2009年06月30日

一反木綿 (つるまい本舗の『正田醤油*くるみゆべし』)


くるみゆべし夕日を背に、へろへろと一反木綿が飛んできた。正田醤油使用のくるみゆべしだ群馬限定の〜。くるみゆべしは、弾力がありもっちゃもっちゃして美味しいよね。
あんままも、ゆかたまも、私も大好き。地方によって形や味が違うみたいで、柚子入り・胡麻入り・胡桃入り・餡入り、丸いもの・四角いもの・ぶっどいものと色々あるみたい。
今回頂いたのは、醤油+胡桃入りの平ぺったいもの。中に入っている正田醤油は、創業明治6年と古く、熟成された美味しい醤油なんだって。醤油の香り、いいよね♪ 醤油蔵、酒蔵、味噌蔵、ワイン蔵、どれも好きだわ(笑)。
深いコクのような甘味を感じるゆべしは、甘じょっぱくて美味しい。甘みは砂糖のほか、水飴・麦芽糖・黒糖蜜を使っているので、味が複雑かな。
4種類の甘みと醤油と馬鈴薯澱粉と餅粉をあわせ、そこに香ばしい胡桃があわさって独特の食感ができあがっているんだね。醤油に砂糖、まるでみたらし団子のタレをお餅にした感じ。
みたらし好きは、ゆべし好きかな♪ ぷひひ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 22:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

海苔なしいそべ (大手製菓の『いそべせんべい』)


いそべせんべい磯部煎餅というと頭に浮かぶのは、パリッとした海苔がまぁるい醤油煎餅にはりついているやつ。海苔もついていないのに、何故いそべなのか? と思っていたら、磯辺はいそべでも群馬県磯部温泉の磯部だった。いそべ違いですな(笑)。私だけかもしれないけれど、群馬県に磯部温泉なんて温泉があることじたい知らなかった。磯部さん、すま〜〜ん! 群馬といえば、色々あるけれど草津・伊香保・水上・猿ヶ京・四万などが有名どころだもんね。それだけ知ってるから許してね。
栞に「磯部温泉は誰もが知っている“温泉記号発祥の地”です」と書いてあった。これまたびっくり、温泉マークもこんなにかわっていたのだね。磯部温泉の温泉街を歩いていると、ほんのり甘いいい香りがするらしく、そんな甘い香りの漂う街を散策してみたくなってしまった。こんなこと言ったらHちゃんに「食いしん坊だなぁ」と言われてしまいそう(笑)。
そんな甘い香りの街でうまれたのが、いそべせんべい。大手製菓さんは、日本で一番古い歴史ある“いそべせんべい”屋さんで、文久2年大手萬平氏(大手製菓先代)が開発して、今でも温泉を利用しお土産として焼かれているんですって。きっと先代の方も食いしん坊さんだったんでしょうね、ぷふふ。磯部温泉のお湯は塩分と炭酸を多く含んでいるので、お煎餅の調味料や膨張剤として使われているらしく、この“いそべせんべい”も地元の甘い香りのお湯を利用して美味しい炭酸煎餅にしあがっているそうな。
いわゆる炭酸煎餅や鉱泉煎餅なんだけど、この“いそべせんべい”の珍しいところは、形だよね! なんてったって、四角い! 長方形なの! 四角い炭酸煎餅を見たのはこれまた初めて! 厚みも丸いのと比べほんのきもち分厚いので、食感もショリショリというよりシャクシャクって感じでちと固め。甘みも強い気がする。やっぱりこれも、しけらせてふなふなしたところを食べたら、また美味しいかもしれない。

もっと炭酸せんべい⇒パリパリ炭酸せんべい市場

posted by まりたま&ゆかたま at 21:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

並んでも食べたい幻の羊羹 (小ざさの『羊羹』)


小ざさの羊羹たまに食べたくなるのが、小ざさ(おざさ)の羊羹最中。最中は夜中から並ばずに購入できるけれど、羊羹はそういうわけにはいかないにょだ(笑)。季節にもよるけれど、お中元やお歳暮の季節には、相当早い時間に並ばないと手に入れることはできないみたい。でも、たまに運よく8時すぎにきて買えるラッキーな方も。とくに土日は夜中の3時半くらいに限定数に達してしまうこともあるそう。どひゃっ。
私は平日の○時すぎに行ったので無事20番内でゲト。それでも6時前には終了。一番電車が来る頃には、間に合うか間に合わないか?次々に人がやっていて、きわどい方もいらして人事ながらドキドキしちゃったり。遠い方は自転車や車で、終電できて朝並ぶ方、旅行に来て近くのホテルに泊まり並ぶ方、といろいろ。
先代から「煮る小豆は一釜3升まで」という教えを守っているので、一日限定150本なんですね。一人5本まで購入可能なので、だいたい先着30名で終わり。なんせ並ぶ時間が長いので、ほとんどの方が5本購入。たま〜〜〜に、2本でいいとか3本でいいとかおっしゃる方がいて、運良く31番目の方が購入できることもあるみたい。
その羊羹を手に入れるには、まず夜中〜朝方にやってきて整理券の出される8時半まで並び、お店が開く10時から夕方の6時までにとりに行くというシステム。そんな羊羹だからお高いのかと思うでしょ?それがそれが一本580円とびっくり価格。美味しくて安い、でも並ぶ時間や労力を考えると…それぢゃすまされないお値段になっちゃうのがね(笑)。地元人はいいけれど、遠い人は大変だ。贈り物用に綺麗な箱(プラス箱代)に入れてくれるし、一本ずつでも包装してくれるし、なかなかおされな手土産になるのですな。今の季節はいいけれど、冬は極寒でホカロンいっぱいつけて行っても凍えそうになるので、羊羹をひとつ購入するにもなかなか勇気がいるわけです(笑)。
小ざさの羊羹は、機械に頼らず手作業で練り練りしているので、機械で作られたものとはお味が違うんですよ。それに炭火で練ってあるので小豆の香りがふわっとして美味しい。これからも、機械に頼らず手で作って欲しいものです。常連さまはご存知かと思いますが、ワタクシ羊羹は苦手で食べても5ミリが限度なんですが、小ざさの羊羹はガッツリ5センチでもオッケー。恵方食いでもいけるかも(笑)。あっさりしていてくどくなく、風味豊かでうんまいっ。人様にさしあげるのもよいですが、やっぱり自分でも食べなくっちゃね♪ うほほ。

もっと羊羹⇒まったり羊羹市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:44| Comment(12) | TrackBack(0) | 羊羹・寒天・葛菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

七つの音色(蕪村庵の『七彩焼き・つらね詩』)


つらね詩梅雨に入ったというのに、この暑さはなんなんでひょ。もぅ夏がそこまでやってきていますね。じりじりじりじり近づいているようです。ちべたいものが食べたくなる季節になりましたが、夏にひんやりものを食べすぎると冬に風邪をひきやすくなるので、気をつけねばなりませぬ。暑いときは身体を冷やすものではなくて、逆に温めたほうが汗もひくし、後々す〜っとして涼しいのです。熱いお茶をすすりながら煎餅や羊羹を頂くのがよろしいわけですな。てなことを言っていたら、煎餅がやってきましたよ(笑)。
それも京都のへそ近くにある蕪村庵のつらね詩。1袋に個装された7種の一口煎餅が、がっさりと入っている。どれどれ〜と並べてみたら、甘い系の紫芋・蜜掛けしょっぱい系の海苔・黒豆・海老・あおさ海苔・サラダ。蕪村庵のお煎餅美味しいんだよね。紫芋は、あの赤紫色の袋に入ったカルビー“おさつスナック”を思わせる甘さと食感。蜜掛けも全体にかかっているのではなくて、かかっている部分とかかっていない部分がよろしくて、上品な甘じょっぱさがたまらない。普通甘い系のお煎餅って食べないんだけど、食べちった。塩系はよくあるお味だったけど、海老は塩がきゅっときいていて香りもよくイチオシ。小さいながらもそれぞれ味が違うのと同様、食感も違い楽しめました。一気にガリガリ7種類食べてしまったけれど、普通の1枚のお煎餅食べたくらいか少ないくらいかも(笑)。美味しゅうござりました。
京のおやつを頂くと、久しぶりに京都へゆきたくなってしまいました。

もっとおせんべセット⇒ワクワクせんべい詰め合わせ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ガメラVSマリタママン (第一パンの『手包みメロンパン』)


手包みメロンパンガオォ〜ガオォォ〜ッ、ドシンドシンドシン…メロンパン星雲からガメラがやってきた。砂煙をあげながら、ギョエェ〜キエェ〜ッシュガ〜ッと地球を破壊してゆく。そこへ現れたのは、モチモチ星からやってきたマリタママン。おもむろにガメラをわしづかみ、もんぎゅもんぎゅとあっというまに食べてしまった。そして地球は救われ、マリタママンはモチモチ星へ帰っていった…。
何度ガメラパンがやってきても、マリタママンが地球を守ってくれるだろう(笑)。そんなガメラパンは、第一パンの手包みメロンパン。いろんなメーカーのメロンパンを食べてみたけれど、これこれ! っていう出会いがなかった。でもねっでもねっ、やっと見つけたわ。最愛の方を♪ このメロンパンは、とっても私好み。ふわふわだけどしっかりした密な生地を、甘くメロンの香り漂うサクサクなクッキー生地でくるんである。バター風味が美味しくて、理想な方でござぁますわ。生地の堅さもパンの甘みも、サクサクな生地も、どれをとっても理想で美味い美味いと2回つづけて購入してしまった。
毎日買っていたら、きっとお店の人に「メロンパンの人」とか呼ばれちゃうんだよな。第一パン、どこでもあるわけではないけれど、吉祥寺では地元八幡様の横にある24時間営業のスーパーで見つけました。お店の名前なんだっけかな? そぅそぅFoodexpress(マルエツプチ 吉祥寺店)でした。
また、買いにゆこうっと。うへへ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:36| Comment(2) | TrackBack(1) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

幸せなら歯を鳴らそう♪ (ねんりん家*羽田空港限定の『しっかり芽』)


しっかり芽「幸せなら歯を鳴らそっ♪幸せなら歯を鳴らそっ♪ 幸せなら態度でしめそうよ、ほら皆で歯を鳴らそっ♪」っとまたしても歌からはじまってしまいましたが、歌を歌ってしまうほど美味しいおやつがやってきましたよ。ふっふっふ。郵便で届いたんだけど、うちのほうの郵便屋さんってば、見た目郵便受けには入らんだろ?と思う大きさでも、頑張ってくれちゃう(笑)。ぎゅむぎゅむぎゅむっと押し込んでくれるので、困っちゃう。荷物が届くときは、気をつけてはいるんだけどね。ぷふふっ。前は押し込んで入らなくって、抜けなくてアワアワしてるところを見つけてしまって、お互いに苦笑い。袋やぶれてるし(笑)。
今回も入れ忘れて通り過ぎて、あとから戻ってきて突っ込んでくれていて「ぎゃ〜っ!」あわててポストから救出。中はなんとか無事でござりましたが、食べ物の恨みは恐ろしいから(笑)気をつけて欲しいもんだすなぁ…。ふぉっふぉっふぉっ。
ところで、届いたのは、あのねんりん家のしっかり芽バム。それもね、羽田空港第2ターミナル出発ゲート内でしか買うことができない逸品。飛行機に乗らない限り、第2ターミナルに行かない限り、お会いすることのできない限定品なのですな。
がっつり芽(笑)は、お店ではカットしたものと縦切のものしか売ってなくって、ホールで食べたら幸せだろうなぁ…と思っていたら、北のマイスターTさんが大地へ帰るときに買って送ってくださったのですなぁ〜、サンクーサンクーありがとサンクー♪
さてさて、さっそく頂きますか〜と、箱を開けてご対面〜。「やぁやぁお久しぶりでござりますぅ」などと挨拶をかわし、袋をチョキチョキ。ほわわ〜っとバターたっぷりの甘い香りが袋の中からあふれ出て、クラクラ幸せでござりますぅ。あぁ…ずっとこの香りに包まれていたい。しっかり芽のバムちゃん、夢見た一山ホールですねっ。やはし、このデッコボッコデッコボッコした小山がステキ。あんままは「このボッコリはみ出たとこ頂戴ね」、ちょうど凸凹ちゃんが3箇所ありましたので、私も凸ちゃん食べることができました。贅沢にも豪快に4分の1カット。年輪の外側にいくほどしっかりとしていて、かちこちのお砂糖がたまらんっ。バターたっぷりの年季の入った年輪は、幸せいっぱいの美味しさ。んぅ〜ん、やっぱり最高だわ。うんまいわ。美味しいわ。しあわせだわぁ〜っ!
Tさん、ありがとよぉ〜。

もっとバウムクーヘン⇒くるくるバウムクーヘン市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

崖の下のホニョ (餅文総本店の『名古屋の白桃ういろ』)


白桃ういろホ〜ニョホ〜ニョホニョくらげの子、青い海からやってきた〜♪ ホ〜ニョホ〜ニョホニョふくらんだ、まんまる頭の女の子〜♪
思わず歌ってしまいましたが、こりゃまるでホニョなんですわな。あっ違ったポニョね(笑)。
ういろうも、ファンシーなものシンプルなものベーシックなもの、いろいろ出ているのだね。知らんかった。昔は、ソーセージのお尻を留める金具で端と端をとめたボヨヨンッとした長方形のういろうが定番だった気がする。たしか青柳ってお店のだったかな? 小豆入りとか桜とか、抹茶も好きだったなぁ…。うっとり。
この崖の下のホニョは、名古屋のお土産で頂いた白桃ういろ。パッケージも桃桃してるし、ひとつずつが桃の形に巾着されていて可愛い。ホニョは、わらび粉で作っているので、弾力がぽにょぽにょしているわけ。フォークでさせばポニョニョ〜、口の中でホニョホニョ〜。食べて楽しい面白食感。
桃色に透き通ったういろの真ん中には、白桃味の白餡がおさまっていて、桃桃桃ぉ〜! と主張している。原材料をみると、白桃のシロップ漬けが入っているもよう。いったいどこに入っていたのか分からないとこがミソかな(笑)。
珍しいういろ、ご馳走様でした。ぶもっ。

もっとういろう⇒もっちりういろう市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 羊羹・寒天・葛菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

長崎風豆乳? (マルサンアイの『豆乳セット』)


豆乳セット「でかした母さん!」ままたまに、豆乳セットが届いた。やっほぉ〜、無調整の豆乳大好きなんだぁ〜。台湾で飲んだのを思い出すなぁ…。
この豆乳無調整のものと、ニルギリ紅茶豆乳と白桃豆乳の3種類。まだ無調整のは飲んでいないんだけど、あとの二つは飲んでみたよ。他メーカーのバナナや苺・黒胡麻・抹茶などの味のついた豆乳は、ちょっとお好みが合わず飲めないんだけど、これはなかなか美味。大豆は宮崎産プレミアム大豆「きぬさやか」を使っていて、豆乳のための大豆なんですって。ほえぇ〜。普通の豆乳の「ひとつ上の豆乳」と豪語されているだけあって、おいすぃ。
白桃は、まさしくスモモも桃も桃のうち〜と言いたくなる桃なんですな(笑)。イタリア産の果汁を使っているらしく、不二家のネクターを数倍薄くした感じ。シャブシャブしてるけど桃臭は強く、ほんのりまったりとろり〜ぬ。桃と豆乳ってどんなもんだい? と思うけれど、言われても本当に豆乳は入っているんですかい? と聞きたくなるほど、よくわからない(笑)。桃桃桃豆乳かな? ニルギリ紅茶豆乳は、独特の香と風味がとてもよろしくて、ちょっとミルクティとは違う、濃い目の紅茶に練乳をほんの少し入れたうすぼけたお味なんだけど、これがまたなんとも言えず美味し〜〜い。ごきゅごきゅごきゅっと飲み干してしまうほど気に入りましたよん。
お砂糖が入っていて甘く、たぶんこの前「ケンミンShow」でやった長崎豆乳風なんぢゃないかと思ったわけです。あのチューチューアイスの容器に入っていて、大人も子供もチューチュー飲んでいる姿に驚いたけれど、長崎ではあたりまえなようで、こんど長崎出身のY子さんに聞いてみようかな。
これね、このまま飲んでもいいけれど、けっこうお砂糖が入っていて甘口なので、凍らしたら美味しいんぢゃないかい? 長崎市民は、凍らしたりしないのかしら? ね?
どちらも美味しかったので、無調整豆乳に期待大! 長崎チューチュー豆乳も飲んでみたいでごわすっ!!

もっと豆乳⇒ヘルシー豆乳市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:47| Comment(1) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

うずうず (NAKATAYAの『クッキーセット』)


NAKATAYAクッキーうずうずむずむずのうずうずではなくて、渦渦のうず(笑)。クッキーやロールケーキなど、うずうずまきまきしているものは大好き。形が可愛いし、中に巻かれている存在も大きい。
大泉学園にある中田家のクッキーセットを頂いた。といっても、かなり前。いろいろおやつが重なると、食べたこともすっかり忘れられた存在になってしまう。で、あり? あれ載せたっけ? とチェックチェック。したら…がびょ〜ん。いかん、いかん。食いしん坊いやしん坊が、そんなぢゃいかんっ。記憶の糸をひっぱりだして、書かなきゃいかん(笑)。
このクッキー、長いの丸いの四角いの、しぼりにうずうずナッツ入り。プレーンにジャム入り、チョコレート味にココア味、カリカリにゴリゴリ、しっとりにサクサクと色々楽しめる。形も可愛いしとっても素朴で、お母さんの手作りクッキーみたいで、どこか懐かしい。
みんなで分けていただいたので、全種は食べていないんだけど、やっぱり私はうずうずがいいな♪

もっとクッキーセット⇒わくわくクッキーセット市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:24| Comment(3) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

かまくら (潮見堂の『ゆず*塩味まんじゅう』)


塩見まんじゅう(柚子)まっしろに固めた“かまくら”のようなお饅頭は、赤穂の塩味(しおみ)まんじゅう。これね、ままたまが大好きで、生協さんでたま〜に登場するので、みつけたらお買い上げしてます。ゆず味ってのがいいよね。ゆずゆず〜♪
隙間なく、みっちりギュギュッと丸めた漉し餡を、赤穂産の塩を使ったあまじょっぱい生地でくるんであり、見た目“秋田のかまくら”のようぢゃないですか。かまくら体験してみたいなぁ〜。寒いのは苦手なんだけど、あのまるっこい雪の家で、あっつあつの甘酒なんぞをすすってみたい。って結局食につながってしまう私(笑)。しんしんと冷えるかまくらの中で、ひとすじの温かな灯りがひろがるように、ほのかにゆずが香る。この、ほのかさがえぇんだわねぇ。
がぶりと大口一口でいただける大きさなんだけど、かなり甘いので(笑)ちょびちょびっと濃い〜日本茶で頂くのが、最高でござりますな。ふむ。塩・抹茶・ゆずをいただいたので、こんだは梅も食べてみたいな〜。ペーロン最中も気になるところ。

もっと塩饅頭⇒ほんのり塩まんじゅう市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする