2006年08月31日

ホカホカおっぱい餡饅


華正楼あんまん高島屋でランチをすませたワタクシは、ひとり悪魔の地下へと降りて行く。あぁ〜右も左も目に毒ばかり…、あっ! うっ! たまらん、ぱたり。
色とりどりの美味しい物がずらららら〜と並ぶ高島屋の地下はとてもとても危ない悪魔が囁く場所なのだ。うううぅぅ…フラフラ…、おぉぉぉ…ふらふら…、むっほぉぉぉ…フラフラ…。時々ガラスに張り付くように見つめたり…おぅおぅおぅ、なんて美しい方達がおいでなのでしょうか…。ははぁぁ…、ごくり。いかんよいかん、このあとFさんと会うので、生ものは買ってはいけない。
ふらふらあっちこっち見ながらも、悪魔の甘い囁きにめげず通りすぎたんだけど、ちっこいバナナ に負けて買っちゃったんだよね。がはは。んで、ままたまに頼まれていた“華正楼 ”の餡饅(367円)を買いに行ったのさ。
以前はもちっと大きくて、もちっと高かった記憶があったんだけど、こんなもんだっけ? 久しくお会いしていなかったので、縮んで見えたのかな? と思っていたら、蒸かしたところ…もほっ!デカイ!こんなにでっかかったっけ? お皿に並べると、うひゃひゃ、ふくよかな“おっぱい”に。ふっかふっかの色白おっぱいですな。うひょひょ。
ぱっくり割ってみると、胡麻風味のまったりした重めの漉し餡が中にぎゅむぅ〜と入っていた。しっかりとした密度の濃い生地で、餡子に負けず美味しいカワで夏だけどほっかほっかで美味しかった。華正楼は餡饅と肉饅のほか、シウマイ もでっかくて美味しいんだよ。お弁当に入れると最高♪

もっと中華まん⇒ほっかほか中華まん市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 中華まん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

キャラメルメル


ティーロードキャラメル“茶語”で食事をしたあと、さぁ銭っこ払いに行かねば…とレジへ。すると…ん? この美味しそうなモノはなんぢゃらほい? お味見が出来るとな? こりゃ食べてみにゃ〜いかんぞ、とパクリ…。 「んんんんん〜〜〜みゃいっ! 美味しい! 美味しすぎだ〜」ぶひぶひぶひぶぅ。あまりの美味しさに「もぅ1個貰っていいですか?」と2個目をパクリ…、くぅたまらん。もちろん即買い(笑)。
お店の前で売っている“ティーロードキャラメル”、見た目は板チョコみたいなんだけどキャラメル 。キャラメルなんだけど、違うもの。違うんだけどキャラメル 、そんなお菓子見つけちゃったよ。
これは、キャラメル好きにはたまらん一品であること間違いなし! 味は練乳と牛乳とキャラメル〜って感じでかなり濃厚、それでいて、すんごく極甘なんだけどあと引く美味しさ。一袋315円でお求め安さが危険だね(笑)。あけたら最後…だもん(笑)。香りも袋を開けたとたん、超キャラメル臭。クラクラクラ。キャラメルや飴類とは違う食感で、黒糖が口の中でホロホロと崩れとけ広がる感じ。お砂糖ショリショリって食感なのであっというまに、脳みそ大満足♪ 中国茶でも珈琲でも紅茶でも、美味しいよコレ最高だよコレ。
あぁ〜もっと買ってくれば良かったと後悔したけれど、あまりの美味しさに食べ続けると“ぶとっちょさん”になること間違いないので、これは行った時たんびに買ってくるのがいいかもしれませぬ。

もっとキャラメル⇒もぐもぐキャラメル市場
posted by まりたま&ゆかたま at 16:43| Comment(16) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

一人時間


茶語毎年恒例のハンズメッセ(新宿)へ行ってきた〜。前日に欲しいものをチェックして、忘れないようにメモメモ。3日目に行ったので初日ほどの混雑はなく、殆んどのモノはゲトしてきた。色々買って重くなったので、配送してもらう。都内だと315円で送ってもらえるのだ。他をウロウロとしたかったので、お願いして手ぶらで楽々〜。そぅそぅ、まずは空腹なお腹にご飯を食べさせてやらなくっちゃ。
1度入ってみたかった高島屋6階にある「茶語(ちゃゆぅ)」、ホンコンのアラン・チャンがプロデュースした日本唯一のティールーム。中国茶(緑茶・黒茶・青茶・黄茶・白茶・花茶)を中心に紅茶・ハーブティ・フルーツティ、など世界各地で厳選された70種類のお茶を取り寄せているのだそう。11時半頃に店内に入ったのでチラホラ席はあいていた。一人でも入りやすい店内。周りを見回すと一人で入っている人も多い。
メニューが運ばれてきて、ふむふむ。色んなセットものがあり、どれもあっさり系で美味しそう。ハンズメッセで歩き回ってお腹がすいていたので、ご飯とセットのメニューを選んだ。地鶏と銀杏のおこわ・中国茶葉入り麺・花巻1個(マーボーナス味噌付)、胡瓜のピリカラ漬物とカップの本日お茶がついて1575円。アツアツの蒸し器に入れられたおこわは、塩味がついているのでご飯だけでもパクパク食べてしまえるくらい、銀杏がたっぷり入っていて美味しかった。
あっさりとしたスープ、細くて丁度いい固さの麺と葱のみのラーメンだけれど、ダシがきいていて美味しい。この麺ちょっと日本のラーメンと全然違うけれど、いったい何の麺だろう。聞けばよかったなぁ〜。
花巻 にマーボーナスをつけて頂くとピリカラしていて、他の麺やご飯と違った味わいでバランスがいい。食事にたっぷりのお茶がついてくるのが、スッゴク嬉しい。カップだけれど大きな蓋つきマグで、ポットがついてくるので2〜3煎はいただけるようになっている。お茶はさすがお茶やさんだけあって、香りよく美味しい。本日のお茶は「白鶏冠(はくけいかん)」というお茶。花の香りのする老神茶みたいなお茶で、口がさっぱりとする。食事がすんだあともゆっくりとした時間を過ごせるのが、嬉しいサービスだね。
ここは、食事だけでなくお茶もできるのが気に入った。デザートもあり、マンゴープリンや杏仁豆腐なんかも美味しそうだったな。お茶とCakeのセットもあったよ。お茶がすごく美味しかったので、また行きたいな。

もっと中華点心⇒あつあつ中華点心市場
もっと中国茶⇒さっぱり中国茶市場
posted by まりたま&ゆかたま at 16:08| Comment(6) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

夏の餡づくし


仙太郎まんじゅういつも東横線を降りる時は、後方の出口から出て東横のれん街を通り抜けるのが大好き。だって、美味しそうなお店がいっぱいなんだもの。誘惑も多く、負けないぞぉ〜と思っていても、どこかしら引っかかって負けてしまう。
今回もまた負けてしまった。仙太郎 の店先で足が止まる…「美味しそうだぁ…買っちゃおうかな…」ってキョロキョロするとこれも美味しそうだって(笑)。今回は、 “夏茶”と“くず桜”と“大玄米”の3種類。
“夏茶”は、頭のてっぺんにお茶っ葉がふりかけてあり、まるで顔色の悪いたこ焼きみたい(笑)。お茶のカワにずっしりめの餡子が入っていて、切ると…ん?真ん中にキラリとしたものが入ってる〜? あぁ〜寒天だ、面白いねぇ。餡子の甘みをおさえるかんじで、上品に入っている。私は粒餡が苦手なので、ままたまのを一口貰って食べた。この夏茶に限り、渋谷東横のれん街限定品だよ。だからかどうかは分からないけれど、かなりの売れ行きでまとめて12個買っていく人もいた。
“くず桜”は、塩漬けした柔らかな桜の葉っぱで包まれていて、ぷるぷるとした美味しい葛で漉し餡を包み込んである。この桜の葉っぱの塩加減がいい塩梅で、葉っぱごとパクリ。むほぉ〜漉し餡がとってもなめらか♪ やっぱり漉し餡最高だねぇ〜。桜の葉っぱの香りっていいね、道明寺が食べたくなっちゃった。
あと1個は、初めて見るお菓子“大玄米”。玄米粉を使って、もっちょりとした弾力のあるカワで漉し餡を包んだお菓子。まるっこい可愛い葉っぱは“サンキライ”、時々柏餅がこの葉っぱでくるまれていることがあって、柏の葉っぱをわざわざ切ってこの形にしているのかと思ったこともあったな(笑)。
玄米粉のお餅は香ばしくなかなか美味、葉っぱの香りがお餅について、くせになる和菓子だった。仙太郎の和菓子は、定番以外にも行くたびに違う和菓子色々並んでいるのがいいね。今度はどんな和菓子に出会えるかな?

もっと水まんじゅう⇒ぷるるん水まんじゅう市場
もっと餡まんじゅう⇒ほっこり餡まんじゅう市場
posted by まりたま&ゆかたま at 20:58| Comment(11) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

無花果アイス


無花果アイス和歌山産の無花果を頂いた〜ぱふぱふぱふぅ〜♪ 今年お初の無花果だぁ♪ うへへへへ。
そぅそぅこの間キッチン用品の100均でデザートカップをゲトしてきたので、あれに盛ろう。100均だけど、かなりいいキッチン用品が売っているお店が丸井の裏あたりにある。お皿とかもやっぱり100円なので重いけれど、可愛いのがそろっている。ガラス製品も可愛い。
だいたいデザートカップっていうと安いので400〜600円くらいするから、これは絶対お買い得。そだっまだハーゲンダッツ のバニラが残ってた〜。アイスはすぐ溶けてしまうので、無花果の準備万端状態で冷凍庫から出してこなくてはいけない。実が完熟しているので、皮がつるるんっと綺麗にむける〜、うはっ楽しいくらいにむける。さてさて綺麗にカットして、アイスの上に盛る。無花果の断面って綺麗だね〜。
では、アイスが溶けてしまわないうちに食べるぞ〜。あぁ…甘い、無花果のこのツブツブがたまらない。ちべたいアイスに無花果、美味しいなぁ。まぜまぜして食べるとこれまた美味しい。そういえば、無花果アイスって売ってないね。このプチプチが美味しいのに〜、どなたか無花果アイス作ってけろ〜。

もっと無花果⇒あま〜い無花果市場
もっとフルーツアイス⇒爽やかフルーツアイス市場
posted by まりたま&ゆかたま at 17:45| Comment(12) | TrackBack(2) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

超期間限定ぷちばなな


プティバナナ新宿高島屋の地下は、目に毒な美味しい物の宝庫。財布の紐が緩みっぱなし…「あぁ、あれも美味しそうだ」「あぁ、これも食べたいな」っと危ない危ない…。
華正楼の○○買っちゃったヨォ〜それも4個も。あっちへフラフラ…こっちへフラフラしていると、ん? これは銀座のプティカスタ にそっくりな、プティバナナ(15個で472円)だ〜。バナナの形の焼き方が、可愛いこと♪ 百貨店ぢゃなかったら写真撮らせてもらったのにな。
帰ってきたら、ん? レシートにも袋にもお店の名前が書かれていない…。むむぅ…さっそく電話をして確認。んぇ? なんですとぉ〜? お店の名前がない…、さいよう物産という会社が期間限定で販売しているお菓子だそうで、来週の火曜日8月29日まで限定で販売するそうな。
店舗がないそうなので、食べてみたいわって方は、新宿高島屋へGOGO! 今しか買えないですのよ、おほほ。このバナナン達のお名前は、「フルーティバナナ」。とにかく形が可愛い、しっかり1房味見させてもらって買っちゃいました。味は、ズンダ・粒餡・チョコレート・バナナ・カスタード・プレーンの6種類。15個中ずんだ4房・粒餡3房・バナナ4房・カスタード3房・チョコ1房をゲト。
さてさて、家に帰って珈琲とともに頂きましたよ。どれどれぇ〜、いがいにも小豆やずんだよりもクリーム系が美味しかった〜。 カステラはホットケーキみたいで、クリームはとてもとても滑らかで舌触りのいいこと。だいたいこういう小さなカステラは、クリームがイマイチなのが多いんだけど、ここのはクリームが美味しい。チョコなんてって思っていたんだけどチョコレートクリームが一番美味しかった…(涙)。1個しか買わなかったのにね〜、が〜〜ん。バナナクリームもカスタードクリームも美味しかったよ〜。小豆とずんだはツブツブしていて美味だったけれど、私には少し餡が甘すぎた。
ホットケーキパンケーキ に続いて、こういうお菓子はたまらんねぇ。

もっと洋風カステラ⇒ふわふわ洋風カステラ市場
もっとバナナのおやつ⇒ばななんバナナスイーツ市場

posted by まりたま&ゆかたま at 20:49| Comment(8) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

含有量7%


ラ・フランス・ゴーフル果物の女王と呼ばれている“ラ・フランス”。山形のお土産にラ・フランスのゴーフルを頂いた。
包み紙には、ラ・フランスが2個描かれている。みずみずしさを表して滴がついているのだけど、どうも…うふふふ、「食べるの?食べられちゃうの?」とあせあせしているように見えるのが可笑しい(笑)。
かなりの売れ筋商品で、山形産のラ・フランス含有量は、全重量の7%だとか。この1箱12枚の中から7%を感じ取るのは難しいけれど、やってみようぢゃないっすか(笑)。袋を開けると、ほぉ! サックリしたゴーフルで美味しそう。パキッと割ってみると、中にはほんのりみどり色のクリームがサンドされている。クンクンクン…、むぅふ〜「ラ・フランスの香りがする〜〜〜〜っ? する〜〜〜?するかも…」、カシッと食べてみる。むむむぅ、この女王様のゴーフル香ばしくて美味しい♪ ラ・フランス風味っぽくはあるけれど、なかなか美味しいゴーフルちゃん。
ゴーフルっていうと、あのまぁるい茶色い缶に入った風月堂のゴーフル を思い出す。あれも、美味しかったなぁ。チョコレート味と苺味が好きだった。やっぱりゴーフルは美味しいねぇ。

もっとゴーフル⇒カラフルゴーフル市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:49| Comment(4) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

浜薔薇チョコ


浜薔薇チョコつぃつぃ暑いのにヒンヤリと冷やしたチョコを食べてしまう。“はまなす”の形をした紅茶風味の生チョコレート 六花亭のお菓子も色々あるけれど、パッケージのイラストと同じ、可愛いはまなすの形をしたチョコが入っている。チョコレートの名前は「かの」、石川啄木の歌「潮かをる、北の浜辺の砂山の、かの浜薔薇よ、今年も咲けるや」からとり、名前をつけたのだそうだ。“はまなす”って浜の薔薇って書くんだね、初めて知ったよ。
紅茶風味で、チョコレートというより、バターに生クリームをまぜまぜして固めたような舌触りと食感のチョコレート。手に持っていると、手の暖かさでトロリととろけてくる暑さに弱いチョコレート。二口三口で、ぱくぱくっとたべてしまうのが、いいみたい。
六花亭のチョコレートは、独特の風味があって他のチョコとは違って、特徴のあるチョコレートだよね。やっぱり、北海道といえば六花亭だから、さすがって感じかな。私の夢は、六花亭の本店へ行くこと♪なんだけど、今月の30日から9月5日まで、新宿伊勢丹にて北海道展があるらしく、いままで殆んどこっちに来ることのなかった単品お菓子が色々くるようで、今からワクワクしているのですよ。もしかしたら、仕事の帰り行っちゃうかも〜。うへへへへへ。

もっと生チョコレート⇒とろける生チョコレート市場



posted by まりたま&ゆかたま at 20:41| Comment(6) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

まりたま特製冷やし中華


冷やし中華やっぱり夏は、ひんやり系の麺類が美味しい〜♪ 冷やし中華は、絶対ここの麺ぢゃなきゃだめさ〜、とお気に入りの麺屋さんがある。お店でも買えるんだけど、ちょっと駅から歩くとあるので配送してもらう。冷やし中華麺は2人前入って220円。この麺のコシと味が最高なんだな〜。
中野にある“大成食品”の冷やし中華麺。他にも東京ラーメン“荻窪ラーメン”“浅草雷門ラーメン”“歌舞伎町ラーメン”などがあるけれど、この普通の冷やし中華の麺が最高なのだ。工場より直送してくれるので、麺が新鮮! 美味しいうちに召し上がれ〜って感じで二重丸。この美味しい麺を使って、具材を色々のせてみた。今回は、特製だよ〜。具は、自家栽培キュウリ・トマト・蒸しナス・もやし・ワカメ・オクラ・京水菜・金糸卵・自家製紅生姜・白胡麻。緑に黄色、赤に紅・紫…う〜〜ん美しか〜♪ ほれぼれ。※写真をクリックして確認してくらさいね。
麺をゆでて氷で冷やし、お皿に盛る。具を好きなだけ盛り盛り、セットで入っているタレと胡麻・青海苔をふりかけ「いただきま〜〜〜す♪」、コシが強くてこのタレがまたうみゃい。それにたっぷりの具、いいねぇ、やっぱり冷やし中華は大成食品だねぇ。あぁ〜美味しかった♪
HP もあるけれど、冷やし中華は載ってないの。業務用だけど、小売もしてくれるし、ちゃんと電話で注文できるから、安心して注文しませう。色んなラーメン好きなだけお好みで詰め合わせもしてくれるので、相談しましょ。もぅ、なくなっちゃったから、夏が終わる前にゲトしておかなくちゃ。なんせ、夏限定の麺だからね。美味しいよぉ。へっへっへ。

もっと冷やし中華⇒つるんこ冷やし中華市場

posted by まりたま&ゆかたま at 19:37| Comment(21) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

ころすけチョコ


フェレロ・ロシェ チョッコレート♪ チョッコレート♪ チョコレートは○イジ〜♪、チョコ は秋から冬にかけてが一番美味しいと言われているけれど、やっぱり夏に頂くチョコも美味しい。すぐ溶けてしまうので、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておくのがベスト。
金色の包みをあけると…コロロンっと転がる、イタリアの“FERRERO ROCHER(フェレロ・ロシェ)”、軽くて美味しい。中心にはニンニクみたいな形をしたヘーゼルナッツがまるごと入っていて、そのまわりにはチョコレートクリーム、ウェハース、チョコレートの順にコーティング。一番外側のチョコレートには荒く刻んだヘーゼルナッツがブツブツと入っているのだ。カシッと噛むと中にガリリっとナッツが砕ける。いや〜美味しい♪ 止まらない♪
最近ではスーパーとかでもよく見かけるけれど、○年か前までは日本に入ってきてなかったので、ヨーロッパのお土産っていうと、これを頂いていたなぁ〜と懐かしくなってしまった。まだ食べたことがないのだけれど、フェレロ・ラファエロ が食べてみたい。これは、中心がまるごとアーモンド、周りにはホワイトチョコにココナッツが。アーモンドとウェハースの間にはココナッツクリームが入っているのだそう。聞いただけでじゅるるん。どなたか、お召し上がりになられたことある方いらっしゃるかしら?

もっとナッツチョコ⇒ナッツチョコレート市場
フェレロ・ロシェが買えるお店⇒ありがとうナッツのお店
フェレロ・ラファエロが買えるお店⇒ベルギービールJAPAN

posted by まりたま&ゆかたま at 18:17| Comment(18) | TrackBack(1) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする