2010年03月31日

ShaShaからのメッセージ (ShaSha社の『ジンジャー&ココアスナップス』)


ジンジャー&ココアスナップス宇宙からのメッセージかと思ってしまうほど、不可解な記号が刻まれたクッキー。なんだこれ? と思っていたら、健康・安心をコンセプトにしたカナダShaSha社のスナップスで、愛・エネルギー・幸運などのメッセージ記号が押されているんだって。幾何学模様のような、ナスカの地上絵みたいな記号は、どこか惹かれる。
イケアやカルディで売っているANNA’Sの花形クッキーに味が似ていると思ったら、北欧レシピで作られているんですって。やっぱぴね。原材料のこだわりから、カナダ・アメリカのマーケットから高い評価を得てるらしい。
今回これと出合ったのは練馬区のホームピック。意外な場所でした。ははは。ココアスナップスとジンジャースナップスの2種類。なんと激安1袋50円。袋も可愛かったけど、中身も相当可愛い。一口サイズのハート型。並べてみたらもっとラブリー。にひゃ。しっとりしながらも、さっくりして歯ごたえいい。ココア&チョコレートも美味しいけれど、ジンジャーはかなり生姜が強くいけるぅ。袋の中をくんくんしても、それだけでクラクラしそう(笑)。
ルピシアのハーブティを入れていただきましたが、とっても美味しゅうござりました。きっと、特売品だから、売り切れ御免なんだろうなぁ。でも山積みされていたから、もしかしたらまだあるかもね♪

もっとビスケット⇒さくさくビスケット市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

さよなら吉祥寺ロンロン 


LONLON40年ものあいだ吉祥寺住民に愛されてきた駅ビルロンロンが、本日20時を持ちましてお別れとなってしまいました。
といっても駅ビルが消えてしまうわけではなく、名前をアトレ吉祥寺として再スタート(4月1日より一部のみ)するのですが、愛着のある名前と見慣れた風景ががらりと変わってしまうのは、やっぱり寂しいものでございます。今日は最後ということで、店内の様子を思い出に撮影させてもらいました。最後のロンロンセールの様子です。
一階の八百屋さんで、どこかの奥さんが、「ああ、よかった、八百屋さんとお魚屋さんは新しくなっても残るのね。ああ、よかったわ〜」とほっとしたようにおっしゃっていたのが印象的でした。当分のあいだは二階の仮店舗で営業するそうです。
吉祥寺駅前の顔だったロンロン、いつも当たり前みたいにそこにいてくれたロンロン、長い間ほんとにありがと〜。どこになにがあるのか、考えなくても買い物ができた散歩道みたいな駅ビルだったから、やっぱりお別れな気分になっちゃうよね〜。
思い出がいっぱい詰まったロンロン、ほんとに長い間ありがと〜(涙)。
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 17:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 吉祥寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

ロシアまで何マイル? (協和の『ロシアケーキ』)


ロシアケーキ素朴なのに魅力を感じてしまうのは、ロシアケーキがかもしだしている雰囲気かな。クッキーなのにケーキと呼ばれるロシアケーキは、すっと手をのばしてしまうのが不思議。
風貌もノスタルジックで、どこか昭和前後の雰囲気が漂い、薄暗いセピア色が似合う。ちょっと昔を感じさせる暖かな木を使った喫茶店なんぞで、香り高い紅茶といただきたい。ほぉっとひといき。ふぅ。
先週生協さんで、ロシアケーキを発見して買っちゃいました♪ 3種類各2コずつ入っていて、498円。ラズベリーフォールは、四角く波打っている間にガーネット色したラズベリージャムが入っている。さっくりしっとり、ジャムはねっとり。歯にくっつくようなラズベリージャム。こういうジャムって大好き。美味しいよね。
エディマカロンは、クッキー生地の上にピーナッツのマカロンがのせてあり、さくさくショリショリ食感がいい。ココナッツみたいなピーナッツで、真ん中にはホワイトロリータ系のホワイトチョコレート(準チョコ)が入り、チョコで「の」の字が描かれている。いやん、これも美味しい〜。にょほほほほ。
チョコシードは、チョコとココア生地で真ん中にこれまたチョコレート(準チョコ)が入り松の実がちょこりとはりついている。見た目も可愛いし、甘さもほどほどでヒット。今年はおやつの当たり年かな♪
ただ残念なのは、今度いつ買えるかわからないこと(笑)。なんせ生協さんですから。ロシアケーキは色々なお店からでているけれど、今すごく食べてみたいのは館山中村屋さんのロシアケーキ
すごく美味しそうぢゃ〜。ぶひ〜!(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:34| Comment(4) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

I LOVE 松蔵 (松蔵ポテトの『スィートポテト』)


松蔵ポテトこんな美味しいおやつを作ってくれた松蔵さんに感謝「ありがとう」と言いたい。うっとり、昇天しそうなくらい美味しいスィートポテト
松蔵ポテトって、どうして松蔵なのかと思ったら、帝国ホテルの製菓チーフをしていた井上松蔵さんの名前からきているらしい。スィートポテトは、1949年にドンクの製菓職長が生んだおやつなんですって。私たちが生まれるずっと前から、こんな美味しいおやつがあったなんて信じられない〜。
ドンクってったら、神戸元町にある美味しいパン屋さんぢゃないですか。ドンクと松蔵が同じ系列だったとは、全く知らなかった。へぇへぇへぇ〜。どんぶらこっことお隣のMさんから頂いたポテトたち。全部ポテトなんだけど、色や形も可愛く種類もこんなにあるのだね。
サーカスのテントみたいな形のは、寅年にちなんだ期間限定品なんですって。どれも、同じお芋さんなのに、少しずつ風味が違い楽しめたよ。
バターたっぷりもあり、あっさりさんもある。紫芋、抹茶を入れたもの、タルトにのったもの、美味しく頂きました。その中でもトップクラスに入るのが、お芋をそのままくりぬいて容器に使い、卵黄・牛乳・バター・砂糖を練ったものを戻したスィートポテト。絶品。厳選された鹿児島・宮崎産のおイもを使い、甘さはやさしく羽が生えて天高く舞い上がりそうな美味しさ。
お芋さんの食感を残しつつも、とろ〜りととろけるなめらかな舌ざわりは、もぅ夢心地。脳みそからっぽになりそう(笑)。まだ3月だけど、前期ベスト3に入るくらい。ヒットですな。豪華なセット、ご馳走さまでした。吉祥寺松蔵やドンクができたら、嬉しいのにな〜♪(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | おさつスイーツ・芋菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

桃色侍 (エコール・クリオロの『桜マカロン』)


さくらマカロンシャキーン、シャキーン、シャキキンッ! この桜吹雪が目にはいらんかぁ〜! と片肌脱いでいたのは遠山の金さんだっけ?そういえば、桃太郎侍ってのもあったね(笑)。桃太郎侍は「ひと〜つ、人の世の生き血をすすり、ふたつ、不埒な悪行三昧、み〜つ醜い浮世の鬼を、退治てくれよう、桃太郎!」だっけ。ははは。そんな決めセリフのように、一口食べて考え方がかわる食べ物に出合ったよ。“ココおや”ではめったに登場しないマカロン。
マカロンって好き嫌いがけっこうあると思う。嫌いぢゃないけど、割りにあわないおやつって感じがして、自分でお買い上げしたことないんだ。頂き物で食べるがいいのさ〜っと思っているわけ。ふふふ。
桜マカロンはただのマカロンではなくて、生地も違う、食感も違う、これはマカロンぢゃないマカロンなんぢゃないかって代物。色合い美しく、春ですなぁ。暖かくなったり寒くなったりしながらも、桜の蕾は着々と膨らんできておりますね。まだ桜の開花には時間がかかるけれど、店頭には桜菓子が並びはじめ、以前世界らん展で桜餅の香りのする蘭があったのを思い出す。桜花は途幅が広く、落ち着く和の香り。癒されるおやつ。
美味しいもの大好きな従姉妹のMちゃん&Kさんご夫婦が持ってきてくれたもの。エコール・クリオロの季節限定桜マカロン。深い桃色のマカロンは、桜花入りバタークリームをサンドしてあり、ねっとりとした餡子のようなクリームが美味しい。桜が口の中で花開く。
濃い若草色をしたマカロンは、桜の花をシロップ漬けにしガナッシュに煉りこみ、桜葉入り紅茶味の生地にサンドするという豪華バージョン。桜の香りと葉っぱの香りが、鼻の奥でふわわ〜んと香るのは後味を引き立てる。生地はしゃりしゃりしていなくって、ねっちりしているのでマカロンっぽくないのかな。このマカロンだったら、パクパクいけそう(笑)。マカロン苦手な人はこれを食べたら、絶対好きになりそうな気がする。
ほかにも、バナナ・チョコ・ラムレーズン・チェリー・ピスタチオ・キャラメル・杏仁・柚子の8種類があるそうで、これは食べてみたい逸品になりました。いやぁ、マカロンがこんなに美味しいとは! いつか、全種制覇したいな(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 17:28| Comment(1) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

さるかき合戦 (ファーストセレブレーションの『マミング』)


マミング柿の木に登ったさるは、オレンジ色に輝く柿にむかって言った。「動けない柿なんて、おいらがみんな食っちまうぞ。あぁなんて甘そうで美味しそうな柿なんだぃ。まるで宝の木だな。」柿は負けずにさるに言う。「さるさん、柿だからってばかにするなぃ。おいらだって反撃できるんだから」「木にしがみついてる柿やろうに何ができるっていうんだぃ?」と鼻をふふんと鳴らす。さるは大きな柿の実をむしりとると、大きな口をあけガブリ。「あぁ、甘い。なんてうまい柿なんだ。柿になにができるっていうんだぃ。へっへっへ…へぇ〜!! ひゃ、ひゃひがひゃらいぃぃ〜〜っ! たひけてぇ〜」一発逆転柿の勝ち。さるは真っ赤な顔をして木から飛び降り、山の向こうへ走って行ってしまった。…そぅ、甘い果肉を被った柿の種は、ぴりりとあとから辛味が忍び寄る柿チョコだったのでした。ぱふぱふぱふ〜♪
柿の種にチョコレートコーティングしたものは多いけれど、これ辛さがいい。はじめは、あり?普通の柿ピーと違って大きい? 柿に空洞があって、煎餅部分が薄い? チョコ強い? って思うんだけど、後から辛さがぐぐぐっとやってくる。
チョコと柿の厚み、中の空洞、強めの辛さ、この4つがあわさって美味しさヒットの柿チョコ。中が空洞になっているから、かんだ時にしゃくっと軽い歯ごたえがしていいのかも。考えられた構造なんだろね。あと引く美味しさ、やめられないとまらない系。うまいうまい。時々2個が重なってるのがあって2倍美味しい(笑)。

もっと柿の種⇒かりぽり柿の種市場

posted by まりたま&ゆかたま at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

えびたい (Nakatayaの『ホールチョコケーキ』)


ホールチョコケーキぼたもちを作ったので叔父の家へ出かけたら、叔母のYさんがステキなチョコレートケーキを買ってきてくれていた。うほほ〜ぃ。それもホールですよん、ホール。地元大泉学園の老舗、欧風洋菓子店“Nakataya”ケーキ。
全体がチョコレートケーキかとおもいきや、ふんわりしっとり密なスポンジケーキの間にカシスジャム(たぶん)がサンドされていて、ほんのり甘い中に酸味がぐっときいてチョコレートとのバランスがとてもいい。どこか懐かしい味がする。西荻窪のこけし屋さんのケーキタイプ。まわりにコーティングされたチョコレートは、数種類のナッツが混ざったような複雑な味がする。なんだろなぁ、アーモンドと何かナッツ、プラリネクリームはうんまいわ。チョコの下には、うっすらとバタークリームが入っていて、チョコにバタークリームなんてって思いがちだけど、これがまた甘さひかえめくどさは全く感じられない。
一番下には、薄焼きビスケットがしかれていて、ビスケにスポンジ・クリーム・チョコレートとすべてが楽しめるケーキ。美味しいライオンコーヒーを入れてもらって、頂きました。久々にみたホールケーキは、迫力があってやっぱりステキで美味しかったな(笑)。カメラを持っていなくて、携帯で撮ったのが残念。

もっとホールチョコケーキ⇒まるごとチョコレートケーキ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

エビちゃん (トーホーベーカリーの『エビちゃんサンド』)


エビちゃんサンド所狭しと並び種類の多さに驚くパンやさんは、昨年からはまっているトーホーベーカリー。可愛い上に美味しいくて、お手頃価格はかなりのヒット。これで、お店が家の近所だったら、もっと良かったのに…無念ぢゃ。
甘いパンも美味しいけれど、やっぱりオススメはお惣菜パン。その中でもイチオシは、エビちゃんだ〜。白ゴマたっぷりのパンをすすすっと横に切れ目をいれ、エビをかき揚げ風にフライにしたスティックをサニーレタスとともにサンド。たっぷりかかったタルタルソースの中にはピクルスを細かくカットしたのが入っているので、レストランの味みたい。味がひきしまる。サクサクに揚げたエビちゃん、歯ごたえよくて、かじった時の音がいい♪ うまい、うまい、うまいっパンがうまいっ、エビちゃんうまいっと食べてるうちに、気がつくとお腹いっぱい。このボリュームで273円とは、恐れ入りました(笑)。年末にもらえるお店のカレンダーについているチケットを持っていけば、さらに10%オッフ〜で購入できるという嬉しいサービスもあり、にまにま。
これとコーヒーでも買って、井の頭公園で木漏れ日ランチなんていいんぢゃない? 桜の時期に、桜ランチもいいかもね。どなたか、ご一緒しませんか?

もっと惣菜パン⇒もぐもぐ惣菜パン市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:32| Comment(4) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

気分は虎バター (ECHIREの『ブロワイエ・デュ・ボワトゥー』)


ブロワイエ・デュ・ボワトゥー昨年丸の内ブリックスクエアーにオープンした、世界初のエシレ専門店に行ってきた。と言っても実は2回目。店の外からいい香りが漂って、まるで見えないバターの帯が身体にまとわりつく感じ。もしかして、どこかで虎がバターになっているんぢゃないかと思ったくらい身近に香る。ふご〜ふご〜、香りの道をたどると、そこにはブルーの看板の美味しそうなお店があった。
なんだか、可愛いんぢゃない? ちょっといいんぢゃない? 1度目は平日の昼間に行ったので気づかなかったけれど、この店人気なんだ〜っ。店の外には老若男女問わず長蛇の列30人くらい並んでる。外だけでなく、店内も10人以上並んでいる。ひょえぇ〜。いったい何分並べば買えるんだろう、不安がよぎる。お店の方の話によると、おめあてのクロワッサンは朝10時前から並ばないと買えないらしい。このクロワッサンがくせもので、エシレバターを巻き込んで焼いたエシレ38%入りが315円、50%入りが399円とお高い。高くても美味しいから売れるんだろうね。そのうえ、お一人様6個限り(涙)。それでも一度は食べてみたい一品だね。
菓子パン系ヴィエノワズリーは、通常6〜7種類あるのが普通らしいけれど、並んでいるのを見たことがない。きっと、オープンと同時に売り切れてしまうんだろうなぁ。私が行ったときは、多めに作るホワイトデー前だったので、ケーキ数種類と焼き菓子が残っていた。ちょっとラッキーかも。30分ほど並んでゲトしたのは、焼き菓子2種類とブロワイエ・デュ・ボワトゥー。ブロワイエ・デュ・ボワトゥーって、長いややこしい名前が言えず、ずっと「丸いのください」と言っていたら、その度にお店の人が「ブロワイエ・デュ・ボワトゥーですね」と言ってたな(笑)。
ブロワイエって砕くって意味があって、この直径16センチ厚み約8ミリほどの大きなガレット風焼き菓子は、真ん中から砕いて皆で割って食べるってところからこの名前がついたんだって。そんで、そんで、そんで、お味はどうかな? チョ〜ップ! がっつり割ろうとすると…うぅ、堅い。両手でバキッっと割って、食べる。
んん、バターたっぷりなのに、ぜんぜんくどくない。ほんのり塩味でうっまぁ〜♪ ガリガリ歯ごたえよくて、ざっくり。これ、おいすぃ〜。でも、きっとカロリーすごいんだろうねぇ(笑)。ゆかたまのお友達は一気に半分食べてしまったらしいけれど、そのくらいあっさり。後味もいいし、香りもいいし、なんてったってブラックコーヒーによく合う〜。うんまぁ〜。こら、焼き菓子も楽しみぢゃ。ご報告お待ちあれ。エシレバターで、ホットケーキ食べたいな♪

もっとガレット⇒さくさくガレット市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:19| Comment(5) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

にゃんころ餅 

ふう饅頭ほへぇ〜、春の木漏れ日きらりんきらんと水面の輝きみたいで心地いい。ほかほか、ふかふか、蒸かしたてのおまんずう。きな粉たっぷりかけて頂きませう。オレンジがかった色合いはお日様たっぷり吸い込んで、太陽の香りがするよ。このほわっほわのおまんずう、まるで小さな焼き立てクリームパン
何かに似てると思ったら、にゃんこのおてて。これは、どこにも売ってない、でもよそんちにもあるにゃんころ餅。色や大きさいろいろあるけれど、これがやっぱり美味しそう(笑)。そぅ、これはうちの甘えんぼう坊主ふぅさんのおててでござりました。いつもこの手に癒されて、顔を踏まれようが、ひっかかれようが、かじられようが、やっぱりこのてが一番なんだ。あぁ、このやわらかな肉球つきの小さなおててで背中をもんでくれたらなぁ…と妄想にふけってしまうのは、私だけでしょうか(笑)?
posted by まりたま&ゆかたま at 17:40| Comment(6) | TrackBack(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする