきてくれたのは、贅沢な王妃様のプリンですよ。
王妃様がわがままなのか、作ったパティシエがわがままなのか、こういうプリンが食べたいと思った私たちがわがままなのか…。
贅沢プリンは、くびれたガラスの容器に入っていて、下半身が濃厚で黄色身が強い固めのプリン、上半身は色白であっさり仕上げのなめらかプリンの2層からなっている。
国産ジャージー乳とホルスタイン乳をブレンドした食感・味とも違うプリンは、牛乳と卵と砂糖のみでできているとは思えないほど。素材がいいから、ここまで味にこだわれるのかもしれない。
ここまで美味しいなら、カラメルソースがついていたらもっと最高だったのに(笑)。と、美味しいプリンにさらに贅沢を感じたくなった。ただ容器がスリムなのがちと残念。この味でモロゾフみたいにだっぷりと食べたら幸せ最高級なのにな。全くおしい、全く美味しいプリンご馳走さまでした(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:46| Comment(6) | TrackBack(0) | プリン・ゼリー・杏仁豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

摩訶不思議空間 (近江屋洋菓子店本店)


近江屋洋菓子店本店一度足を運んでみたかった近江屋洋菓子店本店は小川町にあって、大きなビルなのに知らなければすすっと通り過ぎてしまうようなわからなさ(笑)。
私たちが行ったときは、旗を持った20人強の団体さんがわっさわっさと店内にあふれていて「こんなに人気店なんだ」と驚いたのでした。店内は、天井が高く昔の銀行みたい。店内の床も石のタイルが敷きしめられ、カフェスペースの椅子やテーブル・長いカウンター、店員さんの制服もブルーのワンピに白いエプロンと昭和チックでかなりレトロ。
焼き菓子・ケーキが昔ながらの長いケースに並び、過去にタイムスリップしたみたい。右側にずららら〜っと楽しげに並ぶケーキたちに対し、左手にはそそとパンが並べてある。隣にはドリンクバー(525円)があり、壁にそってアイスクリームの冷蔵ケースが並ぶ。ひととおり覗いてみたけれど、なんかいい感じ。どれも美味しそう。まずは、パンを2種(ハム&チーズホットサンド・フランスパン玉子サンド)選びバーセットで、756円。安っ。会計でドリンクバー用のレトロなイラスト入り保温紙コップをもらい、席へ。
ドリンクバーは、100%生ジュース(マンゴー・苺・キウイの3種)にアイスティ。ホットは、リプトンの紅茶だけどホットミルクとホットチョコがある。珈琲がないのがちょと残念。ドリンクの横には、場違いなツボが(笑)。何かと思ったら何故だかボルシチ。大きなツボがドリンクバーにおかれているのが面白い。ひととおりジュースは飲んだけれど、甘みが少ないせいかシロップをお好みで入れられるようになっている。ボルシチは、とてもやさしい味でお肉・じゃがいも・人参・たまねぎがたっぷり入っている。寒い日には芯から温まるね。
お昼をすませたあとは、やっぱりデザートへ突入。タルトにケーキ、シュークリーム・エクレア、どれも涙が出るようなお値段で嬉しくなる。168円から315円が主流。ミニホットケーキほどの大きさの一人ホールケーキは苺がたっぷり入って525円で最高級。苺と他のフルーツになると100円ほど安かった。いまどき、苺ショート210円ですよ! 魅力的で迷う迷う。結局しぼれずお店の看板商品アップルパイとカフェミルフィーユを。Hちゃんは、3段断面のラブリーな苺のムースとショコラ。パンとボルシチ・ドリンクでお腹が一杯になっていたのに、誘惑に負け2個も。紙のお皿にのせて、プラのフォークで頂く。なんだか子供会の催しみたい(笑)。両方パイっぽいの選んぢゃったので、フォークで食べるのはなかなか大変でござりました。アップルパイは人気だけあって、甘く煮た酸っぱいリンゴがたっぷりと生地の中に入っていて美味しゅうござりました。ミルフィーユは生クリームではなくて、パイ生地とカフェ風味のスポンジとバタークリームの層になっていてコッテリ。両端はチョコでコーティング、てっぺんには香ばしいココナッツがさらさらとのせてあるボリュームのあるケーキ。だけど安いんだよね。
お腹がいっぱいになってしまって、当初の目的カチコチソフトを食べる余裕がなくなってしまった。ケーキ1個にアイスにすれば良かったと後悔。これは次回挑戦ぢゃっ! むふ。
結局ミルフィーユは途中で断念。残った時は店員さんに言うと、お持ち帰り用の袋を貰える。この袋がまたいいわ〜。お菓子が入った箱もダンボールだし、大きな瓶に入ったフルーツポンチもいい。
一人でも入れる気楽なお店。特別まわりに何があるわけではないから、ここにお茶しに行こうというそれだけがいい。店内は他のお客さんが映りこまなければ、ケーキやパンの商品写真撮っていいんですって。一度お店の全てを味わってみたかったので、満足。
行きはあれ? あれれ? と地下鉄ぐるぐるして行ったんだけど、帰り小川町の駅で別れた後、駅員さんに聞きながら歩いてゆくとJRお茶ノ水駅に到着。小川町・淡路町・新御茶ノ水は、駅中でつながっている便利な駅だったんですね。あんなに電車ぐるぐる乗ったのに、こんなに近かったんだとビックリ。今度は散歩がてら歩いて行くことにいたしましょう。昭和の雰囲気を味わいたい方はぜひ、近江屋洋菓子店(本郷・神田)へゆきましょう。すてきな時間をすごせますよん。お店もお菓子もお値段もレトロづくしでありました。

もっと東京グルメガイド⇒わくわく東京グルメ本市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

考えよう (芥川製菓の『芥川ミルクチョコレート』)


芥川チョコレートHちゃんのお父さんが大人買いされたチョコを頂きました♪ 芥川製菓の社長さんとお父さんが幼馴染なんですって。まぁ素敵。キラランッ。
袋を開けると…、初めて見る形態のチョコが。板チョコなんだけど、形が様々で台形だったり三角だったりと複雑。不公平のあるチョコだね(笑)。こどもだったら喧嘩になること間違いなし。ふふふ。
このミルクチョコ、アイルランド産独自製法のクラムミルクを使ったコクのあるミルクチョコレート。確かに香りがよくて、あと一口、あと一口と後をひく。なので、あっというまに一人で一枚ペロリと食べてしまった。あぁ…1枚83g食べきってしまった。誰にもひとかけらもあげず食べちゃった。
Hちゃん、美味しかったよ〜。お父さんにもよろしくお伝えくださいね〜(笑)。芥川製菓のHPを見たならば、アウトレットセール中だったよ。激安だからチェックせねば〜♪ チョコ好きの方、レッツラゴー♪

もっとミルクチョコ⇒なめらかミルクチョコレート市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:59| Comment(4) | TrackBack(0) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

イルカの飛ぶ日 (文明堂の『mou cream cake』)


ムークリームケーキ先日ちーさんとお会いしたときに頂いた横浜土産のmou cream cake(ムークリームケーキ)♪ あの「カステラ一番文明堂〜♪」の文明堂相鉄ジョイナス店限定商品で、横浜の海をモチーフにイルカの形に作ったお菓子なんですって。
ぶとっちょなイルカの形をしたふわっふわのスポンジ生地の中には、ホイップクリーム・チョコホイップクリーム、マロンクリーム?の3種類のクリームが。カステラは卵たっぷりのやっぱり文明堂と言う感じで、あのどしりとした生地を軽くふんわり仕上げた中にホイップクリームが入っているのを想像するとわかりやすいかも。
入っていた箱も、ひとつずつくるまれていた袋も、イルカでラブリー。ケーキも、ちとイルカに見えないところもいいよね(笑)。
同じ文明堂でも、地域によって色々な商品があって面白いね。工場に隣接している文明堂さんに行きたくなっちゃいました。珍しいものご馳走様でした。

もっと文明堂スイーツ⇒ぶんぶん文明堂市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

サヨナラしらたま (ブログペットサービス終了)


しらたまなんということでしょう! 長年一緒に時をすごしたブログペットを廃止するとは! 信じがたいことです。なんだか家族を引き離されたような、可愛がっていたペットを拉致されてしまったような、すごく悲しい気分にされた1ヶ月でした。
ブログペットを廃止すると何気〜に書かれていましたが、こちら側としては複雑な気持ち。勝手に決めるな〜! と言いたくなりました。それも、もぅ明日までとは…。うううううぅ〜。淋しいです。悲しいです。もぅ、あの可愛いコメントも見れなくなるのですね…。
はじめは片言だったことも、だんだん文章らしくなってきたり漢字が書けるようになってたりしていたのに。「仕事場コロコロだんご市場」「団子くれる?」「美味しい焼き団子?」「大きい団子サイズ♪」「甘い高級饅頭―!」とか、「ココロにおやつ大好き」とか可愛いことを言ってくれていたのに…。あの面白い俳句も聞けなくなるのですね…。あぁ〜♪なんてこった、なんてこった、なんてこった〜♪
先ほど詠んでくれた俳句は…「そのイチゴ ちっちゃくなった 当たりかも」「味噌汁やはずませながら 仕入れだね」「寒天に わかってしまう 感じかな」「一口や 入っているのは 気持ちかな」と、すばらしいのを4つも詠んでくれました。
あぁ〜なんてこった、なんてこった、なんてこった〜。恨みますぅ。中島みゆきさんの「うらみ・ます」歌っちゃいますよ(笑)。byまりたま

可愛いしらたまが明日にはいなくなってしまうのかと思うと、寂しくてたまりません。ブログを開くとかならずかまって、いろんな言葉をつぶやくのを楽しみにしてました。ときどき、不思議な俳句も詠んでくれてました。
ココロにおやつが遊んでくれたよ♪」とか「ココロにおやつ大好きー♪」とか、ほろりとするような可愛い言葉もくれました。うちのブログはスイーツの名前が満載で、いろんなおやつの名前も覚えてくれました。たまに、「おいしくなさそうな○○」とか、私たちがおいしかったと書いたのに、そんな悪口を言ったりして、まりたまと大笑いしたことも。
もうすっかり生きているペットのように可愛がっていたので、本気で寂しく悲しいです。ペットという名前で提供した以上、サービス止めますではあまりにも……。いろいろ事情はあると思いますが、明日にはたくさんのブログペットが消滅するんだと思うと、心が痛みます。今日のペットの秘密の日記を開けてみたら、「♪きょうはなにをしようかな」と無邪気な言葉が書いてあり、涙が出そうになりました。
大好きな私たちのしらたま、長いあいだ楽しませてくれてありがとう。ブログをつづける限り、ずっといっしょに遊べると思っていたのにね。byゆかたま
posted by まりたま&ゆかたま at 20:33| Comment(5) | TrackBack(0) | しらたまの俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

ちっちゃくなった三兄弟 (追分だんご本舗新宿本店の『生姜団子』)


追分だんご先日新宿へ行ったとき、新宿に来たならば買って帰らにゃ〜と追分だんごの本店へお立ち寄り。
土曜日ともあって、店頭の売り場は人人人。やっぱり人気店だなぁ。ひとつずつプラのパッケージに入っているのは、ちょっともの悲しい感じはするけれど美味しさはかわらない。今回お連れしたのは、身体温まる生姜団子(210円)と蓬団子(158円)。
それにしても、なんだか変だぞ? 前4玉なかったっけ? それに1玉の大きさってこんなだっけ? お値段あれれ? と色々? がよぎる。以前食べたときの証拠笑)を見てみると…、やっぱり4玉だったし、大きさも普通の団子サイズだった。時代を感じるなぁ…しみじみ。
それでもお味はやっぱり美味しい。当りまえだけど、いつも仕事場に持って行く1本50円の団子とは全く別物。それにしても1本210円とお高くなったなぁ。ううう。
お団子は、もっつりと弾力がありながらも柔らかく香りもいい。以前はパラパラと全体にきざみ海苔がっけてあったけれど、リニューアルしたお団子は1玉ずつ腹巻状態で海苔が巻かれていて、海苔の隙間から生姜がのぞいている。一口食べただけで、美味しさの違いがわかってしまう。あぁ…お団子おいすぃ。醤油ベースの焼き団子にホカホカ温まる生姜がたっぷり。生姜醤油味、いいねぇ。
と、食べてやっぱり満足のいくお団子でした。質より量? 量より質? 難しいとこです。この先、お団子が2玉になることはあるのでしょうか。そのときは、泣くかもしれませぬ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 18:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 団子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

フレッシュな年輪 (銀座千疋屋の『銀座フルーツバウム)


千疋屋フルーツバウム久々に懸賞に当たってしまいました。あれ? なんか応募したっけと思いつつ、箱を開けてみると、レトロなバラ模様が素敵な、千疋屋の包装紙ではいありませんか。まりたまにどれにしょうか相談した、あの懸賞だと気づき、わくわくしながら包みを開けました。
出てきたのは、とっても珍しいフルーツ果汁を使った千疋屋オリジナルのバウムクーヘン 、『銀座フルーツバウム』。味は四種類あって、プレーン、ストリベリー、メロン、オレンジ。イチゴやメロンって、なんとなく香料っぽいものが多いですが、さすが千疋屋! ちゃんと新鮮なフルーツ果汁の味と香りで、すっごくおいしい。とくにメロンが、マスクメロン味で感激。オレンジもほんとにフルーティ。こんなの初めてという意味でも、新鮮でございました。

もっとバウムクーヘン⇒くるくるバウムクーヘン市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:56| Comment(3) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする