2008年12月31日

2008年ココロにおやつ総決算


2008年総決算2008年今年も一年食い散らかしましたね〜(笑)。
全国皆々様のおかげで、珍しいフルーツやおやつを頂き、「ありがとう」と「ごちそうさま」な一年でありました。2009年も宜しくお願いいたしますぅ。おほほのほ〜。
ってなことで、今年もあと数時間で終わりとなってしまい、新しい年を迎えようとしておりますが、皆様美味しいもの召し上がってらっしゃるでしょうか?
ご実家で家庭の味を味わってにんまりしたり、豪華なレストランで召し上がってらっしゃるかしら? と想像を膨らませながら、2008年「ココおや大賞」を発表したいと思います。まずはまりたまベスト3発表〜ドラドラドラドラドラ〜(太鼓の音)♪

【まりたまベスト3】
1位 ねんりん屋のしっかり芽(写真1)
つい最近食べました。あのがっつりとした懐かしのバムを再現したような、今年一番と言っていいほど夢のように美味しいバム。この高級バム様を形あるままホールで頂くのが夢なのであります!
誰かちょうだ〜い(笑)。

2位 キースマンハッタンの黒糖あんみつ(写真2)・ラトーナのルティング(写真3)
どちらもぷるぷる系、あれかこれかそれか…うむむ、迷って決められず2個。黒糖あんみつは、豆・ムースに、黒糖寒天や白玉やフルーツなどがのっかった豪華な和風のような・風デザートは、見た目も味も感動したっけ。ラトーナの『ルティング(プリン)』は、上下に食感の面白いぱろぱろっとしたカラメルソースがかかっていて、細長いからちょぴっとしか入ってないかと思ったら、けっこうな量が入っていてびっくりした面白いプリンだったな。また食べたい。

3位 三宅製族のココナッツリング(写真4)
ココナッツの孫んだのが苦手な私なのに、これは「美味い!」と思わせた逸品。素朴なんだけど食べたらとまらない。最後のほうは独り占めして食べた記憶が(笑)。京都に行かないと手に入らないおやつだったので、頂いたときはすっごく嬉しかったなぁ。あとドルチェヴィータのクッキーも、3位に入れたいくらい絶品だった。

お族子業界も、頑張って美味しいおやつをいっぱい作って欲しいですなぁ〜。こんな食いしん坊なワタクシでござりますが、2009年もど〜ぞ宜しくお願いいたします〜。皆様良いお年をお迎えくださいねぇ。わくわく楽しい美味しい一年になりますように(まりたま)。

うほほ〜い。わたくしゆかたまも、今年一年を振り返ってみますなり〜。でも、ベスト3っていうのは、ほんとに難しい。・回悩むのですが、涙をのんで(ごっくん)選びました。はっ、気づいたら私が選んだのは、ばろばろスイーツばっかりでした。どれもとってもまったりもっちりプルプルの、それはすばらしいばろばろ具合で、お味も最高だったのでした。超おすすめばかりなので、出会う機会があればぜひぜひです。

【ゆかたまベスト3】
1位 紀の善の抹茶ババロア(写真5)
いや〜、これ噂どおりにおいしかった。ずっと食べてみたかったので、神楽坂に食べに行きましたよ。これが今年いちばんの願望達成体験だったかも(笑)。

2位 ラトーナのルティング(写真3) 
まりたま土産のLatonaのノッポで上下にカラメルが入ったユニークなプリン、まりたまも選んでますね。それもそのはず、これは今年の最強プリン。弾力がすごくて、プリン? と一瞬と惑ったほど。味も量も(これ重要!)もすばらしかった。ぜひまた買ってきていただきたい逸品であります。いひ♪

3位 牧家の白いMEGAプリン(写真6)
これはとにかくコユイばろばろデザート。通常サイズは以前にも食べたことがあるのですが、MEGAってくらいですが、すっごく食べ応えがあって美味でした。もっちりまるくて、デカいっ。K姉妹の美香さんの豊満なおっぱいを連想させるセクシープリンでもありました。は〜満足。来年もおいしいばろばろスイーツと出会いたいと思いまふ(ゆかたま)。

以下は部門別ベスト3でございます。ベスト3に入れられなかったものがいっぱいです。どれもおすすめです♪

【愛すアイス部門】
1位 モロゾフの神戸からの便り 
2位 ハーゲンダッツのドルチェ・モンブラン 
3位 オハヨー乳業のアイスチョコボール 

【魅惑のチョコレート部門】
1位 テリーズのチョコレートオレンジ(ダーク) 
2位 エイムのチョコレートフレーク・ロシェ・ストロベリー 
3位 六花亭のマンス・ショコラ

【美味和族子部門】
1位 播磨屋本舗の京のあんころ・棹
2位 菓匠清閑院の雅車  
3位 喜田家のきんとん*栗ひねり  

【プリチー&キュート部門】
1位 米屋のぴーなっつ最中   
2位 柳月堂のベビー栗饅頭 
3位 船はしや総本店の福だるま  

【ベストフォトジェニック部門】
1位 アテスウェイのタルト・オ・シトロンヴェール 
2位 アテスウェイのタルト・オ・フリュイ・ルージュ
3位 アンリ・シャルパンティエのポムポムダムール

【名前が素敵すぎ部門】
1位 六花亭の帯ちゃん広ちゃん  
2位 新正堂の切腹最中 
3位 日テレの火曜サスペンス劇場サスペンスミルククッキー 

【ナイススナック部門】
1位 明治製族のじゃがまま 
2位 カルビーのよこすか海軍カレーチップス
3位 カバヤの梅プレッツェル 

今年は大賞を選びました。見事復活してくれたました。嬉しかったな〜。子供頃から大好きお族子屋さんだったし、これ、何度も食べてるのにブログでは紹介していなかったので、載せようと思ってるうちに買えなくなってしまって。すごく残念に思っていたので、ほんとに嬉しかったな。という喜びをこめて、大賞となりました。

【幸せのココおや大賞】
不二家神楽坂店のペコちゃん焼き

私たちをいちばん喜ばせてくれたおやつは、不二家、神楽坂店のペコちゃん焼きでした〜パフパフパフ〜。このときプレゼントにと買って帰った中に、ラッキーアイテムのポコちゃん焼きが一個入っていたんです。そういう意味でも、幸せのペコちゃん焼きでした。いいこと? ありましたよ、それなりに(笑)。
というわけで、今年も一年拙ブログに遊びに来てくださってありがとうございました。来年も、こんな調子でやってゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
明日は恒例のおみくじ報告会を開きますので、おみくじ引かれた方はご報告よろしくお願いいたします。今年こそは万年「吉」から脱出したいまりたまと、「大吉」を引き当てようといつになくはりきっているゆかたまでした。
もうすぐやってくる2009年が、皆さまにとって、おいしさ山盛りてんこもり、嬉しくてぷるぷるばろばろんな一年になりますように!
posted by まりたま&ゆかたま at 22:44| Comment(7) | TrackBack(0) | ココロにおやつ総決算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

ゆづっこ (すずき製菓@静岡)


ゆづっこ黄色いお日様団子みたいな形をしている柚子。柚子ってお漬物に入れても、饂飩や素麺に入れても、酢の物に入れても、お菓子に入れても香が高く大好き。柚子餡なんて最高だよね〜。
静岡の斉藤農園さんでみかん狩をしたとき、お土産売り場で売っていたのがコレ。たっぷり入ってて、いかにも美味しそう。
こんな大きな柚子があるのかと驚いて、お連れしたんだっけ。材料は柚子とグラニュー糖だけ。じょりじょりのお砂糖があっまぁ〜〜いんだけど、ぐっと噛んでいくと、ほんのり苦味のある柚子の香が口いっぱいに広がる。このまま食べても美味しいんだけど、シンプルな紅茶にゴロリと入れれば、ほどよい甘さになり香りもいい〜ステキ紅茶に変身する。柚子美味しい〜、柚子最高〜。
今の季節八百屋さんやスーパーに行けば柚子は売っているから、自分で作ってみるのもいいかもね。

もっと砂糖漬けフルーツ⇒砂糖漬けフルーツ市場のショッピング
posted by まりたま&ゆかたま at 20:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 野菜・果物 ・木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

自由自在 (喜田家の『花有季』)


花有季ちょっと前になるけれど、北千住の喜田家さんのお菓子をいただいた中に入っていたのがこれ。
黄色いのがかぼちゃ餡、ねっとりホクホク、ほんのり甘くて南瓜の美味しさをあらためて知る。茶色のは小豆餡で、小豆の風味を損なわず、中に細かい栗がぶつぶつ入った栗餡が存在する。どちらかというと、和菓子と言うより洋菓子風。なので、コーヒーにもよくあう。
花有季は、自由自在に形を変形できるほど、しっとりとした餡子。こりゃ、にぎっとやってみたくなっちゃうよね(笑)。うひひ、しずく型にしてみたよ。なんだか可愛いんぢゃない? 新商品として売り出すか〜? 一度やってみたいと思っていた和菓子体験もどきができたって感じ。お菓子体験は楽しい〜。
今度京都へ行ったら、おたべ道場で“おたべ体験”をしてみたいなぁ。

もっと洋風和菓子⇒まったり洋風和菓子市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:27| Comment(4) | TrackBack(3) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

白い花咲く丘 (六花亭の『白い花の咲く頃』)


白い花咲く丘帯広の広大な大地には、白い花の絨毯が広がる。春先になると、帯広から車で40分ほどの中札内村にある“六花の森”は、一面白い花で覆われる、そんな夢のような風景を見てみたい。その白い花は、オオバナノエンレイソウ。広い広い丘に咲き乱れる花々、ラベンダー畑ならむせかえるような芳香と美しい花色、それぞれの花が一枚の絵のように咲く姿は、どんなにすばらしいだろうか。
そんな可愛らしい花をモチーフにしたお菓子は、六花亭の『白い花の咲く頃』。レモン味のマシュマロをホワイト生チョコでコーティングした清楚で愛らしいチョコレート。レモン風味のマシュマロって珍しい〜。マシュマロってどっちかっていうと苦手だけれども、このレモン味のは絶品でさすが六花亭。レモンとホワイトチョコは、オレンジとミルクチョコと同じくらいヒット。また大好きなおやつが増えちゃった♪ 次なにが出るか楽しみですぢゃ。

もっとホワイトチョコレート⇒まろやかホワイトチョコ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:39| Comment(4) | TrackBack(2) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

お月様はみかんの香り (徳之島の『金柑子温州』)


金柑子温州少し前になりますが、美味しいフルーツ箱が到着しました。そこには、旦那様の会社の庭で育った大きなキウイとスウィーティみたいなフルーツが入っていました。キウイ畑が会社の庭にあるなんて、うらやましいことですな。うん。中みかんみたいなフルーツは、グレープフルーツより小ぶりで、みかんより大きい。調べてみると、徳之島産のフルーツは、金柑子温州というみかんらしい。頂いた方もスウィーティみたいな…としか分からなかったので、これが正しい名前かどうかは分からないけれど、たぶんそうぢゃないかなと(笑)。それより、徳之島ってどこ? っと調べたら、南の島だったのね〜。鹿児島県奄美大島から南に60キロほどさがったところにあるらしい。
この金柑子温州は、綺麗な緑色の皮の分厚いみかん。届いたときは綺麗な緑色をしていたんだけど、もちっとおいたほうがいいかな? と思っている間に少しずつお月様みたいな色になってきたので、慌てて頂きました。皮は、グレープフルーツみたいにけっこう厚みがあるけれど、果肉がやわ〜い。グレープフルーツの薄皮をむくようにむくと、果肉が柔らかすぎてむけばむくほど果汁がたりら〜っと、あわわ。果肉の柔らかさが紅まどんなに似ていたので、同じくスマイルカットにしてみたら、うまぁ〜〜い。甘くてやわらかで香がよくて、生つぶつぶジュースを飲んでいるような錯覚におそわれる。太陽いっぱいすって育ったみかんは、とっても美味しゅうございました。
珍しいフルーツ
ご馳走様でした。ぺこり。

もっと温州みかん⇒さわやか温州みかん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜・果物 ・木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

マーブル模様にご用心 (ゆかたま亭の心霊シフォン)


マーブルシフォン初めてのマーブルシフォンにチャレンジでございまっす。いつものシフォンのプレーンの豆乳生地と、最後にバンホーテンのココアを入れたチョコ生地を使って、レシピサイトで見たとおりにやってみますた。二色の生地を交互に型に流し込み、焼く前に竹串で二周ぐるぐるっとする。おお、これで美しいマーブル模様のシフォンができるわけですな……。
と期待して、わくわくしながら型から取り出してみたならば、がーん。なんだか地層のような縞々模様がくっきりと。ぜんぜん混ざってない!? さらに切り分けてみると……ひ〜、なんだかホラー漫画のタイトル文字みたいな禍々しい模様が……わなわな。以前にもココアで同じようなおしょろしい現象が起きたのを思い出してしまいすただ。わたくし、ココアは鬼門なんでせうか?
が、しか〜し、これが予想外においしかったんですわ。ココアとプレーン生地がちょうどいい具合で、ミックスソフトクリームみたいなハーモニー。家族にも評判よかったです。マーブルが怖いので、解決策がわかるまでは、まぜずにストライプシフォンにしようと思いまふ。側の地層のとおりでも、おいしいと思うので。あ、さらに抹茶生地も加えて三層の地層シフォンもいいかも。ぶひぶひ。

もっとシフォンケーキ⇒ふわふわシフォンケーキ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:31| Comment(3) | TrackBack(1) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

今年はサンタがやってきた (アテスウェイのクリスマスケーキ『ガトーフレーズ』)


ガトーフレーズ皆様、本日24日はイヴ〜でござりますな。今日パーティーする人も、明日する人も「クリ〜クリ〜ムマス」。
昨年はケーキの予約が遅かったので、ケーキを取りに行くのもいい時間帯が取れず変な時間になってしまい後悔したので、今年はゆかたまが12月に入ってすぐ予約を入れました。なので、24日の午前中に受け渡しができ、美味しく頂きましたよ〜。ありがと。
クリスマスでない普通の日でも並ぶアテスウェイ、クリスマス時期はいつも外にずらら〜っと並ぶので、今年は早めに行くか〜っと15分前に着くように行ったら…、あれ?お店はまだ先なのに…あの人だかりは?あの警備員は?と思ったら、ぎゃおっ! ケーキの列だった〜。もぅ30人近く並んでいて、びっくり。30人列は当日購入する列だったので、予約列はその隣でまだ10人ほどでラッキー♪ それでも、寒空20分近く待つのはざぶがっだ。
店内のケーキケースには、ぎっしりとクリスマスケーキの入った箱が並べられていて、自分の出番を待っているようにワクワクとした雰囲気が漂っておりました。
アテスウェイのケーキは、ずっしり重い。家に帰る途中、何度も持ち替えたくらい。冷やして〜冷やして〜、この大きなケーキを4分割。でへへ、大きいですわ〜。去年は取りに行く時間が遅かったのか、ケーキの上にサンタさんはいなかった。たしか鈴つきリースがささっていて、サンプルにはついていたのに…と淋しくなったのを思い出した。嬉しいことに今年のケーキには、砂糖で作った可愛いサンタさんがちょこりと立っていた。同じお値段でついてるついてないだと、ぜんぜん嬉しさが違うね(笑)。
まるごと苺は“とちおとめ”、ぎゅっと引き締まった果実は、ちょっと固めだったけれど甘酸っぱくて、ふんわりやわらかでなめらかな生クリームにぴったり。甘いスポンジ生地にたっぷりの苺、たっぷりの生クリームをサンドして…あぁ、幸せ(断面画像はこちら)。
生クリーム大好きだけど、生クリームの分量がちょい多い? かな…。スポンジ生地をも少し厚めにして、生クリーム控えめにしたら私好みかもっと、ちょっと気持ちを言葉にしちゃいました。ふふふ。
来年は、マロンをたっぷりと使ったブッシュ・ド・ノエル(ビュッシュ・オ・マロン)にしてみようかな? アテスウェイの栗のケーキ、美味しいからなぁ。うっとり。想像してにやついてしまった。ゆかたまひゃん、来年はブッシュドノエルでお願いしますだ(笑)。

もっとショートケーキ⇒ふわふわショートケーキ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:11| Comment(8) | TrackBack(2) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

まんじゅうオセロ (和ふ庵の『古都の杜』)


和ふ庵の古都の杜頑張れば、すべて(10個)一口で食べてしまえそうなオチビなお饅頭は、和ふ庵の古都の杜。生地には、渋味のある宇治の老舗北川半兵衛商店の抹茶を使っているので香がとてもいい。中には、ごっつりとした大粒餡が入っている。香ばしい黒胡麻をすりこんで入れた生地の中には、これまたたっぷりの黒胡麻と餡子を練り合わせたまったりとした胡麻餡が入っていた。生地がもっちょ〜りとしていて、もちもちファンにはたまらない。小さいけれど、たっぷり胡麻を味わえるお饅頭。この胡麻饅頭、5個くらい重ねて一口でいただきとうござります。もぅ一種類ある栗饅頭とこれは期間限定だそうなので、こやつ食べてみたい〜って方はお店に確認してみてね。いや、これ、いいわ〜。特に胡麻いいわ〜(笑)。

もっと一口饅頭⇒ぱくぱく一口まんじゅう市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:28| Comment(5) | TrackBack(1) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

しあわせのコーヒーたまご (サザコーヒーの『コーヒー豆チョコ』)


コーヒービーンズチョコ昨年結婚した従姉妹のMちゃんと旦那様のKさんは、なかなかの美味しいもの好きの食いしん坊さんで、あそこのアレが美味しいとか、コレが美味しいとか、よく知っていて、自分たちの足で探したり、食べ比べをしたりしているようです(笑)。
そんな楽しい幸せなお二人から戴いたのが、サザコーヒー豆とコーヒー豆チョコセット。こちらのコーヒーはお初♪ コポコポとお湯がしたたると、フルーティな香りが漂い、リラックス効果で癒される。お味はどうかしら? 香りを味わってからひとくち。ほぉ!   今まで味わったことのない香ばしい木の実のような風味が存いっぱいに広がる。飲んだ後、喉の奥まで香がつづく。見えない香の糸でつながっているようだ。
煎りはそんなに深くないのに酸味が少なく、じっくりと深いコク、そして苦味があり後味がとてもよくバランスがとれている。上品で気品さえ感じるコーヒー。うまい! 煎りが深くないお豆さんで、これほど美味しいのは初めてでした。ぶひ〜っ。
そのコーヒーと一緒に入っていたのが、コロンビア豆がまるまる入ったチョコレート。ころんころんと3色入り。コーヒーがこれだけ美味しいんだから、美味しいはず(笑)。甘めのホワイト、甘さ控えめのビター、そして一番私好みのミルクチョコ。同じ豆が入っているのに、コーティングされたチョコの種類によってこんなに味がかわってくるんだとびっくり。ミルクたっぷり淹れたコーヒーにはビターがあうし、甘めのホワイトやミルクにはブラックがよく似合う。
普通コーヒー豆チョコって言うと、豆のカスが存の中でいつまでも残りむせちゃうことが多いんだけど、これは豆カスがほとんど残らないのが気に入ったかな。これもまた、モンドセレクション最高金賞受賞のステキおやつでござりました。ご馳走様でした。ぺこり。

もっとコーヒービーンズ⇒ころころコーヒービーンズ市他

posted by まりたま&ゆかたま at 19:59| Comment(2) | TrackBack(2) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

腹持ちドーナッツ (はらドーナッツ@吉祥寺)


はらドーナッツ土日は混むと聞いていた噂の噂の安心おやつ「はらドーナッツ」へ、ゆかたまと開店時間に合わせてプラプラと行っていますた〜。紀ノ国屋の裏手にあるマンションの一階に、お店はありますた。お店の前に大きなドングリの木のある公園があるので、できたてをそこでほおばるのもいいね。木の下はドングリの絨毯になっていて、思わずパチリ。
木の階段を登ると、ケースに10種類ほどのドーナッツが並んでいた。開店と同時だったので、できたてほやほやが次々に運ばれて並べられてゆく。私の前には、年配のおじさんと背の高い男性。男性でも気軽に買えるのがいいね。お店の壁面もドーナッツ柄で可愛いし、包む袋やビニール手提げや紙袋もドーナッツ柄。行ったときはまだ混んでいなかったので、どれにしよ〜か〜っと迷う時間があって良かったわ。なんせ、決断力ありませんから〜。お連れしたのは、チョコ・ホワイトチョコ・みかん・レモン・丹波黒糖きなこの5種類。
他にもお店の名前にもなっている「はらドーナッツ」・さとうきび・コーヒー・紅茶・にんじん・日替わりドーナッツがある。プレーンは、甘くないと聞いていたので、お砂糖やチョコがかかっているものをセレクト。丹波黒糖きなこは、プレーンに黒糖ときな粉をまぶした感じで、ほのかな甘み。チョコレートは、プレーンドーナッツに甘さをおさえたビターチョコがタラリとかかっていて見た目よりもぐっとひかえめな甘さ。ほとんど甘みを感じないくらい。ホワイトチョコは、練乳みたいで甘くお気に入り。あっさりとしたドーナツによくあう。みかんは、皮入りのお砂糖がかかっていて、口に入れた瞬間オレンジに近いみかんの香が口いっぱいに広がり、これもまたステキ。目がキラキラしちゃう。レモンは、白いお砂糖にたっぷりのレモンが入り、生地の中には紅茶葉が入っていて、レモンティドーナッツみたい。白いお砂糖部分だけ食べたいくらい(笑)。
なんといっても、生地がもっちゃりもちもちしていて食感がいい。もちもち大好き。ひとつひとつは小ぶりなんだけど、どっしりとした生地なので腹持ちがとてもいい。ずっしりだけど、安心して食べれるよう工夫されたドーナッツで、国産小麦粉・国産全粒粉・北海道産大豆を使った無調整豆乳・神戸原豆腐店のおから・三温糖・季節の野菜・無添加ベーキングパウダー・新鮮な赤卵を使っているんですって。おからが入っているなんて思えないほど美味しいよ。豪華材料なのに、ひとつ130円から160円とはお安いですな。ここのドーナッツ食べたら、他のが食べれませぬわ。どうしてくれようか(笑)。

もっとドーナッツ⇒もぐもぐドーナツ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:11| Comment(4) | TrackBack(2) | ドーナツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする