2005年09月30日

自然派チーズ餅


石鹸やけーこさんまるでチーズのようなお餅のような、大きなキャラメルのように美味しそうな四角いもの…食いしん坊&雑貨好きのお友達から頂きました〜。
可愛い温かみのある、オレンジ系の毛糸で3段重ねしてあります。ひとつづつ説明が書かれている、なんだかナチュラルでほのかな香り。
昔ながらの製法で、合成保存料・合成着色料・合成界面活性剤などは使わない、安全な手作りの「石鹸やけーこさん」の石鹸だそうです。
「秋風のヘーゼルナッツ」「茶油と米油の石けん」「ターシャおばさんのハーブ茶石けん」と名前も美味しそう〜(笑)。材料もヘーゼルナッツ・小麦胚芽・はちみつと…あぁ食べたいって思ってしまいます。美味しそうでしょ? ユーカリ・ペパーミント・カモミール・エルダーフラワー・マリーゴールドなどの私の大好きなハーブをいろいろ使っていて、お肌にもよさげです。
箱を開けた時よい香りがほわ〜んとして、寝ていたふぅさんもクンクン気に入ってずっと石鹸のそばにいましたよ〜。形も大きな棒状の石鹸を、ガツガツと粗雑に切った感じがまた手作りっぽくていいですねぇ。実はまだ勿体無くて使っていないの〜(笑)、洗顔も使えるし、シャンプーとしても使えるときいてびっくり! これは、ぜひ使ってみなくちゃいけませんね。
posted by まりたま&ゆかたま at 21:21| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑貨・グッズ・土産物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

猫まくら「憩」


三浦屋蒸しパン大好きな三浦屋さんで見つけた黄色い物体…。
表のシールには「蒸し菓子・自然卵あおば使用・憩(いこい)」と書かれている。蒸しパンなのに、手に取ると重い…。猫の枕にちょうどいい大きさと少し固めのふかふか加減…。
裏を見ると、無添加だ!これはゲトしなくちゃいかんのぉと思いながらも、初買いなので2個かごへ。バターが入って自然卵を使っているせいか、黄色い肌色が美しい〜。
冷蔵庫で冷やして、ままたまと隠れて(笑)半分ずっこして食べてみた。ずっしりしていて、まるでマーラーカオやカステラのような食感。これって蒸しぱんぢゃないよねぇ〜と話していたら、「蒸しぱん」なんて何処にも書いていない…「蒸し菓子」だった。卵の風味がなんとも言えず美味しい。
これおにぎり一個分に相当するかも。お夜食に1個いかがですか〜? と言いたくなるわ。ふむ。これもやっぱりカステラ同様、牛乳が合うのかも♪ まだ1個あるから、牛乳で食してみよっかな、うぷぷぷぷ。
笑えたのが、何気にパッケージに印刷されている文字…「Charming Flavor」。ちょっとおしゃれ風に印刷されているのですが、シールは和風なんだよね(笑)。
posted by まりたま&ゆかたま at 17:11| Comment(14) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

紅白饅頭


紅白饅頭 十五夜お月様のお団子を予約した時にいっしょに買った「紅白饅頭」でございます。
紅白饅頭というと、思い出すのが高校の卒業式の時。あんこ姫ままたまは、紅白饅頭が大好き♪ 紅白饅頭をスゴク楽しみにしていたんです、が…何故だか“紅白すあま”だった…。ちょっとがっかりしたままたまでしたが、焼いて食べたらスゴク美味しくて、でもちょっと残念で…というのを思い出してしまいます、ぶふふ。
「あまの」の紅白饅頭は、思ったより小ぶりでしたが、ジョウヨウ饅頭であんこは漉し餡…甘さ控えめで美味しかったです。一箱9個入りで白6個、桃色3個でしたが、紅白饅頭なら同じ数だけ入っていてほしかったな〜(笑)。カワの色が違うだけなんだけど、気持ち的な意味でね。
予約で出来立てを頂くので、和菓子ってこんなに柔らかくてあんこもしっとりとして美味しいんだなぁ〜ってあらためて感じてしまいました。
9個中、ほとんどままたまが食べてしまったようです。ぶふふふ。
posted by まりたま&ゆかたま at 15:53| Comment(17) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

キャラメル三昧


北海道キャラメルすっかり遅くなってしまいましたが北海道お土産第5弾「北海道キャラメル」です。
「焼きとうきび」「白樺の雫入りミルク」「ハスカップ」「夕張メロン」「ミルクいちご」の5種類。一番のお気に入りは「焼きとうきびキャラメル」、とうもろこしの甘みと香りがすっごくよくてキャラメルにして美味しい味でございました。美味しいので気をつけないと一箱ぺろりと食べてしまいます。
面白いのは「白樺の雫入りミルクキャラメル」、なめらかな舌触りのキャラメルに“白樺の樹液”が入っているんですよ! 樹液…ほのかな甘みがあるのですが、これは食べてみないことには表現できない味ですね。白樺の幹に1pほどの穴を開け管を差し込んで樹液を採るそうです。まるでメープルシロップの採液のようです。樹液を採液できるのは、根っこから養分を吸いあげる早春の4週間だけなのだそうで、貴重な樹液なんですね。
「ハスカップ」は酸味がきいて美味しいし、「夕張メロン」は夕張メロン独特の香りと甘み、「ミルクいちご」はミルクキャラメルの中にほんのり苺の味がして美味しかったな。
この他にも不気味な…いえ楽しいキャラメルがいっぱいあるようです。たとえば…、北の誉キャラメル・ジンギスカンキャラメル・昆布&醤油キャラメル・サッポロビールキャラメル…、男爵いもバターキャラメル・富良野ラベンダーキャラメル・小樽ワインキャラメルなど他にも色々あるそうです。
ちょっと味わいたくないようなキャラメルもありますが、なんでもキャラメルにしちゃって良いのでしょうか? ぷふふ!
そのうちラムキャラメルとか出てきそうで、ちょと怖いです(笑)。

posted by まりたま&ゆかたま at 16:07| Comment(29) | TrackBack(0) | 飴・キャンディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

シュー&シュー


三浦屋シュークリームうわっ! テリのいいビターな方が! 目に飛び込んできました。小ぶりだけど、なんだかそそられるエクレアちゃん、表面にかかっているチョコがたまらなく美しい濃いチョコ色なんです。こいつですよ! こいつ! 食べないと後悔するかもよぉ〜」と言ったのは…。
三浦屋第2弾はエクレア(¥210→¥168)、冷蔵庫から出して写真を撮っているあいだにもどんどん柔らかく溶けていくチョコレート…またしてもアワアワしながら写真を撮るわたし…。
「あぁ! カメラにチョコついた!!」「あぁ!手がチョコだらけ!」って慌てながら写真を撮りました。
表面にぬられているチョコは思ったとおり…すんごいビターで苦味があって美味しい♪ 蓋(シューの上半身)を開けると…生クリームが茶色いクリームの上にぺしっとのっている。茶色いクリームは、ココアクリームか、コーヒークリームか…と色々想像いたしましたが、食べてみると「うほっほっほ〜!プラリネチョコクリームだぁ〜♪ お、美味しいぢゃな〜い」と感激いたしました。
もう1品はシュークリーム♪ クリームがぶよんっとはみ出たところに、…惚れてしまいました。カワは柔らかすぎず固すぎず、柔らかいかわより固め、固めより柔らかめって感じのカワ。もったりまったりしたカスタード…純粋なカスタードではなくてちょっとクリームが入っているぽったり系のカスタード、食感が少し不思議な感じ…。お母さんの作るもったり系のカスタード風でした。
ままたま&ぱぱたまは、シュークリームの方がお気にいりのようでございました。わたしは、どちらも美味しかったですが、エクレア派かな。
普通でもお手頃な価格なので、ちょっと甘いもの食べたいな♪ っと思ったときには、いいえすよぉ〜。三浦屋さんのデザートは良く買うけれど、ケーキってあんまし買わなかったのですが、ちょっと見る目がかわりました。そういえば、クリスマスに食べたチョコレートケーキ絶品だったなぁ〜。エクレアのチョコかけは、このチョコレートケーキを思い出させてくれました。
posted by まりたま&ゆかたま at 15:36| Comment(16) | TrackBack(2) | シュークリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

くりくり抹茶


抹茶モンブラン店内(三浦屋松庵店)へ入ったとたん「ケーキ20%off」の文字が飛び込んできた。
おぉ〜美味しそうぢゃ〜と思ったけれど、ココロを鬼にして我慢、店内を細かくチェックし買い物をすませ、出口へ…。でもケーキ達が「買ってけよぉ〜、買わなくていいのかよぉ〜、食べてくれないのかよぉ〜」とつぶやく声が聞こえてしまった。あぁ〜わたしの足が…ケーキのケースに吸い寄せられていく〜、いかんいかんと思いながら、もぅ目はケーキを物色し計算中、オニにはなれませんでした。
「あれとこれと…あれも美味しそうだなぁ〜、でもやっぱり…」って結局買ってしまいました。3個選んだ時点で、やっぱりあれも! って追加しちゃうし…。甘い誘惑には弱いです。
まず一つ目のご紹介“和栗のモンブラン”、抹茶クリームが巻き巻きされた小豆入りロールケーキの土台に生クリームがのって、国産栗の粒々が沢山入った栗のみのペースト…。あへ〜栗の風味よろしいぢゃないですか、美味しいぢゃないすか。やっぱり、栗の美味しい季節だな〜と思わせられてしまいました。
抹茶と和栗…かなり軽めでモンブランにしちゃ〜あっさりしたケーキ♪ 1個336円のところ269円! 三浦屋さんは、時々ケーキ20%off しているので、札が出ているときはチェックですのよ。松庵店では、喫茶スペースがあるので、こじんまりとはしていますが、ゆっくりとお茶を頂くことができます。
posted by まりたま&ゆかたま at 15:24| Comment(7) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

サヨナラひんやりデザート


瀬戸内柑橘ジュレよく冷やしてお召しあがりくださいませ。はい、もちろんそうさせていただきますとも! ゼリーやプリンなどのふるふるデザートの醍醐味は、ひんやりと冷たい喉越しでございますからね。
暑かったこの夏、本当にぷるるん系デザートにはお世話になりました。プリン、ゼリー、寒天、心太、水羊羹などなど、暑い季節に涼をもたらしてくれる夏のデザートたち、どれもおいしかったなぁ。なかには手作りして、失敗したものもありましたが、それもまた楽しい思い出。このブログで、ゼリー解禁なんて言って喜んでいたのがついこのあいだのことのようですが、残暑も和らぎ、秋雨前線とともに秋が本格的にやってきそうな気配です。大好きなぷるぷる系おやつとの、しばしのお別れの季節です。
というわけで、今年最後のひんやりデザートは、しろっぷさん御用達、あの憧れの広島のお菓子屋さん、バッケンモーツァルトの瀬戸内柑橘ジュレCitrus(シトラス)≠ナございます。ご実家が広島のお友達からの棚ボタプレゼントです。ありがたき幸せ〜♪
さてさて、洒落た丸い箱を開けると、まるで果実のような愛らしいゼリーが……。お味は、広島蜜柑、瀬戸内甘夏、そしてルビーグレープフルーツの三種。果汁たっぷり、果肉も入ったフレッシュなフルーツのジュレ。果物のおいしさを引き出すためにやわらかく作ってあるそうで、器から取り出すとふるんふるんと揺れました。く〜、これが醍醐味っ。
新鮮な果物そのものの味で、やわらかく冷たい喉越しがとっても爽やか。私はとくに広島蜜柑のが気に入りました。缶詰の蜜柑をぎゅぎゅっと濃縮ジュースにしたみたいな瑞々しい味で、すっごくおいしかったです。
てなわけで、過ぎ去る夏を惜しみつつ、ひんやりゼリーで締め括ったならば……おつぎは栗やさつま芋、お汁粉などのあったか系おやつの季節です! お別れだからと感傷に浸っている暇はございませんことよ。ウェルカム食欲の秋ざます。ぶひひのひ〜♥
posted by まりたま&ゆかたま at 19:40| Comment(20) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

レモンドロップ


レモンドロップ吉祥寺のCake屋さん“レモンドロップ”のチーズケーキを頂きました。
レモンドロップは吉祥寺に3店舗(本店・ロンロン店・南口店)あり、ボリュームもあって美味しいお店です。以前は洋ナシのタルトが美味しくて、こればっかり食べていましたが、ここのチーズケーキは絶品なんですよ。お店で買うチーズケーキでは一番好きかも♪
北海道バターと卵黄、チーズのみのクリームをタルト生地に流し込み焼き上げたケーキなので、すっごくしっとりなめらかで濃厚、口の中でトロケル美味しさなのです。けっこうコッテリ系なので、一度に1個はボリューミィ。でも美味しいので、少しづつ少しづつ食べていると「あれ? チーズケーキどこいった?」となるわけです。
お店の宣伝文句では「チーズ嫌いでもお召し上がり頂ける自慢の商品」。なるほど、確かに美味しいもんね。
色々美しいケーキが並ぶお店ですが、一番シンプルで美味しいのはチーズケーキではないかと思います。毎日出来たて色とりどりのケーキが並ぶケースは、外からも見えるので目で楽しむこともできるのです。
お召し上がりになったことのない、チーズケーキ好きの方は是非ど・う・ぞ♪ そして、お店で「うんみゃい!」と叫んでください(笑)。
レモンドロップのHPをはじめて見てみたのですが、チーズケーキのお取り寄せできるみたいです。ぶひ〜♥
posted by まりたま&ゆかたま at 19:26| Comment(24) | TrackBack(1) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

小人が作る饅頭ぱん?


フジパン仕事先で見つけた、見た目饅頭食べたらクリームパンを発見!
小人キャラで有名な? フジパンから出ている「ちっちゃいクリームパン8個入り(120円)」なのですが、茶饅頭にしか見えないんです。パン販売機の中に入っていたので手で確認できず、どうしても、どういう食感か食べたくなって買ってしまいました。
ヤ○ザ○パンから比べたら、コンビニパンと思えないしっかりしたほんのり甘い生地で、中には空洞とクリームが入っています(笑)。クリームも固めで、美味しかったです。フジパンってけっこう美味しい? 確か何年か前に食べたメロンパンも美味しかったな。
もう一品、フジパンの色んなパンの端っこからできた“ラスク”。正式名は「シュクレ(写真3)」、1袋たっぷり入って180円でかなりお徳♪
仕事場のYさんが、おやつに持ってきてくれたブツなのですが、歯ごたえも良く美味しかった〜。仕事のお供にいいですよ。でも近所で売っていないのが残念〜。エピシェール草加店には売っているそうです。また買ってきてね♪ おねだり、おねだり。
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 20:24| Comment(16) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

微妙な間違い?


バウムブリュレ今日は池袋に行ったので、ついでにデパ地下など見てきました。んで、東武デパートの地下食にて「東京ばな奈」の旗を発見。もしかしたら、まりたまが買いそびれたとか食べてみたいとか言っていたバウムブリュレがあるかも……と思って立ち寄ってみましゅた。すると、東京ばな奈の箱が積まれたコーナーの近くのケーキのショウケースの中に、それらしきものがあるではないですか。表面がクレームブリュレのようにカラメルに覆われたバウムクーヘン、もしやこれかしらん? 私がじーっと見ていると、店員の女の人が「これ20個限定販売で、午後1時に販売開始であと4個です」とのたまったのです。「なな、なんですと! そりゃラッキーなとこへ来たもんだ」と思って速攻で買ってしまいまひた。午後2時の出来事でした。ほ。
ところが、帰ってネットで東京ばな奈のバウムブリュレを調べてみると、箱にはバウムとバナナのイラストが……。でも、私が買った店のは、ホールケーキ用の白い箱にオレンジの細いリボン。さらに、ばな奈のバウムはバナナ生地一色なのに、私が買ったのはバウムがココアとプレーンの2色が交互になったものなのでありました。な、なぜ!?
はっと気がつくと、私が買ったバウムの袋には銀のぶどうの文字が。えっ、隣の違う店で買っちゃったの!? と思いそうになったとき、東京ばな奈が銀のぶどうのお菓子だったことに気づきました。が、それはじつは間違いで、東京ばな奈と銀のぶどうは同じ会社がプロデュースしてる同族の別ブランドらしいのです。ほよよ〜。
というわけで、まりたまが東京駅で買ってきた東京ばな奈のしっとりクーヘンと、バウムブリュレの原材料表のシールはほぼ同じで、大きさや生地の感じもそっくりなのでした。
東京ばな奈のバウムブリュレと、銀のぶどうのバウムブリュレを間違って買ってしまったわけですが、まったくかけ離れたものを買ったというのとも違うという……。姉妹だと思っていたら、ふたりは従姉妹だった、みたいな感じですか? にゃはは。
さて、私の個人的謎が解けたところで、お味です。ココア味とプレーンが交互になっているのですが、ざっくりいっしょに食べるとあまりよくわかりません(笑)。カラメル状に焦がされた砂糖ががっつりとかかっているので、その印象が強いです。べつべつに食せば、三つの味が楽しめるかと思いまふ。かすかにほろ苦いカラメル風味としっとりとしたバウムクーヘンの組み合わせは絶妙で、ブラックコーヒーがよく合いました。
まりたまが食べたがっていたのは東京ばな奈のほうのバウムブリュレですが、これで満足してもらえるでせうかね? 
posted by まりたま&ゆかたま at 17:23| Comment(18) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする