2005年04月30日

柴又帝釈天参道 大盛り?蕎麦


やぶ忠 とろろ蕎麦少しばかり早起きをして、柴又帝釈天へ行ってまいりました。
駅前には、もちろんあの鞄を持った寅さんが立っていて、電車から降りる人降りる人写真を撮っていました。商店街は、昔ながらのお店が並び、良い感じ♪ 右にも左にも、美味しそうなお団子やお煎餅のお店が一杯〜。食いしん坊にはたまりませぬね。
まずは、お参りに。お参りしたあと、ゆかたまに何か土産でも〜と、お守りなどの売り場へ…。ここの御神籤は3種類あって、獅子舞御籤や扇子御籤、天然石御籤など、ちょとばかし通俗的な御神籤でありました(笑)。
せっかく来たのだからと寅さん記念館(500円)を見て、面白い写真を撮って来ました。それから参道に戻りお昼は『やぶ忠』という御蕎麦やさんへ。自家製粉・石臼挽き・包丁で手きり手打ちそばでございます。お店に入ると、まず食券を券売機で買うシステムで、“あっ…しまった”と思ってしまったのですが(食券の店で美味しいのに当たったことなかったので)、出てきたお蕎麦はしっかり黒くなかなかの歯ごたえで美味しかったんです〜。
ちょとダシが辛かったのが残念でしたが、ほんの少し蕎麦湯を足したらよひお味になりました。トロロ蕎麦を頂いたのですが、このトロロがまた美味しい! 薄い山芋じゃなくって、どっしりとっぷり味の濃い自然薯で香りよく美味しかったんです〜。
笑えたのが、出てきたときの盛りの良さ!! 「これ! 食べ切れないよ! 大盛りすぎ〜」とうきゃうきゃ言って食べ始めたら…、おりょ? ましゃか、こりは…、なんてお上手な『上げ底ザル』なのでしょう〜?(笑) 大盛りにみえる業ですね! 思わず写真撮っちゃいましたよ。しかししかし〜、自然薯でこの量(笑)で900円はお安いかと…。美味しかったし、お腹も満腹になりました。
柴又帝釈天第1弾でございました。第2弾はモチロン○○です♪
posted by まりたま&ゆかたま at 18:06| Comment(14) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

極上アイス最中


アイス最中楽しい最中『京べに』を頂きました。
京菓子で有名な「鶴屋吉信」、江戸時代享和三年(1803)創業の老舗でございます。
箱の蓋を開けると、缶が2缶。餡とカワが別の缶に入っている贅沢さ。手作りのパリンッ! とした香ばしいかろやかなカワ、餡はしっとり粒餡です。
カワを手に取り、自分で好きなだけ餡を詰め、そこにハーゲンダッツのバニラのまぁるくとったものを挟みこみます。そしてパリッとカワをもう一枚…、すると極上アイス最中が出来上がるわけです。最中だけでも美味しいのですが、アイスを入れると、こりゃまた格別な美味しさになるのです。贅沢なお菓子ですねぇ。
1缶にカワはざくざく12組も入っていますので、たっぷり満足いくまで食べれるという幸せさ♪ 本当は抹茶アイスが良かったのですが、470mlの抹茶がなく、最中に挟むに丁度いいのはバニラだったのです。しかし、おいひぃ〜♪
餡の量を自分で調節できるのが、とても気に入りました。カワがこんなにパリッとしいるのも、珍しいです。さすが、鶴屋吉信!! サックリサックサク、美味しくて楽しくて贅沢な、極上アイス最中でございました。
召し上がりたい方は、先着3名様まで、大至急おいでください! 途中けんかになった場合、当店では責任を負いかねますのでご了承ください(笑)。
posted by まりたま&ゆかたま at 20:09| Comment(15) | TrackBack(0) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごろごろゴールデンウィーク


GWふうゴールデンウィークってなんにゃらら?
お天気がよくて風があったかで、ふうは朝からごろごろお昼寝三昧。今日もいつもと変わらずのんびりスケジュールでございまふ。
今年は大型連休だそうで、十日もお休みがある方も。皆さまはどこかへお出かけですか?
混雑しているところへ行かれる方、お疲れになりませんように。遠くへ行かれる方、気をつけて楽しんできてくださいね。
ふうはいつものごろごろ生活。私はにゃんと、お仕事でふ〜。毎年ゴールデンウィークはこんな感じ。ふだんいつでも遊びに行けるので、こんなときは混雑をひとりぶんでも軽減するために引きこもります(笑)。
日本語にすると黄金週間。休みと関係ない仕事をしていると、この素敵な文字を見てもなんの感慨もわかないのが淋しいです。年じゅう仕事のような、年じゅう夏休みのような……週末のワクワク感とか今一度味わってみたいものです。
それにしても最高のお出かけ日和でございますね〜。
皆さまにとって、楽しく平和なゴールデンウィークになりますように♥
posted by まりたま&ゆかたま at 11:43| Comment(23) | TrackBack(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

桜の香りの道明寺と失敗豆大福?


道明寺と豆大福吉祥寺通りを、井の頭文化園&動物園の方面の手前右側に和匠『高円(たかまど)』があります。
こちらのお店の餡は全て自家製、漉し餡は備中の小豆、白餡は備中の白手芒を使っています。今回は季節モノで、桜色の道明寺を購入いたしました。
小ぶりではありますが、少し甘めの漉し餡がもっちりした道明寺粉に包まれているのです。周りには、色よい桜の葉っぱが巻かれていて、ほんのり塩味がきいております。この葉っぱの塩味と中の餡子のバランスがいい感じで、美味しいのです。やはり桜の季節に一度は食べたい和菓子ですね。
とってもお高いお店もありますが、こちらは1個134円と並みのお値段でした。柔らかく蒸した桜の葉っぱがついたまま、春の香りごとぱくっと頂きます。春を満喫できる、優しい和菓子ですね。
こちらのお店でオススメなのは、『風うらら』という黒糖ドラ焼き♪ 今回は、買いませんでしたが、ほんわりしていて黒糖風味が素晴らしく人気商品でございます。『風うらら』(105円)、のほか『風うらら・バター入り』という、美味しいのが出ているらしいので、餡バタ好きなので、次回は試してみたいと思います。久しく食べていないので、食べたくなってしまいました。
道明寺と一緒に、お買い得品(4本入って336円)と書かれていた『長餅4本入り』を買ってみました。見た目は、豆大福の長いバージョン(笑)。お店の方に聞いてみると、「豆大福のみたいな感じですね」、桃色と白があったので、これも聞いてみると…「これはただ色付けしただけで味は一緒です」とお返事が!(笑)食べるとやはり豆大福で、もしかして、作る過程で失敗した豆大福かぁ〜? などと思ってしまいました。
『お買い得品』に弱いまりたまでございました。
posted by まりたま&ゆかたま at 13:48| Comment(24) | TrackBack(0) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

コンクリアイス


コンクリアイス以前九助でご紹介した、西荻の青果物店アキダイで見つけました。正方形の箱の中に入っているアイス…、振ってみると中でガサゴソ動いている感じ。
ここでアイスクリーム系は買った事がないのですが、美味しそうだったのと、値段を聞くと半額の75円! 試しに2個購入。
帰って早速箱を開けると…おぉ! まるでチーズのように半分にカットされ金色の紙に包まれる物体が2個。お値段の割りに、なんだかゴ〜ジャスじゃぁありませんか〜♪ 1箱2個入りで75円、1個37円50銭ってことですね。で、食べる時はそれを更に半分にして食べたので、18円75銭ってとこでしょうか〜。
安い! ぎゃははは!
金色の紙をぺりぺりとはがすと…うひゃ!!グレーのコンクリートが現れました。こりは〜? 食べものなのでしょうか〜? くんくんくん〜3。
今回はこの、コンクリアイスにきな粉と黒蜜をかけていただきました。あっ大事なことを言い忘れてしまいました。このアイスは、活性酸素を減らす効果のある黒胡麻たっぷりの大豆アイスでございます。一口食べると、口いっぱいに黒ごま広がる〜、濃厚だし〜、美味しい〜。それにきな粉と黒蜜最高です。
お気に入りの器に入れていただきました。まるで、豆腐懐石『梅の花』で頂く、デザートのようでございました。これは、あったら又買うぞ〜。
posted by まりたま&ゆかたま at 19:41| Comment(20) | TrackBack(0) | アイスクリーム・氷菓・ヨーグルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

白露ふうき豆


白露ふうき豆食いしん坊&美味しん坊友達から、またしても美味しいモノが届きました。山形のふうき豆です。
立派な箱を開けると…箱いっぱいに、ぎっしり詰まっているのです。
ふうき豆は、えんどう豆と砂糖のみでできた、新緑のように色鮮やかで涼しげな豆菓子でございます。
煮豆とも甘納豆とも違う、しっとりほっくり…口の中に入れると青エンドウの風味が広がり、ほんのり甘く上品な甘さ、そしてほろりとくずれる柔らかさがたまらなく美味しく格別なのであります。
今まで食べたふうき豆とは違い、これは絶品でございました。ちなみにこちらの『ふうき豆』は、山形の山田屋さんというお店で、デパートなどには出展していないのだそうです。
うひょひょ〜♪ 貴重なお菓子を頂いてしまいました。これは、箱からスプーンで掬って頂くのが、最高に美味しいのです♪ むごむごむご…『うんみゃい!!』。
posted by まりたま&ゆかたま at 22:24| Comment(18) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

道明寺の葉っぱと苺花


八重桜&ストロベリーキャンドルそろそろ終わりに近づいてきた八重桜ですが、たわたわと大きな沢山の花びらを風になびかせて、桃色の雪を散らしております。
いつものJAで買った八重桜とストロベリーキャンドル♪ どちらも春の美味しい色でございます。※写真をクリックすると見えやすくなります。
ここは、地元の農家さんが朝切りたてで持ってきてくださるので、お花もぴっちぴちのお嬢様方で、スーパーやお花屋さんで売られているものより、日持ちがするのも嬉しいです。八重桜も5本入って300円、ストロベリーキャンドルも25〜30本入って300円と超お買い得なのです。
八重桜の葉っぱは、道明寺(桜餅)の葉っぱの色に良く似ていて、ぱくっと食べたくなります。じっさい道明寺の桜は、ほとんどが伊豆の大島桜なのだそうです。知らなかったなぁ〜、どんな桜でもいいのかと思ってました(笑)。…とついつい食べ物の話へと発展してしまうのですが、この美味しそうな八重桜と、ストロベリーキャンドルを淡い系のチューリップと一緒に生けてみました。
玄関は道明寺や桜餅の香りが広がり、幸せになれます。す〜は〜す〜は〜♪
5〜7日ごとにお花はかわります。さて、次のお花はなんでしょう〜?
posted by まりたま&ゆかたま at 18:12| Comment(18) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超限定情報 あのジャンボ餃子が…


餃子弁当通常の投稿ではございません。
本日に限り、しかも吉祥寺限定、さらに今日餃子が食べたい方限定のお報せです。
改装中だった吉祥寺麺餃丼一圓が本日、午前11時にリニューアルオープンしました。記念フェアとして、店内でのお召し上がりに限り、あの男前な餃子弁当でおなじみの、手作りジャンボ餃子が三個100円で食べられま〜す。本日の閉店時間(22:30pm)までございます。
とってもビッグで、かなりショートな(期間が)お得情報ですが、今日はなんだか吉祥寺で餃子を食べたいな〜と思っておられる方、いかがですか〜?
【吉祥寺麺餃丼一圓】吉祥寺本町2-21-10 A.B.Eビル1F 0422-21-4054
posted by まりたま&ゆかたま at 11:47| Comment(13) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

笑える焼肉定食


京城園 自由が丘にある美味しいお店を教えてもらい、さっそく行ってまいりました。
自由が丘デパート沿いに、まっすぐ渋谷方面に歩き、モンブラン(モンブランの前には先日ご紹介したシュークリームのお店があります)のちょっと先の2階にある焼肉『京城園(けいじょうえん)』。駅から徒歩2分の近さ。階段を登ると左手にメニュー、右手に入り口があります。こちらは、創業30年間変わらぬ味の人気の店で、客層は幅広く、昼はサラリーマンやOLが多いようですが、少し時間がずれていたせいか、それほど混んでいなくてゆっくり食べる事が出来ました。
お肉は、厳選された高級和牛を使っていて、定番メニュー、ロース・カルビ・タン塩・冷麺のファンが多いそうです。メニューを見ると…焼肉定食750円(安い!)、焼肉大盛り定食1000円、ご飯大盛り定食850円、ご飯と焼肉両方山盛り定食1100円、レバー定食800円、ビビンバ700円、クッパ600円、通常メニューから見るとランチはかなりお得になっているみたいでした。メニューが笑えますねぇ〜。
『この他にもご希望によりお作りします。』との表示。初めてのお店だったので、定番の人気定食、焼肉定食を頼みました。
出てきたのは、山盛りのキムチ、お肉のたっぷり盛り合わせ、ワカメと三つ葉のスープ、そして普通の3倍あるんじゃないかって大きさのお茶碗に、ご飯が山盛り…。これ…通常セットだよねぇ〜、これが大盛りになったらどうなるんだろう…と思っていたら、隣の隣の席の人が、ご飯大盛り定食を注文、出てきたご飯は…ぎゃ〜! にゃにこれ? 私たちのご飯より倍は入ってる〜、べっくらしました。
目の前の網でジュージュー焼いて、お肉は柔らかいし甘いし、美味しい〜。キムチは甘味の中に辛さがじわわぁ〜ん、おいち〜。スープもサッパリ系で、旨い! こりゃ〜山盛りご飯でも食がすすむわ〜、と初めの思いとは逆にばくばくぱくぱく完食いたしました。ボリュームたっぷりで、これで750円とは信じられません。
今回は食べませんでしたが、こちらのビビムバはナムルが最高に美味しいそうです。石焼はないそうですが、これも食べてみたい一品です。後で知ったのですが、人気の自家製キムチとナムルはテイクアウトできるらしく、しまった〜おしい残念〜がくり…。ランチタイムは日祭除く11:30〜14:00です。
お店のママさんは気さくで気配りが行き届いていて、通りすがりに火加減チェックや、お茶の出すタイミング、常にお客さんに目を配っている、いまどき珍しい又来たくなるお店でした。さっぱりとした満腹感で、あれだけ沢山食べたにもかかわらず、晩御飯しっかり食べてしまった、まりたまでした(笑)。
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 13:41| Comment(22) | TrackBack(1) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

大阪名物粟おこし『浪の詩』


おこし大阪のお土産のおすそ分けで頂いた『あみだ池・大黒』の粟おこし。創業1805年の、粟おこし老舗です。
米屋敷の並んでいた大阪長堀川のあみだ池の畔(本店所在地)でおこしを作ったのが始まりだそうです。おこしの箱とは思えない、モノトーンのしゃれたパッケージに入っていて、1袋2枚入りで9袋は入っていました。袋を開けると…とっても薄くてスリムなおこしが、2枚入っていました。すっごくコリコリで、生姜の風味がほわ〜として、美味しかったですねぇ〜。これは、ゆかたまがかなりお気に入りでございました。
生姜味を頂いたのですが、他にも胡麻・青紫蘇・カカオ・ココナッツ・アーモンドなどがあるようです。素朴で、安心していただける、懐かしい味のお菓子はいつまでたっても、美味しいですね。香ばしくて、薄くてしっかりした歯ごたえがたまらないです。やはり『美味しい物くれくれ光線』が効きすぎているのでしょうか〜(笑)?
店の裏にある土蔵には、屋号にちなんで100年近くかかって集められた大黒様が3500体が保存してあり、予約をすれば大黒様を見ることができるのだそうです。
なにかご利益あるかなぁ〜?
posted by まりたま&ゆかたま at 16:09| Comment(11) | TrackBack(0) | 煎餅・あられ・ぼうろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする