2010年04月28日

かーさんゲット (ミスターイトウの『かーさんケット』)


かーさんケットつるかめランドのおやつコーナーで、いいもんめっけた。色とりどりのパッケージが並ぶ中、超素朴でシンプルなおやつ“かーさんケット”発見。古臭すぎるイラストにココロ惹かれてしまった。表も裏も昭和初期? みたい。がさっと並んでいる姿は、マリービスケットを思い出す。裏表示の“おいしい召し上がり方”もステキで、こどもはミルクを飲みながら、母さんはコーヒーを飲みながらケットを食べている。なんとも微笑ましい。その下には、バターとジャムそしてケットには6Pチーズがスライスしてのせてある。まずは、このまま。むっほ〜素朴ぅ。しゃくっと歯ごたえよくて、小麦の味が広がる。マリービスケットを100倍素朴にした感じだけど、そこが美味しい。ほんのり甘いから、ちっちゃな子供もオッケーだね。もちろん大きな大人もオッケー(笑)。
素朴すぎるから、1〜2枚食べたら満足かな? と思っていたら、けっこうあと引く。このままシャクシャク、バターをつけてシャリシャリ。うまうまおいすぃ。クラッカーとビスケの間くらいな歯ごたえで、表面がするりんっとしていて、色々のせて食べてみたくなるね手作りジャムなんぞのっけたら最高ぢゃ。
そういえば、このミスターイトウのケットは、どこかで見たな〜と思っていたら、数年前父の日につるかめでもらった“父さんまるかじり”ぢゃないっすか。ミスターイトウ、いいセンスしてる。ネーミングも商品もえぇどすなぁ。これ、また買っちゃおう♪

もっとビスケット⇒さくさくビスケット市場
posted by まりたま&ゆかたま at 23:55| Comment(7) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

思い出の沖縄 (ブルーシールの『アイスクリーム』)


ブルーシールアイス食べたらすっかり載せるのを忘れてしまっていた、思い出の沖縄の味。数年前に行った沖縄で食べたブルーシールのアイスクリーム。当時は、まだ本土にブルーシールが入っていなく、催事なんぞで来る程度だった。カラッとした空気の自然いっぱいの中で食べた、紫芋のアイスは格別だった。紫芋も今では八百屋さんで見かけることも多くなったけれど、お芋じたいも本土持込禁止なんて言ってたっけ。沖縄からブルーシールのアイスをお土産にして、アイス料金と同じくらいの送料に目玉とびでたことも思い出のひとつ(笑)。
そんな思い出がある紫芋もブルーシールのアイスも、今ではあちこちで頂くことができる。
今回食べたのは、池袋サンシャインにあるお店。スタンドだけど、種類も多く、コーンの種類も選べる。えぇ〜どれにしようか? どれも美味しそうぢゃない? えぇ〜迷っちゃう〜。なんて言っていたら、味見をさせてくれるとな。数種類味見をさせてもらって決めたのは、Hちゃんは“さとうきび”、私はやっぱり思い出の味をもう一度ってことで“うべ”。
座って食べれるように店頭に椅子が6脚並べてあるんだけど、お店に向かって座るので、なんだか面白い。おっぱずかすぃ〜(笑)。それでも知らない人同士並んで座る。スプーンで少しずつ、あぁ…おいすぃ。濃厚でうまぁ〜。寒い日だったけど、甘くてちべたくて思い出の味だった。私たちが食べた以外にも、美味しそうな沖縄ティストがいろいろ。紅イモ・美らイモ・ココナッツアイス・シークァーサーシャーベット・パイナップルアイス・マンゴ・ネオポリタン・マンゴタンゴ・バナパコ・バナナスザンナ・塩ちんすこうなど、どれも食べたくなてしまうほど魅力的。ほかにも、ストロベリー・抹茶・クッキークリーム・キャラメルマキアート・ミルクチョコチップ・サンフランシスコミントチョコ・バニラ・チョコレート・オレンジカシス。今日みたいに寒い日でも、思い出すと食べたくなっちゃう。今度行ったら、何食べよう〜♪   

もっとブルーシールアイス⇒ひんやりブルーシール市場

posted by まりたま&ゆかたま at 23:23| Comment(6) | TrackBack(0) | アイスクリーム・氷菓・ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

とろりんこ (ケーキボックスカフェの『バタートフィワッフル』)


ケーキボックスカフェ最近海外のおやつでも、材料や過程にこだわったものが多くでまわっているような気がする。syasyaのメッセージクッキーもそうだったね。これと一緒に買ったのが、トフィワッフル。キャラメル系のおやつは、ついついお連れしてしまう。我慢できずわしづかみ(笑)。
ワッフルといっても、ふわふわ生地にカスタードではなくて、薄ぺったいにキャラメルをぺらぺらワッフル生地。ケーキボックスカフェのバタートフィワッフルは、サンドしたお菓子1999年オランダでファミリーベーカリーが10軒も集まって創業した「Bakkersland社」のものなんだって。集まった職人さんたちのこだわりや技術やアイデアが集結した逸品なんだね。ねっとりとかためのキャラメルがサンドされていて、口の中でワッフルとキャラメルがねちょりっとからまって、おいひぃ〜♪九〜たまらんちん。
いつものことで、これまたあとから気が付いたんだけど(笑)、ソフトキャラメルがサンドされているから、熱いコーヒーや紅茶カップの上に蓋みたくのせて温めると中のキャラメルがほどよくとけてさらに美味しくいただけるとのこと。あぁ、そのとろ〜り感を味わいたかった…、またしても無念。ほんのり塩味がきいて、シナモンの香りが漂う。
これ、アイスクリームにしたら、美味しそうな組み合わせだよね。塩キャラメル&シナモン(ワッフル生地入り)なんてさ、ハーゲンダッツのドルチェシリーズで作ってくんないかな?

もっとワッフル⇒わくわくワッフル市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ほっぺたおちた (明治製菓の『北海道チーズキャラメル』)


チーズキャラメル時々ままたまが「こんなの見つけたよ〜」と買ってきてくれる、私の大好きなチーズ系おやつ。今回は、キャラメルですな。
キャラメルは、疲れたときの復活力にばっちりきく。明治製菓の北海道チーズキャラメルは、見た目ふつ〜のキャラメル。だけんども、食べたら…ううううぅ、うまぁ〜〜い。うまっうまっうまっっ。森永の塩キャラメルに負けず劣らずで、どっちが美味しい? と聞かれたら、正直困る。北海道十勝で熟成されたチーズを練りこんだ、濃厚でまったりとした、コクさえ感じるキャラメル。ゴーダチーズとブルーチーズを練りこんでコクと旨みをだしているんですって。美味しいよ〜、美味しいなぁ〜。一袋にしゃららんっと少ししか入っていないのが淋しいけれど、はまったね。全国販売キャラメル、今度見つけたら、また買っちゃうな。そんで、ぶーぶー豚になるんだな(笑)。

もっとキャラメル⇒まろやかキャラメル市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

やっぱりコレ (レモンドロップの『3種のケーキ』)


レモンドロップちょっと小雨が降って寒く気分も落ち込み気味、こういう時は美味しいものを食べるに限る。そこで食べたくなったのが、吉祥寺イチオシLEMON DROP本店のチーズケーキ。昔は洋ナシのタルトが大好きで、そればっかり食べてた。今はなくて残念。フルーツトルテとチーズケーキ(2コ)とカマンベールチーズケーキ(レア)をお買い上げ。持って帰る時、たった4個のケーキなのにずっしりと重い。
ランチを翠蘭でがっつり食べたあとというのに、美味しさのあまりペロリと食べてしまった。濃い目の美味しいコーヒーと一緒に食べたせいかな。レモンドロップのケーキ色々あるけれど、やっぱり一番美味しいのはチーズケーキかな。濃厚でコクがあって大きくて大満足間違いなし。チーズケーキ好きにはたまらない。下地のクッキー部分もかなり美味しいから、きっと焼き菓子なんかも美味しいんだろうな。
カマンベールチーズケーキを少し味見させてもらったけれど、レモンがきいて酸味が強くレア好きにはいいね。フルーツトルテの感想は、ゆかたまに聞いてみにゃ〜。吉祥寺にお越しの際は、ぜひレモンドロップでチーズケーキを召し上がれ♪

もっとチーズケーキ⇒まったりチーズケーキ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

お虎さま (とらやの『小形羊羹』)


虎屋の羊羹がぉ〜がぉ〜、お虎さまは和菓子を求めて毎夜ぐるぐるまわる。バターにはならないけれど、お虎さまの作る羊羹はうまい。羊羹はもともと「羊の羹」羊肉入りのとろみある汁物のことだったとか。ひょえぇ〜、ちょっと想像したくないねぇ(笑)。
とらやHPによると「鎌倉〜室町時代、禅僧が点心 (食間に食べる小食) の一つとして中国から日本に。しかし、禅僧は肉食を禁じられていたため、日本では小豆や葛、小麦粉を用いた見立て料理に変化し、そのうち現在でいう蒸羊羹に近いものになっていったと考えられています。江戸時代になって寒天が発見されてから、現在一般的な煉羊羹が登場し、今に至っています」とのこと。へぇ〜知らんかった。羊羹って和菓子なのにどうして「羊」がついているのかと思ったら、こういうことがあったんだね。ひとつ賢くなりました。
そんなお虎さまが作った小形羊羹がやってきました。小箱なのに、なんて立派なんでひょ。小倉“夜の梅”、黒砂糖“おもかげ”、抹茶入り“新緑”の5本入り。趣のあるお名前ですなぁ。羊羹の雰囲気を十分に表現している。小形だからって、あなどってはいけない。あのステキ羊羹が、ただ小さくなっているだけなんだから。ずっしりとした歯ごたえ、つるりとした食感、コク。濃い緑茶と頂いたけれど、やっぱり虎屋。美味しかったです。ごちでした。

もっと練り羊羹⇒まったり練り羊羹市場
posted by まりたま&ゆかたま at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 羊羹・寒天・葛菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

吉ぱん (アンデルセンの『吉祥寺あんぱん』)


吉祥寺あんぱんあんぱん食べると自然と牛乳が飲みたくなる。この組み合わせって、最高だと思う。
だけんど、牛乳いらずなあんぱんを見つけたよ。もちろん、牛乳と頂けばさらに美味しさ増すんだけどね。
先週、吉祥寺東急の地下がリニューアルされた。
メゾンカイザーがなくなって、サンジェルマンが小さくなって、アンデルセンがやってきた。アンデルセンはなくなった伊勢丹に入っていたんだよね。パン屋さんが、また吉祥寺から一軒なくなったと思っていたら、東急で復活。
アンデルセンは、毎月テーマがあって可愛いパンが売られる。行ったときは、井の頭恩賜公園内にある動物園にいる象の花子さんパンが売られていたっけ。迷ったんだけど、今回のおめあては吉祥寺あんぱん(168円)。形がイングリッシュマフィンみたいなので、フランスあんぱん風かと思ったら、普通のあんぱんに吉祥寺の3文字が焼印で押されているだけ(笑)。ありり? お味はどうかいね〜? とパクリ。あっ…生地がいい。思った以上に美味しかった。空気ばっかしのパンぢゃなくて、密でしっとりしていてほんのり甘い。
中にこれまたあっさりとした大粒の粒餡が入っていて、木村家のあんぱんを思い出した。これいいかも。お試しで2コ買ったけど、今度はまるまる一個一人で食べようっと(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

妖怪“ぬまんじゅう” (喜田家の『春うらら』)


春うらら名前に似つかわしくない(笑)、お饅頭。春うららというだけあって、春らしいすがすがしい季節感あふれる和菓子かと思ったら…、あれれ? 春だけど湿地帯。お饅頭がかなりしっとりとしているので、袋の中に表面の皮がぬっちゃりとひっついて、せっかく美しくのせた金粉がすべて袋にくっついていた。くっ…残念ぢゃ。
禿山を作ったお饅頭は、薄皮部分がとれ、お饅頭をひっくりかえしたよう。しっとりしたココア生地は、しっとりというよりもねっちょりとしてまるで沼地からぬごごご〜っと湧き上がってきたばかりの妖怪みたい(笑)。
まるで焼いていないような生地の中には、お月様のように黄色いクリームが入っていて、色合い美しいし、クリームはいいんぢゃない? 洋風和菓子だね。萩の月風で美味しいのに、おしいなぁ(笑)。千住の喜田家さんにしては、とっても珍しいお饅頭でした。面白かった。

もっとチョコまん⇒まったりチョコレートまんじゅう市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

ずんだった、ずんだった♪ (カルビーの『東北限定・ずんだ』)


ずんだじゃがりこず〜んだっだた〜♪ ず〜んだっだた〜♪ ず〜んだ、ず〜んだ、ず〜んだっだた〜♪ ワルツですな。ずんだの・味しさだひゃ〜っとあらわしている、東北限定じゃがりこを頂きました。じゃがりこ地域限定シリーズが、またひとつ増えましたの。カルビーさすが、ってくらい・味しいじゃがりこ。じゃがりこが初めて販売されたとき、・味しくてぼりぼりぼりぼり多べてたっけ。ずんだのツブツブ入りは、とってもお・っぽくって東ハトビーノを思い出す。お・さん味大好き。
じゃがりこ本体は最高に好きなんだけど、じゃがりこ商品に書かれている“ばかげたダジャレ”や“可愛いバーコード”も大好きなんだよね。企画部長さんに会ってみたいわ(笑)。おほほ。そんな面白カルビーさんのHPで「サッポロつぶつぶベジタブルとバーべQ味」のセットでプレゼントやってるよ。おいらは、さっそく応募してみたよ。ここで紹介できる日が来るかな〜。

もっとポテトスナック⇒さくさくポテトスナック市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:26| Comment(2) | TrackBack(2) | スナック・肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

女王様とお呼び・3 (福島岡田農園の『章姫』)


章姫のっぽな姫様は、とんがり頭。まっかなお顔をして、甘い香りを漂わせている。隣にいる姫様方とふっと触れるだけで傷ついてしまうほど、繊細。
行儀よく並んでいる真っ赤なヒトたちは、福島県の岡田農園さんからやってきた苺ちゃん。章姫(あきひめ)というお名前の苺は、農園さんが発送したくないというほど柔らか。蓋をあけると、こもっていた香りがぶは〜〜っと部屋中に広がる。ななななな…なんなんでひょ、このよひかほりは…。甘い甘い極甘い、香りだけで幸せいっぱい。ふごご〜っ。
つまんでみると、苺のやわな感じが伝わってくる。容器に甘い雫がこぼれ落ちている。農園さんが送りたくないって言ったのが、よくわかる。苺といえば牛乳とお砂糖。軽くつぶしていただけば、もぅ昇天。天の声が聞こえてきそう。背中からは羽が生えてきて、ふらふら飛んで行く。あぁ…しあわせ。届いてすぐ1パック食べてしまった(笑)。お砂糖も何もいらないくらい甘い苺は、ヨーグルトに入れても美味だった。白と赤、色合いも美しいぢゃないですか。こりゃハーゲンダッツのバニラと混ぜたら最高級品だね。でもね、これ苺だけで十分美味しいので、やっぱりこのまま頂くのが一番。いや〜たっぷり堪能するほど頂いちゃって、こんな美味しいの食べたらこれからどうしてくれようか(笑)。

もっといちご⇒キラキラいちご市場
posted by まりたま&ゆかたま at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜・果物 ・木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする