2009年11月28日

私の好きな三つの「ぼう」 (紅葉屋本店の五家寶)


五家寶「ぼう」は五家寶(ごかぼう)のぼう。あとのふたつは、蕎麦ぼうろの「ぼう」に黒棒の「ぼう」。偶然にも大好き駄菓子にはみんな「ぼう」がついていることに気づきました(笑)。
きな粉のお菓子はどれも大好きなのですが、とくに好きなのがこの五家寶。もち米のポン菓子に水飴をしみこませ、きな粉をまぶしただけのシンプルなお菓子なのですが、これがおいしいんですよね。さくさくではなく、しゃく〜とちょっと気の抜けたような食感もお気に入りで、ときどき無性に食べたくなるのです。
てなわけで、まりたまがコープで取り寄せてくれたのをいただきますた。久しぶりに食べたけど、やっぱり大好き。ちなみにこちらは埼玉のお菓子ですが、そっくりさんの水戸の吉原殿中ももちろん大好きでございます。黒棒と蕎麦ぼうろとあわせて、大好き駄菓子トリオ。
これはこれからもずっと不動の地位でありつづけることでせう(ゆ)
posted by まりたま&ゆかたま at 17:32| Comment(4) | TrackBack(1) | 駄菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

噂の彼女はロ〜ザ〜ロザロザ〜♪ (ローザー洋菓子店のクッキー)


ローザー洋族子店そぅ! 念願叶って、あのあのあのっローザー洋菓子店の高級クッキー様をやっと手にすることができました。以前から何度も頂いたことはあったのですが、自分でお店まで買いに行ったのはお初。あのステキなバラの包装紙に包まれたブルーの手作り缶にみっしりと入ったクッキーたち。へそにジャムがねっとりと入ったのが一番のお気に入りだったっけ。いつも美味しいものを頂くTちゃんの誕生日に絶対手に入れるぞっと思っておりまして行ってまいりましたよ。
以前は前日予約を入れないと購入することができなかったし、当日行っても購入することができなかったり、品・だったりと、ハードルの高いお店だった。なので前日に電話をいれてみたところ、今前日予約はやっていないとのこと。なんですとぉ〜!? で、当日のできた量によって買えるか買えないかが決まるらしい。
当日お店に行って買えないのも悲しいので、開店する30分前に駅に到着するようにでかけ、駅から電話をすることに。…出んっ! ここまできて買えんのかい? ドキドキドキ。お店は麹町なんだけど、駅から歩いて行ける距離とご近所さんから聞いていたので四谷駅で下車。ちょうど定期もあったので、すすっと行ってまいりました。
でもそのすすっとがけっこうすすっとぢゃなかったですな…。お店は麹町2丁目だけど、四谷に行くならあの店とあの店も行きたいと思っていたのが四谷2丁目と4丁目あたりなので、勝手にお店は四ツ谷2丁目だと思い孫んでしまっていたのですな。気がついたのは逆方向に降りて、新宿御苑が見え始めたところ…。ぎゃ〜っ、2駅も戻ってしまった(笑)。コンビニで道を聞くのが一番だと思い聞いてみたところ、が〜〜ん。やっぱり駅を逆方面に降りてたことが判明。20分歩いてここまで来て、また20分歩いてさらに逆方向へ行かねばならぬとは! ふんが〜! 駅まで戻って、お店につく頃何もなかったら嫌なので、家に電話をしてあんままに予約を入れてもらいやした。ほっ。
おいらとしたことが、ああ勘違い大間違い。でも間違いは成功のもと(笑)。魚久の切り・としを買って帰るのにちょうどいい時間ぢゃんってことで、整理券を頂きに行ったところ、ちょうどあと3枚で無事ゲトできました。また後日ご紹介しますね〜。そして、私の大好きな佃煮屋さんで5種類の佃煮を買い、駅を超えて麹町6丁目から1丁目までテクテクテクテクひたすら歩きました。そんなことがあってやっとお店にたどり着いたときは、四ッ谷駅に着いたときから約2時間後のことでござりました。はははのは〜。
店内は、シュークリームとプリン、あとケーキがあったかな…。あまりにもシンプルであんまし記憶がないんだよね。なんでだろぉ〜。袋入りのクッキーが600円と1200円の2種類と、缶入り3000円から5000円まで。値上がりしちゃったね(笑)。確か田園調布店は、もっとお高くて3300円から5500円までだったっけ。こちらのお店では、魅力的なレトロな・みのミックスチョコレートなんぞも購入できるそうな。もともとはひとつのお店だったのがわかれたらしい。田園調布店の方に聞いたところ、ご親戚なんだそうで。ふ〜ん。お店の雰囲気もクッキーの缶もお値段も、すべてに関して田園調布仕様になっている模様(笑)。こちらもいつか行ってみたいお店でつな。
私は以前に食べたことがあったので、袋入りをゲト。9種類のクッキーが入っていて、嬉しいことにジャムがのっかってるのは2個入っていた。味は2種類で、ココア味とプレーン。形やお砂糖・ジャムなどの違いみたい。あんまり甘くなくてサクサクほろり。
お母さんの他くクッキーみたいに素朴で美味しかった。んで、やっぱりジャムのせが一等賞。詳しく知りたい方は、お店の名前で検索してみてくださいね〜。ぞくぞくいっぱい出てきますから(笑)。ぜひ食べてみたいという方、当日予約で挑戦してみてくださりませな〜。

もっとクッキーセット⇒クッキー詰め合わせ市場

posted by まりたま&ゆかたま at 15:37| Comment(5) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

異国の味は摩訶不思議 (スペイン土産『ACIDOSのフルーツキャンディ』)


フルーツキャンディAYちゃんが、スペインに行ったときにお土産に買ってきてくれたフルーツキャンディ。異国の味は、ふんと見た目と違うことが多々ありますが、これもまたビックラキャンディでありました。色がすごく綺麗で、まるで宝石のようで食べるのがもったいない(笑)。
黄色はレモン、橙はオレンジ、緑はスイカまではいい。あとははっきりした味が断定できないので、感じたまま書きたいと思います。赤はチェリーとイチゴがまじったような異国の味。青はソーダ風なんだけどソーダというより水にお砂糖を混ぜたような、樹液をうす〜〜くした様な甘いのか甘くないのか味。紫はグレープ味かとおもいきや、一番不思議な味覚で日本にない味でなんといったらいいのか石けんみたいな味がしました(笑)。日本人の味覚とスペインの味覚との違いでしょうか。とっても不思議な味がいたしました。
6色の中でも、やっぱりスイカ好きの私。緑飴がいっとう美味しかったです。珍しいキャンディご馳走様でした。

もっとフルーツキャンディ⇒きらきらフルーツキャンディ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

なんちゃって梅が枝餅 (尾長屋の白いたいやき)


白いたいやき尾長屋の白いたいやきの小豆餡バージョンを、オーブントースターで焼いてみた。すると普通の鯛焼き生地とは違って、もちもちしている白いたいやきは、みるみるこのようにぷーとふくれてしまいました。爆発するかも……とどきどきしましたが、それはなかったでした。
それはともかく、食べてびっくり。もちっとした食感はそのままに、表面が香ばしくなり、中の餡子はとろ〜り。なんと、梅が枝餅によくにた味と食感! うむむこれはうまいっ。クリームたいやきや冷やしたいやきにはおすすめしませんが、小豆あんは断然焼いたほうがおいしかったです。これ、フライパンにちょっぴりオイルをひいて焼いたり、油で揚げてもおいしそ〜。でも、油に投入したら、ふくれてこんどこそ爆発するかもしれませんのう。実験するときは、切れ目を入れて揚げたほうがいいかもしれません。味は、きっとおいしいと思いまふ。むっちり♪

もっとたい焼き⇒ワクワクたい焼き市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

洋風五家宝「ポンマロ」 (カナダの『marshmallow*Crispy-Mellow』)


marshmallow*Crispy-Mellow先月末のことになりますが、西友のお買い得コーナーにて見つけたハロウィン菓子。それもちょっと古臭い風っていうか、一昔前からずっと置きっぱになっていて色あせたような謎の箱がプチ山積にされていた。お値段も破格の99円。もしや…去年の? なんてことはないだろうけど、一瞬脳が血迷った(笑)。
パッケージはハロウィンのお菓子なのでオレンジと黒。怪しい墓場とぼろぼろの服を着て箒に乗った魔女とコウモリ、お菓子を握りしめ羽に補修あとがある吸血鬼、カボチャの容器にお菓子を入れて走り去る骸骨が描かれている。なんだかそれだけでも「う〜〜ん」とうならせるものがあって笑ってしまった。異様にハロウィンすぎるお菓子で、ちょと怖かったりして。
まぁ99円だし(笑)、美味しかったらアタリ、美味しくなかったらハズレってことでいいかなとお買い上げ。箱を開けると銀の個装になっていた。中身はもっと小さなものがコロコロと入っているのかと勝手に想像していたので、大きくてびっくり。中には、四角い(大きさは4.5×6センチ、厚みは2.4センチ)ポン菓子が。
割ってみようと思ったら、けっこうねばっこい(笑)。ポン菓子に、マシュマロを溶かしてからめたものかな。えぇ? っと思ったけれど、いがいに甘くてマシュマロ臭がプンプンして美味しかった。
ねばっこいので、手がぬばぬばになるのが難だけどね。うひゃひゃ。柔らかい五家宝とか殿中とか系だから、洋風五家宝ってとこでしょうか。後日あるかなと思ったけれど、売り切れたのか回収されたあとだったのか、跡形もなくなっておりました。1箱でもゲトしておいてえがったわ♪ 怪しく美味しいハロウィン菓子でした(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 駄菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

ほろほろ鳥が囁くとき (大麦工房ロアの『大麦ソフトクッキー』)


大麦ソフトクッキーどこかで鳥が囁くように、しゃりしゃりりっと軽い音が聞こえてくる。小枝をぽきりと折った時のような、香ばしい自然に近い香りがする。チョリチョリ口の中に残るのは、ココナッツ。Miちゃんが持ってきてくれたのは、大麦工房の大麦ソフトクッキー。茶色くて大きさふぞろいで、てっぺんがうにょっと搾り跡が残っているのが愛らしい。大麦とココナッツが入っているので、とても素朴で軽くもろい繊細なクッキー。クッキーなのに甘くないところが、あと引く美味しさ。だまってショリショリ食べていると、小動物になった気分(笑)。
この大麦おやつはどこのかな? と調べてみたら、栃木のお店なのね。HPを見てみたら、ステキ情報が載っていたのでお知らせいたしませう。送料160円のみで、お試しセットが送ってもらえるそうな。大麦菓子が大好きな方、ぜひ注文してみませう。もちろん、私も今から注文してみっかな♪

もっとソフトクッキー⇒しっとりソフトクッキー市場ピング

posted by まりたま&ゆかたま at 20:04| Comment(4) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

座布団一枚 (ブールミッシュの『マカデミアガレット*チョコ』)


マガデミアガレット*チョコ皆様すっかりご無沙汰しておりましたが、やっと仕事も落ち着き、まりたま復活でござりますぅ。MP全快ですな、ふっふっふ。
そんなはじめの記事は、厚みにあこがれてうっとりしてしまうおやつ。茶色い生地にナッツがザクザク入っているのが、どうも柄に見えてしまい「座布団一枚〜」と言ってしまった。こんな厚みのお座布団があったら、ごろりと転がってしまいそう。うひゃひゃ。ガレットはチョコ味濃厚で、ナッツの香ばしさが引き立てられている。いやんっ、おいすぃ〜♪ 「もっと〜っ」と言いたくなっちゃう。
この分厚さが、美味しさを増していて、疲れた身体を癒してくれる。やっぱり肉体労働者のおやつは、カロリー高めぢゃなきゃね! うんうん。
1枚だけど食べがいばっちり。食べたあと、後引いて困っちまいましたがね。さすが、ブールミッシュの焼き菓子さんでしたな。ごっそぉさまでした。今度はセットで頂きとうござりますぅ(笑)。

もっとガレット⇒さくさくガレット市場

posted by まりたま&ゆかたま at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

冷たくてフルーティーな鯛焼きはいかが? (冷やしたいやき@尾長屋・女子大通り店)


冷やしたいやきひえ〜! 鯛焼きって、熱々を買って買えるものだと思っておりましたが……冷凍して解凍した鯛焼きを売ってるお店がございました。
ちと前にまりたまが紹介してました、白いたいやきの尾長屋・女子大通り店にて、小倉あんの鯛焼を買おうとしていたら、冷たい鯛焼きのお味見を勧められました。ブルーベリチーズとみたらし餡の二種類。みたらしは白餡に醤油を混ぜたみたいな、みたらし団子のタレ風味で普通においしかったのですが、ブルーベリーチーズのほうは、半解凍状態がまるでアイスみたいで思いのほかおいしかったので、まりたまに試食してもらおうとお連れしますた。
まりたまはブルーベリー風味のおやつがあんまり好きじゃないのですが、一匹ぺるりと食べてくれました。冷たい鯛焼きというだけで珍しいのに、ブルーベリーチーズ……ブルーベリーヨーグルトみたいな味で、もちもちのカワとマッチしていて、予想外においしゅうございますた(笑)。
その二種類の冷やしたいやき、160円なのですが、なぜか女子大通り店は値下げを敢行、ただいま一尾100円でございました。ためし食いをしてみたい方は、ぜひぜひ。ちなみに女子大というのは、東京女子大(杉並区)のことです。午後の三時から四時ごろに通ると、いつも女子大生が数人並んでいる光景に出会います。アテスウェイもいいけど、お手軽でおいしい白いたいやきは人気のようです。
お店の脇の自販機は、80円の缶コーヒーがあるので、鯛焼きと缶コーヒーのお手軽おやつセットを持って、近くの善福寺公園のベンチで野鳥を眺めまがら食べるのも楽しいかもしれませんのう。

もっとたい焼き⇒ワクワクたい焼き市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

なめらか団子 (根岸芋坂 羽二重団子)


羽二重団子羽二重団子の本店は日暮里ですが、まりたまが仕事帰りに東京駅で買ってきてくれますた。いきなりお値段のことを言うのはなんですが、餡団子、焼団子ともに、一本231円でございます。高! でも、お値段だけのことはあって、おいし〜のであります。
まりたま生醤油の焼団子が大好きなのですが、私はなめらかなこし餡の餡団子が大好き。どっちももっちりとやわらかなお団子が美味で、どっちが好きと言っても、結局は両方食べたいのであります。
司馬遼太郎の「坂の上の雲・6」にも登場する老舗のお団子、ちとお高いですが(私たち的に)ほんとにおいしいです。お土産でもすんごくもちもちしたのですが、お店で食べるできたては格別だそうで、ぜひ一度お店で食べてみたいでございます。
東京駅構内で買えるのは、この五本折のみだそうです。新宿伊勢丹、池袋西武、銀座三越、渋谷西武などなどのデパートの銘菓コーナーでも、この五本折で買えますが、曜日が決まっているようです。めぐり合えたらぜひぜひお試しあれ。

もっと団子⇒コロコロだんご市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:09| Comment(6) | TrackBack(1) | 団子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

そのまんま芋せんべい (亀屋の『初雁焼』@川越)


初雁焼お芋が名物の川越の銘菓、亀屋の初雁焼(はつかりやき)をいただきました。揚げたおさつにお砂糖をまぶしたものかと思っていたら、違いました。
なんと生のさつま芋をカンナで薄く切り、ゴマをつけて鉄板に挟んで焼いて、糖蜜をぬったのだそう。
なんともヘルシーで安心なお菓子ですにゃ。チップスみたいにぱりっとしているのかと思いきや、薄いのにしっかり硬いです。歯が弱い方は要注意な強度であります。
でも、ほんのりとさつま芋とお砂糖の甘さのバランスがよく、ちりばめられた黒胡麻が香ばしく、噛めば噛むほど味わい深いお菓子です。
これ、一本のさつま芋から4〜5枚しかできないそう。素朴だけど、丁寧に作られたお芋のお菓子。銘菓と呼ばれるだけのことはございます。
この季節、焼き芋もおいしいですが、こんなおいも菓子もええですのう。またひとつ大好きおやつが増えました。さー、今年の秋冬は、どんな芋栗南京なスイーツと出会えるかしらん♪(ゆ)
ラベル:亀屋 初雁焼 川越
posted by まりたま&ゆかたま at 17:39| Comment(2) | TrackBack(1) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする