2009年05月31日

ブーブーサブレ (TOYOTAの『PRIUSオリジナルサブレ』)


プリウスサブレトヨタプリウスオリジナルサブレを貰ったよ。車屋さんは、いろんなものをオマケにしているんだね。作っているのは豊田市にある「さくらワークス」というところ。
良質の材料(小麦粉・バター・砂糖・卵黄・食塩のみ)で無添加・無着色で作られた身体に美味しいおやつなんですって。ちんまい車が5台、小さいけれど生意気にサブレ(笑)。
どこがどう特別っていうのはないけれど、サクサクしてバタ臭くない美味しいサブレでした〜。1枚ずつショリショリ5枚というよりも、一気に5枚重ねでバリッモシャモシャっと食べてしまいたくなる大きさです。やっぱりいろんな形をしていたほうが、同じ食べるにしても美味しく感じるのは不思議なもんですね〜。それが車の形でも(笑)。
阿修羅展では、奈良にちなんで鹿サブレが売っていて思わず買いそうになってしまいましたが、ちょい高で見ただけで終わってしまいました。見た目は可愛かったので、機会があったらお連れしたいな。

もっとサブレ⇒さくさくサブレ市場

posted by まりたま&ゆかたま at 20:25| Comment(2) | TrackBack(1) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

ダルマの国の塊魂 (庵古堂の『水沢ようかん』)


水沢羊羹朱色地に金色の扇子、赤や黄色・緑や藍色の上を向いたり下を向いたりした達磨さんが描かれた、派手〜な和紙で包まれた四角い羊羹を頂いた。群馬の庵古堂さんの水沢ようかん。すごく美味しかったので、おすそわけ〜って♪
包みが綺麗だったので、ままたまはポチ袋にしようかな? なんて言っておりました。ぶにっと切り分けてみると、蒸し羊羹のようにねっとりとして弾力がある。甘すぎず、口の中で小豆のいい香りが漂い、舌触りがなんとも肌理細やかでなめらかな漉し餡。表面は艶やかで、寒天分が少ないのか羊羹より柔らかで、餡子玉より少しかためな羊羹。
がっつり羊羹は苦手だけど、もっちり系のは大好き。美味しゅうござりました。ご馳走様。

もっと練り羊羹⇒まったり練り羊羹市場
posted by まりたま&ゆかたま at 18:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 羊羹・寒天・葛菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

ペコちゃんの秘密 (不二家飯田橋店の『ペコちゃん』)


飯田橋店のペコちゃん不二家さんの店頭には、必ずペコちゃんが「いらっしゃいませぇ〜」と季節ごとに衣替えをしながら、雨の日も嵐の日も青空の日も営業している(笑)。まだお子ちゃまなのに、偉いなぁ…。この日は、ピンク色のお洋服。
そんなペコちゃん、先週末行ったとき全く気が付かなかったのに…いつからこんなことになっていたんだろうか。ずっと前からで、ただただ気が付かなかっただけなのか? 日本全国不二家あれど、ペコちゃん焼は飯田橋店のみ。その飯田橋店のペコちゃんのホッペに、餡子がぁ〜〜〜っ!!
もしや、誰かが本物の餡子をほっぺになすったんぢゃ…と触ってみると硬い。作り物だ。艶がよくって、ほんまもんの餡子かと思っちゃったよ(笑)。右手には、リアルな、かじりさしのペコちゃん焼がにぎられていた。餡子のはみでたペコちゃん焼を持っていて、いつのまに食べたんぢゃい? 共食いにならないんかい? っと笑ってしまった。
はて? ペコさん、いつお召し上がりになったのですかい? もしや夜中にこっそり?
posted by まりたま&ゆかたま at 17:58| Comment(8) | TrackBack(0) | ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

新緑に積もりし雪 (紀の善の『抹茶ババロア』)


抹茶ババロア阿修羅展の帰り飯田橋で下車し、神楽坂の「紀の善」へ行ってきました。抹茶ババロアをお土産に買って帰ったことはあるのですが、ままたまがお店へ来るのは初めて。
数日前食べた赤飯弁当が美味しかったので、注文。漬物が、梅紫蘇キュウリのつけものにかわっていたものの、同じメニュー。ボリューミィなお弁当のあとのデザートはきついってことで、ひとつ抹茶ババロアをとってはんぶんこ。
気のせいかもしれませんが、こころなしか一切れが大きかったような…、生クリームが多かったような…そんな気が(笑)。久々に食べたからそう感じたのかも。餡子と生クリームのバランスを考えながらババロアを頂かないと、生クリームだけ残ってしまうという悲しいできごとになってしまうので、生クリーム多めにつけながらパクリパクリ。お店で食べると、やっぱりよ〜〜く冷やしてあるので、ぴちぴちとして美味。ずっしりと重いババロアは抹茶の苦味がほどよく、きゅっとしまったボディにアッサリと炊き上げた餡子がよく似合う。バランス的に言うと、餡子がもう少し多いと嬉しいかな〜(笑)。
お土産もいいけれど、やっぱりお店で頂くのが一番。久々の抹茶ババロア、美味しゅうござりました。お店から出た後、不二家の前でびっくりペコちゃんに出会いました。ぎょえぇ〜!! はたして、ワタクシまりたまは何を見たのか!? つづく…。

もっとババロア⇒ばろばろババロア市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:26| Comment(4) | TrackBack(0) | ムース・ババロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

穴が開くほど見つめて (東京国立博物館の『興福寺創建1300年記念・阿修羅展』)


阿修羅展本日噂の阿修羅展を見に、ままたまと上野まで出かけてまいりました。会期は3月31日からやっていたのに、後半ぎりぎりで行くことに。混むと聞いていたので、40分前に到着。したら、博物館の前はすでに100人ほどの人が! うわ〜っと思っていたのもつかのま、当日チケットは「公園入り口にある総合案内書で購入してきてくださ〜い」と叫んでいる係りの人が…。
むむっ! ここまで来るのに10分弱かかるのに、そこまでもどれってか? がびょ〜ん。
しょうがないのでままたまを置いて、走って買いにゆきました。普段走りなれないもんだから、息は切れるし足はもつれる(笑)、大変でござりました。
案内所につくと、すでに40人近く並んでいて最後尾につく。並んでいる間に、水分とって帽子であおぐ。ふぅ〜。あっちち〜。9時開店なのだけど、あまりにも人が並んでいるので見かねてか、8時50分から販売してくれて9時前には博物館に戻ることができました。ありがと〜おねいさん。博物館の方が、公園入り口に立て札でもたてておいてくれれば、皆さん二度手間にならなくてよかったのにね〜。年配の方が多いので、きちっとして欲しいなぁ〜と、ちょっとプリッと怒ってしまいました。当日券の方は、皆様お怒りでござりました(笑)。
博物館に戻ると、さらに人が増えていて3倍ほどにふくれあがり、またまたガビョ〜ン。開館前に敷地内で並ぶため中に入って待つこと20分。暑いので日傘を用意してくれていたのが助かったな。ありがたや〜ありがたや〜。
中は、まるでディズニーランドのように、うねうねと待つ列が続いておりました。異様な風景。でも面白い。中へ入ると、えぇ〜まだ詰め込むのですかい? ってくらい人人人人…。入り口近くの水晶玉なんぞは、すごく見にくかったけれど、中へ入り仏像軍団が並ぶころには、混んでいるには違いなかったけれどじっくりと拝見することができました。
来るまでは、1500円なんて高いなぁ〜と思っていたんだけど、みてみるとため息でるばかり、こりゃ1500円ぢゃ安いかも。よくここまでいらっしゃいました、ぺこりって感じ。
ず〜らず〜らずらら〜っと人の流れにそってみる。
3月31日から4月の19日までは、期間限定で八部衆像と十大弟子像の14体が阿修羅とともに揃って展示されていたみたい。興福寺以外で14体揃っての展示は初めてだったらしく、この時期に行けず残念でたまりませぬ。それでも残りの11体を拝見して、さらに奥にすすむと回廊があり、そこを抜けるといらっしゃいましたよ、阿修羅さんが。ほぉ〜お美しいのぉ。小顔で八頭身、なんて整ったプロポーションざましょ。線が細く弱々しくもあるけれど、足元はしっかりと地を踏みしめている。人であって人でない、女性っぽくもあり、不思議な雰囲気をかもしだした美しい3つの顔を持つ少年。ぐるりと360度拝見できるなんて、すばらすぃ企画です。拍手〜♪
ってことで、ぐるぐるぐるぐる2回転。目が回ってしまいました。近寄って見て〜離れて見て〜、いろんな方向から楽しむ。いつまでも見ていたいそんな気分にさせてくれる阿修羅さま、癒されまする。なので、皆さんついつい立ち止まってしまい流れが止まり、止まるたびに係りの人が「回ってくださ〜い」と叫んでおられました。
正面は、涙をうす〜く浮かべ少し悲しげなお顔、左は少し幼い悔しさをかみしめるように唇をかんだお顔、右は少年から青年にかわったような少し大人びたお顔。思ったより小柄だったし、顔の表情や身体のつくりなど、こんなにじっくり拝見したのははじめてで、感動いたしました。博物館で見るのもよいですが、これは重厚な建築物の中で再度お会いしたくなりました。きっと雰囲気ちがうだろうなぁ。うっとり。
阿修羅さまを拝見した後、グッズの販売が色々あって面白かったです。博物館を出たとき、表に並ぶ人の多さにもあらためてびっくり。なんてったって正門まで並んでいたですから〜。80分待ちとは驚かせられました。ふんとに、ディズニーランド並みだわね。さすが阿修羅さま。私の大好きなブログ『るーさんの「つづら」』でも、詳しくご紹介してらっしゃいますので、ご参考まで♪

もっと仏像を知りたい⇒仏像本市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:19| Comment(6) | TrackBack(1) | 美術館・ギャラリー・博物館・劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

ジンジャーマン殺人事件 (イギリスの『ジンジャーブレッドマン』)


ジンジャーブレッドマンルピシアダージリンフェスティバルの限定おやつブースで見つけた、ジンジャーブレッドマン。イギリスのおやつですな。とっても素朴で、ほのぼのしてて癒されるお顔♪ ちょい高(780円)だったんだけど、箱も可愛くて、お買い上げ(笑)。
100gって何枚くらい入っているんだろうと思っていたら、うれしかなしや6枚入り。それも、箱から出したら…ぎゃ〜っ!ぱたり。ショックで立ち直れん。
だって、火サスクッキーよりも悲惨な首もげ、両足折れ状態…。がびょ〜ん。まるで殺人事件。これ買った人、みんなショックで立ち直れないかも…。クッキー生地の性質上、こわれやすいんだな、きっと。
そういえば今までも殺人事件は2件あったな。ミッキー殺人事件と、金太郎殺人事件の二つの事件にまたプラスされちゃったな(笑)。
でも、6枚中たったの1枚だったけど健在なジンジャーマンがいて、なんとか写真は撮ることができた。一枚は首ちょんぱで、ごまかして撮ったけどね。気をとりなおして、ぱくり。ぶあつめで、バターいっぱいしっとりさっくり、レモンの香りがふわ〜っと口に広がる。で、もしゃもしゃお腹へ消えていく頃に、口の中で「ジンジャ〜ジンジャァ〜ジンジャカジャカジャンッ」と生姜の辛味が広がる〜。ほえぇ〜からいっ! でもおいぢぃ〜。高くて、割れてて悲しかったけど、味はうんまぁ〜〜い。この美味しさが、せめてもの救いでござりました。てへっ。これ買ったHちゃんのジンジャーマンが無事なのを祈るばかりでござりますぅ。ア〜メン。

もっとジンジャークッキー⇒ぴりっとジンジャークッキー市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:08| Comment(8) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

ポコさんまであと一歩 (不二家飯田橋店の『ペコちゃん焼』)


ペコちゃん焼き飯田橋(神楽坂)に来たならば…やっぱりコレを買わずに帰るなんてことはできない。日本全国不二家あれど、ペコちゃん焼が買えるのは、ただ一軒飯田橋店だけ。
今回もポコちゃんまで一歩届かず…。私の前で並んでいたEちゃんが、ゲト♪ おぉ〜ポコちゃん、さいなら〜(笑)。ペコちゃん焼は、ぶさこわいい〜。そうとうぶさこくて白めむいてて怖いけれど、そこがまた可愛くていいのだね。ほんと怖い。わはは。
5月のお味は、おぐら餡・抹茶餡・カスタード・チョコレート・カフェオレ・チーズクリームの6種類。きっと5月限定味がカフェオレなんだな。ってことで、カフェオレクリームとチョコレートを3個ずつお買い上げ。皮がホットケーキ生地みたいにホワホワなので、いがいに餡子よりクリーム系があうような気がする。カフェオレは、ほのかにコーヒーの香りがしてマッタリ〜ノクリームで美味しゅうござりました。
ペコちゃん焼きのチョコレートは、チョコクリームではなくて板チョコがボキッとカットされは入っているのだよ〜。なので、ひんやり冷めたのを食べるとカリッとしていて、アツアツや温めて食べたりするととろ〜りとなめらかなチョコがタリタリっとはみでてくるのですな。濃厚でうんまいわ〜。
次回、ポコちゃんに出会えるか!? ペ〜コちゃん、ポ〜コちゃん、また明日〜♪

もっとペコちゃん⇒にこにこペコちゃん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:49| Comment(5) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

橋と坂の赤いご飯 (紀の善の『赤飯弁当』)


紀の善の赤飯弁当ルピシアのダージリンフェスティバルのあと、Eちゃんと二人飯田橋までやってきましたです。新宿の人ごみ(菌)にやられてはいかんと、急遽飯田橋に変更。飯田橋駅から出ると、すぐ神楽坂。神楽坂の紀の善をめざします。といっても、駅からすぐなんだよね〜。
少しランチの時間をすぎていたので、すんなり入れて2階の一番奥の落ち着く席へ。で以前来たときに、これ食べたいなぁと思っていたお赤飯弁当を注文。ちょうど、最後の二人前でラッキー。お店の外のガラスケースに入った色あせたサンプルから想像できないほど(笑)、豪華でびっくり。はじめにお茶と、面白い形をした例のおかきが出てくる。次にキュウリと茗荷のお漬物、ぷにょぷにょ柔らか食感嶺丘豆腐わさびのせが運ばれてくる。そして最後に、メインの六角形二段弁当ぉ〜。
一の重にはお赤飯がてんこもり。ごま塩たっぷりホカホカお赤飯。むほ〜♪ よひ香りぢゃ。お赤飯は、もち米と白米をほどよくブレンドした感じで、一粒一粒が重くなく最後の一粒までしっかりと。汁物は、素麺と三つ葉。二の重には、なにやら柔らかなお野菜と何かの佃煮風のもの(笑)、だしまき卵がふた切れ、高野豆腐のあっさり煮ふくめサヤエンドウのせ、表面カリッと中ジューシーな揚げ肉団子2個。どれもお赤飯によくあうおかずで、美味しゅうござりました。
こんなにボリューミーで、945円なんていいのでしょうか? 全部たらふく頂きましたよ。
本当はデザートまで突入したかったんだけど、もぅ満腹で次回に楽しみをとっておくことにいたしました。会計をすませ、そのままお隣のお店へ…(笑)。つづく。

もっとお赤飯⇒ほくほく赤飯市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:55| Comment(5) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

DARJEELING FESTIVAL 2009 JAPAN(LUPICIAの『ダージリンフェスティバル』)


ダージリンフェスティバル2009新型インフルエンザ流行る中、無事開催された恒例ルピシアのダージリンフェスティバル。毎年品川で行われていたのが、今年から池袋サンシャインシティにて開催。HちゃんとEちゃんと3人で、怪しいマスク女になって行ってきました(笑)。
会場へ到着すると、すでに30人ほど並んでいて、受付で手の消毒をして会場へ。前回より広く、ゆったりとできるのがいいねぇ。ダージリンだけでなく、台湾茶・中国茶などもコーナーに加わり、今までよりも楽しめたかな。地域限定茶や、フェスティバルのために作られた和・洋菓子も売られていて、ついお買い上げ。バラのゼリーなんかも美味しかったなぁ。高級だったので今回はパス(笑)。お茶は、店頭で買うよりも10%安く購入できるため、皆さんたくさん購入されてましたよ。
いつもはテーブルにお茶菓子が置いてあって食べ放題なんだけど、インフルエンザ予防で受付で袋に入ったクッキーとドライフルーツを頂き、それを食べながらの試飲会だったので、ちょい淋しかったかな(笑)。もっと、ぐでぇ〜って感じ? うひゃひゃ。
毎年楽しみにしているお土産は、オリジナルティーパックトレーと、お茶3種(チャイにぴったりなコクのあるシロニバリ・桃の香りがすがすがしい白桃紅茶・すっきりした緑茶をベースにした爽やかな香のグレープフルーツ)。毎年、これが楽しみなんだ〜。去年もらったマグとセットで使えるね。
このダージリンフェスティバル、大阪会場はもぅ締め切ってしまったけれど、今年初の札幌会場は、まだ受付しているみたい。詳しくはHPでチェックしてみてね♪ 1時間ばかし試飲して、隣駅目白へ移動。目白駅前に売っていた羽二重餅を買って帰るぞ〜っと決めていたのに、違うお店になっていてショック…。今度Hちゃんに本店へ連れてってもらおうっと。しくしくしく。
今ね、目白駅から徒歩5分弱のところにある「切手の博物館」で、食いしん坊にはたまらない「フルーツバスケット展」をやっていて、見てきますたでつ。23日ふみの日は無料でごわす。まぁまぁ、なんて綺麗で繊細でワクワクとさせてくれるのでしょうか。じゅるっ。ここに来ると切手収集がしたくなりますですよ(笑)。
Hちゃんとは目白で別れ、Eちゃんと飯田橋へ移動。美味しいランチを食べてきますたので、明日ご紹介するですよ。ふっふっふ。

もっとダージリン⇒さわやかダージリン市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:52| Comment(11) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

まるまる坊主の大変身 (和歌山県の『うすい豆』)


うすい豆のスープ毎年この時期になると、和歌山県のうすい豆がカゴにざば〜っと入って届く。
グリーンピースの食べれなかった私、豆ご飯はすべて豆だけはじいて食べていたくらい苦手だった。だけど、このうすい豆を食べてから、グリーンピースも克服したのですな。うすい豆は、グリーンピースより一粒一粒が大きくてぷりっぷりとつやがよく、甘くて柔らかい。豆のいい香りがする。
毎年まめご飯を2度ほどし、煮物にいれたり卵とじにしたり、かきあげにしたり…。今年は一味違ったものに、変身してもらいましたですよ。時々朝食のとき、おじゃがのスープを作るんだけど、一昨日はそら豆でスープを作り、今日はこのうすい豆をふんだんに使ってうすい豆のスープを。おじゃがスープのときは、ベースをたまねぎまるごとスープを使うんだけど、今回は身体にやさしい野菜スープ(大根・大根葉・人参・牛蒡・干し椎茸)をベースに。豆をむきむき、ゆでゆで。ジューサーでスープと豆を入れてガガガガガッ。
どろりとした液体を軽くスープでのばし、塩・こしょうで味付け、豆乳でさらにのばすだけ。したら、あら簡単。みろり色のとろ〜り美味しいスープのできあがり。
ゆかたまが作った天然酵母食パンにバターをつけて、スープにひたして食べる。豆っぽくて美味しい〜。んまぁ〜〜〜〜〜いっ。朝からご馳走食べちった。へへへ。次はどんなスープ作ってみっかのぉ。

もっとスープ⇒ほかほかスープ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする