2005年07月31日

イタジェラサンド


イタジェラサンドイタリアンジェラート&ソルベのお店“スペースフルッタ”の「ゴーフルサンド」懸賞で当たり、届きました♪ 
むほほほほ〜、美味しい物が寄ってくるわいなぁ〜。と先日冷たいもの食べ過ぎて、腹痛に悩まされた奴の言うことでしょうか…むにゃむにゃむにゃ……。
ブルーの箱を開けると、おしゃれな英字入りの透明なアクリルケースに入ったゴーフルが5枚、2ケース入っていました。おぉ、これは洒落とるのぉ、ギフトボックスとして再利用できそう♪ と大事にしまいました。
パンナ(生クリーム)・カラメル(キャラメルクリーム)・ストラッチャテラ(チョコチップ)・バナーナ(バナナ)・ミルティロ(ブルーベリー)の5種類が2ケース入っています。
普通より一回り大きいゴーフルに、フルーツ・お酒・野菜・お茶などのさっぱりジェラートがサンドされていて、さっぱりと美味しい♪ これは、冷えなくてちょと口淋しい時に、よござんす。ゴーフルのカワは、初めぱりっと、食べている間にしっとり…食べやすくて美味しいです。湿気た炭酸煎餅やぬれ煎、ぬれゴーフルって感じ。
どれも、美味しかったですが、一番のお気に入りは…バナ〜ナ〜♪ ちょと青臭いようなバナナ臭、「うわっ!バナナだ!」って香料ぢゃなくて、バ・ナ・ナそのもので、イチオシ!
このほかにも、常時40種類のジェラートがあるらしく、ロゼ(バラ)・うめはち(梅酒と蜂蜜)・カスターネ(マロングラッセ)・グランデマニエロ(オレンジブランデー)・デコポン・柚子・ココーメロ(スイカ)・フィコ(いちぢく)・ティラミス(シナモンココア)なんか、すご〜く魅力的。挟まないで、食べたい〜。
posted by まりたま&ゆかたま at 18:57| Comment(21) | TrackBack(0) | アイスクリーム・氷菓・ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

“ちょこすけ”参上♪


ちょこすけままたまの誕生日なので、東急吉祥寺店食料品売り場の多奈加亭で“おばけのちょこすけ”を連れて帰って参りました♪
お店の方に聞いたところ…、定番商品ではないので8〜9月の商品入れ替えの時に、なくなってしまうかも…とのこと。「すごく美味しかったし、遠くから来た友人がまた食べたいと言っていたんです」と話したら、「もしいらっしゃってなくなっていたら悲しいので、上の方に伝えておきます」とおっしゃってくださいました♪ もし他にも美味しいから定番に残して欲しいというご要望があったら、定番として残る可能性もあるとのこと!
タイムリミット近づいておりますが、皆様ダッシュで多奈加亭へ行って「“ちょこすけ”また食べたいから定番にしてください〜♪ にこっ」とお願いします(笑)。きっと皆様の食いしん坊ビームで、定番商品になることでしょう♪ “ちょこすけ”の正式名は、なんと「チョコレートパッション」ではなくて「パッションチョコレート」と書かれておりました。逆でした、すみませぬ、ぺこり。美味しさのあまり混乱してしまったのでしょうか…、ぷふふ。
前回断面がぐちゃぐちゃで良く分からず、ラズベリームースと書いたのですが、今回美しくカットしたところラズベリームースではなくて、ラズベリーの実とパッションフルーツのムースでした。この、美しい断面図をご覧ください。
お店では紅茶で頂きましたが、家で食べたので、苦めの珈琲を入れて食べました。うほほ〜いっ! すんげくおいぴぃ〜♪ やっぱり“ちょこすけ”には定番商品として頑張って欲しいです。それに前回お店では気がつかなかったのですが、顔が色々あるんです〜。可愛いぢょ〜、“くまちょこすけ”なんかもいてつい、「別々の顔ください」と言ってしまいました。笑いながらも、ちゃんと選ばせてくださり、嬉かったです〜。
あぁ〜やっぱり、“ちょこすけ”最高でございました。
posted by まりたま&ゆかたま at 17:06| Comment(34) | TrackBack(2) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

吉祥寺 小ざさの最中


小ざさ最中1どど〜ん! 小ざさの最中でございます。
お盆休みが近づくと、故郷へのお土産として地元で飛ぶように売れるのがこれ、小ざさの最中でございます。
小ざさというとあの幻の羊羹のほうが有名なのですが、この最中おいしさとお手軽なお値段で地元民の御遣い物ナンバーワンじゃないかと思われます。こちらは数量限定品ではないので、羊羹のように早くから並んで整理券をもらう必要はありません。
小豆の黒餡と白いんげんの白餡の二種類がありますが、どちらも甘さ控えめのあっさり風味、羊羹と同じく添加物なしの艶やかなあんこです。
そして、なによりもさくっと香ばしい最中が魅力です。ちなみに、この不思議な形は長寿のイメージを持つキノコの霊芝(れいし)なのだそう。地元民の私にそのことを教えてくださったのは、なんと仙台のponさんでした♪
最中は甘いからちょっとね……という人にも、だまされたと思って食べてごらんと何度も贈ったことがありますが、皆さんこれなら食べられると喜んでくださいました。
そんなわけで、突然あんこ系おやつが食べたくなったときには、小ざさの最中か御座候を買いに走ります。どちらも地元で買えるお手軽おやつ。最中は1個54円、御座候は1個70円。安くておいしいに弱いなりね♥
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 16:49| Comment(41) | TrackBack(7) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

ココロときめく♪ 黄金ゼリィ


愛玉心太暑い夏には、やっぱりひんやりプルプルデザートですよね♪ 皆さん、台湾の屋台なんかでよく売られている黄金色プルプルゼリーがレモンシロップに浸かっているデザート見たことありませんか? 台湾の山中にしか生息しない植物で、名前を聞いたら「ああぁ〜」ってやつです(笑)。「なんだなんだ、早く言えよぉ〜」ってお言葉が聞こえてきそうですが、もちっと我慢です。
実を割って乾燥させたタネを、袋に入れて水の中でもみもみもみもみ…すると、あ〜ら不思議…水がとろとろ、ぷるぷる、ばろろんっと弾力が出てくるのです。気がつくと、熱も加えていないのに、ゼリーが出来上がっているではありませんかぁ〜。ありゃ不思議、これを冷蔵庫で冷やし、○○じたいにほんのりした甘味しかないので、レモンシロップなんかをかけて頂くのです。でも、○○を手に入れるのは、難しいかと…。作ると楽しそうだけど、大変です(一度作ったことがあるので・笑)。…今はこれが、簡単に手に入るんですよ。
さてさて、お待たせいたしましたが、これは台湾デザート『愛玉子(オーギョーチィ)』こと『愛玉(あいぎょく)』でございます。台湾旅行へ行った時、露天のお店で毎晩通って食べておりました。とても柔らかいふるふる系のゼリーで、色んなお店がでていたのですが、いりびたりのお店のおばちゃんが作る愛玉は最高でございました。美味しい物を食べるには、言葉なんていりませんことよ。笑っておかわりでございます(笑)。
普通、ペクチンは加熱しないと固まらないのですが、「愛玉」は植物の中でもペクチンの含有量がずばぬけて多く、加熱しなくても固まる珍しい性質を持っているのです。女性の皆様〜美肌効果もアップだそうですよぉ〜。日本に売っている愛玉とは、ちょっと食感が違うのですが、同じのを求めるには、やはり愛玉を手にいれ自分で作るしかないので、最近は三浦屋で売っている『愛玉』の缶詰を購入しております。1缶400円ほどで、缶をカキカキ開けますと…レモンシロップに浸かった愛玉がドラム缶の形にずっぽりは入っているのです。缶から取り出すと、ぶふふ…ちょと笑ってしまいますね。
普通はさいの目に気って、シロップをかけていただくのですが、今回は気分転換に“トコロテン”風に押し出してみました。シロップはレモンがなかったので、自家製梅シロップをたっぷりかけて頂きました。「美味しい〜〜〜〜っ!」見た目トコロテンだけど、食感はゼリー♪ 長い長いゼリーです。ゼリーをすするのも変ですが、違った食感が楽しめて美味しかったです〜。
このトコロテン風愛玉の上に、シロップ漬けの梅でも乗せたらもっと涼しげで美味しそうだったのに〜と今更ながら思ってしまいました。 
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 20:32| Comment(22) | TrackBack(0) | プリン・ゼリー・杏仁豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

ふ・ふ・ふ・の、ふ〜


喜田家の麩饅頭ふふふ…最近の麩と言えば、rokuさんponさんの麩話が私の中で盛り上がっていたのですが(笑)、一言に「麩」と言ってもいろいろあるわけで…、今回食べたのは、昨日に引き続き“喜田家さん” の「麩饅頭」でございます。
2種類あって白い頭がぷりんっと見えているのが漉し餡で、三角に笹の葉っぱにくるまれているのが粒餡のヨモギ麩饅頭でございます。
白麩饅頭はヨモギ麩饅頭より麩の固さが少し、ほんの少しでございますが、しっかりしている感じで、ヨモギ麩饅頭は葉っぱから餅をぶにょんっと引っ張らないと取れないほど柔らかく、ぶにょにょ〜としておりました。麩まんずうの皮の美味しさってばないですよね! あの、くにくにぷにょぷにょ感…うへへ…にまにま♪
やっぱり、夏はヒンヤリ和デザートに麩まんずうです。冷茶と一緒に頂けば、ココロも身体も大満足で幸せ一杯「ふふふのふ〜」でございます。
posted by まりたま&ゆかたま at 19:51| Comment(25) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

癒しの冷やし白玉


喜田家の白玉こぅ毎日暑いと、やはり冷たいデザートが食べたくなります。久しぶりに千住の「喜田家」のココロ癒される冷たい和菓子を求めてみました。「小豆しらたま」です。
ひんやり冷蔵庫で冷やしていただけば、冷やし白玉小豆です。よ〜く冷やした小豆は、暑さも忘れるさっぱりとした美味しさです。小豆の頭には、しっかり歯ごたえのある白玉ちゃんが3粒そしてミントの葉が1枚のっております。ミントの葉が1枚のっているだけで、涼しさを増しますね。
わたくし、白玉大好きなので、白玉だけでも美味しくいただけるのです。美味しい物は最後に食べる主義なので、小豆を食べて白玉食べて、小豆を食べて小豆を食べる。小豆を食べて、白玉食べる、小豆を食べて小豆を食べつくし、最後に白玉を食べる…(笑)。
小さい頃から、大好きなモノは最後にとっておくタイプだったので、よくままたまに食われてしまうことが多かったです。そのたびに「最後にとっておいたのに〜」と泣いた覚えがありまする。学習しない二人でした、さすが親子です(笑)。
餡子がさっぱり冷たくて、白玉くにくに美味しゅうございました。やっぱり、湿度の高い夏にはヒンヤリデザートが最高ですね!
posted by まりたま&ゆかたま at 17:41| Comment(15) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

羽のはえたムース


和三盆ムース三浦屋で何かデザートをと思い、一度手に取り置いた「和三盆のふんわりムース」、私はムースが苦手(笑)。新製品なのか、セール中で230円が210円、ほんの気持ち安かったです。
一度もセールになったことのない“かぼちゃプリン”でも買うか…と、通常のデザート売り場へ行ってみた。「おりょ?ないじゃな〜い」お店の方に聞いてみると…「今日は朝作ったのがデキが悪くて店頭に出せなかったので、午後便で入るんですよ」とのこと! がが〜ん。やっぱり、こういうデザートでもデキのいい悪いがあるんだとビックリいたしました。
「しょうがないなぁ〜」と思い並んだデザートを見たのですが、食べたことのあるものしか今日に限り並んでいなくて、「よし! ムースに挑戦してみっか…」と再び手に取りカゴへ。食後のデザートに食うべと、冷蔵庫へ。
だけんども…コーヒーを入れ終え“さぁ!食べるぞ”と蓋を開けたらば「あれぇ〜?冷えてない…」再度冷凍庫へ! 待つこと10分、そろそろえぇかのぉと冷凍庫から取り出し、一口パクッ。冷えてる冷えてる…むふふふふ。上にアズキが5粒のっかって、蜜が綺麗にかかっている。お味は…クリーミィミルクの甘〜いふわふわほわほわデザート…羽が生えて飛んでいきそうな軽さ。和三盆なので、甘味が優しい〜♪ やっぱり、ムースはしっかりしっかり冷やさないとね。甘くて美味し〜い♪…だけど、美味しいんだけど…とても軽い、軽すぎ〜(笑)! 入れ物大きいんだけど、すごく軽い、軽すぎ〜(笑)! ミルキィな生クリームを食べているような、メレンゲを食べているような軽い軽い食感でございました。
材料は、牛乳・生クリーム・卵・和三盆・大納言・ゼラチン・小麦粉と、安心素材でした。一度お試しして、この軽さを体験していただきとうございます。
posted by まりたま&ゆかたま at 17:44| Comment(15) | TrackBack(0) | ムース・ババロア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンボプリン警報ふたたび (三浦屋吉祥寺店の『ジャンボプリン』)


三浦屋ジャンボプリン今日からです。なので警報出します。
三浦屋のジャンボプリン(焼きじゃないほうです)が本日7月25日から28日までの四日間、三浦屋全店にて、通常189円が118円のセールになります。
でっかくてボリューム満点、無添加の手作り風カスタードプリン。暑くて食欲のないとき(私には縁のない現象)にもぺろりと食べられる滋養おやつ。超おすすめです。
今回の感謝祭のタイトルは、『おかげさまで三浦屋武蔵関店12周年全店協賛大感謝セール』。長っ! 新聞のテレビ欄のサスペンスの煽りみたいにですにゃ。
祭の開催期間は7月12日から28日まで。もちろんジャンボプリンだけが安いんじゃございませんことよ。ほほほ。旬の生ロールケーキ、前回はルビーグレープフルーツでしたが、今回は季節のくだものの桃でございます。おいしそ〜。祭期間中、一本682円が582円にて発売中♪
おやつに一本丸かじり、いかがでしょうか(ゆ)
【三浦屋店舗情報】
吉祥寺店、国立店、小平店、東伏見店、武蔵関店、松庵店、永福店、飯田橋ラムラ店がございます♪
posted by まりたま&ゆかたま at 07:05| Comment(15) | TrackBack(0) | プリン・ゼリー・杏仁豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

憧れのホットケーキ


まりたまホットケーキ ずっと頭の中で描いていた憧れのホットケーキ、作ろうと思えばいつでもできたはずなのに、今まで挑戦したことがありませんでした。
ゆかたまを呼んで、ホットケーキ食べようと三浦屋で買ったホテルニューオータニのホットケーキミックスを用意して、ゆかたまは豆乳、私は牛乳で作りました。
お気に入りの“トラピストバター”をたっぷりのせ、メープルシロップを一枚づつかけて重ねていきます。うひゃひゃひゃ、笑いが止まりませんことよ。小ぶりではありますが、5枚重ねてみました♪ううう〜、嬉しい♪ 念願かなったホットケーキ、美味しそ〜。
私がちょねちょね焼いている間に、ゆかたまは分厚くて大きいホットケーキを焼き終わり、むしゃむしゃ食べておりました〜。がが〜ん、重ねた後すぐ食べれません…だって写真を撮らねば〜と撮っていると、おおぉ! もぅ食べ終わるの〜、ひょえぇ〜。私がやっと食べはじめる頃には、2枚目を焼き始めているゆかたまでした。がびょ〜ん。
まずは重ねたまま半分にケーキカット(笑)、おぉ〜ナイフのはまりがいい感じ♪ 中まで、バターとメープルシロップがしみわたり…「おいひょひゅへぇひょぉ〜!」人間の言葉とは思えない言葉が飛び出します。美味しいなぁ〜幸せだなぁ〜、もぅ大満足でございます。そ、そうだ、C&Bちゃんにもらった蜂蜜かけてみよう! 「いやぁ〜ん、こりゃたまらな〜い♪」やはり癖のあるミルクウィードが、スゴクあいました。「しばらく、ホットケーキはいいよぉ」という贅沢な気分になるのです。
やっぱり一番美味しいのは、永谷園から出ている「ホテルニューオータニホットケーキミックス」ですね♪つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 15:37| Comment(32) | TrackBack(2) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

夢と希望のパンダ焼


ぱんだ焼き上野に行ったならば、こいつを買わねばなりません。パンダの丸焼きでは、ありませんよ。なんせ夢を売る動物園ですから、丸焼きにしたら大変です(笑)。
上野動物園の正面向かって左側の“こども遊園地“の前にある「桜木亭のパンダ焼」、パンダ焼の旗がたなびいております。
店頭では、4分の1に切られたパンダ焼の試食をさせて頂き、アツアツで美味しかったな。お店の前には焼きたての“ぱんだ焼き”が6個・10個・12個と、なんだか可愛らしい袋に入って売られているのです。
5年くらい前に行った時は、6個400円でしたが、ちょと値上がりしていて480円になっておりました。6・10個は袋入り、12個は箱入りでございます。ちょっと不細工可愛いパンダのイラストが描かれており、昔ながらの袋なのかなぁ〜と思ってしまいました。ゆかたまにも1袋お土産として買いました。
以前は袋の中に無造作にパンダ焼が入っていたような気がしたのですが(記憶がさだかでない)、1個づつ個装されておりました。袋を開けると…パンダが綺麗に6個並んでいて、うひゃひゃ! 不細工パンダが現れ、パンダのへそには、お店の名前でもある桜印、裏には“桜木亭パンダ焼”とかかれています。生地的には、ふんわり系どら焼きの生地みたいで、中にはやさしい甘さの漉し餡が入っているのです。真夏に餡ものってちょと暑苦しい感じが致しますが、これはアッサリ系なので、いけますです。
人形焼から比べるとかなり大きく、7cm×5cm×W2cmなのです。形も不細工可愛いし、お土産には丁度いいかもしれませんね〜。機械が「ばっこんぼっこん」と一生懸命焼いております(笑)。こういうのって、見てると面白くてず〜っと見てしまうのでした。
上野公園へ行かれたら、動物園の入り口に売っていますので覗いてみて下さいネ。
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 18:02| Comment(12) | TrackBack(1) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする