2008年01月31日

笑顔の力 (熊本六季のいきなりだご)


いきなりだご吉祥寺東急の九州展の常連さん、熊本六季(むつき)のいきなりだご(いきなだんごともいいまふ)を買ってしまいました。じつは吉祥寺では、常時いきなりだごは食べられるのであります。数年前にできた熊本県物産センターの店頭で、いつでもどんなときでも売られているのでした。なので、わざわざ物産展で買うことはないのですが、そのときちょうど母と私はとってもおなかが空いていて、東急の催しもの会場に行く途中のエレベーターの中で、会場に着いたらまず熱々できたてのいきなりだごを一個ずつ買って、そのばでまぐまぐ食べて腹ごしらえをしてから買い物をゆっくりしようと決めていたのでした。
んが、さっそくお店の前に行くと、愛想のよいお兄さんが、半分に切ったいきなりだごを私と母に「どうぞ」と言って、お味見にくださりました。あっつあつのとろとろのいきなりだご、味見などしなくてもおいしさは知っているのですが、遠慮なくまぐまぐといただきました。それですっかり空腹感が満たされてしまったのですが、にこにことしたお兄さんの笑顔を見ていたら、口が勝手に「おいし〜。五個くださいっ」と言っていたのでした。熱々できたてのいきなりだごのおいしさもあったんだと思いますが、お兄さんの営業スマイルじゃない、ほんまもんの笑顔に、こっちも思わずにこにこ、そしてついついサイフの紐がゆるんでしまったというお話でじだ。めでたしめでたし。
それはさておき(前置き長すぎ!)、大好きなサツマイモと小豆あんの入ったいきなりだご、このおいしさはやっぱり蒸したてとろとろ熱々が最高ですね。持って帰ってすぐに食べた、冷めたいきなりさんもおいしかったし、レンジで温めるとおいしく食べられるそうですが、店頭で渡された熱々が夢のようにおいしかったです。九州物産展が来ると、かならずやってくるいきなりだご、未体験の方はぜひぜひ。
今回ひとつ残念だったのは、あの白玉屋新三郎が来てなかったことでございます。大袋で買った白玉粉がそろそろ底をつきそうなのであります。ぶひ〜。夏までにはぜったいに吉祥寺に来てくださりませ。物産展で逢えるのを待つ、なんかロマンチックじゃありませんこと? ぶひぶひぶ〜。※吉祥寺東急の九州展は終了しました。

もっとお団子⇒モチモチだんご市場

posted by まりたま&ゆかたま at 17:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

月寒あんぱん祭♪ (かぼちゃあん入月寒あんぱん)


かぼちゃあん入月寒あんぱん昨日に引きつづき、またまた月寒あんぱんをご紹介。これ、月寒あんぱんの中で、いちばん好きなんですわ。中身が黄色いカボチャあんなんですが、いちばんあっさりしていて、まったりしていて、素朴さ倍増の月寒あんぱんなのでございます。あんは、かぼちゃだけでなく手芒豆(白あんに使う豆)もミックスされております。おいしいはずですよね。
ぺちゃんこの栗まんじゅうみたいな生地の中に、まったりやさしいカボチャあんの入ったこのバージョン、じつはこれが私の初めての月寒あんぱんとの遭遇だったので、よけいに愛着があったりして。そのときは、まりたまが東京駅で買ってきてくれたのですが、写した写真を消してしまったので、このたびやっと紹介することができました。めでたしめでたし。月寒あんぱん祭(勝手に命名)セットを送ってくださった、北のお菓子仲間のT子しゃま、ありがとうございました。てことで、わたくちはべつに月寒あんぱんの営業マンではございません。ぶひ♪

もっとあんぱん⇒まるっとあんぱん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

100年前の月寒あんぱん (株式会社ほんま@札幌)


100年前の月寒あんぱん以前にご紹介しました、私の大好きな北海道のお菓子、月寒あんぱん。その復刻版をいただきました。元祖月寒あんぱんのほか、かぼちゃあんや黒糖のもの、おまんじゅう風のものなどがセットになった月寒あんぱんセットにして送っていただいた中のひとつなんですが、なんと創業当時(明治三十九年)、つまり今から100年前の味を再現したものだそう。
現在の月寒あんぱんは栗饅頭をぺたんこにしたみたいで、表面がつるんとしているのですが、復刻版のほうはほんとにあんぱんをつぶしたみたい。どっちも、なにかをつぶしたみたいなのは共通です。
それにしても、北海道の黎明期からのお菓子が受け継がれ、人気おやつとして残っているのがすばらしい。甘くておなか持ちのいいぺたんこあんぱん、当時の人たちはとってもおいしく食べたんだろうなと思います。お初なのに、なぜか懐かしい味がするのが不思議です。素朴でやさしい、私の大好きなお菓子のひとつです。

もっとあん饅頭⇒まったりあんまんじゅう市場
posted by まりたま&ゆかたま at 16:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

壺の中で美酒佳肴 (叶匠寿庵の一壺天)


一壺天滋賀県が本店の叶匠寿庵の一壺天(いっこてん)、いただいちゃいました♪ 大きな栗が丸ごと、極上の大納言のあんこで包んだ美味なる逸品。ひとつひとつが、かわいらしい巾着包みになっていて、和風モダンがとってもおされさん。これ、女性に贈ると喜ばれること間違いなしです。えへへ、私はとっても喜びました。手のひらに巾着をのせると、栗と大納言の重みがずしっとくるのが、嬉しさ倍増でございます。
渋い緑茶と合うのはもちろんですが、私はブラックコーヒーでいただきました。すっごく合いました。あっさりと煮た丸ごと栗と大粒の大納言が、なんとも贅沢なハーモニー。寒い日に、あつ〜いコーヒーとおいしいお菓子で過ごすひととき、幸せでございます。はっ、もうすぐ仕事の納期が……なんて野暮なことは忘れて、ゆったりといただいちゃいました。おやつ仲間でおせんべ大臣のPさま、素敵なおやつをありがとうございました。
ちなみに、ひとつの壷の天という不思議な名前は、中国の故事物語からきているそうで、壺の中の別世界のこと。そこでお酒や肴をふるまわれたというエピソードから、「別世界」を表すのと同時に、「お酒を飲んで世俗を忘れる」という意味もあるそうです。そういわれると、巾着が壺に見えてきます。壺の中で歓待されるなんて、なんとも楽しい話ですよね。そんな壺があったら、入ってみたいですか? ぶひひ。

もっと栗入り和菓子⇒まったり栗入り和菓子市場
posted by まりたま&ゆかたま at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

その後の獅子柚子 (綿入り獅子柚子ママレード)


獅子柚子ジャム2一昨日の記事に書いた、綿がやたらみっしり詰まった獅子柚子で、母がこんなジャムを作ってくれました。私は綿を取り除いて柚子ピールにでもと思っていたのですが……。獅子柚子をジャムを作ってくださったM子さんにならって、皮といっしょにすべて砂糖とはちみつで煮つめてみたところ大成功したもよう。
調べてみると、ザボンなどは綿だけを砂糖煮にして食べている方がいるのを発見。たっぷりの綿はおいしくいただけるんですね。柑橘類の綿は栄養があると聞いたことがあるので、なおけっこう。というわけで、おいし〜獅子柚子ママレードの出来上がり。ぶ、ぶらぼ〜♪
オレンジで作るより酸味や甘みがややあっさりしていますが、大人のママレード、というか和風ママレード? そんな感じで非常に美味です。ネットで私が見た限り、この綿を取り除いてジャムにするレシピも多く見かけたのですが、獅子柚子とめぐりあうことがありましたら、ぜひぜひこのたっぷり詰まった綿を皮といっしょに煮ることをお勧めしまっす。

もっとママレード⇒とろ〜りママレード市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

生まれ変わった鏡餅 (簡単サクサク揚げ餅)


揚げ餅お正月の鏡餅、どうされましたか? うちでは母が、揚げ餅を作ってくれました。いつもはあまりにカチカチなので、庭のスズメさんたちに食べてもらっていたのですが、今年は吉祥寺の虎屋で買ったお鏡で、お店の人が「うちのお鏡はすごくおいしから絶対に食べてください」と言われ、半分を善哉に入れ、もう半分を揚げ餅にすることにしました。
乾燥してひび割れたお餅を、さらにばらばらに崩れてくるまで待って、オリーブオイルでぷーと膨らむまで揚げ、岩塩をぱらぱらふりかけるだけ。少しだったのに、ふえるわかめちゃんみたいにぶわ〜と増えて、おいしい揚げ餅あられがぼわんとできてしまいました。
ものすごく単純で簡単なおやつなのですが、これがびっくりするほどおいしさだったのでした。こうばしい香りと、さくさくっとした食感、そしてお餅の甘みと塩味がたまらなく美味で、油っこくなくさらり軽く、ひとつ食べたら止まらなくなってしまいました。塩ってこんなにおいしかったっけ? と思いたくなるほど、塩味があとを引いてずっと食べていたくなる、そんな和風スナックでございます。
できたての揚げ餅にお醤油をたらして、醤油風味にする方もあるようで、こんどはそれもやってみようと思います。めちゃくちゃ香ばしそうですよね。乾燥しちゃったお餅をお持ちの方(久々のダジャレ)、ぜひぜひお試しあれ。青海苔やお砂糖を振ったりするのもおいしそうでうすよね。ぶひ〜。

もっとあられ⇒サクサクあられ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

デコボコぱふぱふな果実 (獅子柚子ジャム)


獅子柚子この柑橘さん、なんだかミスドのポン・デ・ライオンに似てません? ライオンみたいだから獅子柚子っていうのかな? それともたまたまこれがこんな風貌?(笑)。私の好きな、ぶさかわいい系のお顔であります。
名前は柚子ですが、どうやら文旦(ブンタン)の仲間だそうです。だったら獅子文旦にすれば……なんて言いっこなし。獅子柚子のがかわいいのでオッケー。
それにしても、獅子柚子、白い綿の部分が多い。あまりにも多すぎる……。果肉と果汁がこんなに少ない柑橘類は初めてみますた。こんなに大きいのに……なにゆえに? と問いかけたくなってしまいます。だもんで、皮をジャムなどにするんだそうです。
というわけで、獅子柚子をおすそ分けくださったお隣さまが、ジャムにして持ってきてくださりました。なんてきれいなジャム! 酸味よりほろ苦さが感じられるママレードなのですが、これがなんとも上品で大人な味でおいしいのです。綿が多くてかなり苦労されたみたいで、ほんとにありがたい手作りジャムです。
寒い冬に、ことこととジャムを煮る。なんて、素敵な時間の使い方なんでしょう。トーストにのせながら、ほのぼのを幸せな気分になりました。M子さん、和みのひとときをありがとうございました。うちでは皮で砂糖煮の獅子柚子ピールを作ろうかと思いまふ。

もっとジャム⇒とろ〜りジャム市場


posted by まりたま&ゆかたま at 23:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

チョコあそび (明治チョコレート色々)


チョコあそび寒い季節にはチョコがお似合い、一番美味しい季節でもあるよね。そんなチョコで遊んでみたよ。Meijiのチョコレートを見ていたら、遊びたくなっちゃって。小さい頃は「食べ物をおもちゃにしてはいけません」とかって言われたような記憶がなきにしもあらず…(笑)。Meijiは明治でも、プチシリーズ。こんなのあるんだね〜。アポロチョコ・チョコベビー・コーヒービート・マーブルチョコレートのミルクとイチゴ、計5箱がセットになっている。ミニサイズだから、通常サイズと並べたら大きさの比較ができたんだけど、まぁまぁ皆様ご存知な大きさなので、判断してくださいね〜。おほほ。
チョコベビーの側面を見ると、ニコちゃんマークの顔や星型が入っているのだね。小学校の遠足といえば、よくコーヒービートを持って行っていた気がする。小さい頃から明治チョコは大好きだったんだなぁ…とふふふと記憶がよみがえったよ。そんなプチチョコと、フェリシモのスマイリーチョコで顔を作り遊んでみた。どう? 可愛いでひょ? 皆さんも、童心に戻ってみて遊んでみよう〜♪ けっこう楽しいよ、うふふのふぅ〜。

もっとチョコレート⇒とろけるチョコレート市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:14| Comment(12) | TrackBack(0) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

プチ好き (ブルボンのプチシリーズ・プチきなこウェハース)


プチきなこウェハース寒い場所での労働は甘いものがかかせない。糖分を採らないと動けない。体が凍ってしまいそうなくらい寒い。「寒いんだよぉ〜!」と思わず叫んでしまった、わはは。
本日のおやつにHちゃんが持ってきてくれた、ブルボンのプチシリーズ。このプチシリーズいっぱい出ているけれど、どれも美味しいよね。このプチきなこは、最近のヒットかな。黄な粉好きにはぜひとも食べていただきたい♪ 1袋開けたら、数秒でなくなっちゃったもんね(笑)。
ウェハース全体にまんべんなく黄な粉がまぶしてあるんだけど、ウェハースに黄な粉があうなんて思いもよらなかったよ。今回は珈琲で頂いたけれど、これね日本茶で食べたらもっと美味しい気がするよ。さくさく、むぅふ〜美味しい口もお腹も大満足な美味しさでござりました。みんな、プチきのこ…んにゃ、プチきなこ食べてみてね〜。

もっとウェハース⇒さくさくウェハース市場

posted by まりたま&ゆかたま at 19:27| Comment(8) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

永遠クッキー (まりたまのクッキー工場)


まりたまクッキードキドキドキ…久しぶりにというか、○○年ぶりにクッキーを焼いてみたよ。「チャーリーのチョコレート工場」を観たら、なんだかめったにお菓子作りなんぞしないんだけど、作りたくなってしまった。
合羽橋の浅井商店買ったクッキー型も使いたかったし♪ 結局違う型で焼いちゃったけどね(笑)。それがさ、それがさ、それが、大変だったのよぉ〜。めったにしないから、要領がわからんちんでモタモタモタ。モタモタなのに、プレーン生地とココア生地を、あわわあわわと、ゆかたまに手伝ってもらいながらなんとか作った。
クッキーやケーキって作らないから知らなかったけど、こんなにバターやお砂糖を入れるんかい? 豚もとだ! ってびっくりしたよ。売っているのは相当入っているね。ぶひ。やはり、こういう衝撃があるから、お菓子作りはプロにまかしたい。私は食べる専門でいいやぁ〜って思ってしまった。
でも、伸ばして型抜き抜きは大好き、この工程だけしたいくらい大好き(笑)。でね、蝙蝠型やハート型、バナナ形や花型…ぬきぬきぬき。うへへへへ。怪しい人になりながら、型抜きをしてみた。ありり? 花が花ぢゃない形に…、あれ? こんなに分厚くていいのか…? あれれ? ありり? といいながらも、なんとか焼けた。
出来上がったクッキーは、分厚いのやら薄いの、厚みもバラバラ、表面もなんだかデコボコしてて変だ。おりょ? 失敗かえ? ちょっとバターを控えめに…、ちょっとお砂糖控えめに…、と少しずつ控えめに作ったら甘み控えめのクッキーになっちった。でも味はいいよ。クッキーというより玉子ボーロみたいに素朴な味になったけど(笑)。仕事場おやつにって思ったんだけど、ちょっと想像していたのと違ったので、また挑戦してうまくできたら持って行こう。

可愛いクッキーを焼きたい⇒わくわくクッキー型市場
クッキーは買って食べたい⇒さくさくクッキー市場


posted by まりたま&ゆかたま at 17:55| Comment(22) | TrackBack(0) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする