2004年12月31日

2004年ココロにおやつ総決算


2004best♥10月に始めたブログ、昨日までで160件投稿することができました。その中でいただいたコメントの多かったものベスト10がなにか、今年を振り返る意味でチェックしてみましたところ、こんな結果が出ました。タイトルと( )内は紹介したおやつです。

1.心惑わすオレンジチョコレートケーキ(三浦屋クリスマスケーキ)
1.かもめの玉子(岩手銘菓のかもめの玉子)
1.手ぬりクリームビスケット(六花亭のクリームチーズ&ビスケット)
1.ブルーベリーで視界すっきり(ドライブルーベリー入りローズヒップティー)
2.鈴カステラもどき(鈴焼)
2.マシュマロに関する私的な疑問(マシュマロにコーヒー)
2.逆ずんだ餅(喜田家ずんだ餅)
3.あっつあつアップルパイ(三越デパ地下の冷凍アップルパイ)
3.ほっかほかの叉焼まんずう(萬珍楼の叉焼饅)
3.愛しのジャムサンド(太子堂のジャムサンドビスケット)



♥アクセス解析も見てみたので、検索キーワードで多かったもの(概算)ベスト10を。

1.尾張松風屋
2.小ざさ+羊羹
3.えびすだこ
4.小田原+守谷製パン
5.粟大福
6.ドーメル+パン+浅草橋
7.たらこキユーピー
8.西荻+メローネ+メロンパン
9.井の頭せんべい
10.こんぺい糖+京都


2004112855b08383.jpgうちではほとんど反響のなかった尾張松風屋のおせんべいでしたが、検索エンジンから来てくださる方はダントツに多かったのです。とても人気のおせんべいのようですね。色もきれいで風味豊かで、すっごくおいしかったんですよ〜♪
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 12:20| Comment(17) | TrackBack(0) | ココロにおやつ総決算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

甘食そっくり丸芳露 (丸芳露本舗北島@佐賀)


まるぼうろ2004年最後の懸賞でゲットしました、美味しいお菓子♪ 佐賀銘菓、丸芳露(まるぼうろ)本舗北島の『丸芳露』。おぉおおおぉぉ〜、一箱に12枚も入っている…それに大きい!なのに1枚60円! 普通のぼうろの少し大きいのと思っていたので、大きくてびっくらしました。
袋から出すと…まるで守谷製パンの甘食を4分の1くらいつぶした感じのぼうろでした。しっかりしているのに、しっとりサックリ(難しいけど、こんな感じ)、歯にくっつかない、なのに口どけよく甘味も優しいのです。こんなの一人で一箱食べれちゃう〜♪ うんみゃい!
南蛮船の渡来と共に長崎にはじめて伝わったのだそうです。南蛮と日本との風趣がその中に融合してお茶・珈琲・紅茶にもあい、特に牛乳が一番合いますね! やっぱりカステラ系には、ぎぅにぅでしょ?
食べ方にも色々あるらしく、少し固くなってきたら、表面にバターを塗って少し火にかざすと、スゴク美味しいらしいです、ごくりっ! 甘食&マーガリンも確かに美味しかったから、これは是非やってみたいですね。温かいミルクに浮かべて食べると、卵の香りがミルクとなじんで、これまた格別なんだそうです。これだったら離乳食や坊ちゃん、嬢ちゃんのおやつにもいいですねぇ。
あと美味しそうなのが、チーズを挟む、トロケルチーズを乗せて加熱するってゆ〜のも、かなり惹かれます。丸芳露プディングもレシピとして載っているので、プディング好きな方は『丸芳露本舗北島』チェックですよ♪ 原材料も安心して食べられるのがいいですよ!変なものが入ってない!! すんばらしい!
佐賀のお菓子はまず手に入ることがないので、これは美味しい嬉しいプレゼントでしたねぇ。佐賀の○○○○課さん、ありがとう♪ すんごく美味しかったです。
posted by まりたま&ゆかたま at 21:07| Comment(10) | TrackBack(1) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詰めるならぎゅうぎゅうに


柚子餅『柚子餅はぎゅうぎゅうに入ってるのですか〜!?』
LOVELOG村のMOKさんちの鶴屋吉信のジャケ買い餅にて、うちのまりたまが振った同じく鶴屋吉信の柚子餅話に対して、MOKさんがいたく関心を持たれた様子です。ふたりの会話を、家政婦のようにこっそりのぞき見てしまったわたくし。なにげにボツにしていた写真なのですが、人さまのおやつ魂に火をつけてしまった責任は重大ということで、ぎゅうぎゅう画像をアップいたします。ので、MOKさんは至急見にきてくらさ〜い。
さて、このお菓子ですが、たしかに柚子餅ではあるのですが、商品名は柚餅(ゆうもち)と申します。
求肥のお餅に柚子が練り込んであり、上からさらさらと和三盆(わさんぼん)がふりかけられています。ちょっと半透明な感じの見た目も、食感も味も、岡山の吉備団子と同じ系列といえばわかっていだけるでしょうか? ひとつずつは小さいながら、ひと口食べるとぱっと柚子の香りが広がります。あっさり見えたのですが、けっこう甘い(私とまりたまの糖度計では)ので、苦い緑茶といっしょに、少しいただくのがよろしいかと思います。でも、岡山の吉備団子がお好きな方はぱくぱくいってしまう恐れがありますので、くれぐれもご注意…いえ、ご自由に!
そんな油断大敵な柚餅ですが、箱を開けた瞬間思わず仰け反りました。小さなお餅がびっしりみっしりところ狭しと詰まっております。本来丸かったと思われるお餅はどれも、面白いほどいびつな形になっておりました。最初からいびつなものをきれいに詰めたとも考えられますが、私の個人的希望からすると、前者であってもらいたいものです。一部隙間があるように見えるのは錯覚ではなく、ママやんが止める間もなく味見をしてしまったためにできた空間です。ご了承くださいませ。
というわけで、柚餅はこんな上品な箱に、こんな感じに詰まっております。可愛い柚餅のぎゅうぎゅうな詰まり方、心ゆくまで楽しんでいただけましたでしょうか?
ぎゅうぎゅうといえば、コルネのクリームをこれくらいぎゅうぎゅうに詰めていただきたく、全国のパン屋さんに、この場を借りて再度申し上げたいと思います。あ、べつに、これが言いたくて書いたんじゃないですから〜。

♥MOKさんの描いた素敵イラストもときどきアップされます。楽しくも深い話題が満載のMOKさんのブログはこちらから⇒MOK love life!
posted by まりたま&ゆかたま at 14:57| Comment(8) | TrackBack(1) | 大福・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

まい泉の100円ミニバーガー


まい泉ミニハンバーガーパンニニクハサムニダ〜。箸で切れる柔らか豚カツまい泉、カツサンドは有名ですよねぇ〜。ちなみに3切367円・6切れ735円・9切れ1102円…、増えても割安になったりしないんですね(笑)。
お店では食べたことはないのですが、よく商品だけ売られている店舗、特に東京駅とか…百貨店とか…で購入します。6切れも食べれば、かなりのボリュームでお腹一杯になりますよ。
このミニハンバーガーも小さいのですが、2個も食べれば結構お腹いっぱい。小腹がすいた時にいいですよぉ〜。小さいからバス停でぱくりっと食べられるし、1個100円と安い! これが黒豚ミニハンバーガーになると、大きさは同じで150円になります。まだ100円のふつ〜のミニバーガーしか食べたことがないのですが、今度1個150円の黒豚ちゃんに挑戦してみようかな? どれだけ味が違うのかチェックしてみなくっちゃぁ〜。
まい泉だけあって、肉は産地直送、一枚づつ手作りで仕込み、衣のパン粉・ソースは自家製とこだわっております。確かにソースは美味しい、お肉とぱんにあってとてもよろしい、うんみゃいです。
お店では美味しそうな、黒豚ひれカツ膳やカツ重など多彩なメニューがあって、特にランチはお得になっているようです。やっぱりランチ狙いですねぇ。
posted by まりたま&ゆかたま at 19:26| Comment(17) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

干し柿の中に栗きんとん (喜田家の『二杜』)


二杜北千住は喜田家のニ杜(ふたつもり)というお菓子です。これは私には初めて見る、初めてのお味。甘い干し柿の中に、栗きんとん(裏ごしの栗100%)がびっしり詰まっているのです。
甘くてしっかりした干し柿と、しっとりときめ細かな栗きんとんは、食感も違い甘さの種類もまったく違います。どちらも何度も食べていますが、ふたつが合わさったときの不思議なおいしさにはちょっとびっくりです。どんな味かと訊かれたら、干し柿と栗きんとんの味としかいえないのですが……上品な甘さと素材の自然な風味は、大人っぽい味といえるでしょう。
ちょっと見は干し柿なのに、中身は栗きんとん。遊び心があり、色合いも形もなんとも愛らしく、女性心をくすぐる可愛いお菓子でもあります。
というわけで、最近食べた和菓子の中で、珍しさとおいしさでいちばん印象に残った一品です。やさしい干し柿の甘さに、栗きんとんがモダンな風味を添えていて、プレーンな紅茶がとてもよく合いました。
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 16:32| Comment(11) | TrackBack(1) | 饅頭・最中・あんこ・きんつば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

もち豚窯焼つるし焼き豚


もち豚窯焼つるし焼き豚吉祥寺三浦屋さんの『もち豚窯焼つるし焼き豚』、普段は店頭に登場しないクリスマス限定品だ!
もちろん味見をして買ったのですが、名前に惹かれてしまいました。なんか良くないですか〜? 名前だけでも美味しそうじゃないですかぁ…ごっくん。タレもついていて、にんにくの良い香りがして身のしまった焼きぶ〜やんでした。ご飯に合うし、ぱんにも合う…、もちろんお酒にもばっちしですよ旦那! 脂の部分もとろける感じで、全然くどくなかったです。美味しい上にお手頃だったし、ぶひぶひぶ〜♪
クリスマスにはケーキを載せてしまいましたので、もち豚さんを載せるのが遅くなってしまいました。こんなに美味しいんだったら、いつも置けばいいのにぃ〜何故だぁ〜。
posted by まりたま&ゆかたま at 19:49| Comment(11) | TrackBack(0) | ごはん・お弁当・麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手ぬりクリームビスケット


マルセイチーズ&ビスケット1札幌の友達から、おいしい便りが届きました。六花亭のお菓子、ひとつは有名なマルセイバターサンド。そしてもうひとつ、私は初めて見ました。マルセイチーズ&ビスケット。なんと、クリームチーズを自分でビスケットにぬりぬりしてサンドするのです。
最中とあんこが別になっていて、自分で挟むというのは何度か遭遇したことがあるのですが、自分でクリームを挟むビスケットいうのは生まれて初めてお目にかかりました。
さっそく、甘い香りのするビスケットに、常温のバターのような濃厚なクリームをぬりぬりぬり。では、いただきま〜す♪ とはならないんですね〜。五時間冷凍庫でしっかり冷やすとビスケットがしっとりしておいしいのだそうです。
ビスケットもクリームチーズも、単独で食べてもおいしいそうなのですが、せっかくなので私はぜんぶサンドにしてみました。少し余ったクリームチーズを味見してみましたが、生クリームやクリームチーズに、みかんジュースやレモン果汁が入っていて、こってりとしたレアチーズケーキのお味でした。プラスチックのケースは、モミの木かな? と思ったら、柏の葉を模っているそうです。
そうこうするうちに五時間が過ぎ、ひんやり冷たいクリームサンドのできあがり♪ 最初は「固っ」と思ったのですが、食べてみるとたしかに生地がしっとりとし、クリームの湿り気を吸ったような感じになっていました。しかもよく冷えているので、濃厚なのに爽やかなクリームとぴったりでした。小さなビスケットなのですが、ずっしりと重たく、なんとも贅沢なお味でした。
食いしん坊ママは、「いくらおいしくても、箱から出してすぐに食べられるようにしといてくれないと……」とぶつぶつ言いながら、いちばんたくさん食べておりました。
余談ですが、ママやんは私がフリーザーにビスケットを入れて五分も経たないうちに、「そろそろ食べてもいいんじゃない?」と訊きに来ました。五時間だって言ったばっかりなのに……と苦々しく思ったのですが、大人な私はけして怒ったりはせず、笑顔で無視してあげました。
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 15:46| Comment(21) | TrackBack(3) | クッキー・サブレ・ビスケット・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月27日

ちょっと変わったアップルパイ


手作りパイ手作りあっつあつの出来たてのアップルパイを頂きました〜♪ わぁ〜ん、バターのよひ香りがぁ〜、ごっくん。
こういう手作りのものを頂くと、本当に嬉しいですよねぇ。もしかして、食いしん坊オ〜ラが漂いすぎでしょうか…。もしかして『ふとれぇ〜ふとれぇ〜』オーラなのでしょうか? それとも誰かのたくらみなのでしょうか?
体重計に久々乗ったけど、ほっ…、殆ど体重変化なしでしたぁ〜。珍しい、林檎と金柑と檸檬とサツマ芋の入ったアップルパオ〜。りんごは柑橘のすっぱさと、ほんのりレモンの苦味と…とてもあいます。やっぱりアツアツは美味しいにょ〜。ごちそうさまでしたぁ〜。仕事始まりまで、長い休みがあるので太らないようにしなくっちゃ〜。
でも仕事始まったら、また肉がどこかへ行ってしまうのだぁ〜。へっへっへっへ。
posted by まりたま&ゆかたま at 22:13| Comment(7) | TrackBack(0) | ケーキ・カステラ・パイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいなりさんの具


おいなりうちのママやんのおいなりさんは、五目ならぬ七目いなりです。
酢飯に、甘辛く煮たひじき、にんじん、しいたけ、ごぼう、ちくわ、酢につけたちりめんじゃこ、そして白ごまを入れ、黒砂糖を隠し味に入れて甘めに炊き上げた油揚げで包みます。トッピングをしていないちらし寿司を、お揚げに入れた感じです。それを子供の頃から食べていた私は、高校生のときに初めて外で買ったおいなりが、具の入ってない白い酢飯だったのにびっくりしました。高校の駅前にあった京風ラーメンの店のおいなりも、しっかり具の入った大ぶりのものだったし、本気でお店の間違いかと思ってしまいました。
でも、すぐにそうじゃないとわかりました。白ごまの入ったものもあるけれど、東京のおいなりは具のない白い酢飯が入っているのが普通なんですね。母が関西出身なので、私の味覚は関西風です。なので、東京の人が驚くお湯みたいに色の薄いうどんの出汁も、お好み焼きでごはんを食べるのもぜんぜんオッケーです(笑)。
そんなわけで、関西はちらしずし(母はバラ寿司と言います)みたいに具が入っていて、関東は白い酢飯だけだと単純に思っていたのですが、じっさいはどうなんでしょう。
自分の国の食べものでも、知らないことってほんとに多いです。最近まで、御福餅赤福のニックネームだと思ってましたし?(笑)。
つづきを読む⇒
posted by まりたま&ゆかたま at 16:42| Comment(18) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

可愛〜いロールブレッド


ロールブレッド舞浜イクスピアリ入り口にある、可愛いロールブレッドのベーカリーカフェ『It’s mono café(イッツモノ・カフェ)』。南欧の古い港町に立つ船造り倉庫をイメージしたカフェです。
ここのロールブレッドはネーミングが可愛い。モッカのシナモン・メロンにメロメロ・至福のチョコ・メイプルなアップル・プリッとエビグラタン・ぺーたまペッパー牧場・たけちゃんたこ焼き・コケコッコーチキングラタン等など。期間限定品もぜひ食べたい、フランボワーZ・コケコッコーチキングラタン・うっとりエクレア・タルティーノサーモン、HPに美味しそうな写真が載っているので、見てみてね。
朝のお得なセット、いつものロールセット472円!安っ! 好きなロールブレッド2個に好きなドリンクがつくセットで、かなりお得になているんです。他にサンドイッチセットなんかもありますよ、ちなみに504円。お得なテイクアウトロール6は、値段関係なく好きなロールブレッドを6個買えるんですよぉ〜。
コケコッコーチキングラタンと、メイプルなアップルと、カフェラテのセットで食べました。仕事のあとの一服…はぁ〜うめぇ〜ですね。チキングラタンはロールブレッドの中にホワイトソースたっぷりのグラタンが入っていて美味、メイプルなアップルはしっとり甘〜く煮た林檎がたっぷり…。まるでアップルパイを食べているような美味しさでした〜。
満腹満腹♪ 朝7時から開いているのが、助かりますね。写真(下)のブレッドは、左下メイプルなアップル・コケコッコーチキングラタン、上は友達が食べたたけちゃんたこ焼きです。団子ロールブレッドは、チョコ・チョコチップ・ラズベリーがありました。
posted by まりたま&ゆかたま at 21:16| Comment(8) | TrackBack(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする