2010年08月29日

マルキタ星からやってきた“ちょんまげプリン” (マルキタプリン本舗の『侍のプリン』)


侍のプリン少しばかし早いですが、誕生日のお祝いにミルクの美味しい北の大地から素敵なものが届きました。東京の暑さに負けないようにと、涼しげな贈り物。うひゃ〜、うでぢぃでずぅ。Tちんありがとぉ。
なんとべっくら一度は食べてみたいと思っていた侍のプリンぢゃないっすか。それも、プレーン4個とキラキラプレミアムゥ4個のセット。嬉や〜。サンクー。このプリン、ワンカップ大関みたいなガラスの容器に入っていて、かなりのボリューム。なになになに〜、五箇条のご誓文まで書かれているぞえぇ〜。
…べし、…べし、…べし、と5個ね(笑)。べしべしをちゃんと読まないで食べてしまったモンで「冷蔵庫で冷やしたあと食べる30分前に冷凍庫へ入れてさらに冷やす」という素敵な工程を忘れとった。が〜ん。
プレーンも美味だったけれど、私はプレミア〜ムファン。プレーンは、なめらかどっしりプリンで濃厚。美味しさにうなります。これはこれで最高なんだけど、プレミアムは、それに輪をかけてまったりどったり幸せたっぷり。プリンというよりムースとババロアの間みたいな食感。プリンはカラメル命なんだけど、これがまたため息もの。
苦めのカラメル好きだけど、こらすごいわ。にがにが。栞には「3口目までカスタード生地を楽しみ、5口以降はカラメルをソースにして楽しむ」と書かれているんだけど、どこでプリンとカラメルを混ぜ合わせるかによって、しっかりと味わうことができるか、苦味との戦いか、そんな感じでござりました(笑)。
そして、最後に2口ほど残し牛乳をそそぎ、よくかき混ぜて飲むですと? もちろん、なんでもやってみます。プレーンの時は、牛乳がなかったので豆乳でやって大失敗。次はちゃんと牛乳を買ってきてやってみたら、カラメルが濃いのでカラメルコーヒーみたいで美味しかった〜。このカラメルだけ売ってもらって(笑)、カラメルミルクにして飲んでみたいなぁ。カラメルミルクって販売したらどうでしょうかねぇ。美味しいよ〜。
そのまま食べて楽しみ、カラメルからませ楽しみ、牛乳を注いで楽しみ、1ビンで3度美味しいプリンでござりました。贅沢プリン、たくさんありがとぉ〜。誕生日当日には、このプリンを思い出したいと思います(笑)。

もっとカスタードプリン⇒ぷるるんカスタードプリン市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:18| Comment(4) | TrackBack(0) | プリン・ゼリー・杏仁豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

猫舌の誘惑 (CO−OPの『ハイ−シャルレ』)


ハイ−シャルレ小さい頃からラング・ド・シャが大好き。幼馴染のH君ちに行くと必ず大好きなラング・ド・シャをおやつに出してくれたし、ティッシュに包んでお持ち帰りも頂いたっけ(笑)。
食いしん坊のいやしん坊は、ここから始まるのですな。やはし幼き頃からかわりなしってことで。幼き頃あの薄くてあまぁ〜い外国風のおやつは珍しく、あの特別な食感がたまらなかった。同級生のSちゃんのお父さんが船乗りで、と言ってもえっさほいさの船ではなくて(笑)、大きな客船の船長さんだったので、いつも珍しいジュースやお菓子を頂いてたな〜。幼いときから食いしん坊だったのは、環境のせいかもしれないね。
これは、生協さんで売っているお菓子で、ラング・ド・シャをチョコレートでコーティングして、ナッツをパラパラしたもの。アーモンドの香ばしさとミルクチョコレート、最高ですなぁ。このふたつで私の大好きなラング・ド・シャを包み込めば、そらもぅ幸せですわ。うふふ。気温が高いので、食べるギリギリまで冷蔵庫で冷やしていただくとニヒャリ。冬に美味しいチョコレートだけど、やっぱり夏のチョコ菓子も最高です。一口食べるたびに、記憶がさかのぼる。美味しい思い出と一緒に食べるおやつは、美味さ倍増。牛乳と頂けば、さらに上ゆく美味しさを味わうことができるでしょう。うひひ。

もっとラング・ド・シャ⇒さくさくラング・ド・シャ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

おぶす饅頭 (梅園の『お福まんじゅう』)


お福まんじゅう先日美術館巡りをしたとき、渋谷の東急フードショーで見つけました“おぶすさん”。3個入りで567円。お多福のイラストが描かれていたので、勝手に福笑いのお福さんを想像していたら“おふくさん”ではなくて“おぶすさん”だった〜。あらら〜。
お福さんは、まんまるくってちょっと潰れてて、なんか違うんぢゃないの? ってお顔をしてらっさる。う〜〜ん、デザインでは可愛くなるはずだった? のでは? でもこうなっちゃったみたいな(笑)。
山芋入りのじょうよ饅頭で、甘めの漉し餡がだぶっとたっぷり入っていました。がっつり系で、1個食べたらボリューミィです。遭難時にぴったり♪
梅園といえば、あんみつ・豆かんが有名ですが、こういうおやつもあったんすね。珍しくて、ついついお買い上げしてしまいました。やっぱり、おやつは可愛いものとぶさこいものに惹かれてしまいます。お福さん、がっぷりお顔かじってごめんよ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ぺったんこ餃子 (おやつカンパニーの『宇都宮餃子せんべい』)


餃子せんべいなんでもおやつにしてしまうのは、おやつカンパニー。栃木限定の宇都宮餃子せんべい。名前からして美味しそうぢゃない?
SHちゃんが持ってきてくれたおやつ。1袋に3枚も入ってる(笑)。くんくん、ほえぇ〜餃子が食べたくなるっ、って昨日餃子食べたばっかりだけど。餃子せんべいってどんなぢゃ?と思ったら、餃子味のえび満月風煎餅。
もちろんベビースターラーメンだから、生地の中にベビースターラーメンが入っている。
サクサクした食感で餃子とはかけ離れているけれど、食べた後もしばらく餃子味が口に残って楽しめます(笑)。カリカリになった餃子の皮みたい。これが美味いんだ〜。地域限定ものは、楽しいし嬉しいねぇ。ご馳走さまでした。

もっと限定スナック⇒さくさく限定スナック菓子市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

この紋どころが目に入らぬか! (水戸土産の『水戸御紋焼』)


水戸御紋焼「この紋どころが目に入らぬか!」で有名な水戸黄門様ですが、水戸に行ったHちゃんがお土産に買ってきてくれました。ぱふぱふぱふ〜♪
人形焼風のお饅頭は、しっかりした生地に漉し餡たっぷし。あんまくって美味しい♪ これなら3つくらい軽く食べれちゃうぞ。
Hちゃんは、このご紋の家系のお方。それこそその時代なら姫様。いやぁ、姫様に土産を頼み、黄門様のご紋を喰らってしまうとは、世も世なら打ち首ですな(笑)。ははは、現代でえがった。
仕事で疲れたときは、お饅頭が美味しい。ご紋焼きで癒されたよ、ご馳走さま〜。

もっとカステラ饅頭⇒ふかふかカステラまんじゅう市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

ゲゲゲ (水木しげる米寿記念『ゲゲゲ展』@銀座松屋)


ゲゲゲ展ゲッゲッ、ゲゲゲのゲー♪ なんとも懐かしい鬼太郎の歌でござりますが、銀座松屋で行われている、水木しげるさんの“ゲゲゲ展”に行ってきました。
混雑していると聞いていたので、少し早めに出かけたのにもかかわらず、開店前になるとわっさわっさと人が増え、それが全てエレベーターへ吸い込まれ、ザッザッザッザっと足早に人の流れができてちょと怖かったです。ひょえぇ〜。チケットを頂いていたので、すぐは入れたもののすでに会場は混雑中(笑)。
原画がたくさん飾られていて面白かった〜。細かい細かいところまでみっちりと描かれていて、見るのにかなり時間がかかりました。最後まで見ると、密で密で密で超密で、あらためて水木さんのすごさに驚かされてしまいました。昔の貴重な雑誌や本も懐かしく、こういうのも描かれていたんだと驚きの連続。最後の部屋では、幼い頃から今に至るまで水木先生の写真がパネルで飾られていて、奥様に送られたお見合い写真もありました〜。これ、朝ドラにも出てきましたね〜。
実物を見るとふむふむって感じで、これからのドラマの続きも楽しみになってきました。
展覧会が終わると、そこには楽しいおいしい鬼太郎茶屋とグッズやコミックなどの販売コーナーが待っておりました。暑かったので、バナナとチョコのしましまに鬼太郎クッキーをトッピングしたちゃんちゃんこアイスが大人気。
展覧会はあさって月曜日が最終日、鬼太郎&水木先生ファンの方はぜひぜひ足をお運びあれ。見ごたえありますなりよ〜。

もっと水木しげるワールド⇒ゲゲゲの水木しげる市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術館・ギャラリー・博物館・劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

唐辛子ロール (BUZZSEARCHの『フルーツロール』)


フルーツロール通勤乗換えが東京駅、毎朝毎晩誘惑を振り切って移動する。だけど週末の帰りはついつい誘惑に負け、ふらふらと大丸やグランスタに吸い込まれてしまう。あぁ、いかんと思いつつ目は美味しそうなひとたちにむけられる。そぅそぅ、そういえばままたまが冷やして美味しいロールケーキや、ぷるるんっとしたものが食べたいって言ってたっけと思い出し、大丸へ。めぼしいものがなくて、結局グランスタに戻り、バズサーチのケーキをゲト。
前に買ったシュークリームも美味しかったなぁと思い出し、ちらりと目線を落とした先には驚きの価格が(笑)。あり? お値段が2年で100円もアップしちまった。こら、もぅ魅力なしかな〜なんて思いながらケーキの陳列を覗くとウハウハなケーキがいっぱい♪
確か生クリーム美味しかったっけと、フルーツロールケーキ(1260円)をお買い上げ。箱もフルーツやらプリンやら描かれていてラブリー。フルーツロールの中身は、苺・キウイ・黄桃。この組み合わせえぇですのぉ。黄桃が入ったケーキって、不二家さんの昔のケーキを思い出す(笑)。しっとりふんわり軽めのスポンジなので、ぐっと冷やして食べたほうが美味しい。旬のフルーツぢゃなかったから甘みが少なく残念だったけど、生クリームがうまっ! だったので、フォローできておりました。ふふふ。
次の日残りの切れ端を食べたら、当日食べたときよりも美味しく感じちゃった。ロールケーキの端っこに入っていた苺は、まるで唐辛子みたいで可愛かったよ。ゆかたまが一言すかさず「唐辛子ロールだ」と言ったので、タイトルにしてしまいました。

もっとフルーツロール⇒くるくるフルーツロールケーキ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:47| Comment(5) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

鍛えるおやつ (端谷菓子店の『オランダせんべい』)


オランダせんべいなにゆえ北海道根室にオランダせんべいが? オランダと何か関係が? よくわからんちんだけど、とにかく昭和25年創業なんですって。
Mちゃんにもらったこの煎餅、鉱泉せんべいをぶあつくぶあつく大きくしてふんにゃりさせたような不思議煎餅。見た目は大きなベルギーワッフルみたいだけど、食べてみると超素朴。なんだか懐かしさがこみあげてくる。なんなんでひょ、これは。
ワッフル柄は、よ〜〜く見るとぽっちりぽっちり穴があいていて、まるで私の苦手な蓮の実みたいぢゃないですか(笑)。カラコロ。むしりとって食べると、ふんにゃりしているようで結構堅い。はむはむはむ、これ蟹同様無口になりそう。
添加物が入っていないので子供のおやつにもいいし、歯を鍛えるのにもいいかも(笑)。

もっと不思議駄菓子⇒わくわく駄菓子珍味市場


posted by まりたま&ゆかたま at 19:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

まんぷくランチ (ドゥ・マゴ・パリの『本日のパスタランチ』)  


ドゥ・マゴ・パリ有元利夫展をみた後、第二弾ブリューゲル展を見る前に腹ごしらえをせにゃいかん。ってことで、目黒でうろうろ探してはみたものの、知らない街で探すのは至難の業。やっぱぴ渋谷に行って食うべ〜っと、東急本店裏にあるBunkamuraの一度入ってみたかったLES DEUX MAGOTS PARIS(ドゥ・マゴ・パリ)のカフェへ。
カフェスタイルで頂くテラスでは簡単ランチ、落ち着いた雰囲気の店内では本格的な料理がいただける。薄暗く落ち着く店内の2階に通され、3人席に2人でゆったり。
本日のパスタランチ1260円(A*むきえびと伏見唐辛子辛味オイル・B*ヤリイカとキャベツのアンチョビオイル)か、日替わりプレートランチ1680円(真鯛のポワレ・チキンのカレー煮込み)か迷ったんだけど、チキンカレーを食べたばかりだったので、パスタランチに決まり。
まずは、ドゥ・マゴの美味しいフランスパンと黒胡麻パンと甘い系パンが1人に3個登場。
ここのパン美味しいんだよね〜。添えてあるバターも塩は薄めなんだけどコクがあって気に入った。うまっ。フランスパンをむしっとむしりとり口の中に入れるときの香りったらないよ〜。うっとり。久しぶりに美味しいフランスパンを頂きました。
パンを食べていると、ジャガイモのビシソワーズが登場。うほほっ。ちべたいスープ大好きなんだよね〜♪ さらりとしているけれど、濃厚で複雑な味がする。
次に運ばれてきたのは、むきえびと伏見唐辛子のパスタ。辛いのが苦手なので、辛味オイルはぬきで作ってもらったよ。パスタのボリュームからしてエビが4個、伏見唐辛子が5本は少し淋しかったけれど(笑)、ガーリックのきいたパスタは「うまぁ〜!」。いつも食べているパスタよりもきもち細めで、茹で加減と塩の塩梅がすばらしかった。プロだからすばらしくてあたりまえだけど、お店によって当たり外れのでる茹で&塩加減。この素敵な塩梅に伏見唐辛子の辛味がたまらなかった。ぶひっ。
うまうま食べていると、パスタが減らない(笑)。パスタを食べて中盤をすぎたあたりから、ちょっと我慢大会。多いっ! 多いっ!私はなんとか食べきったけれど、ゆかたまは多い〜っと残しておりました。
満腹になったところで、最後のデザートが登場。桃の果肉入りゼリーで、オイリーになった口の中をさっぱりとさせてくれました。最後に美味しいコーヒーを頂いて「ご馳走様でした」。こんなに食べてこのお値段。美術館へ来たときには、この日替わりパスタランチをいただきとうござります。満腹になってそのまま1分とかからないブリューゲル展を観にゆきました。

もっと東京グルメガイド⇒わくわく東京グルメ本市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

ふたりでふたつの美術館 (『有元利夫展』と『ブリューゲル版画の世界』)


有元利夫展・ブリューゲル展毎日が夏休みな季節ですが、お盆休みが4日間あったので、ずっと行きたかった展覧会2つ、ゆかたまと行ってきました。
まずひとつは、東京都庭園美術館で行われている“有元利夫展・天空の音楽”。有元さんのイラストの世界は、とても自由で時の流れを感じさせない静かな感じが大好き。小さいまんまるが、ほわわんっと浮かんだり転がったりしているのが可愛いかった。
初めての庭園美術館でござりましたが、建物の中にも感動いたしました。アール・デコ様式の旧朝香宮邸で、古くてどっしりとした天井の高いあめ色の空間。ひとつひとつの部屋の壁・天井の電灯・扉のノブ・階段のすかし模様・トイレの扉・とにかくイラストだけでなく建物の細かいところまで見て欲しい美術展でした。
大きなイラストは、薄暗く大きな重厚な建物にとてもマッチしていて、体の力がすぅっと抜けるような感じがしました。窓から覗く風景もすばらしく、ふさふさした緑の芝生に黒いチェアがぽつりぽつりとおいてあり、なんだか芸術的だなぁなんて思ったりして。小雨が降りだしたので、ゆっくり庭園を見学する時間がなかったのが残念だったけれど、日本庭園・西洋庭園とひろびろとした空間に、いろんな種類の植物が植わっているのだそう。こら、機会があったらまたゆっくりと過ごしてみたいもんです。ちなみに庭園だけだと200円で入園できるそうです。こんな素敵な時間をすごしたたまーずですが、目黒をあとに渋谷へ。Bunkamuraザ・ミュージアムで行われているブリューゲル版画展に行ってきました。ブリューゲル好きなんだよね〜っと言っていて、実際見るとなんだか違う? なんだろ? と思っていたら、本当に好きなのはブリューゲルのもととなったヒエロニムス・ボスだったんだった〜っと気づいた二人でした(笑)。宗教的でありながらも悪魔的で怪奇感たっぷりで、とても不思議で不気味な幻想的な世界観が魅力なのかな?細かいところまで見ると、何時間あっても足りない。
とにかくブリューゲル展は人気で、中に入ったら長蛇の列で驚きました。こんなに混んだ美術展に来たのは、ほんとに久しぶりのことでした。かなり混雑していたので、入る前にランチをしっかりとってきたのが正解でした(笑)。またこのランチがとっても美味しゅうござりました。ご報告はまた明日♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 美術館・ギャラリー・博物館・劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする