2009年02月28日

さようなら…三浦屋吉祥寺店 (三浦屋吉祥寺店閉店のお知らせ)


三浦屋吉祥寺店うううううううううううぅぅ…。ずっとずっとずっとずぅ〜〜っとあった、三浦屋吉祥寺店が本日をもって閉店してしまうことに。ちょっと諸事情むにゃむにゃがあって、吉祥寺店を手放すことになってしまったそうな。何も、売り上げばっちりの吉祥寺店がなくならんとも〜ぉ。なぢぇぢゃぁ〜としくしくしく。うらみますよ、社長さん(笑)。
三浦屋さんは、輸入品もあれば美味しい食材もあり、オリジナル商品や限定品があったり、本当に便利な立地条件で長年がんばってきてくれました。ココおやでも、いろんな美味しいおやつやデザートをご紹介してきました。それが、なくなるなんて! 許せ〜〜ん。ぷんぷん! バスの時間があるから三浦屋さんへ行こうとか、三浦屋さんのアレ美味しいから買っていこうとか、三浦屋さんは配達してくれるからコレも買っちゃおうとか…。いつも買っているものが買えなくなるのは、とても不便だし悲しいことだよね。
かなすぃけれど最後の最後、三浦屋吉祥寺店のおやつをご紹介。三色団子(春)は、赤紫蘇入り団子と白と蓬団子の綺麗な初春を思わせる彩り。ぼったりと少し横に平べったいお団子は中に漉し餡が。お団子は上新粉と羽二重粉と蕨粉が入っているので、もっちゃりとやわらか。たるぅんっとしたお肌がすてき。2本入り338円なんだけど、半額でお買い上げ。もちろん2パックね(笑)。赤紫蘇団子は、しょっぱい赤紫蘇おむすび風で美味しかった。蓬団子も、ふぅ〜んっと春らしい蓬の香りが広がる。ちょうど赤紫蘇と蓬の味がくっきりとしているので、その味を損なわないように真ん中にプレーンの白いお団子が入っているのは、お口直し的存在でいい考えだね。
吉祥店で買う最後のおやつだったので、かみしめて頂きましたよ。うぅぅ。うぅ〜うみゃい、もちゃもちゃ。うぉ〜おいぢぃ、ぐぅもぐぅも…。三浦屋吉祥寺店さん、美味しいおやつありがとう。他の店舗で頑張って下さい。これからは、車でしか行けない松庵店でごやっかいになりまするぅ。

【速報】なんと、三浦屋さんが2010年10月に吉祥寺に戻ってくることになりました。嬉しい最新情報はこちら♪
posted by まりたま&ゆかたま at 18:11| Comment(12) | TrackBack(1) | 吉祥寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

キットカット大学いもどき学部 (ネスレの『キットカット大学いも味』)


キットカット大学芋味“お菓子のまちおか”の前を通ると、自然と視線が店頭にむく。あり? 見たことないのがあるぞってことで手に取ったのは、キットカット『大学いも味』。期間限定で、なんとチョコにもかかわらず、醤油パウダー・なると金時パウダー・黒胡麻パウダーが入っているそうな。そりゃ、食べてみにゃ〜ね。
どんな大学いもチョコか!? と期待を膨らませすぎたのがまずかった(笑)。いんや、まぁ美味しいことに違いはないんだけど、むにゃむにゃむにゃ。さつまいも風味のホワイトチョコに、3種のパウダーが入ったウェハースがサンド。確かに…さつまいも風? な、和風っぽい? 味がする? ような、…って感じ(笑)。表面のホワイトチョコにすり黒胡麻か切り胡麻かが入っていたら、もっと大学いもっぽかったのかも。おしいねぇ〜(笑)。
キットカットの期間限定品や地域限定品も色々あったけれど、ヒットは九州限定の柚子胡椒味が一番かな♪ フルーツや野菜味もいいけれど、意外に薬味系がチョコとあうのかも。こんだは、からしチョコやわさびチョコなんてのがあったら、食べてみたいな〜。

もっとキットカット⇒キットカットいろいろ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:08| Comment(8) | TrackBack(1) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

シュッシュッポッポッ (錦糸堂の『どこまでも列車キャンディー。』)


どこまでも列車キャンディーせ〜んろは続く〜よ〜、ど〜こまでもぉ〜♪ と歌いたくなるのがコレ。JR東京駅の京葉線ホームにあるNEW*DAYSでみつけたキャンディ(5粒105円)。たぶんJR東海のNEW*DAYSならどこでもあるんぢゃないかな? 飾りっけのないOP袋に入って、シールがぺタリと貼ってあるだけのシンプル〜なパッケージ。シールには「どこまでも列車キャンディー。」とJRの切符がセットになって貼られている。切符には、お菓子電鉄・税込み105円、小さく子供も105円と書かれていて面白い。可愛さと面白さに負け、ついついお買い上げしてしまった。
切り口は、切っても切っても電車模様でJRというより国鉄と言いたくなる柄。これってSL模様なのかな?ちょっと不思議な形をしている電車、列車かな? パッケージにはSLが描かれているのでSLなのかも(笑)。
なんの変哲もない普通〜の金太郎飴で、味もどうってことのない普通〜のお砂糖味(笑)なんだけど、どこか懐かしく歌を口ずさみたくなってしまう飴ちゃんでした。

もっと金太郎飴⇒切っても切っても金太郎飴市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ホーホケキョ♪餅 (高橋菓子店の『うぐいす餅』)


うぐいすもちまだ少し早いけれど、そろそろホーホケキョ♪ と鳴きだすヒトたちが飛んでくる季節がやってくる。はじめの頃は、ホーホーっとフクロウかい? と思ってしまうほど、へたっぴな鳴きかた。ホーホケ、ホーホケとだんだん上手くなってきて、桃が咲き桜が芽吹く頃になると、ホーホケキョ♪ と美しい声で鳴いてくれる。一昨年は9月頃まで鳴いてたっけ。ウグイスは雄も雌もホーホケキョと鳴くもんだと思っていたら、ホーホケキョと鳴くのは雄だけで他の鳥に対しての縄張りを知らせる声であり、「ケキョケキョケキョ」は威嚇の鳴き方なんですって。知らなかったわ〜。ウグイスにとって縄張り&威嚇の声であっても、人間にとっては風情のある綺麗な声なんだよね。春がきた〜って。
お隣の金木犀の天然籠の中で鳴く声は、なんとも風情のある声でココは山の奥かしら? などと錯覚に襲われる。そんなウグイスの季節には、うぐいす餅がよく似合う。あんころりんさんオススメの高橋菓子店で2回目のお買い上げ。
柔らかな餅のまわりにウグイス色のきな粉が、もふぁ〜っと飛び散るほどたっぷりとかかり美味しさ倍増(笑)。きな粉の香りもいい〜♪ いいきな粉使ってるんだろうなぁ。やわらかな餅の中には、たっぷりの甘さひかえめの漉し餡が入っていた。赤ちゃんのほっぺよりも柔らかでふわりとしたお餅。ぱくりと2口で食べてしまった。
今回はとっても気さくな高橋母さんが、手際よく和族子を包んでくれて、色々お話伺いました。あぁ、こういう人たちがこの・味しい和族子を作っているんだと思うと、また来たいなぁと思ってしまうまりたまですた。ぶひっ。

もっともち菓子⇒モチモチもち菓子市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:12| Comment(4) | TrackBack(1) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

即席偽造デザート (まりたま牧場の『手作りヨーグルトチーズ』)


手作りヨーグルトチーズワタクシあまり手の込んだお菓子作りは苦手〜。手のこんでないのも苦手だけどさ。だって、レシピ通りに計って計って計って…きちりと作らないといけないから。ご飯を作るときも、軽量スプーンで計ったりしたことはなく目分量と舌のみ。だいたいこんくらいか〜? が得意なわけで、きっちりさんは苦手なB型なんすな。
てなことで、一度やってみたかった簡単(手抜きともいう)デザートを作ってみましたよ。猫でもできる簡単さ(笑)。用意するものは、ヨーグルト・深めのカップ・コーヒーのフィルター・輪ゴム・サランラップだけ。もぅ賢い方はお分かりですね。バレバレデザート。
コップにフィルターを入れ、その中にヨーグルトをダッパリと入れ、ラップをかけて輪ゴムでとめる。そして一日冷蔵庫で眠ってもらうだけ。まぁ簡単。途中2回ほど水分を取りました。あんなにダッパリと入っていたのに、水分が抜けただけでこんなに減ってしまうのだねぇとびっくり。次の日には、ヨーグルトの水分(乳清)がコップにたんまり溜まっているので、フィルターごとコップから取り外し器に盛るだけ〜。即席レアチーズのできあがり。これにイケアで買ったリンゴンベリージャムをかけて食べたら、レアチーズケーキそのもので美味しかった〜。もしかしてチーズがわりに使えるかな? とか、凍らしてアイスにしたら美味しいかも? とか想像してしまいました〜。ぶひっ。
今回捨ててしまった乳清、水溶性のたんぱく質・ミネラル・ビタミンなどが豊富なので、ゼリーに使ったり飲んだりしたほうがいいそうでつ。綺麗な半透明の液体だなぁ〜とは思っていたんだけどね〜。残念。次回は活用しませう(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 17:52| Comment(6) | TrackBack(1) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

ここにヘソあり (蕪村庵の『六角せんべい・九条ねぎみそ』)


九条ねぎみそ先日テレビで京野菜の特集で、九条ねぎが出ていた。いやぁ〜葱好きとしてはこりゃたまらん、旨そうぢゃぁ〜じゅるんっ。
九条葱食べたいなぁ…でも東京ではほとんど出回らず、出ていてもかなり高級品。2〜3本で450円くらいするんだよね、ううう。と、思っていたら違う形でやってきた。
京都蕪村庵の洛中名物六角せんべい、九条ねぎみそ味。ねぎみそ味も大好きなんだぁ〜。葉玉ねぎの味噌炒めとかさ〜♪ そういえば、京都へ行ったときこの煎餅の元となった六角堂も蕪村庵も行ったねぇ〜。記憶の糸をさぐりさぐり…そぅそぅ、ここまで行ってヘソを見るのを忘れちゃったオバカさん3人だったですね、思い出しましたよ(笑)。そのヘソ石を形どった六角形煎餅。
ねぎみそ味煎餅って、比較的柔らかっぽい半しけりみたいなお煎餅が多い中、しっかり堅く葱が味噌になじんで一体化して濃厚、うぅ〜まぁ〜〜いぃ。歯ごたえよく、ガリンボリンッ。そういえば、なんでお店に寄ったのにお連れしなかったんだろうねぇ、おほほ。

もっとねぎみそ煎餅⇒パリパリねぎみそせんべい市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:13| Comment(4) | TrackBack(1) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

マリア様のお使い (マエストラーニ社の『Lady*Bird』)


マストラーニ社のLady*Bird幸せのシンボル赤い“てんとう虫”が飛んできた。イタリアでは、マリア様のお使いって言われているんだって。なんだか、ステキだねぇ。スイスチョコの老舗マエストラーニ社の、てんとうむしチョコは、IMO(スイスオーガニック認証機関)に認定されている添加物なしのチョコレート。てんとう虫の包みをはがすと…うひゃっ、てんとう虫の形をしたチョコがころろんっと出てきた。可愛いと言うよりも、とてもリアル(笑)、でもお味はとろりと口どけやさしいミルクチョコレート
なんか、よく見ると…このてんとう虫何か変? そうだ! 足が面白い。それに口が面白いところについている。うひゃひゃ。こんなに足が出ていないんだよ〜ってことで足を取ってみたら、そう! これがてんとう虫なんだッ(笑)! マエストラーニ社さん、すいませんねぇ。
幸せプラスってことで、まりたま特製四葉のクローバー(四葉はそうそう見つからないので、ストロベリーキャンドルの葉っぱで♪)にのせてみた。いやいや、お似合いぢゃないですか。バレンタインは終わってしまいましたが、皆様にも幸せが訪れますように♪

もっとかわいいチョコ⇒ワクワクかわいいチョコレート市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:32| Comment(10) | TrackBack(1) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

トッカータとフーガ (風雅の『風雅巻き』)


風雅巻き自由に豆を巻き巻きした海苔菓子風雅、熊本土産のおすそわけに頂きました♪ 風雅巻き大好きなんだ〜。いろんな種類があるみたいだけど、今回頂いたのはワサビ大豆と醤油大豆。
有明産一番摘みのパリッパリの海苔に巻かれた豆は、衣をかけカリコリ歯ごたえがいい。そのサクサク衣に味付けがしてあるんだ〜。これさ美味しすぎだから、節分豆まきに撒いたら、鬼は飛んでゆくどころか跳んで戻ってきそう。まぁ、もったいなくて撒けないけどね(笑)。ギュムギュム豆がつまった風雅巻きは、手作業で巻かれているんだって。豆を巻くだけと思うんだけど、これけっこう難しいんぢゃないかな? 食べたらぽろろんころろんって転がりまわるから、巻くときも大変なんだろうなぁって思っちゃった(笑)。きっと私なら、あわわってなるに違いない。
どちらも美味しいんだけど、困るのがワサビ味。どこかで自分をセーブしないと、くぅ〜〜〜っと鼻にツンっとくるところがたまらないから1袋全部食べてしまう。ワサビ好きにはぜひ、お酒のおともにぜひ、お召し上がりして欲しい一品。
ちなみに山葵の季節、お寿司屋さんで頂く山葵巻きが大好きなまりたまでござります。

もっと風雅巻き⇒まきまき風雅巻き市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

猫のおててはフカフカぱん (くま猫お八つの『天然酵母あんぱん』)


くま猫お八つ2月といえども、天気のいい温かい日はぽかぽか太陽の香りがする。お布団もぽくぽく〜。んでもって、猫のおててもふかふかにゃのだ。ふぅさんの右手をくんくん、んふぅ〜ぬくぬくの太陽の香りだ〜。そんなふかふかもふもふの猫のおててみたいに、ほかほかなパンを発見。いつも通る道、だけど開店時間帯には通らない、気をつけないと見逃してしまいそうな小さなお店は“くま猫お八つ”という可愛い名前。
店内に入ると、甘い香りといっしょにほわわんっとしたオーナーさんが迎えてくれた。自分で作って販売されているそう。こういう方が作るものは、きっとやさしい味がするんだろうなぁ…。
サブレ・スコーン・カップケーキ、ビッグなどら焼き・苺餅・あんぱん(漉し・粒)、そしていっしょに飲んだら美味しいと思われるお茶も可愛く棚に並んでいた。お試しで、あんぱん2種類お買い上げ。このときは、すでに高橋菓子店の和菓子をしこたま買い込んでいたので、このくらいで我慢しました(笑)。
あんぱんには、可愛い「ねこ」の焼印が押されている。猫の顔ぢゃなくて文字ってのがいいねぇ。大納言ねこあんぱんは、炊きたての北海道産大納言をたっぷり入れてあり、ぎゅむむっとみっつりさん。ねこあんぱんは、大納言あんぱんの妹分で、北海道小豆のなめらかな漉し餡を、北海道産えんどう豆を混ぜ合わせた塩味のきいた生地で包み込んである。どちらもちゃんと生地の真ん中に餡子が正確に入っている。さすがだねぇ。どちらも塩のきいた弾力あるみっつりとした生地と和菓子やさんが作ったように美味しい餡とのバランスが、とても甘じょっぱくっていい〜♪ 天然酵母で作ったパンは素朴だけれど、とても香りがいいんだよね。くんくんくんくん…いつまでも香りをかいでいたくなってしまうのは、猫のおててと一緒。

天然酵母の菓子パンが食べたい⇒天然酵母の菓子パン市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

海からの贈りもの (Torefinのシェルチョコ)


シェルチョコザザ〜ンザ〜ンと海からの甘い香りが届いたよ。ベルギーのトレファン社の貝殻チョコは、ころりっとしていて可愛い。二枚貝2個・巻貝・ムール貝、海老・ヒトデの計6個。なんといっても可愛いのがヒトデ、ちゃ〜んと裏表があって芸が細かい。一粒一粒が厚みがあってゴロリと転がり、ずっしりしている。食べ応えあり。
ホワイトチョコとミルクチョコがマーブル状になったチョコの中に、クリーミーなプラリネが入っている。色々チョコはあるけれど、ベルギーのチョコは一番好き。
そういえばベルギーへ行った時、入り組んだ迷路のような道の途中にあった可愛いチョコレート店でいっぱい買ったな〜、しみじみ。ベルギーはチョコ好きの町なので、美味しくないと1週間でお店が閉店なんてこともあるそうだから…美味しいお店が多いのかも。
チョコが美味しい季節です。でも食べすぎには注意しませう・笑(ま)。
posted by まりたま&ゆかたま at 19:26| Comment(2) | TrackBack(1) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする