2006年07月31日

まんまる“まるとうふ”


まる豆腐箱を開けたとたん、懐かしいものが目に飛び込んできた。あったまごアイス〜? よく見ると豆腐 だった。その名も“まるとうふ”、あの半透明のゴム風船の中にきゅっと詰まった豆腐。これを見ると思い出す、デパートの地下でクルクル回る機械にぎっしりと色んなお菓子が並んでいたのを。なんでも計り売りで、そのなかに重量的にもずっしり重いゴム風船の中に入った羊羹を思い出す。なんだか懐かしいなぁ。むふぅ。でも、これあのたまごアイスにそっくりだよ。まだ井村屋とかから出ている みたい。これは豆腐だけれど、容器に3個づつ並んで入っているのが、なんとも可愛らしくて、ちゅうしたくなっちゃう。うへへ。
御尻の方を豆腐とセットになっている楊枝でつんっとつくのだけれど、弾け具合が良く分からず、「失敗するとぐっちょりになる」と聞いていたので、ドキドキ。勇気を出して、ぶす〜〜〜〜っ…ぶちんっ「はうっ!」、結構弾力のあるゴムだわい。
ドキドキしちゃったよ。無事、器の中につるるるんとすべりこむ。うわ〜まるでゆで卵だ〜。平たいお皿だとつるるんつるるんと落ちつかない、かっぽりとした器に入れ葱をちらす。ちょこっと山葵をのせていただけば、ほのかな豆の甘みが最高。いやぁ〜可愛らしくて美味しい豆腐、ひんやりデザートもいいけれど、夏にはやっぱり冷奴だよね。
材料も厳選されていて、北海道産大豆100%・札幌手稲山伏の流水・伊豆大島産の天然にがりを使い昔からの製法で作っているので、添加物・化合物は一切不使用なんだって!すごいねぇ。豆腐は豆も大事だけど、水だよね、水。美味しい水もなくっちゃね。豆乳は、普通売られている豆乳と比べると、色も口あたりもスゴイ濃厚。殆んど絹ごし豆腐汁どろりろって感じの重さで美味。うほっ! ホットケーキ を作るときにも驚いたけれど、ほんっとこいつぁほんまもんぢゃ〜! “濃厚ぼったり豆乳”と名づけよう。これって、にがりがあれば、豆腐も作れる美味しい豆乳なのだって。無調整の豆乳大好きなので、嬉しいでつ。夏のひんやり贈り物、北の涼国“北のくいしんぼう・てぃさん”から頂いちゃった。あじがとう、ご馳走さまでつ〜。

もっと豆腐&豆乳⇒ヘルシー豆腐&豆乳市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:28| Comment(11) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

身体に美味しい古代パン


アルルの健康パンずっとずっとず〜〜〜と昔の人も食べていた、粗忽で身体にいい素材で作った古代パン。個性あふれるパンをHちゃん にもらった。その名も“縄文焼き”“疲労回復パン”“オマメパン”。名前もなかなかでしょう〜? お店は巣鴨の「アルル」、HP を見るとどれもこれも食べたくなってしまう。とにかく素材がいいのだ。
ゆかたまお気に入りの“縄文焼き(写真2)”は、縄文食と言われる「どんぐり・栃の実・粟・栗・ヒエ・きび・大豆・全粒粉・りんご果汁・生イースト」を材料とし、素焼きの鉢で蒸し焼きにされたパン。遠赤外線効果でパンの芯まで美味しくふっくらと焼きあがるのだそう。今時の材料である砂糖・油脂・卵・乳製品は一切使っていないので、とてもとても素朴な素材の味わいを感じることができるパンなのです。形がうんにょりしていて、うふふ、いいよね。
まりたまお気に入りの“疲労回復パン(写真3)”は、食パン20種あるなかのひとつで、薬膳ブレッド。天文冬(クサスギカズラの根を乾燥させたもので滋養強壮効果)・疲労回復剤として山薬(山芋)・大蒜(にんにく)・クコの実、その他無農薬の粉と全粒粉・卵・自然塩・梅干・蜂蜜・チーズ・イースト・菜種油が使われているパン。黄色くまるでカボチャパンのようだけど、香りも味も薬膳だけあってちょっと漢方薬臭い(笑)。ふんわりしながらも軽くないパン、トーストするとほのかに大蒜の香りがする。癖がありながらも、パクパク入ってしまう。なんだか食べると元気が出る気がする(笑)。
形の可愛い“オマメパン(写真4)”は、お豆ぱんって言うくらいだから、お豆がたっぷりと入ってと思っていたら、中はからっぽ。あり〜と思っていたら、生地に豆乳が使われているのだそうだ。見た目はメロンパンにそっくり、北海道小麦粉のスイートロール生地に長野産小麦粉・豆乳・卵でつくった生地をのせたパン。メロンパンのようだったので、メロンパンを想像して食べたら…おっとっと、おろ〜? すんごくすんごくすんご〜〜〜くアッサリしたパンだった(笑)。白砂糖ではなくて、三温糖を使っているせいか、とても優しい〜〜味。あるようでなかなかないパンなので、こういうパン屋さんが近くにあると毎日通っちゃうのにな〜。

もっと身体にやさしいパン⇒安心おいしい無添加の菓子パン市場
posted by まりたま&ゆかたま at 21:48| Comment(7) | TrackBack(1) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

ホットケーキ天国


高木シェフのホットケーキふっかふかの ホットケーキにバターをのせて、メープルシロップをたっぷりこぼれるほどかける、くぅ〜たまらんちん。ちょい前にホットケーキ を焼いたら、乾燥しちゃってがっちんこホットケーキもどきができちゃったので、リベンジリベンジ。ってことで、ゆかたまとホットケーキ三昧でつ〜。ぶひぶひぶひ〜。
あの“LE PATISSIER TAKAGI”のタカギシェフ が作った「ケーキのようなホットケーキミックス」を使って作ってみた。材料はふむふむ…卵2個? う〜〜ん、2個はカロリーが気になるお年頃なので(ウソ)1個にして作ってみる。北の食いしん坊てぃ様に頂いた豆太(近々ご紹介)の豆乳を牛乳代わりに入れてみた。うほ! いつも買っている豆乳と比べると色も濃く濃厚、どろりとまるで豆腐汁。混ぜ混ぜすると、かなりぼったりさん。卵が1個なのに、ふんわりほわっと焼きあがる。ほぇ〜、どどどどど、どしてこげなにふんわかと? と材料を見てみると粉末バターやら粉末チーズやら、美味しそうなものが色々と粉の中に入っているぢゃないっすか!タカギシェフやるなぁ〜。
ホットケーキですから〜、メープルシロップとバターをのせて食べてみる。むほはぁ〜! なんなん? このふっかりクッションのようなホットケーキは〜!? シロップをかけずとも、この美味さはなんなんぢゃ〜! だぢげでぇ〜美味すぎぢゃ〜♪ ぱたり…。
ホットケーキがふっかふっかなうえ、バターとシロップが生地にしみこみやすいので、すんごく美味しい♪ ホットケーキと言うよりも、こりゃケーキに近いわな。生クリームなんぞ挟んで、アイスをそえて、甘酸っぱいジャムなどのせたら…ぱたり。
もう一枚は、21世紀コーヒーから出ている“ザ・コーヒーパウダー”、焙煎したコーヒー豆をパウダー状にしたもので、ケーキやアイスクリームなんかに混ぜて食べたりするとうんみゃいってことで、入れてみた(写真4・5)。むひょひゃひょひ〜、へなへなへな…この香りたまらんちんよ。すっごいいい香り、あのコーヒー を思い出しちゃう。れまたコーヒーホットケーキで美味しい〜。一口食べるたびに、コーヒーの香りが口いっぱいに広がる…、あぁあぁ…たまりませんわ。と気がつくと大きなホットケーキを2枚づつも食べていた、あははははは〜。先日ゲトしたコーヒー に、簡単サラダを作って食べたけれど、もぅお腹が苦しい〜、今日はおやつはいりません(ホント)。

もっとホットケーキ⇒ふっくらホットケーキ市場
ホットケーキミックスでお菓子作り⇒ホットケーキミックス本市場
posted by まりたま&ゆかたま at 19:28| Comment(16) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

黒き瞳


珈琲の美鈴どこまでも、深海よりも、ず〜とず〜〜と深い地球の中心くらい深い黒。そんな瞳に見つめられたら…。Fさんちへ行った時、駅前をウロウロしていたら、この人たちに出逢った。
もともとは碧色なんだけれど、シャカシャカしていくうちに、どんどん黒くなっていくコーヒー豆さん。店内は豆の焙煎した香りが漂って、わたしゃクラクラしちまいましたよ。もちろん鼻は、ぶたっぱな、ぶご〜ぶご〜と香りを吸い込む。
店内には生豆が並び、その場で好きな豆を焙煎してくれる。試飲もさせてくれ、つい珈琲好きの私とFさんは頼んでしまった…。暑いんだけど、焙煎している様子を見るのは楽しい。碧色だったのが、ほんのり色づき、茶色くなり、どんどん黒くなってくる。私の大好きな黒光りつやつや豆だぁ〜♪
私はいつものように豆のままで、Fさんはエスプレッソ用に、ロイヤルフレンチブレンドをゲト。Fさんちでアイスケーキ をご馳走になるとき、この珈琲を入れてくれた。深い深い黒、香りもいい〜♪ ふんご〜。ほどよい苦味とコクで、このアイスケーキにあうこと。どちらも美味しい〜。コーヒー好きの方にはぜひお召し上がりになって欲しいですわ。
関東地区では買えるお店が限られているけれど、地方発送もしてくださるでつよ。そぅそぅお店はね、珈琲焙煎工房“函館・美鈴”だよぉ。店内価格は生豆価格なので、焙煎すると量が少し減るけれど、こちらのお店は量を買えば買うほど安くなるシステム。今回はお試しでゲトしたので200g(680円)、1キロ買えば2520円だからお得だよね。今度はキロ単位で買おうっと。
さっき入れて飲んでみたら、エスプレッソとはまた違うけれど、香りがよくて美味しかった〜。焙煎したてなので、袋に入れて部屋に置いてあるだけで、アロマ効果でつよ。皆様、鼻をぶたっぱなにして、画面をクンクンしてくださいな〜(笑)。

もっと珈琲豆⇒まめまめ珈琲市場
珈琲にアイスケーキ⇒ひんやりアイスケーキ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 15:40| Comment(7) | TrackBack(0) | ドリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

行列のできる“おむすびやさん”


おむすびいつも渋谷の乗り換えの時に、「何か美味しいものねぇか〜」となまはげっているまりたまでございますが、東急東横のれん街でいつも行列をなしている“おむすびやさん・重吉”がある。だいたい、10人くらいは並んでいて、美味しいのかなぁ〜と横目でチラリチラリと覗き見。お昼におかずはあるけれど、ご飯がなかったね〜ってことで、並んで買ってみた。
種類は、鮭・タラコ・おかか・南紅梅・お赤飯・高菜・五目・牛肉そぼろ・鶏そぼろ・葉唐辛子昆布・ツナマヨ・天むす・牡蠣フライ・ホタテ・ウニみそ・海老天サラダ・ちりめん山椒・葱みそ・納豆・塩など、約30種類が並ぶ。あぁ〜決断力のないわたし、「どれにしようかなぁ〜、どれがいいかなぁ〜」と決めかねる。でも順番は回ってくる〜あぁ〜。と決めたのは、牛肉そぼろと海老天サラダ、ままたまは高菜とちりめん山椒。おむすび専門店なので、お米は冷めても美味しく食べれるように山形置賜盆地産コシヒカリ、塩は長崎対馬の海水を釜炊きした焼き塩、海苔は有明産を使っているのだそう。重吉は「吉」が重なることから縁起のいいお店と言われているらしいから、こりゃ宝くじでも買うっぺかなぁ(笑)。
牛肉そぼろは、今半の牛肉佃煮みたいで味がしっかりとしてご飯にあって美味しかったし、海老天サラダは、甘エビくらいの海老を天ぷらにしてレタスで巻いたのを握ってある。海老天には下味がつけられているのでタレがついていなくても美味しい。サラダ風なので、レタスと海老天の間にはマヨネーズがついている。ままたまの食べたちりめん山椒は、一口食べたけれど、これもあっさりほんのり甘く煮たちりめんと山椒の実が入っていて、香り良く美味しかったな。高菜は食べなかったけれど、どれも美味しかった〜。いつも並んでいる理由がわかったよ。
ひとこと言わせて貰えるとしたら(笑)、もちっとご飯がかたい方が好き。調べて分かったことなんだけど、ここももとは京樽グループなんだって。京樽は色々な前をもっていて、テイクアウトショップでは15名前もあり、みさき寿司・関山・春夏秋冬・ほうらく亭なんかもそうらしい。知らなかった〜。ほえぇ〜。


ココロにおやつ愛用&推薦お米屋さん⇒お米プラザ新潟
おむすびに梅干⇒すっぱおいしい梅干市場
おむすびにちりめん山椒⇒美味ちりめん山椒市場

posted by まりたま&ゆかたま at 17:26| Comment(12) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

9つの宝珠 (舟和の『あんこ玉』)


舟和あんこ玉なんて艶々で美しい玉なんだろう。ともこさんのブログ で見て、これは絶対食べたい♪ と思い何度か足を運んだ。一度行った時、何を買うんだっけ? と思い出せず帰ってきた。京都で頭の神様の牛さん をなでなでしたのに、おかしいなぁ〜(笑)。
二度目に行った時は、ちゃんと頭に叩き込んで行ったので、ちゃんとゲトできた。あの美味しい芋羊羹 の店、「舟和」のあんこ玉。定番商品の小豆・抹茶・白いんげん・苺のほか、柚子・珈琲・巨峰・杏・紅茶の9種類。
箱を開けると…まず鼻に飛び込んできた香りは、巨峰。すごい葡萄臭(笑)、全て食べ終わった後も、巨砲の香りが容器の中で漂っていた。巨峰は、少し香りが強く巨峰キャンディみたいな感じ、苺は果実がツブツブ入り酸味がある。柚子は柚子の皮が入っていて、これはなかなか美味で柚子好きにはたまらない。いがいに美味しかったのが、珈琲と紅茶と杏。珈琲の香りも強く、まるで紅梅堂のコーヒー大福 の餡、私はかなり好きだな。紅茶も香りがよく、紅茶餡って初めてだったけど、これまた美味。杏は、一番目立つ真ん中に入っていて、箱を開けた時から自己主張が強いなぁと思っていたら、やはし美味しかった♪ 餡子がすっぱいってのも変だけど、酸味が強く杏ジャムのよう。小豆・白いんげん・抹茶は、定番商品だけあって間違いなく美味しい(笑)。※写真2はお菓子のしおりの写真でつ。
9種類食べて思ったのは、色んな味があって美味しさも見た目も楽しめるけれど、やはり一番美味しいのは小豆のあんこ玉だったってこと。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、六本木ヒルズのノースタワー地下一階にある“みつ豆ホール舟和 ”。行ってみたい〜♪
大正時代の「みつ豆ホール」を再現して大正ロマン漂う店内で、美味しそうなパフェ達が銀の器で頂けるそうなのですよ。あぁ〜行きたい、あぁ〜食べたい。どなたかご一緒にいかがすか〜(笑)?

もっとあんこ⇒まったりあんこ市場

【追加情報】
←お近くに舟和や芋ようかんお取り扱いデパートのない方は、楽天市場の通販で買えるお店がありましたなりよ! 送料がちょっと痛いけど、それでも食べたい! という方はぜひぜひ。 
posted by まりたま&ゆかたま at 02:57| Comment(20) | TrackBack(2) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

ぴちぴち桃尻娘


桃香り漂う箱が届いた。中には、9つのぴっちぴちに弾けそうなお尻が並んでいた。
うわ〜美味しそう♪ 表面には、もっそりとうぶ毛が生えている。でも頬ずりしてはいけない(ゆかたま経験者)。桃は産毛が命、つるつるしている桃は美味しくないのだそう。
ほわわぁんと甘い香りが広がる…、今年初めての桃だ〜。それも八百屋やスーパーで売っているのと大きさが全然違って、でかい! ずっしり重い! 山梨南アルプス市にある“I&I・Fruit Growers”という農園の桃。桃のほか、サクランボやスモモ・ぶどうなどをつくっているらしい。どれも、ぴちぴち綺麗なお肌のつるつるフルーツたち。さっそく、冷やして食べてみた。カワをむくと、じゅわわんとしみでるジュース。柔らかなので皮が手でむけちゃう、すごい桃。包丁で切ればジュースがさらにしたたる。中も綺麗な桃色で、そそられる美しさ。一口かじれば、これまた甘いジュースが口いっぱいに広がるのだ。
桃を食べきるとお皿には、桃100%ジュースが残る。もちろん、ジュースも一滴残らず頂きます、ごくりごくり。ぷは〜美味しい〜。うひょひょひょひょひょひょ〜。この桃は、木で完熟させてから収穫しているので、すんごく甘い! 去年も頂いたのですが、ほんとに美味しい桃でござぁした。

もっと桃⇒ぴちぴち桃市場

posted by まりたま&ゆかたま at 09:53| Comment(15) | TrackBack(0) | まりたま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

ぷるぷふな看板娘 (伊勢屋の『深川ちよこ』) 


深川ちよこ昨日Fさんから「美味しいCakeを取り寄せたから、食べにおいで〜」と連絡があり、今度はHちゃんとAちゃんと3人でフラフラと行って来た〜。その時に買ったのが、「深川ちよこ」さん。うっきぃさんのお仕事の「人買い」ではないよ。深川不動尊参道にある伊勢屋さんの看板娘「深川ちよこ」、チョコ餅ですな。冷凍してあって、ちょうど家に帰った頃が食べごろ。箱の中には、茶色い物体が6個。生チョコを、羽二重餅よりも柔らか〜な〜薄いお餅で巻き込んであり周りには、甘みのないチョコの粉末がかけられている。あんこを思わせるチョコで、ちょっと「まったりのったりぬったり」とした濃厚なチョコレート。
すご〜く柔らかで、口の中でトロケル。ちよこさんは女性だけど、「歯なんていらねぇよぉ、てやんでぇぃ」っと言われているような感じ(笑)。6個入りで580円、12個入りで1160円でお手軽で、すてきな娘っ子「深川ちよこ」を手に入れることができるわけ。
以前、るーさんがお召しあがりになっていて、これは食べてみたいなと思っていたら、Fさんちの近くにオープンしていて、行くたびに違うものをゲトしてくるのでつ。前回ゲトしたおっぱい饅頭も美味だったな。次回はどんな美味しい物に出会えるかしら? うひひ(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 20:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

袋の中の大人時間 (六花亭の『コーヒービーンズ』)


コーヒービーンズ袋を開けると、コロコロっと転がった茶色いもの。口の中にほうりこむと…カリコリカリ…ほぉ! ほろ苦〜♪ だけど美味しい。コーヒービーンズチョコが大好き。
メリーのビーンズチョコを食べたことがあるけれど、それよりももっと大人な味。特にこれ(六花亭)は、ほどよく焙煎した珈琲豆をミルクチョコレートでふんわりとコーティングしてあり、カリッと香ばしく豆のほろ苦さがたまらない、苦みばしった大人のチョコレート。
ちゃんとした珈琲豆なので、木の実を食べている感覚。豆の大きさはさまざまだけど、コロンコロンと可愛らしい。お砂糖の入っていない濃いめの珈琲といただけば、最高な時間を過ごせるはず。
チョコレートにも色々あって、牛蒡チョコ・苺チョコ・チョコレートケーキ・ホットチョコレート、チョコレートって美味しいねぇ、チョコレートはシアワセを呼ぶお菓子だと思うな(ま)
posted by まりたま&ゆかたま at 22:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 豆菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

お皿いっぱいのシアワセ


A子ちゃんのアップルパイ「ピンポ〜〜〜ン♪」とベルが鳴る。「へ〜い」と出てみると、ほわわんと甘い香りとともに近所のA子ちゃんがやってきた。手作りのアップルパイ を持ってきてくれた〜♪ うわ〜大きい♪ お皿からはみ出しそう〜。「出来たてなのでアツアツのうちに召し上がってくださいね」と言われ、すでに一度おやつをすませていたんだけど、「アツアツのうちに…」にノックアウト。ケーキの身体測定は、18p×12p×3cm。それを、まず半分にカット、それをさらに半分に。うちの家は「はやいもんがち家族」なので、ままたまと私は4分の1づつ食べてしまった。できたてなので、バターの香りもいいしまだ中がほっくほく♪ りんごの甘く煮たのがしっとりと中につまっていて、パイ生地もサクサク。ドライフルーツが全然駄目なので、中に干し葡萄が入っていないのが、嬉しかったよぉ〜。皆様は、アップルパイの中に干し葡萄「入り派」ですか? それとも「無し派」ですか〜?
A子ちゃん、すんごく美味しかったよ〜、ご馳走さまでした。このあとも、残りの半分をさらに4分の1にして食べた悪い奴ら、たまたま親子だった。そしてどんどん“ブヒブヒ星人・ブヒ化計画”が進んでいくんだな、きっと。ブヒブヒ。

もっとアップルパイ⇒さくさくアップルパイ市場
posted by まりたま&ゆかたま at 22:26| Comment(11) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする