2005年12月31日

2005年ココロにおやつ総決算


2005年おやつベスト5今年も無事、大晦日を迎えることができました。遊びに来てくださった皆さまへ、一年間の感謝をこめて、今年もまたココロにおやつ総決算をさせていただきます。各記事のアクセス数を計算するのが大変なので(算数が苦手)、今年もまたコメント数の多かったものでベスト5をご紹介したいと思います。

【コメント数ベスト5】
1位『風に吹かれて豆腐屋ジョニー』 
おやつブログなのに豆腐とはこれいかに。豆腐屋ジョニー強し、でございました。豆腐屋さんなのに、ここまで男くささを強調する必要がなぜあるのか不明なまま、何度か食べてしまいました。笑いのクオリティだけでなく、お味のほうもレベルの高い豆腐にひれふすのみであります。来年はおやつで一位を取りたいです。
2位『吉祥寺 小ざさの最中
これは嬉しい、地元も名物が2位に入りました。年末はもう故郷へ帰る方たちのお土産で売れまくっておりました。安くておいしい地元民自慢のおやつでございました。オオサワのガーナもよろぴく。
3位『やっぱり舟和の芋ようかん
吉祥寺ロンロンで簡単に買えるおやつシリーズ、ゆかたま大好物おやつでございます。さつまいもとお砂糖だけでできた世にもおいもな羊羹。ときどきなにがなんでも食べたくなる一品。基本的に東京近郊でしか売ってないらしく、こちらではどこでも売ってるイメージがあったので(思い込み)、全国的には知られていなかったのが意外でした。
4位『限定だんご
追分団子新宿本店でしか食べられないお団子でしたね。これ、おいしかったな〜。ほかで食べられないと思うとますますおいしかったりして……。と喜んでばかりもいられない事態が。吉祥寺ロンロンの追分団子が撤退してしまったのでした。いつでもそこにあると思って油断…いえ、安心しているとそういうことがあるんですね。しくしく。大好きなお店がこのような憂き目に遭わないためには、定期的に購入するよいお客さんでなくてはいけません。てことで、御座候はしょっちゅう買ってます。食べてます。ぶひ〜。
5位『オセロなケーキ?
まりたまの手作りおやつが入りました♪ ゼリーになぜそこまで凝る? と思った私と違い、B型のまりたまはアーティスト嗜好、作るならゲイジュツ的に楽しもうというタイプ。とってもユニークできれいで、味もおいしかったです。ちなみに私ゆかたまはAB型です。って、どうでもいいお話でした。来年は私はシフォンケーキにチャレンジする予定。今年は念願のコルネ作りが達成できたので(出来はともかく)、来年はこれですよ、これ。書いておけば、有言不実行な私も大丈夫。ふう。

じつはコメント数がいちばん多かったのは『ココロにおやつ1周年♪』のアップルパイの記事だったのですが、これは皆さまからのお祝いのメッセージをいただいた結果なので人気ランキングからは除外しました。その節は本当にたくさんの温かいお言葉をありがとうございました。自分の誕生日だってこんなにおめでとうって言ってもらいませんことよ。ほんとに嬉しかったです。
ついでに検索ワードのほうでもベスト5を。今年は去年と違って普通でした(笑)。

【検索ワードベスト5】
1位「甘食」、2位「ココロにおやつ」、3位「彩果の宝石」、4位「鳩サブレ」、5位「小ざさ」と、甘食が大健闘。そんなにどこででも売ってないので、食べたくて探す方が多いんでしょうか。大好きなおやつなので嬉しかったです。フルーツゼリーの彩果の宝石と鳩サブレの人気にもびっくりでした。
そして惜しくも時点に輝いた(?)のは、去年も大活躍だった「ちんちん」でした〜♪ うちが載せているのは『幻のちんちんカステラ』なのですが、この単語でうちに流れてこられる方がコンスタントにおられます。カステラか…と捨て置かず、一応覗いてみてくださってるのが嬉しいですね♪ 書き込まれたコメントを読み返すと、皆さまと私たちのこのカステラの形に対する興味津々具合が可笑しいです。
ちんちんカステラといえば、とうとう今年その正体がベビーカステラだと判明。たくさんの方から情報をいただきましたが、この12月にMOKさんが大阪で購入、はっきりとそうだと証明されました。ちんちんカステラ探検隊の皆さま、本当にご協力ありがとうございました。来年も引きつづき、このワードが元気に活躍してくれることを願ってやまない私たちでございます。

今年も一年、拙い写真や文章を見に来てくださり、温かく楽しいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。少しでも楽しんでいただけたなら幸いでございます。
来年もこんな調子でやってゆきますので、お気軽に遊びにいらしてくださいね。それでは、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。ココロにおやつより愛をこめて、皆さまにとって新しい一年がおいしいこと山盛りてんこ盛り、そして雪崩にように押し寄せる年になりますように! 合言葉は来年も「ぶひ」でございます♪ 
posted by まりたま&ゆかたま at 17:33| Comment(24) | TrackBack(1) | ココロにおやつ総決算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

とっておきのメロンパン


とっておきメロンパン「でかっ!」と、思わず手にとってまじまじと見てしまったメロンパン。袋には“生地のおいしさ・とっておき宣言メープルメロンパン(150円)”と書かれている。
ぱふんっと袋を開けると、パンにメロンの生地がだっぱりとのっかかっていて、はむっとむしると中の生地は黄色い、「あで?普通のメロンパン? どこがメープルなの?」と思いきや、およよあやや…すぎょいぞ♪ うわぁ〜、メロンパン生地の下半身全体にメープルシロップが滲みこんでいる。食べるとじわわわ〜〜んとしみ出てくる、クッキー生地としっとり生地とメープルシロップが最高♪
好みで好き嫌いは分かれると思いますが、けっこう甘めでブラック珈琲で頂けば、最高に美味しいです。でぼ…うれしはずかし1個636キロカロリー! どだ!? って感じ、ぷはは〜。一度に食べても分けて食べても同じなんだけど、つい2回に分けて食べてしまいました。
これは、ローソンで買った山崎パン(笑)でした。
posted by まりたま&ゆかたま at 22:04| Comment(18) | TrackBack(1) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

パイのおなか


りんごとサツマイモのシュガーバターソテー手作りのおやつを頂きました。りんごとサツマイモのシュガーバターソテー。
りんごは酸味があり甘みもばっちり、まるでアップルパイのパイ生地と甘くしっとりとしたりんごとの間のような美味しさ♪ わたしはアップルパイのここが大好き。
同じようにスライスしたサツマイモ、お砂糖の甘さとサツマイモじたいの甘さとがからみあって、パイの中みたい。この甘くとろりとしたりんごと、スィートポテトのようにほっこりとしたサツマイモが交互に並べてあり、ざっくりと2枚重ねで頂くのも美味しいし、それぞれを頂くのも美味しい。出来たてのほやほやの湯気がたつ中、シナモンをさらに上からかけるとアップルパイそのもの〜。
うみゃぁ〜い♪ ぱくぱくぱく…美味しい〜。ってあっというまにお腹へと消えてゆきました。すんごく美味しかった〜、ご馳走さまでした。手作りのおやつは、最高です。
posted by まりたま&ゆかたま at 18:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

チョコづくし


ゴディバチョコ&クッキー嬉しい嬉しい“ゴディバ”のチョコレートとクッキーセット♪ 頂きました。
チョコは、ローストアーモンドが入ったプラリネミルクチョコ“アーモンドミルク”・へ-ゼルナッツが贅沢にたっぷり入ったプラリネチョコ“ジャンドゥヤノア”・ハート型のプラリネ入りミルクチョコとホワイトチョコ“ハートミルク”“ホワイトハート”・クリーミーなヘーゼルナッツのプラリネチョコ“ジャンドゥヤ”・コニャック風味のビターチョコペーストが入った“エリゼ”と“コンテス”・コニャック風味のビターチョコの入ったミルクチョコレート“メダイヨン”でした。
吉祥寺にもゴディバはありますが、高級なので「アイスクリーム美味しそうだなぁ〜チョコ旨そうだな〜」と思いながらも、いつも通りすぎるだけ。
バレンタイン時期になると、試食用のチョコをパルコの前で配っているのですが、それを食べて満足しちゃったり。だって、あのゴディバのチョコをまるまる一粒試食なんですものぉ〜。皆様、バレンタインにはゴディバの前でうろつきましょう(笑)。
昔コマーシャルでありましたが「見てるだけ〜」です。そんな豪華セットなんですよ、うひゃひゃ。濃厚でチョコ率200%、コーヒーを飲む時に一粒…美味しいなぁ〜幸せだなぁ〜。あぁ〜最近チョコづくしだわ、うほほ。でも、年末は太る食材を食べる機会が多いので気をつけなければ、「ぶひ化」してしまいますので、皆様も気をつけませう。あの美味しいチョコがサンドされたクッキー、これもたまらんです。あぁ〜年末にかけて太りそうです〜ぶひ〜。
ところで、ゴディバのマークってよ〜く見ると、貴婦人が馬に乗っている姿が描かれておりますが、これが誰だか全く知りませんでした。ゴディバの栞によると『11世紀イギリス、レオフリック伯爵夫人レディ・ゴディバは、重税に苦しむ人々の姿をみかね、夫に税を軽くするように頼みましたが、伯爵は「お前が一糸もまとわない姿で町中を廻ることができるのなら」と答えたそうです。人々の為に一糸もまとわず白馬に乗り街を駆け廻りました。このレディ・ゴディバの勇気と優しさを讃え創設者のジョゼフ・ドラップスとその妻は自らのブランドに“ゴディバ”の名を冠したそうです。レディ・ゴディバの姿はシンボルとして今も受け継がれているのです』と書かれておりました。ゴディバのマークにこんな意味があったなんて、全然知りませんでしたね。
posted by まりたま&ゆかたま at 18:04| Comment(12) | TrackBack(1) | チョコレート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

100%チョココロネ


100%チョココロネ100%チョコレートカフェでワッフルを食べたので、お土産にチョココロネを3種買って帰りました。
中のチョコレートは、キャラメルホイップとアーモンドミルクと季節限定のマロンホイップ。季節限定のマロンは、思ったより栗の味がしなかったのがちょと残念。とっても軽くて、ホワイトチョコ好きな方にはたまらないかも。
アーモンドミルクとキャラメルホイップは、とってもチョコがビターで苦味ばしってます。キャラメルホイップチョコは、コロネよりもワッフルの方が相性いいかな?
しっかりしたビゴのパンには、ホイップ系のチョコは負けるので、ワッフルの軽くてさっくりした生地にぴったりです。どれも美味しいのですが、アーモンドチョコレートはオススメ♪ アーモンドの香りが強いうえクリームに重みがあるので、しっかりパンのコロネにあうのです。
そぅそぅ大事なクリームの量…、これに関しては今回もハズレ(笑)。6巻きのコロネの中には、入り口から3巻き目、多くて4巻き目までしか入ってなくて「く〜残念!」。しっぽの方は、穴がなくパンがぎっしり詰まっていました。
やっぱり合格コロネってなかなかないよね〜。せめてせめて、5巻きくらいまでチョコを注入してくださいな。お店のおねぃさん、宜しくお願いしますだよ。
posted by まりたま&ゆかたま at 16:26| Comment(16) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

100%チョコワッフル


100%チョコワッフル久々に京橋の明治製菓の本社にある“100%Chocolate Café”へ、北風突風の吹く中、暖まりに行ってまいりました。
前回行った時は、時間が遅かったせいもあり、かなり混んでいてチョコの種類も少なかったんです。今回は丁度おやつ時間3時、皆様がお仕事に励んでいらっしゃる時間帯だったので、すぐ座れたしチョコの種類も多かったのです。
サンドしたりコロネに入れるチョコは、「プレーンカカオ」「ホワイトキルシュ」「アーモンドミルク」「カシスチョコ」「キャラメルホイップ」そして期間限定の「マロンホイップ」の6種から選べるのです。
今回は前回食べれなかった、注文してから焼いてくれるワッフル“ワッフレート”にキャラメルホイップをサンドしてもらいました。コロネはお土産に、3種ゲト(こちらは、明日ご紹介いたしますね)。
でっかいマグに入ったホットショコラと本日のチョコレート(ホワイトチョコで柚子味)をふまふましながら、ワッフルを待ちます。柚子チョコ、すんごいいい香りで美味しかった〜。今度はチョコをお土産にしたいな。
待っている間少し周りを見回すと…「おおおおおぉっ〜!」チョコを山積みにして食べている55前後の男性が…。一口ではぐはぐと食べている、いったい何者だろうか? 9箱くらい軽くお皿に盛って、次々にあけて食べていたのです。よっぽどのチョコ好きか、どこかの編集部の人か…色々想像しちゃったよ(笑)。
仕事の話なんぞをしながら待っていると、やってきましたよ、ワッフルが! そのとき遅い昼食を食べた後だったので、かなりお腹は一杯状態。メニューの写真を見る限りでは、チーズケーキファクトリーのチーズバーやヤギのチーズケーキほどの大きさにしか見えなかったので頼んだのですが…目の前に運ばれてくると「へ? でかい…」(笑)。約2×28cm厚みは1.5p焼きたて、100%と焼きの入ったワッフル2枚の間に、とろりとしたキャラメルホイップがサンド、うひゃぁ〜美味しそうだ。お腹が一杯なのも忘れて、ぱくり…おっ? いがいと軽くソフトな歯ざわり。キャラメルホイップは、甘くなくかなりのビター、苦みばしったキャラメル味。はむ〜、うみゃいぞぉ、うみゃい、うみゃいとあっというまに食べ切ってしまいましたぁ、はははは。
この苦みばしったキャラメルホイップと極甘の風味豊かな濃い濃い濃〜いショコラ。甘々セットでしたが、おいじがっだ〜。
posted by まりたま&ゆかたま at 23:57| Comment(14) | TrackBack(2) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

じじぃ〜クリスマス♪


サンタ人形メリークリスマス♪ 今年も12月25日がやってきました。美味しい物食べて、いっぱい飲んで、わぃわぃ楽しんでおりますでしょうか〜?
うちには、変なサンタオーナメントがあるんですよ。
きっと昔に作られたものでは? ないかと思ってしまうほど、不細工なサンタさんです。
でも買ったのは、確か…13年ほど前だったような。身長10p、頭の突起2p、顔の大きさ3p、足の長さ5cm、腕の長さ1p、手のひらはなく足の裏は8o、鼻の突起はあるけれど絵では描かれておりません。白目の部分は青く、瞳は赤い。白い眉に白い髭、でも髪はつるつる一本も生えておりません。
よ〜く見ると…おぉ! 蛸のはっちゃん、おでこに3本しわが! いったい、このサンタじじぃ4兄弟さんは、異国の方なのでしょうか? 右手には緑の木のようなものが握られております。
るーさんの持っているサンタじぃさんは、もっとステキなんですよ。ちゃんとふさふさの髪と髭、立派な木も持っています。こういうモールでできたオーナメントって、なんだか懐かしい感じがいたしますね。皆様は、こういう変なじじぃサンタさんをお持ちですか?
posted by まりたま&ゆかたま at 16:37| Comment(21) | TrackBack(0) | 雑貨・グッズ・土産物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

トナカイがやってきた


ももの木クリスマスに、白いトナカイがやってきました。それも、たくさんの美味しいプレゼントをのせて…。
すっごいおしゃれなパッケージに、美味しそうなケーキやら焼き菓子やら…ごくり。これは、大阪『ももの木』というお店のパウンドケーキ・クッキー・ガレット・ブランデーケーキ・レモンクリームカステラ。
パウンドケーキは、しっとりした生地でまわりに杏ジャムをうす〜〜くコーティングしてあり、なんとも懐かしい美味しいケーキでありました。
こちらのケーキや焼き菓子には一切添加物が入っておらず、素材のいい香りが漂うのです。
ブランデーケーキはしっとりとブランデーのしみこんだふんわりケーキ、それから一番懐かしさを感じたレモンの形をしたレモンクリームのかかったケーキ、昔からの歴史を感じさせられる一品でございました。レモンクリームのかかったケーキ、レモンの入ったケーキ、大好きなのでもぅクラクラでした。
クリスマスらしい、ベル・ツリー・星の形のクッキーは、それぞれ違うチョコがコーティングしてあるのです。ベルは紅茶のクッキーに紅茶のチョコかけ、きっと紅茶もいいものをつかっているんでしょうね、口いっぱいに紅茶の香りが広がります。ツリーはホワイトチョコとアラザンが、星はチョコレートがかかっている。一枚一枚のクッキーにも手がこんでいて、他のガレットもクッキーも、どれも職人さんが楽しんで美味しく作っているんだろうなという感じがお菓子から伝わってきました。
地元のお菓子って、手に入りにくいし、知らなかったら一生食べることのないものなのに、本当に嬉しいですね。C&Bサンタさん、クリスマスにステキなプレゼントありがとう♪ いくつになっても、プレゼントを頂くと嬉しいもんです、えへへ。
posted by まりたま&ゆかたま at 17:43| Comment(12) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

甘くないケーキ


チーズパイガーナでおなじみ吉祥寺のオオサワで見つけた“チーズパイ”、リーフの形をしたパイにどっしりとしたチーズクリームがサンドされていて、クリームのにょろり感がたまらなく惹かれました。
ケーキを作ってらっしゃる店長さんに聞いてみると、「昔っからあって、甘くなくてしょっぱいんだよ。ケーキっていうよりオードブルかなぁ〜? Cake屋なんだけど、一日10個くらいでるから今も作ってるんだよね。美味しいチーズ使ってるからオードブル感覚で美味しいよ」という言葉に惹かれお試しに1個くださいと言ってしまいました。「ケーキ1個ください」ってなかなか言いにくいのですが、ここでは全くそんなのを感じさせなくて、つい1個くださいと言ってしまいました(笑)。
家に帰って珈琲を入れて、さぁ! 食べようと、フォークを…固っ! 切れんぞ。しょうがないので、上のパイをとってチーズをパイにのせていただきました。
うっ!! 辛い(笑)! しょっぱい! こりは…ケーキではなくてオードブルそのもの。だけど、食べているうちに、なんかいいんじゃな〜い? とぺろりでした。
甘いという頭で食べるとぎょっとするケーキですが、オードブルと考えるとかなりいい感じ。ワインにあいすぎですよぉ〜。
posted by まりたま&ゆかたま at 17:23| Comment(12) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

極太さん


伊勢うどん麺好きのワタクシが、以前から一度食べてみたいなぁ〜と思っていた「伊勢うどん」がなんと! 届いたんです〜。名古屋のお花の師匠でもある、おもろい夫婦Hさんから、頂きました〜(笑)。うわぁ〜うわ〜うわぁ〜♪
伊勢うどんを調べてみると…、「最強にコシがないうどん、でもクセになってすごく美味しい! タレがまた美味しい!」と評価している方が多かった。
最強にコシがないうどんっていったいどんな饂飩? 「卵を入れて混ぜ混ぜして食べると美味しいよ」と聞いていたので、さっそく温泉卵を作って、説明どおりに麺を茹で器に入れてタレを…。
お、おぉ〜〜! 濃い濃い濃い〜タレが濃褐色だぁ〜。こんなに濃いタレは初めて、とろ〜りと濃厚で濃い。あっつあつの麺にタレをかけて、かつお節と葱をかけ温卵をとろりとのせて、まぜまぜして、ちゅるる〜ん? あれ? ちゅるっ…といかない、極太でちゅるるんとはいけない…。ぐもぐもぐも…食べてみると、それほどないともいいきれないコシというか…(笑)。
タレは、濃厚で見た目辛そうなのに、ぜんぜん濃くないし辛くない。タレは甘みがあっておいひ〜♪ このタレを饂飩にからませ、卵をくぐらせ、うめぇ〜! はぐはぐはぐ…ぐもぐもぐも…と一気にアツアツを頂いてしまいました。いつも讃岐饂飩を食べるとしばらくお腹がくちいのですが、これは麺が柔らかくお腹に優しい饂飩でした。全然胃がもたれないし、いやぁ〜初めて頂きましたがこりゃ、クセになりますわ。ご馳走様でした〜♪
posted by まりたま&ゆかたま at 19:48| Comment(23) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする